最新閲覧日:

先日、ホーロー洗面台に硬い物を落としてホーロー部分がはがれてしまいました。
中から金属が見えてます。文房具の修正液を塗っておいたら、二日くらいで取れてしまいました。何か良いキズ隠しか、修理する方法を教えていただけませんか?

A 回答 (2件)

大変でしたね。



私も、入居直後にお子さんのイタズラで洗面台に傷を付
ちゃったお客様から相談を受けた経験があります。

で、これは某担当者から教えて貰った技です。
一度お試しくださいな。

【用意するもの】
  ・ホーロー修理用接着剤、ヘラ(竹を削って自作で
   OK。ゴムベラもあると便利)
  ・マスキングテープ(無ければ布製ガムテープ可)
  ・カッターナイフorハサミ
  ・サンドペーパ(100番~200番くらいの物、400番
   くらいのもの)
  ・ボール紙or段ボール(20cm×20cmもあれば十分)
  ・ボロ布(ティッシュ不可。綿の古下着等がgood)
  ・ドライヤー、水彩絵の具、絵筆(無くても可)

【手順】
1. 補修部分に150番ぐらいのサンドペーパーをかけ
   サビや汚れを落とします。
 2.次に、磨いた表面に残った細かい埃を絵筆などで
  取り除き、ドライヤーでキチッと乾かします。
  (ドライヤーで埃を吹き飛ばしてもOK)
 3.傷の周囲にマスキングテープを貼ります。
  これは、補修剤を塗った時に周囲に広がってふき
  取りが手間ですから、それを軽減する意味
 4.ホーロー補修剤は大抵2つのチューブに入ってい
  ますから、紙の上に取り出してヘラで十分に混ぜ
  合わせます。
  この時点で水彩絵の具を混ぜ合わせて色調節します。
 5.補修剤をヘラで補修部分に塗りこみ、たいらに仕
  上げます。
  表面は後で磨きますから、そうそう神経質になる
  必要はありません。
6.補修部分からはみ出した余分な補修剤は、濡れた
  布等でふき取ります。
 7.完全に硬化してから、400番前後の耐水サンドぺ
  -パに"石鹸水を"付けて磨きあげます。
 
   ※:上記7をやっても表面の平滑具合が気になる
     ならば、DIYショップ等で売っている研磨剤
     で更に磨けば良いでしょう。

コツは
 ・慌てない。(特に色合わせ)
 ・サンドペーパを使うときには丁寧に根気よく
   不用意にやると、健全な部分を大きく傷つけます
   し、根気よくやらないと露出している金属面を
   綺麗に研磨できないんですよね。
   (金属面を綺麗に研磨していないと、後で内部
    の錆びなんて事になります。)
 ・硬化には十分な時間を掛ける。(補修剤に時間が
  記載されていますから、それを守る。)
なんてところかな?


綺麗に修理できるといいですね。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございました。丁寧に教えていただいて良くわかりました。早速修理をしてみます。

お礼日時:2002/01/20 10:22

ホーロー用の接着剤を使います。


ホームセンターなどで手に入ります。

参考URL:http://www.mars.dti.ne.jp/~memo/rinku26/naosu.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

便利なホームページを教えていただき、有難うございました。

お礼日時:2002/01/20 10:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報