いろいろな動物からサルが生き残り、人に進化した理由を教えてください。
あと、人と動物がどう生まれてどう成長するのか??おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

進化というのは偶然の産物です。

多分。
旧ダーウィンの解釈ではそうなります。
様々な試行錯誤を繰り返していくうちに失敗作(?)は淘汰され、たまたま環境にあっていたタイプの進化パターンがそのまま引き継がれていき現在のような結果になりました。
無作為に無限の試行パターンを繰り返せば、おのずと生き残ることができた種が選択されていきます。結果的に理由を鑑みれば、エサがとりやすい、コミュニケーションとれる、すばやく動けるなどの要因があったからであろうと推測ができます。
跡付けで理由を考えればなるほどと納得しますが、もちろんこれ以外にも様々な要因があったのでしょう。決して優れているという理由だけでは生き残る訳でもなく、様々な偶然が重なってのことだろうと思います。
ということですが、勘違いしてほしくないのはあくまでも「優れていたから生き残った」ではなく「生き残ったから優れていた」ということです。歴史は勝者が作ります。正しいから勝ったではなく勝ったから正しいということです。ということで質問1の答えは今ここに人がいることそのものが人に進化した理由となります。

とここまでは前ふりで。以上はあくまでも従来の考え方です。
最近の学説はそうではないようで、新ダーヴィニズムとか呼ばれている学説では、例えばよく進化の引き合いに出されるキリンの首など、あれは元々長くなるように設計されていたフシがあるらしいのです。
誰が?神様でしょうか?
となれば質問1の答えは、そうなるようになっていたからとなります。

興味があればその辺の専門書を一読することをお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、お礼が遅くなりましたがありがとうございます!!

お礼日時:2002/01/22 02:00

「勝てば官軍」で、遺伝的に「優れている」というのは、単に「勝ち残った」ものです。


「殺虫剤に強いゴキブリ」なんてのは、遺伝子としては、殺虫剤が発明されるまえから持っていたはずで、たまたま、殺虫剤が普及したことによって、他のゴキブリが死んでいく中で、マイナーな耐性ゴキブリが生き残ったわけです。
遺伝子レベルでは、たえず、いろんな方向への進化がプログラムされているけれど、実際にオモテに出てくるものは、そのうちのたまたま、生存に適したもの。
たぶん、人間の遺伝子のなかにもキリンのようにクビを長くするものがある(あった)と思いますが、オモテに出るほどの環境もないし、これから先もないでしょう。
環境変化があってから進化したのでは間に合いませんから、「すべりどめ受験」(落ちてから希望校を探せない)みたいに、いろんな方向への進化を持っているものが、進化して生き残り、「すべりどめ」を持っていなかったものは、1回の受験失敗で絶滅している、という感じで考えたらいいと思います。
シーラカンスや銀杏みたいな「生きている化石」というやつは、古生代から「すべりどめ」のお世話にならずにエスカレーターで生き残っているわけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、お礼が遅くなりましたがありがとうございます!!

お礼日時:2002/01/22 01:59

専門ではないので詳しくはわかりませんが、仮定の一つとして、大人になれない遺伝子異常が起こり(つまり子どものサルのまま)の集団が出現してヒトに進化したというのを読みました。

(専門書なので見当外れではないでしょう)手の形なんかがサルの大人より子どもの方がヒトに近いらしいです。どこかは忘れましたがどっかにサンショウウオの子どもの状態のまま成長しないで繁殖している集団があるらしい・・。(カエルでいえば、おたまじゃくしのまま)あとは染色体の数が違うから参考になるかも。ヒトは46本に対してサル(何ザルかは知らないけど)は48本です。ということは1対が他にくっついたんです。(たしか第2染色体に)他にもいろいろありそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、お礼が遅くなりましたがありがとうございます!!

お礼日時:2002/01/22 02:01

>いろいろな動物からサルが生き残り、人に進化した理由を教えてください。



aimxpxさんのご質問の文章からすると、いろんな動物の進化の果てにヒトが存在するような感じを受けますが決してそうではありません。現にヒト以外にもたくさんの動物が存在していますよね。現存する生物はそれぞれがそれぞれの生活環境などに適応してそれなりの進化をしてきた産物であってサルがヒトの祖先とかいうことはありません。

この回答への補足

人と動物の関係について調べているのですが、人間が今の人間の姿にどう進化してきたのか教えてください

補足日時:2002/01/19 22:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、お礼が遅くなりましたがありがとうございます!!

お礼日時:2002/01/22 02:03

何故かなんて解りませんよ。


一つの理由としては、「つかむ事が出来る手」が有るからでは無いでしょうか。

それから、2つ目の質問は余りにも漠然としてて、答えようが無いので、もう少し詳しく何が知りたいのかを書いて下さい。

この回答への補足

人と動物の関係について調べているのですが、人間が今の人間の姿にどう進化してきたのか教えてください

補足日時:2002/01/19 22:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、お礼が遅くなりましたがありがとうございます!!

お礼日時:2002/01/22 02:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【生物学】「生物の進化はメリットだけの進化だけではなくデメリットの進化もある」 質問: 進化のデメリ

【生物学】「生物の進化はメリットだけの進化だけではなくデメリットの進化もある」


質問:

進化のデメリットの例を挙げてください。

Aベストアンサー

人間の「スギ花粉症」なんか、その典型でしょう。

Q動物の進化はどうやって起きているのか

生物の進化は突然変異の積み重ねで、より生存に適した変化をした個体がより子孫を残しやすく、徐々に広がっていった、と理解しています。その場合、少し首の長いキリンがたまたま生まれ、より高い部分の葉を食べやすいため、子供が増えやすいというのは、まだ理解できます。

ただ、深海魚などで、頭の上に角のようなものが長く生えて、その先に小魚をおびきよせるための発光体がついていることがありますが、これは到底理解できません。1000回あるいは1万回くらいの変化・進化を遂げて初めて、角が徐々に伸び、さらに数百回の突然変異で発光するようになるのではないでしょうか。

そうすると、その間は特に生存率を高める機能が発揮できません。それなのに、なぜある方向の突然変異が起き続けるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは、

 小生も突然変異/淘汰説には懐疑的です。
ちょうちんアンコウぐらいなら、たまたま「頭の中央が光る突然変異」とそこが「角みたいになる突然変異」が同時に起き、便利なので長くなった。
 で何とかなりますが、多くの生物にある「目」の進化などは、その何兆倍もの偶然が必要です。

 「地球は宇宙人の実験場であり、たまにプログラム(DNA)を書き換えに来ている」という説もありますが、これに対しては、全く信じておりません。

 遺伝子の変化は、100%偶然によって起きるのではなく、まだ、未発見の未知のメカニズムが存在し、それがある程度、「偶然の方向性」を制御している。という説が、個人的には気に入ってます。

 ご参考まで。

Qナマケモノってどうして進化の過程で生き残っているのでしょうか

進化というのは、生き物が環境に適応していくということだと思います。でも、ナマケモノは結構大きくて、しかもあんなにのろい動きなのに、弱肉強食の世界を勝ち抜いて(?)今日まで生き残っているのはどうしてなのでしょうか。爪が強いと聞いたことはあるのですが、それだけで、自然淘汰されていく進化の過程を生き延びられるものなのでしょうか。
以前、襲われたらテレパシーのような特殊な電波を出して敵を追い払うと聞いたことがあるのですが、本当なのでしょうか。

Aベストアンサー

 僕らが生き残った理由(各論)はもう人間さんたちに完璧に説明して貰えたので、総論の話をします。念のために言っておきますが、僕らはそんなエスパーみたいなことはできません。

 『動きが速ければ良くて、遅ければ悪い』なんて、生物の世界はそんな単純なものではないんですよ。『他のヤツらがやらないことをやる』――それが世界に自分の居場所(生態学では生態的地位ecological nicheと言う)を確保するための鉄則なのです。僕らが毒のある葉っぱを食べるのも、その一例です。
 弱肉強食の世界では弱いものは滅びる? そんなことはありません。だって、弱いものがいなくなったら強いものは食べ物が無くなるじゃないですか。だから食べる方も、滅ぼさない範囲内でしか食べないのです。むしろ、強者の宿命について考えて欲しいものです。6億年前に動物と呼べるものが登場して以来、各時代時代に生態系の頂点に君臨した動物種は、必ず絶滅しているのです。自らの地位に甘んじて進化をやめてしまうからです。現在生態系の頂点に君臨している動物も......あ、失礼しました。
 光合成するよりも、食べる方が栄養を効率的に摂取できますが、だからと言って、世の中動物ばっかりになったらどうですか? そんな世界は存立し得ないでしょう。
 細菌だって、必要とされているから存在しているんです。彼らがいなければ地球は死体と排泄物で埋め尽くされてしまうでしょう。

 強いとか大きいとか速いとか、それだけじゃないんです。この星の命はみんな、個性で自分の居場所を勝ち取ったからこそ、今ここにいるんです。一度も滅びずにここまで生き残って、進化してくることが、どれだけ大変なことだったか。動物も植物も細菌も、みんな40億年の試練を勝ち残った超エリートなんですね。生命に優劣なんてないんですよ。

 人間さんは、短期間に爆発的に数を増やして世界中に拡がったため、他種に類を見ないほど遺伝的に均質な動物になったのだそうですね。人種によるDNAの差なんて、チンパンジーさんで数十km離れた隣の群れを比較した差よりも小さいと言うのですから。その中にあるほんの小さな小さな差のために差別や戦争がなくならないのは本当に悲しいことです。僕らのように、「個性の赴くまま、ただ生きてるだけ」、ということの大切さを、人間さんたちにも見直して貰いたいですね。

 以上、ナマケモノでした。

 僕らが生き残った理由(各論)はもう人間さんたちに完璧に説明して貰えたので、総論の話をします。念のために言っておきますが、僕らはそんなエスパーみたいなことはできません。

 『動きが速ければ良くて、遅ければ悪い』なんて、生物の世界はそんな単純なものではないんですよ。『他のヤツらがやらないことをやる』――それが世界に自分の居場所(生態学では生態的地位ecological nicheと言う)を確保するための鉄則なのです。僕らが毒のある葉っぱを食べるのも、その一例です。
 弱肉強食の世界では弱い...続きを読む

Qもし野生に生まれた動物が、親から狩りを教わることができなかったらどうなるのですか? 狩りの仕方を学習

もし野生に生まれた動物が、親から狩りを教わることができなかったらどうなるのですか?

狩りの仕方を学習できないとやはり死んでしまうのでしょうか…?

Aベストアンサー

うまくいかずに死んでしまう確立が相当に高いです

なので様々な保護施設なども、自然に返す予定の場合は
いろいろ気遣っています。

野鳥の巣立ち雛を、迷子と間違って拾わないでというキャンペーンでも
親について、食べられるもの、餌のとり方を学ばなければ
自然に返しても死んでしまう、と訴えています。
または、親が不在の巣から、野生動物を誤って保護してしまう
こういった誤認救護についても
餌をとることを覚えないので、やめてほしいと訴えています

まして人間を恐れなくなったり、敵がわからないのも非常に危険です。

ただ、親が育てない種類の生物は、本能でなんとかなるようにでいているのでしょう。
魚とか…

親から学ぶ種は、その分環境適応力があるのでは、と思いますが…
学習できないと、うまく生き抜けません

野生動物に気まぐれで餌をあげて
餌をとる能力を学べなくなるのも危険です。

そんな感じです

Q【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか? LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いま

【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか?

LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いますが、

医療の発達は動物実験なくしては無理ですよね?

皮膚の炎症を抑える治療法や治療薬は猿の遺伝子操作して意図的に皮膚炎になった猿を人口的に作り出しその猿で治療法、治療薬を作ってきた。

もし動物実験がダメなことと言うなら自分が皮膚炎に掛かったときに、これ動物実験できなくなったから試してないけど塗っていい?と言われたら人間が実験台になる人間実験の時代になるわけですよね?

動物実験と人間実験。

動物愛護の人は人間より動物を優先するのでしょうか?

人間実験始めますって言ったらどうするおつもりですか?

よかった。動物実験がなくなって動物愛護法ができて良かった。

でも人間の実験を人間で行う人体実験は人権侵害、人間保護の精神は動物愛護の人にはないのでしょうか?

人間と動物どちらかで実験しないといけないと言われたら動物を差し出しますよ。私は。

動物愛護の人はあなた、動物、他人がいたら他人を実験台に差し出すってことですよね。

怖すぎます。

NO!動物実験にNO!です。

【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか?

LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いますが、

医療の発達は動物実験なくしては無理ですよね?

皮膚の炎症を抑える治療法や治療薬は猿の遺伝子操作して意図的に皮膚炎になった猿を人口的に作り出しその猿で治療法、治療薬を作ってきた。

もし動物実験がダメなことと言うなら自分が皮膚炎に掛かったときに、これ動物実験できなくなったから試してないけど塗っていい?と言われたら人間が実験台になる人間実験の時代になるわけですよね?

動物実験と人間実験...続きを読む

Aベストアンサー

詳しいことを読んでないですよね?
今まで化粧品をうさぎの目に垂らすという実験が行われていたのですが、それは人間の肌に有害かどうかを裏付ける物ではないとの科学的結果が出たのです。
だから、無駄に動物をいためつける実験はやめようと言っています。
例えば新薬のマウス実験をやめようとは言っていないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報