中央銀行制度とはどのとうなものですか?簡単に説明していただきたいのですが
お願いいたします。

A 回答 (1件)

ちゃんとしたところが知りたければ、図書館に行って調べるか、あるいはご自分でgooなんかで検索して下さい。



参考URL:http://www2.csc.ne.jp/~uchocobo/term/termj.html#ta
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中央銀行の国債買取

「中央銀行の政策には、つねにさまざまな政治的介入が入ります。政府にとっては、みずからの発行した国債を中央銀行に買い取ってもらえれば、それによって債務がなくなるからです。」(伊藤元重『入門経済学』P83より抜粋)という一文がありました。
これは、政府が発行した国債を中央銀行に買い取ってもらった場合、その国債は国にとっては債務ではないということですか?中央銀行は政府から独立した機関であり、そこが国債を買えば、他の一般債権者と同様国に対して債権者となり、国は債務を負うと思うのですがどうなんでしょうか?文中の「債務がなくなる」とはどういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

中央銀行が政府発行の国債の直接引き受けをやると、日銀が持つ政府に対する債権は、消えません。おっしゃるとうりです。しかし、市中で消化できないので、中央銀行引き受けをやった背景があったとすれば、利払いする際に問題が起こる事になり、国債の追加発行引き受けを日銀に要求するでしょう。これが事実上の債務がなくなるという、第一段階だと思います。もし、財政規律が完全に乱れ、赤字国債の引き受けをすべて、中央銀行に引き受けさせた場合、引き受けさせた額、プラス乗数効果分が通貨供給させてきますので、もし、増加した通貨が実体経済に相当分流れた場合、インフレを意味しますので、中央銀行引き受けにより、悪性インフレを発生させた場合、最終的には我々、民間部門と家計部門が、政府部門の尻拭い(インフレを受け入れねばならない)をさせられます。政府部門は、中央銀行を財布代わりにしますから、国家財政部門はやりたい放題という事になるでしょう。つまり、債務がなくなるとは、おそらく、法的には、債務はなくなるわけではないが、経済上、実質中央銀行に肩代わりさせる事ができたわけであるから、どんな利払いになろうが、また借りられる。従って、事実上、債務が消えたと同じ事になる と言うことではないでしょうか

中央銀行が政府発行の国債の直接引き受けをやると、日銀が持つ政府に対する債権は、消えません。おっしゃるとうりです。しかし、市中で消化できないので、中央銀行引き受けをやった背景があったとすれば、利払いする際に問題が起こる事になり、国債の追加発行引き受けを日銀に要求するでしょう。これが事実上の債務がなくなるという、第一段階だと思います。もし、財政規律が完全に乱れ、赤字国債の引き受けをすべて、中央銀行に引き受けさせた場合、引き受けさせた額、プラス乗数効果分が通貨供給させてきますの...続きを読む

Q中央(日本)銀行制度は、一番良い制度なのでしょうか

 なかなか、景気が回復しません、もう10年も不景気が続きます。
非常に困っています。
中央(日本)銀行制度自体に、問題があるのかも、と思います。
この制度の短所について、教えてください。
米でも、共和党と組んだティパーティーも、疑問に感じているようです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なるほどですね。少し説明不足と言いますか、イメージ伝達に疎かなとろこがありました。これでは誤解を招く事もありましょう、失礼いたしました。

希望の種という表現を持ってお伝えしたかった事は、どんな条件・状況・環境がありましても心は自由であるという事でした。また、そうした心は一人ひとりへと伝わっていくものですし、それは政治家であろうともなかろうとも、ポジションを得ていようとも得ていまいとも、自由にもちうる心であるという事でした。

Bronerさんともそういう関係でありたいというプロポーズの様なものでもあります。

DNAの件や役割についてのコメントは仰る通りかと思います。そして、絶望というのもとても大事なものだと思っております。僕が希望の種と出会う一瞬間前は絶望でございましたし人間不信極まりなかったですし(その話をすればまた長いですが・笑)。

だから、僕は今では68億人一人ひとり皆が幸せで生きられる社会の創造について、極めて前向きに取り組んでいます。その中で、日に日に日本はそれを具現化するにはとても良い環境である事をつくづく実感しております。

ところでBronerさんは、

> あなたは、変革できるポジションに立ち、指導していく人のようです。その行動の中に、底辺を増やす、あなた以外に同じ考えをする仲間を増やすことが大事です。これが私のお願いです。ケネディー大統領みたいには、ならないで下さい。

と仰りますが、これは大変嬉しい事でございます。

実は、僕の知人こそがそんな政治家なんでございます。僕が今の様になっているのは彼との出会いがあったからです。歩みだしたばかりの彼ですが、とても彼の政治哲学・政治理念は素晴らしいもので希望の種を感じさせてくれるものでした。今の僕があるのは彼のお陰です。

Bronerさんは、僕を通じて彼を感じられているのだと思います。

僕は、彼を政治家として立たせてあげたいと思っていますが、その為に、自らも政治家そのものであるかの様なポジションに立ち、自らの政治姿勢であらゆる事に臨みたいと思っていたところです。どのくらいそれが出来ているかどうかは別にしまして、知人を立たせる為にそうありたいと思っておりました。

それ故にBronerさんは僕をその様に見てくれているという事にはとても嬉しいですし、僕自身が知人にとって「底辺を増やす、あなた以外に同じ考えをする仲間を増やすこと」でいられているんだなぁと感じさせてくれるものでした。

因みに僕が出会っている希望とは、これからの日本と世界を引っ張る人は一人ではなく既に何人もいるんですよ。グループリーダーシップと言っておりますが。

政治家は一人だけでは何も変わりませんから、知人が政治家として見事道を切り開きポジションを得ていく様になれば僕自身もその道を考えるかもしれません。或いは、政治家ではない立場から、だけど政治哲学・政治理念を持ち、変革の手助けを行うかもしれません。

ただもし政治家としての道を歩む時にはBronerさんの言葉を思い出しますね。

なるほどですね。少し説明不足と言いますか、イメージ伝達に疎かなとろこがありました。これでは誤解を招く事もありましょう、失礼いたしました。

希望の種という表現を持ってお伝えしたかった事は、どんな条件・状況・環境がありましても心は自由であるという事でした。また、そうした心は一人ひとりへと伝わっていくものですし、それは政治家であろうともなかろうとも、ポジションを得ていようとも得ていまいとも、自由にもちうる心であるという事でした。

Bronerさんともそういう関係でありたいというプロポ...続きを読む

Q現代資本主義の陰の支配者は、中央銀行ではないかと思うのですがどうでしょうか

現代の資本主義社会においては、お金を稼ぐ者、金銭換算できる資産を持つ者が強いというのが常識になっていると思いますが、資産や収入を得る者(法人を含む)の更に上に立ち、資本主義社会を陰から支配しているのは金融政策を司り、紙幣を発行する権利を独占する中央銀行ではないのかと思うのですがどうでしょうか。

企業や政府でさえ批判を受けるのに、中央銀行が批判されることがほとんどないのも不思議なのですが、それは大企業や資産家が中央銀行を批判し、金融政策を変えられたら困るからではないでしょうか。
また、孫正義やビル・ゲイツといった大資産家についても、日本銀行やFRBといった中央銀行であるお釈迦様の手の上で踊る猿に過ぎないように思えます。

Aベストアンサー

資本主義社会を陰から支配しているのは金融政策を司り、
紙幣を発行する権利を独占する中央銀行
ではないのかと思うのですがどうでしょうか。
   ↑
大きな影響力を持っているのは確かですが
支配している、と言えるほどなのか、疑問が
あります。




企業や政府でさえ批判を受けるのに、中央銀行が批判
されることがほとんどないのも不思議なのですが
  ↑
それは裁判官が批判されることが少ないのと
同じです。

政治家は票目当てで動きます。
つまり金融政策など何も知らない素人の意向で
動く訳です。

これは問題だ、として中央銀行は政治からは
独立した地位を与えられているのです。
裁判官も同じです。

しかし例外もあります。

レーガン政権の時のFRB議長でミスターマネーと
言われた「ボルガー」氏は、高金利政策を採って
随分と批判されました。

「この世で悪いことは三つある。
 一つは金利だ。
 後の二つは金利と金利だ」

と批判した議員もおりました。

当の氏は、票目当ての政治家の言うことなど
聞く必要はない、と断固として高金利政策を採り
続けました。

今では、氏の政策は正しかったと評価されています。




孫正義やビル・ゲイツといった大資産家についても、日本銀行や
FRBといった中央銀行であるお釈迦様の手の上
で踊る猿に過ぎないように思えます。
  ↑
そういう面はある程度ありますが、中央銀行は
組織で独裁者ではありませんし、任期もあります。
相続などはありません。

こういう点でビルゲイツなどのビリオネラーと異なります。

資本主義社会を陰から支配しているのは金融政策を司り、
紙幣を発行する権利を独占する中央銀行
ではないのかと思うのですがどうでしょうか。
   ↑
大きな影響力を持っているのは確かですが
支配している、と言えるほどなのか、疑問が
あります。




企業や政府でさえ批判を受けるのに、中央銀行が批判
されることがほとんどないのも不思議なのですが
  ↑
それは裁判官が批判されることが少ないのと
同じです。

政治家は票目当てで動きます。
つまり金融政策など何も知らない素人の意向で
動く訳です。

...続きを読む

Q銀行と投資信託。投資信託と証券会社の違い。を簡単に分かりやすく説明してください。

銀行と投資信託。投資信託と証券会社の違い。を簡単に分かりやすく説明してください。

Aベストアンサー

銀行、証券会社は「会社」です。投資信託は、多くの場合「商品」です。
だから、意味が違うものです。
なお、最近は銀行でも証券会社でも投資信託を商品として販売しています。

Q中央銀行の役割について

中央銀行の役割は物価の安定だと思います。

ということは平たく言って、単純化すると、経済成長に合わせて、貨幣の供給量を増やし、デフレにもインフレにしないことが本来の中央銀行の機能ということでしょうか?

QEなどの特殊な操作は、ここではあえて考えないと想定してください。

Aベストアンサー

まあ、そう解釈できなくもないのですが、今の黒田日銀は「2%インフレで物価を安定させる」ことを目指しています。これは、2%インフレで物価を安定させる日銀首脳部を行政(安倍さん)が必要と考え、そういう人選をしてきたのだから、当たり前といえます。

この背景は、2%ほどのインフレが、経済発展に適切だという、国際スタンダードの考え方があり(米欧など)、日本はそういった金融政策を長い間しなかったために、経済が唯一、先進国で縮小したという観察があるからです。失われた15年といわれます。諸外国は面と向かっては言いませんが、日本はこの点では世界の反面教師、笑いものです。

Qドイツ中央銀行と日本銀行の違い

ドイツ中央銀行と日本銀行では、制度の面などどこが違うのでしょうか?
知っている人がいましたら、教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ドイツに中央銀行はありません・・・といったら身も蓋もないので。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E9%80%A3%E9%82%A6%E9%8A%80%E8%A1%8C

ユーロ統合によって欧州の金融政策はECBに一任されています。
ブンデスバンクの採れる裁量権はECBや日本銀行に比べてずっと低いものになります。
通常業務であれば日銀と同程度でしょうが、金融政策は自在に採れません。

一方でユーロは事実上ドイツマルク相当として扱われ、
ECBにおけるブンデスバンクの発言権は相当に大きいと思われます。

明治に遡れば、明治政府は最初英国を手本にしましたが、
どうも産業形態や1870年頃の先進国に比べて遅れていたドイツの制度は日本に都合がいいと言われました。
現在の産業組合や金融組織(信金、農協など)はドイツの制度を手本にしています。

どこまで細かく調べるのかによるのでしょうが、大枠では金融政策の自由度の違い、
個々の事情は文献などを細かく読んでいくしかないでしょう。

Q友人が中央銀行には巨大な権力があり

世界の経済を操るのは自由自在にできるのでどんな政治家も国家も中央銀行の機嫌を損ねることを恐れていて、リンカーンが暗殺されたのも通貨の発行権利を取り戻そうとしたせいで中央銀行の権力者を怒らせてしまった為だと言っていたのですがこれは事実だと思いますか?

Aベストアンサー

ファンドに投資しているものです。
中央銀行には巨大な権力はありますが、世界経済は自由自在にはできていないのが現状です。
FRB(アメリカの中央銀行)は事前にサブプライムローンの規制を行えませんでした。また、(これは中央銀行の仕事ではありませんが)失業者を減らすこともできていません。日本銀行も不況、デフレを一向に解決できていません。
リンカーンの件は知りません。トンデモ本や都市伝説系の本で研究してくださいな。

Q米国と欧州の中央銀行の使命について

米国の中央銀行はPrice StabilityとFull Employmentという目標を持ち、欧州はPrice Stabilityを目標とすると学校で習いました。
しかし、米国は市場原理主義に基づき、国民の貧富の差が生じても仕方ないという考えで、欧州は福祉に重点を置き、貧富の差を少なくし、雇用機会を与えるような経済思想を持っているという風におもっていました。
学校で習った内容と私が勉強した内容は間逆のような気がするのですが、学校で習ったのはあくまでも各国の中央銀行の役割であり、私が勉強した内容は各国政府の考え方なのでしょうか?
混乱して分からなくなってしまいました。
よろしければ教えていただけると幸いです。
つたない文章で申し訳ありません。

Aベストアンサー

まず、Fed(米国の中央銀行)の目的は、

http://www.federalreserve.gov/generalinfo/mission/default.htm

に記されています。Fedは、金融政策の目的として、

雇用の最大化(maximum employment)
物価の安定(stable prices)
適度な長期金利(moderate long-term interest rates)

の3つを挙げています。用語上の問題ですが、full employmentと言うと違った概念になるので、maximum employmentの方が良いと思います。

一方、欧州の中央銀行の目的は、

http://www.ecb.int/ecb/orga/tasks/html/index.en.html#skipnavigation

の“Objectives”で、

"The primary objective of the ESCB shall be to maintain price stability".

And: "without prejudice to the objective of price stability, the ESCB shall support the general economic policies in the Community with a view to contributing to the achievement of the objectives of the Community as laid down in Article 2." (Treaty article 105.1)

The objectives of the Union (Article 2 of the Treaty on European Union) are a high level of employment and sustainable and non-inflationary growth.

と述べられています。

確かに、欧州の中央銀行の第一の目的は、物価の安定を維持する(maintain price stability)となっています。ただ、その後で、「物価の安定のみではなく、欧州各国が第2項に書かれているような目的を達成するための政策を、欧州の中央銀行は支持する」と書かれています。

そして、その第2項には、欧州各国の目的として、高水準の雇用(high level of employment)と、インフレの加速しない持続可能な成長(sustainable and non-inflationary growth)が挙げられています。

つまり、欧州の中央銀行も雇用の促進を考える、ということです。

このFedとESCBの書き方がどれだけ違うのかを表現することは難しいと思います。

では、なぜ、欧州の中央銀行の目的がこのように回りくどい言い方になったかですが、政治の介入を避けたかったことがあるのではないでしょうか。

雇用促進、持続的な成長は、政治家が得意とする分野です。中央銀行の目的にこの2つが入ると、中央銀行が政治家の道具になってしまう、という危惧があったのではないでしょうか。だからと言って、雇用や経済成長を全く無視するわけにもいかない。それで、このような書き方になったのではないでしょうか。

ただ、これは私の推測です。EUの成り立ちを政治的な駆け引きの面から描いた本が既に何冊か出ていますので、そちらで確認されることをお勧めします。

まず、Fed(米国の中央銀行)の目的は、

http://www.federalreserve.gov/generalinfo/mission/default.htm

に記されています。Fedは、金融政策の目的として、

雇用の最大化(maximum employment)
物価の安定(stable prices)
適度な長期金利(moderate long-term interest rates)

の3つを挙げています。用語上の問題ですが、full employmentと言うと違った概念になるので、maximum employmentの方が良いと思います。

一方、欧州の中央銀行の目的は、

http://www.ecb.int/ecb/orga/tasks/ht...続きを読む

Q中央銀行の通貨発行権とその独立性について質問です

中央銀行の独立性について学んでいるものです。

完全に自由化して通貨発行権を民間で自由にしてしまうと、自由主義経済がなりたたなくなるという

意見があるようですが、

これはなぜなのでしょうか?

なぜ完全に中央銀行の通貨発行権を民間で自由にすると、経済が成り立たないのでしょうか?

Aベストアンサー

localnomad さん、こんばんわ。

説明が抜けていました。中央銀行は特別な法律で規定された銀行であり、その職員は準公務員のようなものです。政府の政策からは一応独立していますが、それは通貨の発行権と物価の安定を目的とした通貨の運用であり、政府は財政出動という手段をそれぞれ持っています。中央銀行と政府とは経済目標という目的は常に共通です。それはあの昭和恐慌のような事態を避けたいためでしょう。

Q中央銀行による外国為替市場での外貨売り介入

センター試験の問題をしていて疑問に思った事で質問です


「中央銀行による外国為替市場での外貨売り介入によって、国内の通貨供給量が減少する」
と書いてありました。

外貨を売った場合は、円が増えて国内の通貨供給量は増えるのではないのですか?


どういう事なのでしょうか?

仕組みがよくわかりません。。。

Aベストアンサー

#1のDonotrelyですが、

>「政府が外貨準備をくずして外貨を売ると国内から通貨を吸収する」
とはどういう事ですか?

日本の場合で云えば、外国為替市場で日銀が外貨を売って円を買います。
平たく云うと、手持ちの外貨と、売り手の誰かが持っている円を交換します。
だから市中の円は減ります。

通常、市中の円というのは大部分が金融機関にあり、マネーサプライのM2+CDのいずれかに含まれる比率は非常に高いです。
だからこれらの資金で外貨を買えば通貨供給は減ります。
但し、ものすごくミクロに見れば、外貨の売り手が、たまたまたんす預金でやっているFXだったような場合にはマネーサプライは増えませんけどね。無視できると思います。


人気Q&Aランキング