昔読んだSFで、タイトルも著者も忘れてしまったのですが、
どなたか知りませんか?

未来の地球で人口爆発がにっちもさっちもいかなくなったために
人間を曜日ごとに分けて、生活空間を分け合うことにした社会のお話でした。
月曜日なら月曜日の人だけが起きていて、その他の曜日の人は寝てて、
つまりどの人も1週間に1日だけ起きてる、というシステムで・・・

ハヤカワ文庫だったような気がするのですが
文庫一覧を見ても、合うのがありません。
ご存じの方、教えてください。

A 回答 (1件)

uzumaki-ko さん、こんにちは~☆♪



『デイワールド・Dayworld』だと思います。
フィリップ・ホセ・ファーマー(Philip Jose Farmer )著  大西憲/訳 
早川書房(ハヤカワSF文庫) <SF712> 1987年4月発行

詳細については下記のURLをご参考にして下さいませ。

【デイワールド Dayworld 】
   
http://r-a.virtualave.net/book/kansou.html

『Q7.』の項をご参照願います。

http://homepage1.nifty.com/mai_u/kokosuki_/sk00a …


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

参考URL:http://homepage1.nifty.com/mai_u/kokosuki_/sk00a …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わーありがとうございます。
そうです。ファーマーでした。
ここ何年もSFを読んでないんで、作者の名前も忘れてしまってました。

ファーマーは「リングワールド」なんかを中学の時読んだので
その流れで読んだようです。
調べたら、ハヤカワではもう出してないようで・・ちょっと残念ですが
古本なんかで探してみます。

お礼日時:2002/01/19 17:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q岩波文庫と岩波少年文庫

子供の頃読んだ童話を大人になった今、また読みたいと思い
集め始めたのですが、色々な出版社から出ていてどれがいいか迷っています。

探していて思ったのですが、岩波文庫と岩波少年文庫はどう違うのでしょうか?
翻訳者が違ったり、収録されている作品数が岩波文庫のほうが多いように思いますが、
同じ岩波でなぜ違うのでしょうか?

また童話でおすすめの出版社があれば教えてください。

Aベストアンサー

No.3です。

「アンデルセン童話集」と「イソップ寓話集」との事ですので、先ず「アンデルセン童話集」から。

「アンデルセン童話集」は、岩波文庫の大畑末吉訳「アンデルセン童話集」が良いでしょう。これは原典からの訳です。
以前は、B6判の堅表紙のセット本が発売されていたのですが、版元品切・重版未定となっています。(この版元、「絶版」とは云わない)原書からの挿絵も転載されているので、挿絵と云う点でも良いでしょう。但し、本の大きさはA6判(だいたい郵便はがきの大きさに相当)

「イソップ寓話集」ですが、これはそもそもテクストの問題があります。AESOPと云う人は一時期は存在すら疑われた事も在る位で、現在「AESOP」の寓話として伝承されているものでも、明らかにAESOP以前に既に成立していたと考られる寓話もあります。従って、希臘語のテクストでもテクストに拠って寓話に出入りがあります。更に現在流布している児童書の中には、英訳本や仏蘭西語訳や独逸語訳やから重訳したと思われるものすらあります。
一応、岩波文庫の「イソップ寓話集」をお奨め致します。挿絵はありませんが、信用のおける訳書です。なお、同書の巻末解説にある、渡辺和雄訳「イソップ寓話集」(2冊)小学館は別系統のテクストによるものです、版元品切ですがアマゾンでは入手出来るようです。

蛇足、「グリム童話集」も岩波文庫に収載されているものが良いでしょう。これは後の(グリム自身による)改訂版の訳です。独逸本の初版とは内容が多少異なってきます。

ご参考にならば幸甚です。

No.3です。

「アンデルセン童話集」と「イソップ寓話集」との事ですので、先ず「アンデルセン童話集」から。

「アンデルセン童話集」は、岩波文庫の大畑末吉訳「アンデルセン童話集」が良いでしょう。これは原典からの訳です。
以前は、B6判の堅表紙のセット本が発売されていたのですが、版元品切・重版未定となっています。(この版元、「絶版」とは云わない)原書からの挿絵も転載されているので、挿絵と云う点でも良いでしょう。但し、本の大きさはA6判(だいたい郵便はがきの大きさに相当)

「イソ...続きを読む

Q水曜日に空を見て土曜日に笑おう

水曜日に空を見て土曜日に笑おう
という詩を作る男の子が出てくる作品を探してます。
小学生のときに読んで、結構心に響いた作品でした。
流れている空気感でいえば『耳をすませば』的な
ものだったと思うのですが…。ぜひもう一度読んでみたいです。
何か知っている人がいらっしゃったら情報お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
吉田としさん作「木曜日のとなり」ではないでしょうか?
http://www.mpchiba.com/essay/ikuta/001.html

参考URL:http://server2.bookmall.co.jp/~akane/search/info.php?isbn=4-251-10008-5

Q著者の思い上がりか、読み手の読解力不足か・・・

「強くてしなやかなカップルをつくる魔法の結婚式」(中村典義・著)にどうにも理解できないところがありました。

著者はそこで「見きわめてほしいと私が願うポイントはおわかりいただけますね?」と、読者に対して問いかけています。しかし私は、著者が言っていることがどういうことか、さっぱりわかりません。

著者のその「お分かりいただけますね?」という言い方には、わかるだろう(わかって当然)という思い上がりみたいなものがあります。みなさんは著者のその説明が理解できますか。理解できるという方がおられましたら、どういう事か説明して貰えませんか。

私がわからないのは以下の文章です(同書の146~148ページ)。「出来ちゃった婚」について書いています。

 これからお話することは、現場のリアルな声として聞いてほしいのですが、子供ができた時、本当に「授かった」と受け止めているカップルと「妊娠した」と受け止めているカップルがいます。
 その違いは「男の子の態度」と「女の子の目」に現れます。 
 男の子がしっかりと腹をくくっている場合、女の子は頼ることのできる存在がいますから、安心して未来を考えることができます。 
 では、男の子がしっかりと腹をくくってない場合はどうか?
 女の子は「彼は変わってくれる、産まれたらいいパパになってくれる」と自分に暗示をかけます。
 好き合ってお付き合いしているのですから、相手を憎からず思っていることは間違いないでしょう。だからといって「この人と一生を共に・・・」と思っているとは限りません。
 実際に多くの人が「付き合う人と結婚する人は別」と言っていますし、20代前半では結婚をリアルに考えてお付き合いしてない人が多いでしょう。そもそも付き合う時点で結婚をイメージしろと言っても難しいことです。
 しかし、二人の結婚への意識とは無関係に妊娠は起こりえます。

 昨今の出来ちゃった婚は「授かり婚」とまで言われ、非常にポピュラーなものになりました。罪悪感を持つこともほとんどありません。
 しかし堂々と公表することがある種の弊害を生んでいるようにも思います。それは「妊娠=結婚」と安易に決めてしまう風潮です。 
 私はどうすることが正解だと述べる立場ではありませんし、そのカップルによって正解は違うとも思います。
 ただはっきりと断言できるのは、結婚式の打ち合わせで私の前に並んで座るカップル、そのすべてが幸せそうな笑顔をしているわけではないということです。

 『彼はきっと変わってくれる』『私の選択は間違ってない、きっと幸せになれる』と自分に暗示をかけながらウェディングドレスの試着をする新婦が確実にいます。
 それが不幸になると決まったわけではありません。彼は子煩悩で素敵なダンナ様になるかもしれません。
 自信を持って結婚したけどうまくいかないカップルもたくさんいます。全てのカップルに多かれ少なかれギャンブルの要素はあります。
 腹をくくれない男を前にした時、女の子はあきらめるか、自分に暗示をかけて前に進もうとします。見きわめてほしいと私が願うポイントはおわかりいただけますね?
 ちなみに離婚率の全国平均は30%以上ですから再婚はめずらしくありません。
 しかしバツイチの男女の数は同じはずなのに、 (以下省略)

「強くてしなやかなカップルをつくる魔法の結婚式」(中村典義・著)にどうにも理解できないところがありました。

著者はそこで「見きわめてほしいと私が願うポイントはおわかりいただけますね?」と、読者に対して問いかけています。しかし私は、著者が言っていることがどういうことか、さっぱりわかりません。

著者のその「お分かりいただけますね?」という言い方には、わかるだろう(わかって当然)という思い上がりみたいなものがあります。みなさんは著者のその説明が理解できますか。理解できるという方...続きを読む

Aベストアンサー

NO・6 です。敏速な補足いただきありがとうございます。

私の思ったとおりの文脈です。
やはり、女性は慎重に相手を選ばねばならないよという流れなのでしょう。

>現が適切でないところは至るところにあります。困ったものです。

仰るとおり、プロの文章家が書いたものではないということでしょうね。

お礼方。蛇足でした。

Q著者から1000冊プレゼント・・・

著者の意向でホームページで「この本を読んでもらいたい著名人」のアンケートをとり、1000冊をプレゼントした人がいるらしいのですが、誰の何と言う作品なのでしょうか?

Aベストアンサー

森博嗣氏の「星の玉子さま」のことですか?

http://www001.upp.so-net.ne.jp/mori/myst/star_req.html

Qペイ フォワードの著者を知っている方

ペイ フォワードの著者が知りたいので、誰か教えてください。

Aベストアンサー

Catherine Ryan Hyde

映画になったやつですよね?
多分この人で合ってると思いますが


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報