%という記号は、正しくはどのような書き順で書くのですか?
まず、斜線からか?○からか?
また、○は、丸と考えて下方から書くのか、ゼロと考えて上からかくのか?
根拠も示していただけるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

昔のタイプライターに実装されていた字体では,左上の丸と斜線の右上の端とが,かるく下にたわんだ曲線でつながっていました。


おそらく,No.3でいう行書体もこんなだったのではないでしょうか。
というわけで,左の丸→スラッシュ→右の丸,が本来の書き方だと思われます。少なくとも自分はその順で書いています。
また,そのつながりの曲線は,ちょうど筆記体のo(オー)のように,円の上から右に伸びていましたので,円は上から書き始めて一周するのだと思います。
もっとも,漢字などでもそうですが,字によっては複数の筆順がどちらも正答とされていることがあったり,どちらでもよいがこちらのほうが形が取りやすいのでオススメ,と言われたりすることがあります。
少なくとも,%に関しては,これが唯一の正しい筆順で他は誤り,というほどのものではないと思います。
    • good
    • 3

>%という記号は、正しくはどのような書き順で書くのですか?


私は左上の丸→スラッシュ→右下の丸と書いています。これは自信なしです。

>また、○は、丸と考えて下方から書くのか、ゼロと考えて上からかくのか?
上の回答では丸と書きましたが、私はゼロと解釈しています。
理由は、100をくずしたものと考えているからです。
(100につき~、100分の~と解釈しています)
それにpercentをperとcentに分けて考えてみるとどうでしょう。
‰(パーミル、1000分の~)というのもありますしね。
    • good
    • 0

「マル」を下から右回りに描くのは日本人で、上から左回りに描くのがアメリカ人。

(欧米式?)たしか、ジェフ・バーグランドさんの言と思います。

アルファベットの「O」が左回りなのに、ひらがなの「つ」「の」「お」など右回りのものが多い(左は「し」ぐらい)からでしょうね。それを思えば、○は「ゼロと考えて上からかく」ものでしょう。
    • good
    • 0

たまに、%の行書体(筆記体)を見ることがあります。


その繋がりから推測するには、左の○、スラッシュ、右の丸の順で、書かれています。○は上から書かれています。
    • good
    • 1

こんにちは。



参考になるかどうかわかりませんが、
URLをご覧下さい。

そこから推察するに左の○(まる)から書くのが正解ではないでしょうか。

参考URL:http://www.ken-y.com/paasentonoyurai.htm
    • good
    • 0

 どうも、こんにちわ。


 考えてみると不思議ですよね。
 お茶を飲みながら「教えて!goo」をやってますが、家の人同士でも意見が分かれているんですよ。
 
 masacaltioと姉貴は斜線派、おかんは丸と考えて上から書いてます。
 みんな、初めて「%」を書いた時の書き順を、今まで使いつづけているとか。
 根拠を示したくても難しいのですが、僕なりに言わせてもらうと、斜線から書けば、「%」全体のバランスが取れるのではないかと思います。

 でも、「%」に書き順は関係ないというのは、家族で一致しています。
 そんなところで、良いでしょうか?
  
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーセントを含む数式の書き方

パーセントを含む式の書き方,恥ずかしながら,混乱してしまいました。
どう書くと分かりやすいと思われますか?

最も適切な数式,
選択肢に無ければ,回答者さまの書き方を教えて下さい。

問1: パーセントで表した数字の1/100が,小数で表した数値です。
例えば,60%とは,小数で表した0.6のことです。
このことを表す数式として,どれが最も適切でしょうか?
(1) 60%=0.6
(2) 60/100=0.6
(3) 60%/100=0.6
(4) 60%/100%=0.6

問2: 一次試験の受験者のa[%]を仮合格者とする。
仮合格者に二次試験を行い,仮合格者数のb[%]を最終合格者とする。
一次受験者に対する最終合格者の比率をc[%]とする。cを表す式として,
(1) c=a*b
(2) c=a*b/100
(3) c=a*b/100%
のどれが最も適切でしょうか?

問3: 濃度a[%]の食塩水x[g]と,濃度b[%]の食塩水y[g]を混ぜる。
できた食塩水中の食塩の質量をz[g]とする。zを表す式として,
(1) z=(a*x+b*y)
(2) z=(a*x+b*y)/100
(3) z=(a*x+b*y)/100%
のどれが最も適切でしょうか?

パーセントを含む式の書き方,恥ずかしながら,混乱してしまいました。
どう書くと分かりやすいと思われますか?

最も適切な数式,
選択肢に無ければ,回答者さまの書き方を教えて下さい。

問1: パーセントで表した数字の1/100が,小数で表した数値です。
例えば,60%とは,小数で表した0.6のことです。
このことを表す数式として,どれが最も適切でしょうか?
(1) 60%=0.6
(2) 60/100=0.6
(3) 60%/100=0.6
(4) 60%/100%=0.6

問2: 一次試験の受験者のa[%]を仮合格者とする。
仮合格者に二次試験を行い,仮合...続きを読む

Aベストアンサー

問1
等式が成立しているのは、(1)(2)(4).
(3)は、間違っている。
後は好みの問題だが、私が好きなのは、(1).
(2)は、%について直接には説明していない。
(4)は、(2)の改良版とも言えるが、凝りすぎて
却って解りにくい。

問2
等式が成立しているのは、(2)のみ。
(1)(3)は、間違っている。
(2)よりも、A No.3 の c/100 = (a/100)(b/100)
が、私は好き。

問3
等式が成立しているのは、(2)のみ。
(1)(3)は、間違っている。
(2)よりも、A No.2 の z = x(a/100)+y(b/100)
が、私は好き。

算数的な立式に即して、変形せずにそのまま書く
ことが、説明になるのだと思うから。

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q%の由来

記号の「%」ってあるじゃないですか。
これってもしかして「ゼロ分のゼロ」をあらわしてるとかが由来なのかなぁーなんて思ったんですけど、どうでしょう。

Aベストアンサー

「パーセント」という言葉の由来ではなくて,記号の由来ですよね。
いくつか説があるようですが,比較的確かと思われているのは,15世紀にイタリアで生まれたというものです。
イタリア語で「100につき~」をper centoといいますが,これを当時は
Per C.
Per c° (便宜上,「度」を示す「°」を使いましたが,本当は小文字のoをCの右上に書きます)
P c°
などと書いていました。
そんな中で,1425年に書かれた手書きの文書(誰が書いたかは不明)の中に,「P c°」のcを,ひらがなの「つ」を左右裏返しにしたみたいな書き方をしたものがあるそうです。
(詳しくはこちらを↓)
http://www.roma.unisa.edu.au/07305/symbols.htm#Percent

これがその後変形して,「0分の0」のような形になり(あくまでも形です。0分の0という分数の意味はありません),さらにもっと後になって横線が斜めに変形して,今の形になったそうです。

オマケですが,小文字のo(に限らないけれど,単語の終わりの文字)を右上に書く記法は,今でもフランス語やイタリア語で見かけます。
ある単語(例えばcento)の最初の文字(centoならc)と最後の文字(centoならo)だけ書いて途中を省略する場合,最後の文字を右上に小さく書くのです。

参考URL:http://www.roma.unisa.edu.au/07305/symbols.htm#Percent

「パーセント」という言葉の由来ではなくて,記号の由来ですよね。
いくつか説があるようですが,比較的確かと思われているのは,15世紀にイタリアで生まれたというものです。
イタリア語で「100につき~」をper centoといいますが,これを当時は
Per C.
Per c° (便宜上,「度」を示す「°」を使いましたが,本当は小文字のoをCの右上に書きます)
P c°
などと書いていました。
そんな中で,1425年に書かれた手書きの文書(誰が書いたかは不明)の中に,「P c°」のcを,ひらがなの「つ」を左右裏返しにし...続きを読む

Q「取組」と「取り組み」の違い

文章の校正をしているのですが、「取組」と「取り組み」と「取組み」の使い分けがわかりません。名詞と動詞で区別するというようなことを聞いたこともあるのですが、名詞と思しき箇所にも「取り組み」とあり、迷ってしまいます。
どなたか、違いのわかる方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語の書き表し方は、『常用漢字表』をはじめいくつかの基準が国によって定められています。
そのうち、送りがなに関しては、「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための送り仮名の付け方のよりどころ」として,昭和48年に内閣から発表されています。

【通則 6】
本則は「取り組み」
複合の語(通則7を適用する語を除く。)の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の,それぞれの音訓を用いた単独の語の送り仮名の付け方による。

許容は「取組み」
読み間違えるおそれのない場合は,送り仮名を省くことができる

【通則 7】
「取組」
複合の語のうち,次のような名詞は,慣用に従って,送り仮名を付けない。
(1)特定の領域の語で,慣用が固定していると認められるもの。

詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
「参考資料」→「国語表記の基準」→「送りがなの付け方」
http://www.bunka.go.jp/kokugo/

Q5年生 割合の問題を教えてください

小学5年生の子どもに割合をうまく教えられず困っています。

例)あゆみさんのクラスでは風邪で9人休みました。
これはクラスの30パーセントにあたります。
クラスの人数は何人でしょう?

あとで算数の教科書を見たら、
(もとにする量)=(くらべる量)÷(割合)を使って解くことになるようです。
しかし、この式でなぜ解けるのかが教えられません。
中学生だと、(割合)=(くらべる量)÷(もとにする量)から、式を変形させればいいと教えられるのですが…
本人は、(割合)=(くらべる量)÷(もとにする量)については理解できています。

ちなみに私は、(もとにする量)=(くらべる量)÷(割合)なんて覚えていないので、いきなり質問されて頭の中でX×0.3=9という式をつくり、X=9÷0.3と変形させてからでないと解けませんでした。

Aベストアンサー

割合の公式は3つ
(1)比べる量=もとにする量×割合
(2)割合=比べる量÷もとにする量
(3)もとにする量=比べる量÷割合
一方、小2、小3で出てくる計算式では
(1)全体の量=1あたり量×○つ分
(2)○つ分=全体の量÷1あたり量
(3)1あたり量=全体の量÷○つ分
(例)1人に飴を3個ずつ5人に配ると、全部で15個必要です。
前者の割合の式3つと、後者の計算式3つは実は原則は同じです。
割合では、もとにする量を1と見ます。比べる量は、後者では全体の量。割合は、倍と同じ仲間ですから易しく言えば○つ分ということです。したがって、
 もとにする量(1あたり量)を○、比べる量(全体の量)を□、割合(○つ分)を△とおけば、いかなる場合も、3つの数量の関係は、以下のようになります。
(1)□=○×△
(2)△=□÷○
(3)○=□÷△
これは、割合だけでなく、速さの問題などいろんな場面で使えます。つまり、掛け算割り算を習った段階で、この原理原則は、すでに小3で完成されているわけです。あとは数値が、大きくなったり、小数になったり、分数になったり、倍や%が出てきたりするだけのことです。ですから、算数における飛び級などもありうるわけです。

割合の公式は3つ
(1)比べる量=もとにする量×割合
(2)割合=比べる量÷もとにする量
(3)もとにする量=比べる量÷割合
一方、小2、小3で出てくる計算式では
(1)全体の量=1あたり量×○つ分
(2)○つ分=全体の量÷1あたり量
(3)1あたり量=全体の量÷○つ分
(例)1人に飴を3個ずつ5人に配ると、全部で15個必要です。
前者の割合の式3つと、後者の計算式3つは実は原則は同じです。
割合では、もとにする量を1と見ます。比べる量は、後者では全体の量。割合は、倍と同じ仲間ですから易しく言えば○つ...続きを読む

Q内閣総理大臣の任期について。

内閣総理大臣の任期についてなのですが、アメリカでは四年で二期までですが日本ではどうなっているのでしょうか?
憲法第七十一条には「内閣総理大臣は、衆議院の解散や衆議院議員の任期満了により国会議員の地位を失っても、次の内閣総理大臣が任命されるまでの間は、その地位を失うことはない」とありますが何期できるのですか?
知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

 日本の内閣総理大臣は,「1期○年」と決まっている訳ではありません。
 首班指名されてから,衆議院選挙後の首班指名まで,或いは辞職・死亡するまでが1期と言えるでしょう。というより,「第○代」と言う言い方をします。
 
>何期できるのですか?
 制限がないので,何年でもできます。
 ただ,自由民主党では,総理には党の総裁が就くことになっています。自由民主党の総裁の任期は現在,3年と定められており,2期までと定められていますから,最長6年ということになると思います。
 でも,自由民主党は総裁公選規程をコロコロ改正しています。昔,中曽根氏が総理総裁の時,総選挙で大勝したから,総裁任期を1年延長されたりしました。

参考URL:http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/ichiran.html

Q教育実習:児童に渡すプレゼント

こんにちは☆
明日から小学校(母校)で教育実習を行います。何度か事前に訪問させていただいたのですが、雰囲気もとても良く、落ち着いた学校だという印象を持っています。
そこで、実習が終わる最後の日に担当の5年生のみんなに手紙つきのプレゼントを渡したいと思っているのですが・・・アイデアが浮かびません。子どもが喜びそうなものや、経験談など、ヒントになりそうな話を聞かせてください(>_<)
また、とても楽しみですが不安だらけでもあります。実習に対してのアドバイスなどもしていただければ嬉しいです。お願いします(*^▽^*)

Aベストアンサー

小学生の子供がおります。
子供が実習生の先生からいただいたものを
参考にしていただけるかな、と思いまして投稿します。

・手作りのカードにひと言のメッセージ。
  これが一番多かったプレゼントです。 
  似顔を書いたものとか、
  子供のいいところを誉めたひと言は
  とても嬉しかったようです。
・手作りのしおり
  色画用紙と折り紙で作った簡単なしおりに
  『ありがとう』のひと言が添えてありました。
・手作りのストラップ風アクセサリー
  一昔前に流行ったミサンガ風に糸を
  編んで作ったモノでしたが、子供達は
  筆箱のファスナーの取っ手に結んだり
  名札の安全ピンの輪の結んだり
  クラスみんなでお揃いを楽しんだようです。

子供達は実習生の先生が大好きです。
どんどんと積極的に子供と関わってあげて欲しいです。
一緒に遊んだりおしゃべりしたり・・・
ウチの子を見ていても感じますが
子供って先生に話しかけてもらうと
本当に嬉しいものなのです。
授業以外の時間にも実は学ぶ事は多いのかなと
思ったりします。
なかなか余裕はないのかもしれませんが、
一生懸命さは子供達に伝わるものだなぁとも感じます。

それから、実習中の健康管理には十分お気をつけて!
実りある実習になりますように・・・。
頑張ってくださいね。  

小学生の子供がおります。
子供が実習生の先生からいただいたものを
参考にしていただけるかな、と思いまして投稿します。

・手作りのカードにひと言のメッセージ。
  これが一番多かったプレゼントです。 
  似顔を書いたものとか、
  子供のいいところを誉めたひと言は
  とても嬉しかったようです。
・手作りのしおり
  色画用紙と折り紙で作った簡単なしおりに
  『ありがとう』のひと言が添えてありました。
・手作りのストラップ風アクセサリー
  一昔前に流行ったミサンガ風...続きを読む

Q砂肝って鳥のどこにある部位でしょうか?

よく焼き鳥を食べに行き、砂肝が好きで毎回頼んでいます。
ふと友人に砂肝ってどこの部位なの?と聞かれて、好物と自称していた私は答えられなく恥ずかしい思いをしました。
個人的には美味しければどこでも良いという考えなのですが、また恥ずかしい思いをするのも厄介です。
わかるかたいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

鶏には嘴(くちばし)はあっても歯がないので、エサを噛み砕くことができずに、そのまま”うのみ(にわとりでも鵜呑み?)”にします。それから、小石や砂がためられたゴムのような強力な胃ぶくろで、エサを細かくすりつぶし栄養源として消化・吸収しています。
 にわとりがと鳥・解体され、もも肉、むね肉、ササミなどとして商品として販売されるときに、このにわとりの丈夫な胃ぶくろもコリコリとした食感を楽しめる”すなぎも”として店頭に並びます。

と、下のURLにありました!

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む

Q「適確」と「的確」の違い

「適確」と「的確」の違いを教えてください。辞書では同義となっていますが・・・。

Aベストアンサー

No.4です。再び失礼します。
あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。

「適」と「的」の違いを考えてみます。
「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。
「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。

だから、意味がとても似ているのでしょう。

●適格・・・「格」は資格の格。「適」は「かなう」。資格に合っている、という意味。反対語は「失格」(「不適格」もありますね)。

●的確・・・「的」という字を用いていますので、「的を射た」あるいは「的を外さない」という意味。大事な点は押さえている(あるいは外していない)状態。いずれにせよ、「的」には面積がありますので、「ぴったり」(的の中心)から一定の許容範囲があります。

●適確・・・ほぼ「的確」と同義だけれど、あえて使い分けをするならば、「最善の」、「必要かつ十分な」という意味。法令用語としても、こう解釈すれば理解しやすいですね。あるいは、No.2様のご回答にある「適正確実」、「適切確実」と読み替えるのも一法。

http://www.bsmanner.net/2007/07/post-226.html
http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/kokugo/tebiki.html

http://www.nararoudoukyoku.go.jp/gaiyou/h19gaiyou/04.html
ちなみに、このサイトでは、「適確」を「適正かつ効率的」、「的確」を「迅速・適正」の意味で使用しているようです。もっとも、国語として吟味されたわけではないでしょうが・・・。(さて、「適確」と「的確」はどこにあるでしょう?探してみてください。笑)

No.4です。再び失礼します。
あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。

「適」と「的」の違いを考えてみます。
「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。
「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。

だから、意味がとても似ているのでしょう。

●適格・・・「格」は資格の格。「適」は「かなう」。資格に合っている、という意味。反対語は「失格」(「不適格」もありますね)...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング