法律の用語辞書なども見たのですが、よくわからないので質問します。

送還、送検(書類送検)、身柄拘束、召喚、逮捕の違いについてです。
(まだ、似たような言葉があったら教えてください。)

また、どこからが「容疑者」となるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

おそらく,ひっかかっているポイントは2点だと思います。

第1に,身柄拘束と逮捕の違い。第2に,身柄拘束と起訴との関係。

第1の点はすでに回答が出ていますが,日本では「捜査のために身柄を拘束すること」を逮捕といっています。(より広く,「身柄拘束」とイコールで使う場合もあります←刑法の「逮捕・監禁の罪」など)

一方,韓国では「逮捕」(チェポ)という語もありますが,「拘束」(クソク)という言い方をするのが一般的です。
(実は,韓国の刑事訴訟法では逮捕と拘束を区別していて,逮捕は日本の刑事訴訟法の逮捕と同じ,また拘束は日本でいう勾留(こうりゅう),つまり逮捕後に身柄を拘置所に送り留置することをいいますが,一般マスコミの記事ではそこまで厳密に区別せず,日本で「誰それを逮捕」というところを「誰それを拘束」と表現します。)

第2に,日韓の刑事手続きはかなり似通っており,多くの刑事事件では,日韓とも,逮捕→取調べ→起訴(または不起訴など)という経緯をたどることが多いです。しかし,必ず逮捕しないとその先に進めないわけではありません。
逮捕せずに取り調べ(いわゆる任意の取り調べ)を行い,そのまま起訴することもあります。
日本のマスコミではこのようなケースを,「在宅起訴」と呼んでいます。被疑者を捕まえずに,自宅(とは限らないでしょうが)にいるままで起訴するからですね。
憲法上,国会の開会中に国会議員を逮捕するには,国会の承認を得る必要があり,捜査の進行状況など検察側の手の内をかなり見せないといけないので,証拠隠滅などを防ぐためあえて在宅起訴ということがあるようです。(リクルート事件で起訴された藤波孝生・もと官房長官が確かそうでした。)

以上を踏まえて,くだんの記事を検討してみましょう。骨子だけ抜き出します。

「ソウル地検は4日、国税庁が告発したマスコミ6社の法人と逮捕された社主3人を含む被告発人など関連者13人を、脱税・横領などの容疑で一括起訴した。
これにより、マスコミ脱税告発事件に対する検察の捜査は、国税庁がマスコミ6社の法人と関連者12人を告発してから68日ぶりに事実上終了された。
検察はこの日、3人を拘束起訴し、10人は身柄不拘束のまま起訴した。」

したがって,国税庁が12人を告発し,検察庁はそれにもう1人を加えて13人を起訴したこと,およびその13人のうち3人は逮捕→起訴となり,10人は在宅起訴されたことが分かります。
なお,「告発」の意味はご存じと思いますが,「この12人はかくかくしかじかの罪を犯していると思われるので,刑事事件として捜査してほしい」と訴え出ることですね。念のため。

>では、ニュースではいつから○○容疑者とつくんでしょうか?
>○○社長など、肩書きのままの場合もありますよね。
>URLの記事の疑問の1つ目がそのことで、

日本のマスコミでは,各社それぞれ基準がありますが,たとえば共同通信の「記者ハンドブック」では,逮捕されて(あるいは逮捕状が出て)から起訴されるまで,氏名の下に「容疑者」という呼称をつける,としています(法的には「被疑者」です)。
社によって若干の差はありますが,大手マスコミは基本線ではほぼ同じといってよいでしょう。
事件の性質などを考慮して,「社長」などの肩書き呼称を付けることもありますが,その場合でも一つの記事の中で1回は容疑者呼称を使います(通常,記事の中で最初にその人名が出た時)。
一般的にいって,管理職にあるものや,職務を利用した犯罪,軽微な犯罪,などは肩書きが多いといえそうです。
起訴されたあとは,「容疑者」が「被告」呼称に変わります(法的には,No.3の回答にある通り被告人です)。

韓国のマスコミでは,以前は逮捕されると(されても)「氏」呼称(日本語では「さん」に相当),起訴されると「被告人」呼称でした。逮捕されても呼び方が「さん」のままというのは,かつて韓国が軍事政権だったころ,民主化運動にかかわった人々を不当に逮捕・弾圧したのに対抗して,マスコミ側がうちだした方針だそうです。(現大統領もそのころは死刑判決を受けたりしてましたね)
最近では,起訴されても「氏」がついていることも多いようです。たとえば,同じ朝鮮日報のハングル版のページでは,
http://www.chosun.com/w21data/html/news/200201/2 …
に「キム・ヨンジュン氏 拘束収監」の見出しがあり,本文中でも「氏」の呼称を使いつつ,キム氏が株主に300億ウォンの損失を与えた背任容疑で逮捕されたことを伝えています。

>2つ目が「被告発人」という言い方、
これはNo.5の回答でお分かりと思います。

>3つ目がすでに逮捕されているのに「拘束起訴」 という言い方と「身柄不拘束のまま起訴」もできるのか、
これもこの回答の冒頭で述べた事件の経緯でお分かりと思いますが,逮捕された人とされなかった人がいるわけで,逮捕されてから起訴された3人が「拘束起訴」,逮捕されずに起訴に至った10人が「不拘束起訴」です。

>4つ目に告発した時点では、まだ逮捕にはつながらないのか、です。
これもNo.5にあるとおりですね。

長くなってすみませんでした。お分かりいただけたでしょうか…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。レクチャーしていただき恐縮です。

確かにご指摘の通り、「日韓の刑事手続きはかなり似通って」いますので、辞書をひいたりもしましたが、よくわからないので質問させていただいた次第です。

それと「拘束」(クソク)も引っかかることばです。(puni2さんよくご存知で!)「拘束令状」と言い方もするので「逮捕じゃないのー?!逮捕状のことでしょ!?」と一人、翻訳された記事に向かっていました。

「氏」の言い方も、「直訳すぎるよ!起訴までされたのに、肩書きつきも変だよ!被告と書け!」などとつっこみを入れたり・・。「記者ハンドブック」keroppiも持ってますので。

>必ず逮捕しないとその先に進めないわけではありません。・・そうなんですか。知りませんでしたが、国会の開会中に国会議員の例はどっかのドラマで見たような気がします。

>「在宅起訴」・・聞いたことあります! (そう翻訳したらいいのに~( ̄3 ̄)ブー。)

題名の通りニュース・レベルなのですが、難しいのでpuni2さんの回答を始め何度も読んでみたいと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 20:28

捜査対象者をどのように表現するかは,報道機関の自由です。

日本の報道機関であれば,おそらく警察が相手を被疑者と断定して発表した時点以降,あるいは犯人(と思われる者)を逮捕した時点以降,被疑者として表現するのでしょう(一般人モード)。もちろん,逮捕されるなどした後も肩書きで表現したって間違いではありません。被疑者かどうかは,あくまで刑事訴訟手続での意味しかありませんから。ですから,捜査対象者をなんと呼ぶかは「報道機関の自由」で,疑問に思われたウェブサイトの記事は,訳文でしょうから,訳者の考えも混じるので何ともいえません。

「被告発人」は,文字通り「告発された人」のことです。ご指摘の記事を読めばわかるとおり,本件脱税事件は国税庁が「告発」したことで捜査が開始されています。日本でもこのように告発を端緒として捜査が開始されることもありますし(脱税事件では国税局が検察庁に告発します),その場合捜査対象者は「被告発人」でもあるわけです。だから,捜査対象者を「被告発人」と表現してもおかしくありません。

ご指摘の記事を読む限り,どの人が起訴段階で身柄拘束中かどうか判然としません。別に起訴されるときに身柄拘束中である必要はありません(身柄を拘束されずに捜査が進められる場合もありますから)。したがって,身柄不拘束のまま起訴されることも当然あります。

したがって,告発されたからと言って,即逮捕,というわけでもありません。

参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答ありがとうございます。

>ウェブサイトの記事は,訳文・・なのですが、翻訳としておかしいのか、報道の用語としておかしいのか、keroppiには区別がつかないのです・・。でも「被告発人」という言い方は日本の新聞記事では使用していないのではないですか?(自信なし)

「報道機関の自由」という言葉があるのですか?一応の基準(記者ハンドブックなど)もあるし・・いくら外国の記事の翻訳ものでも、おかしくないか?と思っていましたけど、「間違い」ではないのですね。

これからもニュース・レベルですが、勉強していきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 20:39

わたしも疑問に感じるところは特にありませんでした。


疑問点も明示していただきたいと思います。

読む前は、韓国と日本の刑事制度の違いが問題になってるのかな
と思いましたが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。疑問点なかったですか? (^^;)あせっ。

#3のお礼の欄に私の意見を書きましたので、よろしければ又ご回答ください。
よろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/19 20:06

お二方が詳しく回答されているので,補足的に簡潔に。



書類送検という用語は,報道でよく用いられますが,警察が被疑者の身柄を拘束せずに事件記録だけを検察庁に送致する手続をとることです。もちろん,被疑者は後日検察庁から呼び出しを受けることになりますが。ちなみに,書類送検に対置されるのが身柄送検です。

ある人が「容疑者(被疑者)」となるのは,捜査機関がその人に対して相当の嫌疑を持って捜査を開始したときです。別に対外的に「今からあの人が被疑者です」なんて発表しませんから,どこから,あるいは,いつからなどと問われると明確にはお答えできませんね。

もう一つ。刑事手続きでは,起訴された人は「被告人」です。一般的に被告といわれますが,「被告」とは民事訴訟手続で訴えを提起された相手方を指します。まあ,新聞が平然と被告と言ってますから,仕方ないのかもしれませんが。

最後に。keroppiさんがしてきされたURLの記事は,別におかしいと感じませんでしたが。どこに疑問を感じられましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。おかしくなかったですか??(あれ?!)

>いつから容疑者か明確にできない・・んですか? では、ニュースではいつから○○容疑者とつくんでしょうか?

○○社長など、肩書きのままの場合もありますよね。 URLの記事の疑問の1つ目がそのことで、2つ目が「被告発人」という言い方、3つ目がすでに逮捕されているのに「拘束起訴」という言い方と「身柄不拘束のまま起訴」もできるのか、4つ目に告発した時点では、まだ逮捕にはつながらないのか、です。

お礼日時:2002/01/19 20:04

 送還・・外国からの密入国者や犯罪者を、本国に送り返すこと。



 送検・・警察が犯罪の容疑者や、捜査に使った書類や証拠物件を、管轄する検察庁に送ること。

 身柄拘束・・逮捕で説明しています。

 召喚・・裁判所が、場所・日時を指定して、裁判の関係者を呼び出すこと。

 逮捕・・警察などの捜査機関が、被疑者の身体を拘束し(身柄拘束)一定期間抑留させること。逮捕には、通常逮捕、緊急逮捕、現行犯逮捕があり、現行犯逮捕以外は、所轄裁判官の逮捕礼状を必要とします。

 容疑者は、逮捕段階からだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#1および#2の方、合わせてお礼申しあげます。回答ありがとうございます。

箇条書きでわかりやすいのですが、ニュースの中で使われるとやっぱり混乱しそうです・・・。

起訴がぬけていましたが、確か起訴されたら被告でしたよね?

以下は韓国の朝鮮日報の記事ですが、どこか、おかしいとお思いになりますか?
よろしければ、こちらの方もお答えいただけるとありがたいです・・。(この質問のきっかけですのでよろしくお願いします)

http://srch.chosun.com/cgi-bin/japan/search?did= …社主%20&name=Japanese/society&dtc=20010904&url=http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/20 …

お礼日時:2002/01/18 21:09

送還:その人物(犯人)が所属した国籍の国に送り返すことです。


送検:警察が、犯罪容疑者や捜査書類・証拠物件などを検察庁へ送ることです。
身柄拘束:捕らえて、行動の自由を奪うこと。行動や判断の自由を制限することです。
召還:呼び出すことです。
逮捕:捜査機関または私人が、被疑者の身体の自由を拘束し、引き続き一定期間抑留すること。憲法上、現行犯以外は、裁判官の発する令状を必要とする。通常逮捕・現行犯逮捕・緊急逮捕の三種がある。
容疑者:犯罪の容疑をもたれた者。法律では「被疑者」という。
容疑:罪を犯したのではないかという疑い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

できましたら、#2の「回答に対するお礼」の欄もご覧になってくださいますように・・。

お礼日時:2002/01/18 21:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q召喚について

こんにちは。召喚について教えてほしいのですが、
ファイナルファンタジー等で召喚獣を召喚するとき、
その獣をどこからか呼び出しているのですか。
それとも召喚者自身が召喚する獣となるのですか。
僕は後者の方だとおもうのですが・・・。

Aベストアンサー

「召喚魔法とは」というキーワードで検索されるといくつか解説されているサイトが見つかりますね。作品によって、設定が違うようですが、基本的には「召喚」ですから呼び出しているという風に考えるのが基本だと思います。ただ、実体を伴った幻を作り上げる魔法を召喚魔法という作品もあるようですし、adnisさんが挙げられた術者自身が獣へと姿を変える作品もあったように記憶しています。

ちなみに、FF4・5では幻界より幻獣を呼び出し、FF6では魔石から幻獣の魂を出現させていたようです(手元にあった各作品のガイドブックより)。それぞれの作品で調べてみると面白そうですね。

参考URL:http://www.google.com/search?q=%8F%A2%8A%AB%96%82%96@%82%C6%82%CD&hl=ja&lr=

Q逮捕による長時間身柄拘束

今日、冤罪防止のため、最高検察庁が操作・取調べについて提言をしたそうですが、そもそも長時間拘束の法的根拠はあるのでしょうか?

また、冤罪防止や適正な操作のあり方について何か良い案があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

なければ拘束できるわけがありません。

ところで今回問題になったのは、「起訴後勾留」です。
起訴前勾留はもともと「保釈できない」ので最大20日(一部更に5日)しかできません。逮捕が最大72時間なのでそれと合わせても23日。
しかし、起訴後勾留は2ヶ月で1ヶ月の更新が原則1回のみ。ところが、実際にはほとんど例外の2回以上の更新をしているというのが現実です。更に裁判所が保釈を認めても検察が抗告を繰返すのでいつまでたっても保釈できないということになるわけです。

自白偏重をなくすに一番簡単なのは有罪の判断を下すに自白に頼らないという裁判所の断固たる態度に尽きます。裁判所が自白を重視しなければ捜査機関も自白頼みの立証などしなくなります。
また、「被告人に対する強制的な取調べおよび弁護人不在の取調べを禁止する」ことも有効。保釈と勾留の運用を原則通りにして代用監獄の問題をなくせば被告人の強制的な取調べはできませんし、弁護人を同席させれば度を過ぎた取調べもできません。
自白偏重は「有罪認定の根拠を自白に求めたがる裁判所の態度」に起因しますし、自白獲得のための捜査手法として「被告人に対する強制的な取調べと第三者の監視のない取調べ」を利用するのが自白強要がはびこる原因です。

なお起訴前勾留に関しては「併合罪を利用して余罪取調べを行う」という手法、特に別件逮捕という捜査手法に問題があります(理論的には違法とする説が多数派だが実務はそうではない)。

それから、「任意捜査においても逮捕をちらつかせた事実上の強制取調べ」がはびこっているので、「逮捕されただけで犯人扱いするマスコミおよび世間の風潮」も変えなければなりません。

実のところは、捜査機関だけの問題ではないのです。とにかく誰かを犯人として処罰しなければいけないという発想が捜査機関だけでなくマスコミ、世間にも染み付いているのです。

法理論的には、刑法と刑事訴訟法の関係についての実務理論上の問題というのもあるはずですが、ちょっと詳細を忘れたので割愛。

もっとも、先日も報道がありましたが日本よりずっと有罪率の低いアメリカにおいても有罪で服役した人間が冤罪だったという話が結構あるわけで、人が人を裁く限界という面も否定はできません。そこで刑事訴訟法の理念として「10人の犯罪者を見逃しても1人の冤罪も出さない」という話になるのですが、この度東京地検の検事正になった人が「10人の犯罪者は処罰して1人の冤罪も出さない」とか変なことを言っています。それはもちろん理想ですし、捜査機関の心構えとしては重要です。その意味では理解できます。しかし、実際には理想どおりになど行きません。「そもそもそれができないから」「10人の犯罪者の処罰と1人の冤罪のどちらを取るか」という話をしているのに「できる」という前提で話をするのは「前提が違っている」あるいは「論理のすり替え」でしかありません。こんな的外れなことを地検のトップが公言しているようでは冤罪などなくならなくて当たり前です。

裁判官は訴訟については判決以外では語らないのですが、公権力を行使する行政庁である検察官も同様であるべきで、無罪判決に対して法廷外で「納得のいかない判決」とか余計なことを記者発表すべきではないとすら思います。

なければ拘束できるわけがありません。

ところで今回問題になったのは、「起訴後勾留」です。
起訴前勾留はもともと「保釈できない」ので最大20日(一部更に5日)しかできません。逮捕が最大72時間なのでそれと合わせても23日。
しかし、起訴後勾留は2ヶ月で1ヶ月の更新が原則1回のみ。ところが、実際にはほとんど例外の2回以上の更新をしているというのが現実です。更に裁判所が保釈を認めても検察が抗告を繰返すのでいつまでたっても保釈できないということになるわけです。

自白偏重をなくすに一番簡単...続きを読む

QFF15の製品版で、ラムウを召喚するとき、体力が0のときにL2を押しても召喚できずに困ってます。 押

FF15の製品版で、ラムウを召喚するとき、体力が0のときにL2を押しても召喚できずに困ってます。
押し続けたり、MPがないと召喚できなかったり条件があったりしますか??

Aベストアンサー

召喚はL2長押しで召喚が成立するまでに時間がかかるようです。
http://ff15db.com/quest/detail/?no=106

周りの雑魚敵を片付けてから召喚する必要があるそうです。
通常はHPが半分以下かつ、最大HPも半分以下の超ピンチ状態のときでしか召喚を使用できないようです。

Q検挙、逮捕、書類送検などの用語を教えて

テレビを見ていると検挙、逮捕、送検、起訴などいろいろな法律用語がでてきますが要は「捕まる」っていうことなのでしょうか? 法律的にそれぞれ「重さ」が違うのかいつも疑問に思います。 経験者ではなくてもご存じの方教えてください。
素朴な疑問です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「逮捕」は、被疑者が身柄を拘束されて取り調べを受けるものです。

「検挙」は、逮捕を含めて被疑者が判明し、処罰に向けての捜査手続きが始まることです。被疑者は身柄を拘束されないこともあります。

「送検」というのはよくニュースに出てくる「書類送検」とかかな?
「書類送検」は・・・
まず裁判は、裁判官と検察官と弁護人が出席して行われます。
それに向けて、犯罪捜査をする警察から「刑事裁判をしてください」ということで
関係書類が検察官のもとに送られます。

「起訴」は、検察官が刑事裁判を要望することです。
検察官が、警察から送られた書類を確認し、裁判をするかどうかを判断して
刑事裁判をするとなれば、起訴です。
事実関係があやふやだったりすると、起訴猶予とかになったりします。

簡単に書いてみましたが・・・
おかしな点があれば、また補足をお願いしたいです。

Q遊戯王で通常召喚は1ターンに一度ですが、アドバンス召喚は1ターンに何度出せますか?

遊戯王で通常召喚は1ターンに一度ですが、アドバンス召喚は1ターンに何度出せますか?

Aベストアンサー

>遊戯王で通常召喚は1ターンに一度ですが、アドバンス召喚は1ターンに何度出せますか?
アドバンス召喚も通常召喚の1つのため1ターンに1度だけです。

他サイトに類似した内容のものがありましたので参考程度に。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1475507174

Q住居侵入罪の場合の身柄拘束期間は?

こんにちは。
お聞きしたいことがあります。

女性の下着を盗む目的ということで、住居侵入容疑で
ある男が逮捕されました。
そして、現段階で、勾留5日目ぐらいだとする場合だと
します。取調べをうけています。
こんな長い間、身柄を拘束されるのでしょうか?
女性の下着を盗む目的以上ということで、こんなに
長期の身柄拘束ですか?
それとも、下着を盗む目的でも、これぐらい当たり前
なんでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結局、取調べが終わっているかですよね。
否認してたり、余罪がいっぱいあれば、長引きます。

下着ドロは、癖(へき)ですから、大抵 余罪がありますね。

Q遊戯王-ダーク・アームド・ドラゴンの召喚

遊戯王のカードゲームの中にダーク・アームド・ドラゴンっているのですが

このカードの説明には
「このカードは通常召喚できない。自分の墓地に存在する闇属性モンスターが3体の場合のみ、このカードを特殊召喚する事ができる。
 自分の墓地に存在する闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、フィールド上のカード1枚を破壊する事ができる。」
という召喚条件があるのですが、これってダーク・アーム・ドラゴンを含む闇属性モンスター3匹が墓地にいるときに
そのダーク・アーム・ドラゴン自身を死者蘇生等で特殊召喚することはできないんでしょうか?

Aベストアンサー

ダーク・アーム・ドラゴンが手札にあり、墓地に存在する闇属性モンスターが3体の場合のみ特殊召喚できるのであって、墓地からの特殊召喚はできません。もちろん死者蘇生等で特殊召喚することはできません。

Q書類送検でも「逮捕」といえる?

詐欺の疑いで書類送検された場合でも、容疑者に対して「逮捕」という言葉は使えますか。

Aベストアンサー

素人ですが
使えないと思いますよ
逮捕とは、裁判所が身柄を拘束することを許可した事ですから、≪緊急逮捕と現行犯逮捕でも、逮捕した後正式に裁判所に逮捕状の請求をしなければなりません≫
書類送検は
身柄確保していなくても、在宅でも起訴できますので、逮捕によって身柄を拘束していなくても出来る為に、使えないと思います

Qアメリカの召喚状について

アメリカの映画やドラマを見ていると、登場人物が「召喚状」を受け取る場面が割とあると思うのですが、そこでいつも違和感を覚えます。

・召喚状を運んでくる人が 郵便配達員や裁判所の人 のようには見えず(「公」の人には見えない)「普通の人」っぽい。
・召喚状を手渡す際に「召喚状です」とは言わず、とにかく受け取らせる。
・しかも、手渡したら「確かに渡したからね。もう、オイラには関係ないよ~ん」というような態度を取る(ように見える)

どなたか、このアメリカの召喚状(と、それを運ぶ人)について教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!以前アメリカに住んでいて、アメリカ人と離婚しました。その際弁護士を雇い、離婚調停を申したてたのですが、私の元夫に召喚状を届けたのは"Sheriff"シェリフ(郡保安官)でした。シェリフは普通の郵便局の方のように家に来ますが、何を届けに来たかをまず伝え、その後、令状を一通り読み、それを理解した事に同意するサインを彼がさせられていました。すべてがすべて、シェリフがするのかは分かりませんが、私達の場合は郡保安官でした。

*Sheriff(郡保安官)・・・アメリカで、郡などの治安維持の任に当たる官吏。住民の選挙によって選ばれる。
と辞書には載っておりました。
アメリカでは警察官よりは偉く(?!)ないですが、着ている制服はまるで警官のような制服をきております。

こんな回答ですが、参考になれば幸いです♪

Q堤容疑者の逮捕容疑と被害者の救済措置

昨日逮捕された堤容疑者の逮捕容疑は、西武鉄道の有価証券報告書へのコクドの同鉄道保有株数の虚偽記載と、上場廃止基準に抵触している重要事実を知りながらこれを取引先企業へ売却したインサイダー取引の2つ。いずれも証取法違反容疑です。しかし私は、なぜ東京地検特捜部は刑法の詐欺罪(246条2項)容疑で逮捕しなかったのかが不思議でなりません。

もちろん市場や投資家を裏切った罪は重大です。しかし、取引先は、単に取引の継続を望んで西武鉄道株を購入したはずです。また、同容疑者は「西武鉄道の経営の透明性を高めたい」などと嘯いて取引先に株の購入を持ちかけたそうです。こうした企業や、企業のステークホルダーは全く救済されないのでしょうか?堤容疑者はこうした会社に対して上場廃止基準になると知りながらあえて重要事実を告知せずに売却したのですから、未必の故意があると認められるのではないかと思うのです。

また、仮に救済措置として民事上(民法)の損害賠償請求が認められるとしたら、それは詐欺(96条1項)による取消を求めることができるのか、それとも不法行為(709条)による損害賠償責任を追及することができるのか、という点も分かりません。

昨日逮捕された堤容疑者の逮捕容疑は、西武鉄道の有価証券報告書へのコクドの同鉄道保有株数の虚偽記載と、上場廃止基準に抵触している重要事実を知りながらこれを取引先企業へ売却したインサイダー取引の2つ。いずれも証取法違反容疑です。しかし私は、なぜ東京地検特捜部は刑法の詐欺罪(246条2項)容疑で逮捕しなかったのかが不思議でなりません。

もちろん市場や投資家を裏切った罪は重大です。しかし、取引先は、単に取引の継続を望んで西武鉄道株を購入したはずです。また、同容疑者は「西武鉄道の経営...続きを読む

Aベストアンサー

>今回は証取法違反容疑で逮捕して、後日立件の可能性が出てくれば詐欺罪で追及するという別件逮捕(本来の意味からは外れていますが)もあり得るということでしょうか?

 証券取引法違反に関する勾留期限が満了間際で、別の容疑で逮捕することはあり得ます。ただ、詐欺罪は親告罪でもありませんし、被害弁償は犯罪の成否に関係ありませんが、売買代金の返却に応じているようですし、今のところ被害者からの告訴もないですから、詐欺罪では立件しないかもしれません。(詐欺罪にあたるとしても、起訴猶予処分にする。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報