会社で フィルム現像に伴い 定着液と 現像液の廃液がでます
このうち現像液には銀が含まれるので 昔はいくらかお金をもらって引き取って貰えたと聞きました。今はどうでしょうか?

A 回答 (3件)

廃液に含まれる銀ですが、結論から言いますと現在も買い取りとなっております。


しかし、銀を含んでいない廃液を引き取ってもらう値段と含んでいる廃液を買い取ってもらう値段では、銀を含んでいないほうが高いのです。
結果、その差額を支払うということになります。
しかし、廃液が混ざってしまったりしているときは試験紙等を使用して銀の含有量を検出して、値段が決められます。
いずれにせよ廃液を引き取ってもらってお金をもらえるということはありません。
これは今も昔もあまり変わっておりません。
もう10年写真の撮影~現像処理までの仕事をしておりますが廃液を出してお金をもらったことはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

納得いたしました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/14 23:11

 廃液から銀が採取できるのですが、今は価値が下がっています。

昔は回収業者が買い取ってくれましたが今は逆です。回収するためにお金を請求されます。かといって猛毒の一種なので、下水に流すことは禁じられていますから厄介ですね。結局何のメリットもない産物だと思います。
    • good
    • 0

 銀は他の鉱物の採掘の際の副生産物として世界的に生産量が増加傾向にあり、そのため銀の国際取引価格は値下がりし、円高傾向とも相まって国内の値段は往時と比べて、かなり下がっているそうです。



 私の知っている産廃回収業者でも、昔はお金を払って回収してましたが、今はマニフェスト(回収伝票)代や回収処理費用を回収先からいただいてると聞いてます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報