タイトルのとおり、世界で一番難しいと言われている言語はどこの国のどの言葉なのでしょうか?
アラビア語とヘブライ語が難しいという話は聞いたことがありますが・・・。
外国の人にとっては、日本語が一番難しいのでしょうか?
あと中国語は発音がかなり難しいそうですね。
難しいと言われている理由なども教えていただければうれしいです。
ちなみに私は今、英語と韓国語に興味があります。
韓国語は比較的簡単な気がするのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

 「誰が習うのか?」に依るところが大きい問題だと存じます。



 例えば、英語は比較的簡単だと日本人は思っていますが(いや、簡単でない人もいらっしゃいますが)、「言文一致でない」という点では、日本語の方が遙かに「書くこと」は簡単です(ひらがなで良いなら)。
 中学のとき、英語で「スルー」と書くの覚えるのに苦労しませんでしたか?
 「話す発音」が「書く綴り」と異なることによって、正しい英語を書けるアメリカ人が意外と少なかったりします。
 アルファベットを使用する国ではこの傾向が強いでしょう。元がラテン語で、その方言であることが多いので。

 逆に、アルファベットやアラビア文字を使用するのが常識のような国の人が「象形文字である漢字」を理解するのは、かなり困難であるようです。
 現に、敗戦後、「漢字を覚えていたのでは効率が悪いのではないか?」と短絡してしまったGHQ関連の人達が居て、危うく日本語から漢字が消えるところでした。

 その点、中国語圏の人たちの場合は、漢字はパーフェクトです。
 しかし、近代化によって漢字が各々の国で独自に省略された結果、日本と韓国と中国とでは互換性が無くなって、かえって訳のわからないことになっています。

 日本語の最大の特徴は、最大の覚えにくさにもつながります。
 「漢字」・「ひらがな」・「カタカナ」・「アルファベット」・「アラビア数字」を混用した上に、縦書きと横書きとを使い分ける言語というのは、(日本人は慣れていますが)外国から見たら非常識この上ありません。
 第一、同じ日本人ですら、同じ文章を書いた場合に「どの文字を漢字にすべきか?」という点では、普通は一致しないのですから。
 基準がそもそも不明確であれば覚えられるはずがありません(ひらがなで書くことに慣れることから始める必要があるでしょう)。

 ただ、「話し言葉」という点では、日本語は優しいという外国人も少なくありません。
 これは、後述する発音特性の問題に依ります。中国語などとは、真逆の現象が起こるゆえんです。

 日本語のような「非常識さ」は、同じ漢字文化圏である韓国にもあった文化ですが、あちらさんは最近は別の事情で漢字の使用自体を公式の場では放棄してしまったようで、日本語は、ますます孤立してしまいました。
 朝鮮語が、最近めっきりシンプルになってしまったのは、その辺の事情もあるでしょう(漢字が無くなったので、日本人にとっては、逆に読むのが難しくなりました。)。

 「書く」のではなく「発音とヒアリング」の問題に焦点を移すと、今度は、日本語・朝鮮語等が母国語の人間は、外国語の習得には極端に不利になります。
 日本語等には、「母音」と「子音」の数が、他の主流の言語に比べて極端に少ないのです(そのため、「ヒアリング能力がそもそも無いコンピュータ」が理解する上では便利だ、という説があったくらいです。)。
 なので、日本人や韓国人が、母国語に存在しない音を発音しようとしても、既に言葉の発達段階を過ぎてしまった大人の場合には、物理的に不可能であることも少なくありません。
 日本人の脳は、デフォルトでは5つの母音(a,i,u,e,o)しか認識できないのですから、10個以上も母音を使い分けろと言われても途方に暮れるだけです。
 ヒアリングにおいても然りで、何回聞いても同じ発音にしか聞こえない別の発音の中国語・・・というのはザラにあります。
 大学で中国語を第二外国語にした人間が、筆記試験では及第点でも、会話能力が伴わなかったりするのは、この辺が原因といわれています(学生の間では)。

 アラビア語が難しいといわれる理由は、西洋ではあり得ない「右から左へ書く法則」及び「極めて判別しにくい独特の筆記体」にあるようです。
 一見して・・・まず、最初に、読めません。
 この辺は日本語と似ているようで、「話し言葉」としてはさして難しくないと言う人も多いです(私ですら、「アッラーは偉大なり」とか「なんてこったい!」とか、基本的なことはすぐにでも喋れるようになるくらいですから。)。

 結局一般論になりますが、「判別することができる」という前提があった上で、「母国語」と「もう一つの外国語」を覚えてしまうと、その他の言語は全て「難しい」ということになってしまうのではないかと思います。
 多用な方言(英語とフランス語とか、スペイン語とイタリア語とか。)を重複して覚えることは比較的容易ですが、言語体系が全く異なるものを複数習得するには、特殊能力が要求されるようです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
母国語がどこかによっても、どれが一番難しいかが変わってくるのですね。
そうすると日本人が一番容易に取得しやすい言語はどこになるのでしょうね。
どの国の言葉でも、日本よりも母音・子音ともに種類が多いですよね。

お礼日時:2006/03/03 09:42

#5です。

難易度の基準には母国語との類似性の他に、
浸透度や馴染みの深さも関係してくるようです。

参考URL:http://plus.hangame.co.jp/enquete/enq_db_detail. …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/03/05 14:26

ようは、本人の母国語が何語(どの言語グループか)かで変わってきますよね。

日本人にとっては難しい英語も、北欧の人にとっては比較的容易ですし。それは、同じ言語グループだからです。もっと極端な話、イタリア語とスペイン語は同じような物だったり、ノルウェー語とスウェーデン語もそうですし、だから、たとえば、日本語をあやつる日本人から見ると、イタリア語が難しいと思っても、一旦イタリア語が出来るようになれば、その後はスペイン語はエラい簡単だと感じますし、フランス語なども入りやすいです。多分一般的に難しいと言われてる言語というのは、そのような似ている言語のない言語なのでしょうね。だから、日本語やフィンランド語といった言語が挙げられるのだと思います。

で、ちなみに、前にブラジル人(ドイツ系なので、ドイツ語とポルトガル語のバイリンガルでした)の友達が教えてくれた話では、ブラジル人で何十カ国語も話せる天才的な学者かなんかがいて(日本語や韓国語もできたそうです)、その人の行き着いた結論では、一番難しいのは「オランダ語」だったそうです。

あと、トルコ人の友達は、トルコ語になくて他の言語にあった発音はない!でも、他の言語にないトルコ語の発音はある!と、発音の多さを主張してた気がします。
私は、トルコ語が出来ないので分かりませんが・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

オランダ語ですか。
どんな言葉なのか、聞いたことも見たこともないので、想像できません。
トルコも同じですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/05 14:26

日本語だと思います。



理由は、日本語というのはあいまいな表現が多い上にイエス、ノーをはっきりと言わない言葉だということです。

最近はきかなくなりましたが、国会の予算委員会の答弁で、「前向きに善処します」というのがありましたよね。あれはもちろん、実の意味はなにもしませんよ、ということですよね。

会社の上司にある提案をして「考えておこう。」と言われたらそれはもちろん、意見としてはきいておくが、この提案は受け入れないよ、という意味です。

「進退伺い」という言葉がありますが、これはなにかを伺っているわけではなく、「辞表」ですよね。

このあたりが、外国人にとってはとても厄介な点なのです。

ですから、奇をてらっているわけではないのですが、世界一難しい言葉はあえて日本語であると申し上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに曖昧な表現をするのは日本だけのようですね。
日本人でもたまに分からなくなります。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/05 14:25

#2さんもおっしゃっていますが、私もフィンランド語が一番難しいと聞いた事があります。


理由は過去、大過去、大々過去、未来、近い未来、遠い未来によって単語が変化するからとか。。
友人でアラビア語、英語、中国語、ロシア語を話す人がいますが、(母国語がアラビア語)彼にとってはこれらの言語は覚えやすかったそうです。彼は今日本語を勉強していますが、数を数える事に関しては日本語は物によってほとんど違うので(一冊、一枚、一個など)ややこしい。と言っていました。
中国語は同じ言葉「マ」などに4声があり意味がそれぞれ違うので難しいと言われますが、広東語は9声なので話している人達本人も文章の前後で判断したりすると聞きます。
母国語が何かによって発音には簡単だったり難しかったりすると思うのでそれを基準にせず文法だけ考えるとフィンランドがやはり難しそうな気がします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ポルトガル語は、主語によって動詞の単語が変わる、というのを聞いたことがあります。
フィンランドも同じような感じなのですね。
過去、大過去までは分かるけど、大々過去って・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/03 09:59

外国語の難しさは、その言語そのものの難しさというよりは学習者がすでに知っている言語とどのくらい離れているかによるようです。

習おうとする外国語のいろいろな性質が既知の言語に近かったり、類推しやすかったり、既知の言語に文字とか外来語として取り入れられている要素が多かったりするほど習得しやすく感じられるでしょう。

そういう相対的な難しさでなく絶対的に、誰にとっても難しい言語はというと、どうでしょうか。子供の言語習得はどの言語でもほとんど同じ過程をたどります。絶対的に難しい言語があるならその言語を母語とする子供は習得が遅れるはずですが、どうやらそういうことはないようです。また、2つの言語にさらされてバイリンガルとして育つ子供たちには、一方がやさしいと感じる子供もいれば逆の子供も、同程度と考える子供も、たいていいます。ある言語の組で一方が他方より絶対的に難しければそうはならないでしょう。

というわけで世界中の言語の難しさは、明らかな優劣をつけられるものではないという気がします。これは人間が共通に持っているとされる「普遍文法」という仮説と関係あるかもしれません。

しかし、言語の一部の性質に注目すれば、語尾変化はどの言語が難しいとか、綴りと発音の関係はどの言語が難しいとか、そういったことは言えると思います。

韓国語は、文法が日本語に比較的近く、日本人にとっては習得しやすいようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにその国に生まれた人なら、難なく誰でも取得できることから、一番難しい言語というのはないということになりますね。
あとは発音の種類が多かったり、日本語のようにひらがな・カタカナ・漢字など様々な種類の文字を使い分けたりするという点で少し難易度が上がるという感じですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/03 09:57

面白い質問ですね。

ただ、難しさの基準が色々あるので、綴りの覚えにくさ綴りと発音の不一致に限って言えば、

チベット語がダントツではないかと思います。何しろネイティブでも間違うくらいです。古い綴りを今でも保存しているためで豪快に文字をすっとばして読みます。ここでは入力不可能ですが百科事典でチベットを引いてみるとチベット語の単語をローマ字に直したものが見られるでしょう。却って潔さを感じるくらいです。
次に来るのがアイリッシュゲール語でしょうか。これも文字をすっ飛ばして発音します。これらに比べれば英語やデンマーク語なんかかわいいもんです。

観点を変えて、文の構成に着目すると「能格言語」と言われるものは取っ付きにくいものです。代表としてはグルジヤ語、バスク語があります。能格言語の定義は難しいものですが、「他動詞のない言語」と言われることがあります。(能格言語でないものは「対格言語」と言われ日本語や英語など多くの言語が属します。)動詞の形によって主語にあたるものが主格になったり与格になったり、目的語が主格だったり、今まで持っていた格の概念が根底からひっくり返ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

チベット語、アイリッシュゲール語、グルジャ語、
バスク語など、聞いたことがない言語ばかりです。
文字を飛ばして読むなんて、想像ができないです(^^;

ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/03 09:53

発音の難度では北コーカサス地方の言語であるアディゲ語が一番難しいと思います。



母音が7音、子音が57音あります。

参考URL:http://zihia.narod.ru/phoenetix.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

サイトをご紹介していただいたのですが、
重くてなかなか開けませんでした(^^;

子音が57音もあるとは!
韓国語も多いけど、それ以上ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/03 09:51

国は関係なく古代の言語だと思います


少なくとも発音に関しては習得不可能(再現できない)だからです
文章の解読に関しても学者さん達が一生懸命研究されてるくらいですし


ちなみに皆さんの回答見てたらずるい回答だと思ったのですが、質問読んだ瞬間に思いついたのがこれなんで・・・
まぁ、こんな回答もありかも程度に考えてください
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たしかに再現できない発音の言語は難しい、というか
無理ですね。

ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/03 09:48

難しいというのは相対性が非常に大きいので一概にどれが最も難しいとは言えないと思います。


ご質問では「アラビア語とヘブライ語が難しいという話は聞いたことがありますが」とありますが、両言語は日本人にも英語圏の人にとっても非常に難しいと思います。しかし、アラビア語とヘブライ語は親縁関係(それぞれの話者同士は仲が悪いですが)にあるので、
アラビア人がヘブライ語、あるいは逆にユダヤ人がアラビア語を覚えるのは比較的容易だと思います。
日本語も難しい言語とされています。しかし、難しいというのも、発音なのか、文法なのか、語彙のどれが難しいかというのでも査定が違ってきます。発音に関しては客観的に考えても日本語の方が易しいと思います。でも、総合的に考えた場合は日本語は非常に難しい部類に入るでしょう。しかし、韓国人にとっては
日本語も難しいが英語よりは易しいらしいです。
ちなみにフランス人にとっては日本語と中国語の難易度は五分五分らしいです。つまり、どちらも漢字を覚えるのは非常に大変だが、文字は脇に置いて会話だけを覚えるのだったら日本語の方が易しいが、文章を読むとなると漢字の読み方が沢山あって日本語の方が難しく、文法もややこしく感じるそうです。

でも、客観的に考えても 英語とデンマーク語ではデンマーク語の方が難しいようです。というのは デンマーク人は容易に英語を覚えますが、英語圏の人にとってもデンマーク語は易しい部類ですが、それでも少し難しいようです。また、英語とウェールズ語を比べたら
フランスのブルターニュ人を除けばウェールズ語の方が難しいはずです。

参考URL:http://plus.hangame.co.jp/enquete/enq_qna_detail …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり一概にどれが一番難しいということは言えないんですね。
アラビア語やヘブライ語は日本人には馴染みがないから難しいと思うんでしょうかね。

違う言語と言っても、アラビア語とヘブライ語のように似ているのであれば確かに簡単ですね。
そうすると、日本語に一番似ている言語はなにになるんでしょうかね。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/03 09:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人が習得しやすい外国語は??

日本語を母国語とする人が第二外国語として習得しやすい言語は何ですか??
例えば、文法的・発音的・文字的側面などから日本語に似ている言語はあるのでしょうか??
お礼は必ずします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもちろん北朝鮮でも漢字はあまり使用されてませんが、かつては日本と同じく漢字とハングルを混ぜた状態で使ってました。ですので上記の例をとりますと

・ナヌン 日本サラム イムニダ
・ナヌン 学校エソ 韓国語ルル 工夫ハムニダ

のようになります。(ここでハングル使うと文字化けするのでカタカナで許してください…)日本語の漢字語と韓国語の漢字語の大体70%は共通していますので、発音さえクリアすれば単語を覚えるのは簡単です。ただ、固有語に関しては違いがあまりにも大きいので覚えるのは大変ですが…。

そして中国語に関してですが、なんといっても漢字の存在が大きいので他の国の人が中国語を覚えるよりは大分楽です。日常単語も50%は共通しているとのことですし…。ですので、全く勉強したこと無い人でもなんとなく意味はわかります。例えば上記の例をとって

・我是日本人。
・我在学校学習韓語(朝語)。

日本語の訳を入れなくても何となく意味がわかりますよね?ただ、韓国語の時とは違い、中国語は文法が日本語とは全然違い、また同じ発音でも意味が全く違ったりするなど発音が比較的難しい言語であるため、そういう意味においては難しいと思います。

長文駄文失礼しました^^;

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもち...続きを読む

Qタイ語の難易度

タイ語の難易度って、どのくらいでしょうか。

タイに留学している、ある人のブログによると、その人は語学留学してから1年程度で通訳や翻訳の仕事を受けていたみたです。普通、他の言語では、そんなに短期間ではできませんよね?タイ語が簡単なのか。それとも、日本人でタイ語を使える人が少ないから、初歩のタイ語でも仕事として成り立つのでしょうか。それとも、その人が特別に優秀?

Aベストアンサー

>語学留学してから1年程度で通訳や翻訳の仕事を受けていたみたです
その通訳や翻訳の種類にもよるのではないでしょうか?
1年語学学校でそこそこ真面目に取り組んでいれば、観光ガイド的な通訳ならそんなに問題はないのでは?と思います。
ただ翻訳にしても、政治、経済、金融、科学など専門分野的なものだとキツイと思います。
どの言語でもきっとそうですよね。
翻訳に限って言えば、基礎ができていれば、あとは自分が関連する分野の専門用語を集中して学習すればナントカなる、と役所に

提出する書類専門の翻訳をやっている日本人の友人は言ってました。
翻訳の場合、どんな文章でも普通は辞書を片手にやりますから。
ちなみにタイ在住2年目(タイ語学習暦1年)の私だと、一般的な友人宛の手紙、タイの小学校5~6年生の教科書レベルなら、辞書なしで理解できるかな?その程度です。

>タイ語が簡単なのか
タイ語の動詞には活用がなく、文法も日本語と比べれば簡単、というか単純です。
ただ、日本語にない発音(母音が20以上ある)や声調(イントネーションみたいなもの)は私にとってかなり難解です。
しかもそれらをキチンと正確に発音しなければ、チョット違っただけで理解してもらえないです。
例えば、タイに行って「トムヤムクン」をそのまま棒読みしても、まずタイ人には通じないです。
文字は一通りやれば、日常単語の読みはできると思います。
しかし最近、タイに住んでいてもタイ語を学習する場を離れて以降、いざ単語を書こうと思ってもつづりを思い出せずに書けない単語が

増える一方・・・。
例外表記もたくさんあります。
逆に、表記どおりに発音する日本語の方が、世界の言語の中では珍しいのかもしれないですね。

>日本人でタイ語を使える人が少ないから、初歩のタイ語でも仕事として成り立つのでしょうか。
バンコクにはタイ語を話す日本人より、日本語をかなり上手に話すタイ人の数の方が多いように感じます。
私の周りにも結構います。
ただ、会社のポストの都合上、日本語&タイ語を話せる日本人とタイ人が1人ずついたとしても、日本人を置く必要がある場合は、やはり

日本人を置きます。
それよりも、タイに進出してきている大手企業(日系が多い)の場合、仕事上必要なのはやはりタイ語よりは英語だそうです。

>その人が特別に優秀
そうかもしれませんね。
語学ってタイ語に限らず、同じ環境で同じ期間学習しても、長期間で見れば人によってけっこう習熟の差が出ますよね。
努力や意欲はもちろん、センスもあるのだと思います。

>語学留学してから1年程度で通訳や翻訳の仕事を受けていたみたです
その通訳や翻訳の種類にもよるのではないでしょうか?
1年語学学校でそこそこ真面目に取り組んでいれば、観光ガイド的な通訳ならそんなに問題はないのでは?と思います。
ただ翻訳にしても、政治、経済、金融、科学など専門分野的なものだとキツイと思います。
どの言語でもきっとそうですよね。
翻訳に限って言えば、基礎ができていれば、あとは自分が関連する分野の専門用語を集中して学習すればナントカなる、と役所に

提出する書類...続きを読む

Q古代ギリシャ語と現代ギリシャ語は同じですか?

古代ギリシャ語と現代ギリシャ語は同じですか、あるいは、かなり近いですか?

例えば、現在のギリシャ人は、プラトンが書いた本を原文で読めますか?

Aベストアンサー

プラトン読みです。

>古代ギリシャ語と現代ギリシャ語は同じですか、あるいは、かなり近いですか?

綴り字を見ているかぎり2千数百年もの時間の流れを考慮すれば、「かなり近い」です。古典ギリシャ語しか習う機会がなく、現代語はパラパラと入門書を眺めた程度の私が現代のギリシャのウェブサイトを見て理解できるのは2-3割です。ただし、発音はかなり変化しているので耳で聞いてもほとんどわかりません。

学術的な内容の書籍などだと古典語と現代語に共通する語彙はもっと増えます。

アクセント記号は現代語だと「´」の一種類だけですが、古典語は3種類を使い分けます。

>現在のギリシャ人は、プラトンが書いた本を原文で読めますか?

以前ギリシャ出身の留学生(理科系)に尋ねたところ「勉強しないと読めない」と言っていました。日本人が古文を読むのに似た感覚のようです。今の若い世代の人より、古い文法要素の残った文語文の教育を受けた高齢者のほうが楽に読めるらしいです。

最後に例文をあげます。アクセント記号は化けるので省きました。現代語は一部翻訳サイトを使用してから修正し、サイトで出ない単語は辞書を引きました。古典語は自分で訳しました。

「アキレウスは亀より速く走る。」

現代語
Ο Αχιλλευs τρεχει γρηγοροτερα απ'την χελωνα.
オ アヒレフス トレヒ グリゴロテラ アプティン ヒェロナ.

古典語
Αχιλλευs τραχιζει θαττων η η χελυs.
アキッレウス トラキゼイ ターットーン エー ヘー ケリュス.

プラトン読みです。

>古代ギリシャ語と現代ギリシャ語は同じですか、あるいは、かなり近いですか?

綴り字を見ているかぎり2千数百年もの時間の流れを考慮すれば、「かなり近い」です。古典ギリシャ語しか習う機会がなく、現代語はパラパラと入門書を眺めた程度の私が現代のギリシャのウェブサイトを見て理解できるのは2-3割です。ただし、発音はかなり変化しているので耳で聞いてもほとんどわかりません。

学術的な内容の書籍などだと古典語と現代語に共通する語彙はもっと増えます。

アクセント記...続きを読む

Q古典語(ラテン語、ギリシア語…)を勉強した印象を聞かせて下さい

 来年、大学の4年になる者です。大学では英語学、言語学を専攻しています。前々からずっと古典語を勉強したかったのですが色々な事情で機会を逃し、来年こそは、と思って今から色々考えています。言語学を専攻してる者として、色々な言語に興味があるので、もちろん勉強できるものなら全てを勉強したいのですが、一年間、きちんと勉強するためにもとりあえずは何か1つだけ勉強したいと思っています。
 そこで、ラテン語やギリシア語、サンスクリット語、ヘブライ語その他、古典語を勉強された方、勉強した印象や、何かアドバイスがあればそれを教えていただけないでしょうか。
 少し漠然とした質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かれこれ15年ほど昔に大学でギリシャ語を習いました。多くの単語がギリシャ語起源である事を知って、大げさかも知れませんが知的な世界が広がった感じがしたものです。
ただ、私が付いた教授曰くギリシャ語は世界3大難解言語の一つである、との事(残りはサンスクリット語と我らが日本語だそうです)英語学やった方ならIt's Greek to me、が何を意味するかは当然お分かりですよね。でもね、ギリシャ語を学んだ後で、「ああ、ギリシャ人がギリシャ語以外を語る者をバルバローイと呼んだのも無理ないなぁ」と本気で感じましたよ。

ラテン語は独学しました。正直な話ギリシャ語に比べれば大変シンプルな言語ですし、楽に思いました。
ヘブライ語も古代オリエント史の教授から少しだけ教えていただきましたが、こっちは・・・文字に馴染みが無い分辛かったですね。結局ほとんど忘れてしまいました。
以上感想というか体験談です。

以下アドバイス。
言語マニアならいざ知らず、ギリシャ文化に興味があればギリシャ語、古代ローマに関心があればラテン語、旧約聖書の世界に惹かれるならヘブライ語を学んだ方がきっかけがある分、馴染みやすいし理解も深まると思います。英語学やった方ならラテン語は独学可能(ラテン語起源の単語多いし)だと思いますので、先生に付くならギリシャ語かヘブライ語が良いのではないでしょうか?もし、仏教哲学に興味があればサンスクリット語も良いでしょうけど。

なにせ古い話なので参考になりますかどうか・・・でも僅かでも若い方の参考になれば幸いです。

かれこれ15年ほど昔に大学でギリシャ語を習いました。多くの単語がギリシャ語起源である事を知って、大げさかも知れませんが知的な世界が広がった感じがしたものです。
ただ、私が付いた教授曰くギリシャ語は世界3大難解言語の一つである、との事(残りはサンスクリット語と我らが日本語だそうです)英語学やった方ならIt's Greek to me、が何を意味するかは当然お分かりですよね。でもね、ギリシャ語を学んだ後で、「ああ、ギリシャ人がギリシャ語以外を語る者をバルバローイと呼んだのも無理ないなぁ」と本気...続きを読む

Qなぜ日本人に対して中国語は特に難しいのか

日本語と中国語どちら難しいのか
難しいの所がどこ?
なぜ日本人に対して中国語は特に難しいのか

Aベストアンサー

外国語大学で中国語を専攻し、その後中国に計7年駐在して、仕事で中国語を使っていたことがある者です。

もう30年ほど前の話ですが、外国語大学に入った新入生が苦しめられるのは、アラビア語科の右から左へ書くアラビア文字と、中国語科の中国語の発音(特に四声)が双璧であると、私が大学に入った当時は言われてました。

日本人が中国語を学ぶときに苦しむのは発音に尽きると思います。
発音さえみっちりトレーニングしておけば、文法は意外と簡単だと思います。

日本語みたいな活用もないし、欧語のような語尾変化もありません。
構文などを理解して覚えるのは、英語の勉強でやってきたことだし、修飾語のかかり方(~的など)などはむしろ日本語に近い感じで、自然な感覚で身につきます。

それに引き換え、発音には、清音・濁音の区別ではなく有気音・無気音の区別であること、巻舌音、四声など、日本人がつまづきやすいポイントがたくさんあります。

特に四声が問題になります。日本では大阪や京都といった関西辺りですと、言葉に高低アクセントがあるので、まだ四声に対する理解が可能ですが、東京方面の人などはまず四声の高低アクセントというものが感覚的に理解できないと思います。日本語でも東京人で関西語をちゃんとしゃべることができる人はまれです。

中国語を勉強し始めた日本人が、覚えたての中国語のフレーズをつかって中国人に話しかけても、発音が悪いため全然通じないことが多くて、それでショックを受けて挫折してしまうようです。私の周囲で、「仕事で中国との接点ができたから中国語を勉強する」といって学習し始めたのに挫折した人間は、たいていそうでした。

日本人にとって中国語は特に難しいものではなく、発音さえきっちり勉強すれば、むしろやさしい言語といえるのではないでしょうか。

一方、中国人からすれば、日本語は漢字の読みがひとつでないこと、漢字・カタカナ・ひらがなと文字の種類が多いこと、発音は簡単なようでいて実はローマ字表記に表現されてない発音をしないときれいな日本語にならないこと、「てにをは」や活用など文法が複雑であることなどがネックになるのではないでしょうか。

日本語も英語もぺらぺらの中国人が言っていた話ですが、中国人から見ると言語としての英語と日本語は全然別の方向にある言語で、どちらかの言葉をある程度までやっていて、もうひとつの言語を始めるのはかなりしんどいのだそうです。まず英語を勉強する人が多いでしょうから、日本語は中国人にとってはしんどい言語ということになるかも知れませんね。

外国語大学で中国語を専攻し、その後中国に計7年駐在して、仕事で中国語を使っていたことがある者です。

もう30年ほど前の話ですが、外国語大学に入った新入生が苦しめられるのは、アラビア語科の右から左へ書くアラビア文字と、中国語科の中国語の発音(特に四声)が双璧であると、私が大学に入った当時は言われてました。

日本人が中国語を学ぶときに苦しむのは発音に尽きると思います。
発音さえみっちりトレーニングしておけば、文法は意外と簡単だと思います。

日本語みたいな活用もないし、欧語の...続きを読む

Q男性の方に質問です。セックスしていて気持ち良いと感じる瞬間はいつですか?

男性は(女性よりも)セックスしていて気持ち良いと思わないと聞きました。
具体的に言うと、挿入した瞬間は気持ちよくないですか?
彼女を、突いている時はどうでしょうか?
イッタ瞬間、この時は気持ち良いのでしょうか?
男性の一番のセックスの喜びって何なんでしょうか?
いろいろとすみません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

既婚40代前半のおっちゃんです

基本的には全体を通して気持ちいいですが、その度合いは歴然とした波があります。

>挿入した瞬間は気持ちよくないですか?

気持ちいいです。
特に生挿入で膣口で竿の皮が「ググッ―」とチンチンの根本に引っ張られるような感覚の時はため息が出ます。

>突いている時はどうでしょうか?

これは肉体的快感というよりは、自分の下(上)で快感に体をプルプルと痙攣させている女性の姿に、何とも言えない気持ち良さを感じます。

>イッタ瞬間、この時は気持ち良いのでしょうか?

これは正に「絶頂感」です。
射精に至るまで何度も襲ってくる「射精衝動」を耐えに耐えて、ようやく射精できたときはもう全身鳥肌です。

>男性の一番のセックスの喜びって何なんでしょうか?

やっぱり「射精時の肉体的快感」と「女性を自分の思う通りにできる征服感・所有欲の充足」ですね。
特に、生中出しは最高です。
女性の膣の柔らかさ、温かさ、ヌルヌルしたヒダヒダでチンチンをこすられて、最後に「中出し」。
女性の膣内に射精している時の快感は「自分の精を受け入れてくれた」という征服感と満足感で、チンチンから全身に快感の波が広がって、大袈裟でなく「絶頂感」にとろけそうになります。

故に、この「最大の悦び」を味わえない「オナ二―」は単なる「排泄行為」で気分転換です。(それはそれで大好きですがww)

ご参考まで

既婚40代前半のおっちゃんです

基本的には全体を通して気持ちいいですが、その度合いは歴然とした波があります。

>挿入した瞬間は気持ちよくないですか?

気持ちいいです。
特に生挿入で膣口で竿の皮が「ググッ―」とチンチンの根本に引っ張られるような感覚の時はため息が出ます。

>突いている時はどうでしょうか?

これは肉体的快感というよりは、自分の下(上)で快感に体をプルプルと痙攣させている女性の姿に、何とも言えない気持ち良さを感じます。

>イッタ瞬間、この時は気持ち良い...続きを読む

Q世界で最も重要な3言語を選ぶとすれば

世界でもっとも重要な言語を3つ選ぶとすれば、英語、中国語、日本語になるかと思うのですが、いかがでしょうか?日本語はマイナーでしょうか?

それぞれの理由
○英語:国際交渉や国際ビジネスの場で最も用いられる言語であり、アメリカ、イギリス、カナダといった主要国やその他多くの国で用いられています。
○中国語(北京語):世界で最も話者が多い言語であり、現在の中国の成長と将来性を考えれば、中国を好きかどうかにかかわらず身につけておくべき言語になると思います。
○日本語:日本の地位は低下していると言われますが、まだ世界2位の経済大国であり、話者人口も約1億3000万と多いです。またネットの世界における日本語は英語、中国語にも劣らないプレゼンスを示しています。

次点
○フランス語:かつての国際語ですが、フランスの経済力はそれほど大きいものではなく、フランス以外の国でも話されているといってもアフリカの貧困国くらいです。
○ドイツ語:ドイツの経済力は中国に抜かれ、世界4位に低下しました。また、ドイツ人の多くは英語に堪能なため、英語でコミュニケーションが取れてしまいます。
○スペイン語:スペインおよび南米の多くの国で用いられていますが、スペインは決して主要国と言えない存在であり、南米の国々はアメリカの半植民地状態になっているので、特に重要だとはいいにくい言語です。
○アラビア語:イスラム社会で多く用いられる「聖なる言葉」ですが、イスラム教徒の多くは保守的・閉鎖的である一方で開明的なイスラム教徒は英語ができる場合が多いため、部外者が使用する機会は少ないと思われます。

世界でもっとも重要な言語を3つ選ぶとすれば、英語、中国語、日本語になるかと思うのですが、いかがでしょうか?日本語はマイナーでしょうか?

それぞれの理由
○英語:国際交渉や国際ビジネスの場で最も用いられる言語であり、アメリカ、イギリス、カナダといった主要国やその他多くの国で用いられています。
○中国語(北京語):世界で最も話者が多い言語であり、現在の中国の成長と将来性を考えれば、中国を好きかどうかにかかわらず身につけておくべき言語になると思います。
○日本語:日本の地位は低下...続きを読む

Aベストアンサー

英語以外はどれも難しいです。

ドイツ語はヨーロッパでは強いですが、それ以外では通じません。
ただし、ウェブページの数では英語に次ぐ2位という点から、
話者人口以上の存在感があるのも確かです。

フランス語はフランス以外の国はそれ程強くないです。
もちろん、国際言語である事は評価できます。

中国語はもう中国経済次第ですね。中国が先進国の仲間入りを
すればかなり強大な言語でしょう。

スペイン語は国数こそ多いですが、スペイン自体ヨーロッパでも
あまり強くなく、南米諸国の今後次第でしょう。

アラビア語も同じく国数や人口は多いですが、まだまだ
先進国といえる国はありません。

最後に日本語。経済大国かつ1億以上の人口は強いですね。
しかし国際語とは到底言えません。島国の一言語という地位から
脱却するには、観光に力を入れたり、ローマ字表記にする等の
施策が必要と思われます。

というわけで、英語に次ぐ言語をピシャリと決めるのは
難しいと思われます。

Qユダヤ人はなぜ白人なのか

いま世界中でユダヤ人が活躍しています
しかしユダヤ人と言えば、本当はアラブ風(セム語系 ?)の人種ではありませんか
昔トルコの王様がキリスト教かイスラム教に改宗を迫られて、それでユダヤ教に改宗したのが白系ユダヤ人のはじまりだと読んだことがありますが、どなたか詳しく書いてある本か、説明してくださる方はいらっしゃいませんでしょうか
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

 
  まず、ユダヤ人も含め、アラブ人やイラン人やインド人は、人種的には「白人」に入ります。彼等は「黒人」ではありませんし、「黄色人」でもありません。アラブ人だとかイスラム人だとか、インド人などという「人種」はありません。西欧の白人でも、北欧人やゲルマン人などは、碧眼金髪で肌が白い、またはピンク色の人が多いですが、南欧のギリシア、イタリア、スペイン人になると、目や髪が茶色か黒く、肌も、そんなに白くありません。どこかというと浅黒い感じです。
 
  北欧人やゲルマン人、フランス人などを「白人」だと考えていると、アラブ族や、パレスティナのユダヤ人や、イラン人やインド人は「白人でない」と思えるでしょうが、人種上は彼等も白人です。白人でなければ何人種でしょうか?
 
  次に、東欧系ユダヤ人と、イスラエルが強引に建国した時、パレスティナにアラブ族と一緒に住んでいたユダヤ人は、どうも少し民族系統が違うようです。東欧系ユダヤ人を「アシュケナジ」と言いますが、アシュケナジは、東欧の普通の人や、イギリス・ドイツ・フランスの人たちと比べて、そんなに違った姿をしていません。肌も白いです。他方、アシュケナジでない、パレスティナに古くから住んでいたユダヤ人は、アラブ族のように日焼けしたような肌の色で、目や髪も黒ぽいです。他方。アシュケナジは、白い肌で、青い目の人や、金髪の人もいます。
 
  どうもアシュケナジは、単に、ユダヤから分散した人々というより、少しか、かなり民族が違うのではないかということは、昔から言われていました。「ユダヤ人」の定義というのが複雑で、主に、民族的・血統的なものと、宗教的なものの二つで決まりますが、アシュケナジは、ずっと昔に宗教がユダヤ教だったので、ユダヤ人とされた、別の民族が祖先ではないかと言われています。
 
  イスラエルに関しては、次の用語集を見てください:
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm
 
  また、アシュケナジの起源については、「ハザール王国」という国が、7世紀か8世紀に、カスピ海及び黒海のあたりにあり、遊牧民族のハザール人がいて、彼等が、国をあげてユダヤ教に改宗した後、その子孫がロシアに入り、更に東欧に入って、アシュケナジの祖先になったという説があります。
 
  つまり、アシュケナジは、パレスティナにいた肌がかなり浅黒いユダヤ人とは別の民族だということです。どうも、そう考えると、上でも述べた、西欧・東欧のユダヤ人が、ヨーロッパ現地の人々と事実上区別がつかない理由も説明も付くということです。以下のURLに、「プリェートニェヴァ 『ハザール謎の帝国』新潮社」という本の読書感想が載っています。この本が、東欧ユダヤ人(アシュケナジ)=ハザール人子孫説を紹介しています。
  http://www.horagai.com/www/book/read/read97b.htm
 

参考URL:http://www.horagai.com/www/book/read/read97b.htm

 
  まず、ユダヤ人も含め、アラブ人やイラン人やインド人は、人種的には「白人」に入ります。彼等は「黒人」ではありませんし、「黄色人」でもありません。アラブ人だとかイスラム人だとか、インド人などという「人種」はありません。西欧の白人でも、北欧人やゲルマン人などは、碧眼金髪で肌が白い、またはピンク色の人が多いですが、南欧のギリシア、イタリア、スペイン人になると、目や髪が茶色か黒く、肌も、そんなに白くありません。どこかというと浅黒い感じです。
 
  北欧人やゲルマン人、フラ...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q舌の先などにプツッとした痛いできもの

舌を噛んだり傷つけたわけでないわけではない時に、時々舌の先等に、小さい見えるか見えないか程度のプツッとした凄く痛いできものができます。あれはなんですか?

よく、食べ過ぎたりして胃が悪い時に出来る、と祖父母なんかに聞かされた気がしますが・・・。

実際、出来たときは、疲労時というか、心身どちらか一方でも過度に疲労したかな?少し食べ過ぎ?と思い当たることもあります、が、毎回ではありません。

あれは何で、どんな時に出きやすくなりますか?
また、予防策、出来てからの対処法など教えて下さい。
病院に行くほどひどくならないので、これまでそれで病院に行ったことはなく、だいたい1週間程度で治りますが、出来るととても痛いです。

Aベストアンサー

口内炎が舌にできたものだと思いますよ。私も子供のころからしょっちゅうできます。舌にできるとものすごく痛いんですよね(T_T)

原因はストレス、栄養の偏り(特にビタミンB不足)、睡眠不足、口の中の不衛生、胃の不調や風邪の時などの体調不良時などさまざまだと思います。
私はできてしまったら薬を塗って早めに就寝して睡眠を十分にとること、食事後や口の中が痛いときなどとにかくうがいをして口の中を清潔に保つこと、ビタミンBを取ることを心がけています。

よくできるならひどくないと思ってても一度医者に行ったほうがいいかもしれません。薬をくれるので次にできたときにも便利ですし原因もわかるかもしれませんよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報