音楽を聴くMD(Mini Disk)の録音原理ってなんでしたっけ?ハードディスクと同じでしたっけ?

だとすると、MDのメディアって、高いものを買っても安いものを買っても大差ないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

これは、深いですね。



MDの物理・音質・時間原理はみなさんの記載通りですね。

Q/MDのメディアって、高いものを買っても安いものを買っても大差ないんでしょうか?

A/答えはYesですが、ある意味Noです。
大差といえばないですね。
基本的に、音質差は微少ですが必ずあります。
ここのところを、答えられる人はたぶん少ないでしょう。
(ここからは複雑かも・・・)

Q/なぜ差が出るんですか?何の差ですか?

A/まず、CD-R(追記型のCD、書き込みができるCD)にも音質の差があるというのはご存じですか?
MDも原理はそれと同じです。ハードウェアの物理的要因などがあります。

まず、一つ目は録音の能力です。どんな媒体でも、装置で欠点のある人間が作る以上、完璧な物は作れないというのは聞いたことがありますかね。生きている間にミスをしない人がいないように、機械にもエラーという失敗があります。このエラーの率はデッキやメディアによって左右されます。どのような差が出るのか・・・
MDデッキの書き込みに磁界変調光学方式を採用しますが、書き込むときに高度な技術を使うため、0として認識しなければならないところを1と間違えて書き込むことがあります。これの量が多いと音質が悪くなります。
(ちなみに、デジタルでは1と0の二進でデータを記録します・・・ピットの凹凸)
それを訂正するために、ACIRCと呼ばれる強力なエラー訂正が使われます。これによって、音質の差を小さくしています。それでも、訂正率の差が生じますから、厳密には同じ音楽であっても、再生装置、メディアによって人にはまず分からないくらいの違いが生じます。

これは、HDDの原理とほとんど何ら代わりはありません。ただ単に、失敗と訂正の関係でHDDにはこれほどのエラー訂正は使いませんが、SCANDISKなどの機能でデータの修復などをするのと同じような物です。

ここからは、大きな違いです。HDDは一つのドライブで中のプラッター(データ記録用磁気円盤)は交換できませんよね。MDではディスクの交換ができます。すると発生するのがメディアの物理特性による音質やデータ保持性の違いです。
例えば、MDの重さがほんとにわずかに違うだけで変わりますし、メディアの中の円盤の記録層、電気特性の作りなども影響します。
特に、ディスクの中心と記録面のズレ率が音質に影響します。まず、記録面のトラックは同心円上にならないといけませんが、多少のズレがあると、読みとりピックアップを微調整しないといけません。それは、機器を制御するサーボと呼ばれる装置で調整されるのですが、調整が増えると一時的に電流などが増大し、それが原因でアナログ化したサウンドにノイズが乗ることがあります。この率がわずかですが、違いになります。

後は、記録面の質が悪くピックアップを何度も調整するようなことがあれば、それも嫌なノイズになります。また、記録の精度も悪くなりエラー訂正が増大し元の音質とは、微妙に変わります。また、記録が悪ければ、長期で保存するとエラーが増加し速く読めなくなることもあるのです。

音質については、たいていは分からないと思います。私もこれは良いとか・・・分かりませんね。(MDは圧縮率の違いを除いてメディアごとではどれも同じに感じますが・・・それが分かる方もいます)
ただし、記録の精度は高い方が良い場合もあります。ただ、結局はデッキとメディアの相性もありますから、一概にはいえませんが、ほんとに小さな違いですが、あるのです。

長くなりましたが・・・
参考に・・・何かあれば補足を・・・(ただし、次は少し解答が遅れるかも・・分からなくとも一応必ず解答はします。よい解答があれば補足にこたえないこともありますが・・・)
    • good
    • 0

> 高いものを買っても安いものを買っても大差ないんでしょうか


書き込み、読み出しのエラー発生率 > 音質
保存時の耐久性 > 丈夫
差が違うはずです。同価格帯であればさほど差違があるとは思いません。詳しくないので自信はありませんが。

>録音原理
データの物理的な記録原理は下の方のかかれた通りだと思います。
ソフト的に補足します。

録音されるデータは、普通のMDならATRAC、MDLPだとATRAC3という方法で圧縮されます。(圧縮方法がかわったので記録時間が延びたわけです)
Sonyのホームページに詳しい技術資料が公開されています。
専門知識が無くても概要が分かりやすく説明されていますので、興味があったら見てみてください。

NetMDはこの圧縮(ATRAC/ATRAC3)をパソコン上で行い、高速にデータ転送するため、録音が早くなったのです。

ちなみに、CDは圧縮されていないデータが記録されています。
ところが、MDの圧縮方式はなるべく人間には分からない程度に変化をとどめて、少しでも容量を小さくしようとする物なので、CDの方が音質は良いわけです。
鞄に入れるため折り畳んだら皺がいって、、、というようなイメージで良いと思います。

参考URL:http://www.sony.co.jp/Products/ATRAC3/top.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>書き込み、読み出しのエラー発生率 > 音質
>保存時の耐久性 > 丈夫
>差が違うはずです。

なぜ差が出るんですか?何の差ですか?

お礼日時:2002/01/19 09:49

以前に同じような質問をうけたことがあったので


そこから貼り付けます。

☆MD
MDが何度も録音・再生できるのは、光と磁気の性質のうまい組み合わせによるため。音楽用CDは、基盤にピットと呼ばれる凸凹を形成し記録するのですが、一度付けたピットは消すことができないため、消去・録音はできません。(CDは別方式により、1回のみ録音できます)
それにひきかえMDでは、テープと同じように前の音楽情報を完全に消し去ることができるのです。
( ピット:光ディスクの基盤上にプラスチック射出成形される微小突起。ピットの有無で0、1信号を判別する。 )

これは光の持つ性質の一つ「熱」を利用してできたことです。

レーザー光を集光させて、MDの記録膜を180度まで温度を上げ、保磁力を一時的にゼロにして記録を消してしまいます。そして前の記録を消すのと同時に、反対側から記録ヘッドをあてて新しい情報を書き込んでいきます。
レーザー光が新しい部分に移動すると、今まで高温だった部分が急速に温度が低下するので、新しく書き込まれた情報はそのまま残る、というわけです。
(保磁力:磁性体の特性の一つで内部に磁化で記録された情報を保とうとする力。保磁力を超えた力を与えない限り、記録を消すことは出来ない。)

次に再生の仕組みです。
再生は、光が反射してくるとき、磁場によって回転する性質を利用します。
まず、偏光したレーザーを記録膜に当てます。すると光は磁化された記録膜により、少し回転して戻ってきます。この時の回転方向を分析することによって記録されている情報を読み取って再生するのです。
(ポイント:再生時のレーザー光は録音時より弱いので、記録が消去されることは無い。)

以上のように、光と磁気の性質をフルに活用して、MDはなりたっているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

…で、結局HDと同じなんですか?違うんですか?

お礼日時:2002/01/19 09:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMRIとCTの原理はどこまでが共通でしょうか

MRIとCTは原理に違いがあるとのことですが、
両者の原理で共通なのは何でしょうか。
MRIとCTの原理はどこまでが共通でしょうか。

Aベストアンサー

コンピューターで信号を処理する以外はほとんど同じところがありません。同じように輪の中に入って検査するので勘違いされがちですが、CTは放射線を体に当てて検査をします。あくまでもレントゲンの3次元版といったところです。MRIは輪から数テラバイトの磁気が発生しておりその磁気で原子核にエネルギーを与えて磁場を与えその磁場の変化を見て検査をします。

QMD、CD、CDR-Wなどのデータ書き込みの原理は?

タイトルそのままですが、MD、CD、CDR-Wなどのデータ書き込みの原理って
どういうものなのでしょうか?
ちなみに、読み込みはレーザーを使ってるんですよね。レーザーで読み取る原理も
教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

光ディスクと光磁気ディスクとで違うと思うのですが、光ディスクは、レーザーをディスクにあてて、反射率の違いで0と1を区別しているはずです。ですから、普通のCDやCD-ROMであれば、突起の有無でそれが変わってきます。CD-Rは、どうしているのかなぁ。色の違いか何かで反射率を変えているのかもしれません。
一方、MDやMOのような光磁気ディスクは、NとSの磁気の違いで記録しているので、反射率ではわかりません。ただし、磁気のあるものに光を当てると、反射する光が少しねじれて跳ね返るそうで、しかも、NとSとでそのねじれが違う(カー効果)とのことです。それで0と1を区別しているそうです。

QMRIでのRFパルスについて

MRIでの原理的なことなんですが,均一な磁場でRFパルス(90度パルス)をかけると磁化方向が90度傾くのはなぜなんですか。

Aベストアンサー

RFパルスというのは(短時間だけ)回転する磁場と同じです。その回転周波数がスピンのラーモア歳差周波数と同じ場合(これが共鳴条件)、回転磁場とスピンは互いに止まっていることになります。この時スピンは、静磁場中の場合と同様に、この”回転磁場にも”ラーモア歳差運動します。これにより、スピンを自在に傾けることが可能となります。つまり、適当な時間でパルスを止めると90°傾いた状態にも、45°や180°傾いた状態にもできます。

スピンの状態は、α状態(低エネルギー;s=1/2)とβ状態(高エネルギー;s=-1/2)の波動関数の線形結合で表されるので、スピンの向きの変化にはエネルギー変化を伴っています。変化したエネルギー状態が、再び熱平衡状態に戻る過程が、緩和過程(T1)です。

Q大型飛行機が飛ぶ原理が「たまたま」の原理に基づくというのは本当ですか?

先日、知人との会話で、

「大型の飛行機が飛ぶ原理を知っているか?」

と聞かれたので、テレビでみたことのある揚力のコトを挙げたところ、

「確かにその原理を利用しているけど、厳密には「たまたま」あの形にしたら飛んだだけで、今の飛行機の形があの形になっている根拠は科学的に証明できていないんだってさ!」

と言っていました。

本当であれば非常に面白い話だと思ったのでその時はとても感心したのですが、「たまたま」という表現と「科学的に証明」っていうところがいまひとつピンとこなかったので、この件についてもう少し詳しく説明できる方がいましたら、ぜひご教授願います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の記憶で書いていますので厳密には間違っているかもしれません。

ベルヌーイの法則においてそもそも前提が、膨らんだ部分と平たい面を通った気流が、同じ場所でぶつかるということです。ゆえに、膨らんだ面の気流は早く流れる必要があるので、その分気圧さが上下に生じ浮力が生まれるとということです。これは、水を流した水道にスプーンの背中の丸い部分をつけるとひきつけられることなどからよく紹介されています。しかし、その[同じ場所でぶつかる」必要がそもそもなぜあるのか?といわれるとなぜそうなのか説明がつかないということです。

飛行機では確かにベルヌーイの法則による浮力が生じているらしいですが、一方翼を気流に対して斜めに向けることで下に向かう気流の成分をつくり、ニュートンの反作用の法則で飛行機が上にちからを受けているのも確かです。むしろ、後者のほうが実は大きいというような話も聞いたことがあります。ちなみに飛行機が離陸寸前や着陸するときに翼の後端が伸びたししてますが、あれが向え角を増やす装置(フラップ)で、低速における浮力を補っています。

でたらめで飛んでいるというと、確かに語弊があると思います。でたらめ、といってもきちんと飛ぶだけの力が生じるように細かく計算されて作られています。また、気流の乱れや、エンジンが一個だめになっても飛べるなどの想定はいろいろされて、それなりに根拠があって安全に設計されていますので、急に飛べなくなることはないです。また、飛行機の対気流速度が一以下になると翼を流れる気流に一気に乱れが生じ、いわゆる(失速)がおきますが、あるパイロットの書いた本によると、この失速というのはかなり正確な値で、一気にガクッとくるぐらい正確に判断されています。

飛行機、と昆虫などが述べられていますが、これはスケール効果というものが関係してきますので簡単に説明できません。私も詳しくわかりませんが、例えば、ありを手で持って立って落としてもありは死にませんが、人間がビルの上から落ちれば死にます。つまり、大きさや速度によっても気流の振る舞いが違ってきますので端的に同等に比較することはできません。ちなみに、鳥や昆虫などはこのスケール効果で考えると、羽を羽ばたかせて飛ぶような方法がもっとも効率が良いですが、逆に飛行機や音速旅客機などは空気に乗って「滑空」するような形のほうが効率が良いことが割わかります。これは水中でも似たようなことが生じており、サメやマグロなんかはなんとなく「滑水」するようや泳ぎをしますが、反対に遅い、小さい魚はどちらかといえば浮くような泳ぎ方です。

まあ、自然の法則というのはなぜか知らないけどこうなってたなんてことは多いですので、[でたらめ」といえばでたらめなことなんていっぱいあります。特に量子論や相対性理論などでは「こう考えるとうまくいく。とりあえず今これで矛盾はない」というようなスタンスで、実際はなぜそうなるのかはわからないのです。ただ、虫の飛び方などは現在の航空力学などで考えてもなぜか勝手に効率のよい方法で飛んでたりするので、そんなときに自然の神秘が生まれますね。

長文失礼します。

私の記憶で書いていますので厳密には間違っているかもしれません。

ベルヌーイの法則においてそもそも前提が、膨らんだ部分と平たい面を通った気流が、同じ場所でぶつかるということです。ゆえに、膨らんだ面の気流は早く流れる必要があるので、その分気圧さが上下に生じ浮力が生まれるとということです。これは、水を流した水道にスプーンの背中の丸い部分をつけるとひきつけられることなどからよく紹介されています。しかし、その[同じ場所でぶつかる」必要がそもそもなぜあるのか?といわれるとなぜそうな...続きを読む

QMRIを受ける時の注意

母親が右半身をしびれを訴えて、病院に行きました。
大事には至りませんですが、医者よりMRI検査を勧められましたが、数年前に肩に金属が入っているためにこの病院のMRIはできないと言われました。

MRIの性質上、金属があると、磁界の影響を受けるというのは分かりますが、今の医学の進歩を考えれば、体内に入った金属に影響を受けないようなMRI装置はあると思います。

今回は単に、受診した病院のMRIが古いだけなのでしょうか?それともMRIの性質上どこの病院でも同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

MRIというのは、「核磁気共鳴」という、主として水素に特有の物理現象を利用する「測定」の原理です。
つまり、
「水素が沢山あるところ」とそうでないところとを見分けるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4

X線(CTも含む)は、固いところ(高密度)と柔らかいところ。

超音波エコーは、音波の反射や透過。

をそれぞれ見分けます。

核磁気共鳴を起こさせるためには、強い電磁波を当てることになります。
それは、電子レンジのようなものです。

電子レンジに金属を入れてしまうと、火花が出たり、その付近の食物が焼け焦げたりします。
http://www.chemistryquestion.jp/situmon/shitumon_kurashi_kagaku28_microwave_metal.html

下記リンクを読みますと
「体内に金属がある人は検査ができない可能性があります。医師に申し出てください。」
とか
「体内に金属クリップがある場合でも、最近使われている非磁性体のクリップであれば検査を受けられます。」
という、ソフトな書き方がされていますが、

私が思うに、
電子レンジに比べてエネルギーの大小はあるものの、電磁波を使っている点は似ていますから、
お母様の体において、金属に熱が発生し、その付近の細胞が火傷のような状態になってしまうような予感がします。

つまり、
その部位に殆ど電磁波を当てないような検査をするしかなさそうです。

http://www.fureaihosp.or.jp/minano/comedical%20folda/X-RAY/mrigif.html

http://www.yhanet.jp/hitachi-totsuka/mri.html

http://www.hitachi-medical.co.jp/gen/5.html

http://www.hosp.niigata.niigata.jp/shimin_hosp/bumon/x_ray_gijyutu.htm

http://www.hospital.hakodate.hokkaido.jp/deprad/MRI.html

http://www.hosp.go.jp/~skyoto/bumon/mri.htm

http://www.okamoto-hp.or.jp/oka2/XP/xp/mr/mr3.HTM


下記サイトには、
「(CTは)MRIと違って、検査のスピードが速く、体内に金属があっても問題がない」
という書き方がされています。
http://www.rr.iij4u.or.jp/~kanchan/lungca.htm


残念ながら、
「金属が入っていても大丈夫(である可能性があります)」
という肯定的な書き方をしているサイトは、1個も見つけられませんでしたし、装置構成も全て似たり寄ったりです。

MRIというのは、「核磁気共鳴」という、主として水素に特有の物理現象を利用する「測定」の原理です。
つまり、
「水素が沢山あるところ」とそうでないところとを見分けるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4

X線(CTも含む)は、固いところ(高密度)と柔らかいところ。

超音波エコーは、音波の反射や透過。

をそれぞれ見分けます。

核磁気共鳴を起こさせるためには、強い電磁波を当てることになります。
それは、電子レンジのような...続きを読む

Q身近な物でてこの原理を利用しているものってありますか?

タイトル通り、身近な物で
てこの原理を使っているものって何かありますか?
シーソーはよく例に出てくるのでしっています。
あと、てこの原理などについて
詳しく書いてあるサイト等も
教えてください。
おねがいします!

Aベストアンサー

第1種てこ
 はさみ
 ペンチ

第2種てこ
 栓抜き
 穴空けパンチ
 空き缶潰し器

第3種てこ
 ステープラー
 箸
 和はさみ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A6%E3%81%93#.E3.81.A6.E3.81.93.E3.81.AE.E7.A8.AE.E9.A1.9E

 

QMRIを借りたい

この3ヶ月間に4つの病院を利用しました。

A整形外科
B整形外科
J病院(A整形外科の紹介でMRI撮影をした病院。MRI;背骨→フィルム;A整形外科にある)
N病院(MRI;子宮→CDデータ取得済)

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?
    もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?
質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?


現在の状況;腰の治療(腰椎椎間板ヘルニアになる一歩手前)のためB整形外科に通っています。

A整形外科には何も言わず、B整形外科を受診し、今もお世話になっています。
B整形外科に通いだしてからはA整形外科を利用しておりません。
B整形外科には背骨のMRI画像があるのを伝えておりません。
B整形外科から子宮のMRI画像の提出をいわれています。

私が思っているのは、
腰の治療のためにA整形外科にある背骨のMRI画像を借りたほうがいいのか?
腰の治療のために子宮のMRI画像は有効なのか?
子宮のMRI画像を頼まれているのに背骨のMRI画像を提出したら顰蹙を買ってしまうのか?

どうか、ひとつでもいいので、回答いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

この3ヶ月間に4つの病院を利用しました。

A整形外科
B整形外科
J病院(A整形外科の紹介でMRI撮影をした病院。MRI;背骨→フィルム;A整形外科にある)
N病院(MRI;子宮→CDデータ取得済)

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?
    もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?
質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?


現在の状況;腰の治療(腰椎椎間板ヘルニアになる一歩手前)のためB整形外科に通っています。

A整形外科には何も言わず、...続きを読む

Aベストアンサー

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?

ドクター同士のやりとりであれば、可能です。
他の回答にあるようにB整形外科から紹介状を書いてもらう必要があります。
子宮のMRIが必要ならN病院宛に、背骨のMRIが必要ならA病院宛に書いてもらう必要があります。

質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?
それを判断するのはB整形外科医です。
その医師が有用であるといえば、それは意味のある行為です。
少なくとも質問者さんが整形外科医に見せても意味がないと判断するのはいかがなものかと思います。


>腰の治療のためにA整形外科にある背骨のMRI画像を借りたほうがいいのか?
これもB整形外科医が判断することです。質問者さんが「A整形外科に**年前撮影した背骨のMRIがある」ことを申し出て判断してもらってください。

>腰の治療のために子宮のMRI画像は有効なのか?
それはB整形外科医が判断することです。子宮のMRIでも骨盤部の骨はうつっており、それで判断することも出来るかもしれません。

>子宮のMRI画像を頼まれているのに背骨のMRI画像を提出したら顰蹙を買ってしまうのか?
質問者さんが信頼を失うことになるだけでしょう。「この人は嘘をつく、隠し事をする」という先入観を植え付けることになるでしょうね。

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?

ドクター同士のやりとりであれば、可能です。
他の回答にあるようにB整形外科から紹介状を書いてもらう必要があります。
子宮のMRIが必要ならN病院宛に、背骨のMRIが必要ならA病院宛に書いてもらう必要があります。

質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?
それを判断するのはB整形外科医です。
その医師が有用であるといえば、それは意味のある行為です。
少な...続きを読む

Qトランジスタの動作原理

バイポーラトランジスタとユニポーラトランジスタの動作原理の主な違いについて、ご説明いただけたらと思います。
参考文献を読んでも何故増幅に繋がるのか理解できませんでした。

Aベストアンサー

補足。

No.1に書いた通り、2次側にチャンネルを作るのが、1次側の電流か電圧かの違い。

Q肩にMRI

3月の事だったと思われますが3回目の膝をやってからMRIを今度こそ撮らねばと強く思いました
そして3月に決行したのですが一番安いところでしょうと思い問い合わせをしている中でふと肩の事がかすめたので膝にMRIなら肩にMRIでわ?と思いついでに聞いたところ『肩にMRIする人なんて聞いたことないです』と普通は、しないよって感じで言われてしまいました
以前肩のレントゲンを撮ったのですがわからなかったのでMRIを撮ればと思ったのですが
おかしい人のレッテルを貼られた感じです
肩にMRIを撮るのは、おかしいですか?
レントゲンで写らないならMRIでわ?
無知なので教えてください

Aベストアンサー

>肩にMRIを撮るのは、おかしいですか?

いいえおかしくありませんよ。例えば腱板損傷と言われるものでは、MRIが非常に有効な診断ツールになります。他には超音波なども使うことがあります。


ご参考になれば幸いです。

Q光速不変の原理

原理自体は理解できたんですが、数式を使った証明でパッと理解できるものがありません・・・。
どなたかわかりやすいHPを紹介してくださいm(__)m
たびたびの質問で申し訳ないです・・。

Aベストアンサー

 光速度不変の原理は、実験から得られる事実であり、それ自体を証明することはできません。ただし、ローレンツ変換に対して、光の速度が変わらないことを示すことはできます。以下のような説明になります。

 Aという人から見て、P点からQ点へ光を発射しました。P点とQ点の距離の差をΔx、時間の差をΔtとしますと、光の速さはΔx/Δtとなります。
 Bという人がいて、この人はAに対して速度vで動いているとします。このときの速度の向きは、光の進む方向と同じとします(PとQを結ぶ線上ということです)。Bから見ると、P点とQ点の座標としての値はAとは違っており、その差Δx、Δtも違った値となります。Bから見た差をΔx'、Δt'とすると、以下の関係があります(ローレンツ変換の式です)。
Δx'=γ( Δx-v/c・cΔt)
cΔt'=γ(-v/c・Δx + cΔt)
ここで、γ=(1-(v/c)^2)^(-1/2)、cは光速度
(ローレンツ変換の式を行列で書き表したときに、行列が対称になるように、tにcを掛けています。)
 この変換式に、Δx/Δt=cを代入して、Δx'/Δt'を求めるとcになります。つまり、Bから見た光の速度もcになるということです。
 元々、光速度不変の原理からローレンツ変換の式を求めているので、これは当然の結果であり、証明ではありません。光速度不変の原理は、あくまで観測と実験によってのみ確認されるものです。

 光速度不変の原理は、実験から得られる事実であり、それ自体を証明することはできません。ただし、ローレンツ変換に対して、光の速度が変わらないことを示すことはできます。以下のような説明になります。

 Aという人から見て、P点からQ点へ光を発射しました。P点とQ点の距離の差をΔx、時間の差をΔtとしますと、光の速さはΔx/Δtとなります。
 Bという人がいて、この人はAに対して速度vで動いているとします。このときの速度の向きは、光の進む方向と同じとします(PとQを結ぶ線上ということです)。Bから...続きを読む


人気Q&Aランキング