最新閲覧日:

妊娠4ヶ月を迎えている妊婦です。
先日伯父の納骨があり、そのときに親戚から「墓石を巻いたさらしは縁起がいいというので、戌の日におなかに巻いて」と言われ、私の母がさらしをもらってきました。
が、母も私も夫もそのような話は聞いたことがなく、夫は「どちらかといえば縁起が悪そう。。」と言っております。
私も大好きだった伯父のものとはいえ、「お墓」にかかわるものなので、ちょっと尻込みしております。
このような話の根拠などご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?
5ヶ月の戌の日まではまだ1ヶ月ありますが、Webで調べてもそのようなことはどこにも見つからないのです。
どうかよろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

縁起に関してですが「良い」と聞いてます。

母から聞きました。葬儀屋さんもそう言ってたような・・。

でも根拠までは知りません・・。ごめんなさい。でも、「縁起が悪い」と捨てられないようにレスしました。
    • good
    • 0

ずばり申しまして、そのようなことは全くの迷信でしょう。

私の住む地方やその近辺でもこのようなことは聞いたことはありません。迷信でもある程度全国的に普及しているとある意味での普遍性はあるのですが、これは一地方の迷信、良くて風習なんでしょうね。

でもそう言うと元も子もないので、、、

お墓を忌み嫌う方がありますが、そんなことはありません。人間は必ず死にます。つまり生まれたら必ず死ぬということになっているんですね。ですから死にたくなければ生まれなければいいと言うことになります。屁理屈に思われるかもしれませんが、そう思えないから迷うことになります。
伯父様が亡くなられて、そのメモリアルとしての意味もあるお墓は何時か自分もこの世と別れて行くのだという自覚を促してくれるとても大切な碑でもあるわけです。けっして忌み嫌うことはありません。むしろ生きる勇気を与えてくれる大事な碑であるわけです。

戌の日に腹帯を巻くというのは全国的な風習ですね。でもこれも迷信です。由来は犬はとても安産だからということからです。私もこれまで何回も犬の出産に立ち会いましたが、それはそれは安産です。信じられないくらい楽に出産します。これを見て人間、特に日本人はそれにあやかりたいと願ったのがこの迷信の発端でしょう。

さて、迷信を否定的に考える書き方をしましたが、私自身は迷信は全然信じませんし、それに従うこともしません。その行為に理由もないし根拠もないけど、不安だからそれをするというのは理解できますが、とにかく気休めに過ぎません。それだけならいいのですが、迷信を深く考えてしまってそれに振り回されてくると本末転倒ということも起こりえます。
しかし、百歩譲って、周りの人との兼ね合いで迷信に従った方がいい場合があり、それはそれなりに仕方がないことと考えます。
また、もし貴女の親御さんが「お墓なんて気持ちが悪い」という理由で「その迷信」を拒否されているのなら、「理由はどうかな、としつつもされど結果は可」と言うべきでしょうか。
でも私が貴女の立場なら(と言っても私は男性ですが)、迷信としては認識しつつ、叔父様の遺徳を偲び、且つ生命の喜び、不思議の縁を会得、感嘆するためにその迷信を受け容れるかもしれません。貴女の地方の風俗としてそういう行為があり、しかも周りの人達がそれを愛でるということ、そしてお墓の意義については上述の通りだからです。そして更に追加するなら、貴女の地方のこの風俗は迷信、風俗ではあるものの、もっと奥の深い宗教的な思索がそこにあるのかもしれません。そうであればあながち拒否することも慎まねばならないでしょう。

貴女の質問への直接の回答になっていませんが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報