専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

最近、CDによって非常に音質が悪いものがあるのが気になっています。
私の聴く音楽のジャンルにかたよりは在りますが、少ない私の知識ではありますが邦楽ポップスに音質の良いものが非常に少ないような気がします。

音の輪郭がぼやけていたり、音の粒子が粗かったり・・・
昨日聴いたアーティストはボーカルの高音部分が歪んでいました。
正直、アーティストやエンジニアはこれで納得したのかな?と疑ってしまいます。


皆さんが感じる「音質」の良いアーティストというものはありますか?
主観で結構ですので教えてください。

A 回答 (6件)

>正直、アーティストやエンジニアはこれで納得したのかな?と疑ってしまいます。



音質にこだわるスタッフが減ったのです。確認用はMDで十分、
レコーディングはハードディスクが最高!と口を合わせて皆言います。
歪みに関しても気づいていないのではなく意図的が多いです。その方が
感じが出るそうです(私には理解できないんですがね)
それに音圧を重視するようで「他のよりも音が大きくなるように」と
言う人が多いです。私からすると「聴く人が大きくすれば良いのでは?」と
思うのですが。以前は演歌を有線で流すときに他の曲よりも大きく聴ける
ように(※有線ではレベルを調整しないで再生することが多いため)と
音圧合戦が始まったようですが。

最近はクラシックやジャズでもマスターをCD-Rにしたり、レコーディング
の機材もコンシューマークラスの物で行ったりとコストと便利(手軽)さを
重視することもあるので「音質」にこだわる作品が減っているのは事実ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時代の流れがそうなんでしょうか?
なんだか悲しい気がします。

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2002/12/25 21:40

音質が良いなあと思ったPOPSのCDは、宇多田ヒカルと、鬼束ちひろでした。





音がゆがんだCDが多いのは、他の方もおっしゃっていますが、「音圧競争」っていうもののせいらしいです。
    • good
    • 1

>皆さんが感じる「音質」の良いアーティストというものはありますか?


>主観で結構ですので教えてください。

私の主観ではないのですが、(これから購入しようと思っているので)
一般に音質のいいとされたCD or リファレンスの定番CD

http://www.calvadoshof.com/NewAudio/audiohistory …
http://www.e-bhsp.com/disc.html
http://www5d.biglobe.ne.jp/~lofihifi/syoshin5.htm

音質の悪化するCCCDを採用しなかった宇多田ヒカルのプロデューサは偉いですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

宇田多ヒカルの「First love」は我が家のシステムを組替えるたびに聞いてます。
やっぱり音質の評価が高いんですね。私は他に「喜納 昌吉」もよく聞きます。
ご紹介のURL非常に参考になりました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/06 23:21

デジタルレコーディングではレベルメータの針が OVER にならぬよう録音するのが正しいのですが、近年、意図的にワザとレベルを上げ、たまに OVER になるように録音されている CD が多いようです。



録音レベルを上げると S/N 比が良くなるため、音質が改善されたように感じることから、そのようにしているのだと思います。人間の耳は、レベルの高い(大きい)音に対してにぶいので、多少ピーク時の波形が乱れても気付きにくいことを利用した手法です。しかし、耳のよい人はこれを音のゆがみとして感じてしまうでしょう。

録音方針はアーティストによるというよりは、CD 製作会社の方針によるところが大きいと思います。

古い CD を聞いてみるとよいと思います。個人的には、ビクターの 20bit レコーディングされた CD は、質が高いと思います。確か YAMAHA も 21bit レコーディングの技術を持っていたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ボーカルの「ハスキーボイス」とか「シャウト」は好きなんですが、オーディオがそれをやってしまうと・・・

時代の流れなんでしょうか?

お礼日時:2002/12/25 21:28

学生の頃はオーディオマニアになりたかった親父です。


今は暇とお金が無く、純正カーオーディオだけが唯一の音源です。(ToT)

確かに邦楽ポップスは音質が良く無かったですね。

僕はあまり聞きませんでしたが、「山下達郎」など如何ですか?音を食べて暮らしているような方なので、どのアルバムもかなりこだわって作ってらっしゃると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日曜のラジオ番組結構聞きます。番組の中でも音質に関してかなりマニアックな話をされているのでご自分のアルバムにもこだわりがあるでしょうね。

今度聞いて見ます。
ご回答ありがとぷございました。

お礼日時:2002/12/25 21:13

裸グラフィティは、聴きやすい気がします・・・。



↑ポルグラ、ね。。

明石さんは聴きやすい。
小室も聴きやすい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「裸~」さんは意外でした(失礼)。
今度レンタルで借りてみようと思います。楽曲は結構好きですので良い音だったらアルバムを買って見ます。

明石さん・・・?
杉本さんのことでしょうか?

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2002/12/25 21:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音の良いアルバムを探してます。ジャンルは問いませんので「これいいよ」っ

音の良いアルバムを探してます。ジャンルは問いませんので「これいいよ」っていうのがあれば
ご紹介してください。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

挙げればキリがないですけど、とりあえずは以下の二つのスレッドを参考にしてはどうでしょうか。

http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=6224999/
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=9704168/

Qハイエンドオーディオで聴くお勧めジャズ

よくスピーカーを紹介したYoutube動画にとても音質がよさそう??に

聴こえるジャズを流しています。タイトルがわからないものが多すぎて

せっかくいい曲だから聴いてみたいと思っても探しようがありません。

そこで、録音状態の極めてよい、ジャズのアルバム、または曲で、

お勧めのものがありましたら是非教えてください。50~60年代の

バップ等は名盤なら見つけやすいですが、現代のオーディオ機能を

満たせる録音は少ないので、できれば2000年以降で素晴らしい楽曲、

主観的好みで結構ですので、何回も聴いているようなアルバムの

ご推薦、よろしくお願いします。90年代ものでも、

フュージョン(死語ですか?)、ボーカル、R&Bも好きです。余りに

ポピュラーなものは聴いている可能性が高いので、「これ、どう?」

的なものがあれば、録音状態がよいことを条件に、お勧めをよろしくお願いします。

YoutubeのURLがわかればコピーしていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

私は、ヴィーナス・レコードを躍進させた
「エディ・ヒギンズ」っという人のアルバムはいいと思います。

YOUTUBEで「エディ ヒギンズ HQ」っと入れてみてください。
エディ・ヒギンズの素晴らしい曲がたくさんでてきます。

あと、
「HQ JAZZ」
「HQ R&B」
「HQ FULL ALBUM」
などと、いろんなジャンルの音楽をいれてみてください。

かなりいろんな、音のいい楽曲を探すことができます。
これをもとに購入されるCDの参考にしてみてはいかがでしょうか。

あと、雑誌で10年近く前ですが、録音がすごいと有名になったのが、
「ブロンボ」っというCDです。
ドラムとベースのデュオですが、かなり生生しい音が聴けます。

それと・・・
http://www.accuradio.com/
っというインターネットラジオなのですが、
ありとあらゆる音楽を聴くことができます。

JAZZという文字をクリックすると、
色んなJAZZの種類がでてきます。
その中で、1950年代とか
2000年代のなどの項目があります。

それで、2000年代のジャズを聴くことができます。
アルバムの写真もでますので、CD購入の時には
役立つかもしれません。


私は1950年代のジャズをメインで聴いておりますので、現代のCDにうといです。
なので、みなさんもどうやっていいアルバムを探しているのか、私が知りたかったのです。

なので、この質問がでたときは、すごく嬉しかったです。
ありがとうございます。

私は、ヴィーナス・レコードを躍進させた
「エディ・ヒギンズ」っという人のアルバムはいいと思います。

YOUTUBEで「エディ ヒギンズ HQ」っと入れてみてください。
エディ・ヒギンズの素晴らしい曲がたくさんでてきます。

あと、
「HQ JAZZ」
「HQ R&B」
「HQ FULL ALBUM」
などと、いろんなジャンルの音楽をいれてみてください。

かなりいろんな、音のいい楽曲を探すことができます。
これをもとに購入されるCDの参考にしてみてはいかがでしょうか。

あと、雑誌で1...続きを読む

Qスピーカーケーブルを変更したら音質が変わる?

10年前から使っていたスピーカーケーブルを変えたところ
音質が変わってしまいました。特に高価なものを使ったわけでは
なく、逆に安価品でもありません。200円/m のものです。
以前の音に慣れ親しんだせいか元の音のほうが気に入っており、
せっかく購入したのですが使うのをやめてしまおうかと思います。
新しいケーブルは確かに澄んでいるのですが、なんだかパンチ力と
いうか低音が出ないような気がします。
クラシック音楽ではよいのですが、ポップス(女性ボーカル)では
物足りない気がします。

システム構成は、
アンプ:ROTEL RA-870BX
スピーカー:Monitor Audio 800 Gold
以前のケーブル:メーカー忘れましたが、ごく普通のケーブル
新しいケーブル:アコースティック・リサーチ社製
です。

分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

nimaibaと申します。

スピーカーに限らず、ケーブルによる音の差は私も身を持って体験し、実感しています。

ただ、どのケーブルが自分好みの音を演出してくれるかを前もって見分ける方法は、結論として皆無だと思っています。

店頭での視聴、他人の意見。これらは単なる気休めでほとんどあてになりません(私も参考としては聞きますが)。
一般のオーディオファンにとってのリファレンスとは何か・・・・私は部屋だと思います。
オーディオとは、どんなにテクノロジーが進歩しても、所詮スピーカーによって発せられた空気の振動を全身で感じる物です。
したがって空気の振動の伝わり方まで同じ条件にして視聴しないと、私は意味のないことだと確信しています。
普段聴いている部屋と店頭では条件を一致させることはまず不可能です。

ですからこれはもう適当な物を買ってみて、当たれば良し、外れればまた買って・・・・の繰り返ししかないと思います。
(独身の頃はデッキなんて買って気に食わないとすぐ他人に売って次のを買ってましたっけ・・・・家庭を持った今じゃとてもそんな事できませんが・・・(^^;)

ちなみに私は10年以上、P社の300円/mのケーブルを使いつづけています。

nimaibaと申します。

スピーカーに限らず、ケーブルによる音の差は私も身を持って体験し、実感しています。

ただ、どのケーブルが自分好みの音を演出してくれるかを前もって見分ける方法は、結論として皆無だと思っています。

店頭での視聴、他人の意見。これらは単なる気休めでほとんどあてになりません(私も参考としては聞きますが)。
一般のオーディオファンにとってのリファレンスとは何か・・・・私は部屋だと思います。
オーディオとは、どんなにテクノロジーが進歩しても、所詮スピーカーによ...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qヘッドフォンとインピーダンスの関係

インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが、そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?
そしてインピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?
その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)、SPを外しても出力は8V(=出力0W)ということです。

したがって、SPのインピーダンスが低いほど、同じボリューム位置でも出力が増えるので、(SPの能率の差がなければ)インピーダンスが低いほど音量が大きくなります。

> そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?

同じ電力を伝送する時に

ローインピーダンス:電圧低め・電流多め
ハイインピーダンス:電圧高め・電流少なめ

となります。

> インピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?

「音の善し悪し」というよりは、むしろ経済性の問題です。
例えば仮に(実際とは異なりますよ)、
「インピーダンスを2倍にすると、コストも2倍になる」
としたら
「同じコストで製品を作るなら、インピーダンスを半分にした方が2倍良い物が作れる」
ということです。

現在、SPのインピーダンスは6Ωの物が多いですが、これは
「6Ωだと理想的なSPが設計出来る」からではなくて
「6Ωだともっとも割安にパワーアンプが設計出来る」からなのです。

これが25年くらい昔だと、8Ωが当たり前でした。パワーアンプ(の出力トランジスタ)が今ほどは大電流対応でなかったためです。

更に昔の真空管時代になると16Ωが標準でした。これは、真空管アンプ自体が高いインピーダンス(=高電圧・小電流)で動いていたため、SPのインピーダンスも高ければ高いほど、アンプ(の出力トランス)の設計が楽になったからです。

では、真空管時代に何でもっと高いインピーダンスのSPを使わなかったのか?というと、今度は余りインピーダンスを上げすぎるとSP自体の設計の方が難しくなるからです。
要するに、当たり前のことですが、トータルで低コスト・高性能となるように、各装置間の入出力インピーダンスが定められているわけです。

> その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

インピーダンスが下がるほど、ケーブルの導体抵抗の影響を無視出来なくなります。
ラインケーブル(出力側のインピーダンスで1kΩ前後)よりSPケーブルの方が、音質に対する影響が大きい(・・・と言われている)のはこのためです。

インピーダンスが上がるほど、線間の静電容量によって高域が減衰します。したがって負荷(10~500kΩ)に電流を流す必要のないライン出力でも、出力インピーダンスは1kΩ位まで下げておいて、高域減衰を防いでいます。

とはいえ、インピーダンス1kΩと8Ωでは大差が生じますが、6Ωと8Ωではどうという程の差はありません。
(パワーアンプの見かけ上のスペックが向上するだけです)
通常使用では気にする必要もないと思います。

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)...続きを読む

Qヘッドホン出力とライン出力の違いについて

ヘッドホン出力とライン出力の違いがわかりません。
それとインピーダンスというものもよくわかりません。

教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワーアンプ
 ↓ 実際に耳で聞くための信号
 ↓ 好きなように音量を調整する。
4.スピーカー
 ↓ 音を出す装置
 ↓ 基本的にスピーカー出力とヘッドホン出力は同じですが、
 ↓ インピーダンスが違います。
5.耳で聞く

インピーダンスは抵抗です。
プレイヤーからアンプ、スピーカー、そして耳に至る間に、機器同士の相性を合わせる必要があります。

大きな音(信号)の装置と小さな音の装置をつなぐには、その信号の強さを調整しないと音が流れなかったり、逆に流れすぎることがあって、最悪は壊れます。

例えば、スピーカーのインピーダンスを4オームから8オームに変えると音が小さくなります。
インピーダンスの大きなスピーカーを鳴らすにはパワーアンプの出力を上げる必要があります。

本当に大まかです。
ヘッドホン出力にラインをつないだら、音が大きすぎるので抵抗を入れる必要があります。
ライン出力にヘッドホンをつなぐと、上記の3.のパワーアンプが無い状態と同じです。

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワー...続きを読む

QJ-POP で一発録りにこだわっているアーティストっていますか?

J-POPのCDを制作するとき、通常は各楽器のパートを一つずつ録音し、
それにヴォーカルをかぶせていく方法ですよね?

それを敢えて手間がかかっても、各演奏者の演奏とヴォーカリストが同時に
歌い一発で録音する事にこだわっているアーティストっていますか?

男女は問いません。

毎回一発録りしてないけど一発録りした作品もある方なら
その作品を教えてください。

ライブ版は一発録りしかないでしょうから省いてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヴォーカルは入っていませんが、
東京スカパラダイスオーケストラの
「FULL-TENSION BEATERS」というアルバムは
すべて一発録りだそうです。
かっこいいのでよかったら聴いてみてください。

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Q最近の録音の良いCD、オーディオチェックに良いCDは?

20年ぶりにオーディオに懲りだしました。Jazzとクラッシックを主に聞いておりますが、最近の録音の良いCDについてはまったくわかりません。 LP専門のオーディオ時代には、好録音盤ということで話題になったLPもたくさんありましたが、CDになってからの好録音盤については、まったくわかりません。 JAZZとクラッシックの音楽CDで、オーディオチェックに向いているCDを、お教えいただければうれしいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

norimakiarare さん こんにちは。

20年ぶり!?  おかえりなさ~い。

技術は日進月歩で オーディオファンにとっては 良い時代です。

(この手の雑誌などは 冬!? のようですが。)


私は ↓ を紹介したいと思います。
このHPでは 最近のオーディオ情報なども いろいろありますから 見てみてください。


以前 聴かれていた お気に入りの音源は ありませんか?

CD化されている可能性が高いです。

そのCDは 持ってる という場合でも

数年で デジタル リ・マスター といって

音が うそ~! みたいに 良くなることが よくあります。
(その場合 デジタル リ・マスター などの表記がある場合が多いです。)

オーディオファンとして まさに 喜びでもあり  ... 。


秋は オーディオの季節です。

秋の夜長 よい音楽に ひたってください   ^ ^   ...  。


(大先輩に対して 釈迦に説法! でした。 ごめんなさい。)
 
 
 
 

参考URL:http://www.phileweb.com/shop/soft-kan/

norimakiarare さん こんにちは。

20年ぶり!?  おかえりなさ~い。

技術は日進月歩で オーディオファンにとっては 良い時代です。

(この手の雑誌などは 冬!? のようですが。)


私は ↓ を紹介したいと思います。
このHPでは 最近のオーディオ情報なども いろいろありますから 見てみてください。


以前 聴かれていた お気に入りの音源は ありませんか?

CD化されている可能性が高いです。

そのCDは 持ってる という場合でも

数年で デジタル リ・マスター と...続きを読む

Qスピーカーの土台にコンクリートブロック

スピーカーの土台にコンクリートブロックをおくとすごく音が良くなると聞いたのですか、本当ですか?

もし本当ならば、コンクリートブロックはどのくらい積んだら良いのか、積み方も併せて教えて頂ただければ幸いです。

後、コンクリートブロックは粉がたくさんでるようなので、コンクリートブロックに代用できるような物などはないでしょうか?

Aベストアンサー

コンクリートブロックといっても様々な種類がありますが、大別して、ブロック塀などに使われるような発泡性のものと、人工大理石調の高密度のものがあります。

このうち、特に発泡性のものは一聴すると音が良くなったように感じることがありますが、個人的には音の密度感がなくなって、良くいえばスッキリと整理された感じ、悪くいえばスカスカした音になるように思います。
内部の細かな空洞が音を吸ってしまい、本来聞こえるべき音までがなくなってしまうからだと思います。(現に同様の原理で、アスファルトに気泡を作って騒音を減らす技術が各地の幹線道路で実用化されているようです。私の地元でも数カ所確認しています。)

一方で高密度タイプのものですが、形としてはタイル状のものや、車止めとして売られているものがあります。(これもホームセンターで売っています。)
こちらは、良くいえばカッチリと締まりのある音に、悪くいえばキンついた音になりがちです。

いずれの場合でも、単体で使うとこの特徴が顕著に出てきて再生音を変えてしまうことが少なくありません。薄手(1mm以下くらい)のゴムシートやコルクシートなどを床との接触面に使ったり、スピーカーとの接点には小さな木片や金属片を挟むと、自然な音になるでしょう。
ただし、軟性素材のシートを使う場合はできる限り薄く、かつ接触面んが最大となるようにします。柔らかい素材を小さな接触面積で使うとコンプライアンスが大きくなり、振動が減衰できなくなります。つまり、シートを使う場合はブロックと床の接触部分全てに触れるように、大きなものを使う必要があります。

粉が出る点に関しては、包装紙などで包んでしまえば良いかと思います。ただし、小さな気泡が水分を含んでいるため、晴天下で数日は乾燥させないと、部屋に入れてから紙に皺ができたり、カビが出たりします。
また、ブロックの場合は空洞が設けてありますが、ここに綿などを詰めておかないと、特的の周波数で共鳴して、不要な音が出たり、逆に必要な音が消されたりします。(目隠ししない場合も同じです。)

代用品、というより、より良い素材としては、大理石や人工大理石、木材(基本的には比重が大きいものほど使い勝手が良い)などが良いでしょう。大理石は意外に値段が安く、石材店などに頼めば面取りもしてくれます。人工大理石は多少高いですが、端材を使って作ってくれる店もあります。
木材に関しては、日曜大工に自信があれば、かなり自由な設計が可能です。直線カットはたいていのホームセンターでやってくれますが、店員によって精度が変わるのが難点です。(良い店では0.数mm以内、酷い店では切り幅すら確認しない店員もいました。もちろん責任者を呼びつけましたが....)

積み方や厚さ、素材の使い分けはノウハウに属する部類のもので、カットアンドトライで調整していくしかありません。組み合わせはほぼ無限ですので、いろいろ試しながら音の変化を聴き、好みのセッティングを見つけてください。

コンクリートブロックといっても様々な種類がありますが、大別して、ブロック塀などに使われるような発泡性のものと、人工大理石調の高密度のものがあります。

このうち、特に発泡性のものは一聴すると音が良くなったように感じることがありますが、個人的には音の密度感がなくなって、良くいえばスッキリと整理された感じ、悪くいえばスカスカした音になるように思います。
内部の細かな空洞が音を吸ってしまい、本来聞こえるべき音までがなくなってしまうからだと思います。(現に同様の原理で、アスファルト...続きを読む


人気Q&Aランキング