中古のスピーカーを探しているのですが、80年代の大型スピーカーは
音質的にはどうなんでしょうか? YAMAHA NS-500やNS-200等。

今メインスピーカーにはYAMAHA NS-10MTを使っています。
ランクアップを考えていますが、20年前の大型スピーカーは
買う価値があるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

毎度のようですが、Yorkminsterです。



さすがに20年も昔の製品となると、今さら感が出てきます。ウレタンエッジのものだと耐久性に問題がありますし、わざわざ修理して使うなら新しいものをポンと買った方が良いのではないでしょうか。

現在はコンパクトなスピーカーが増えていますが、大きさは特に問題とはなりません。
低い音を再生するためには、ユニットの口径を大きくする必要があったため、一昔前のスピーカーは大型のものが主流でした。また、磁石やコイルの設計上、振動板は軽くなければ満足に駆動できませんでした。この相反する条件をクリアすることを謳って、大口径だが軽くて剛性が高いということをアピールするスピーカーが数多くありました。
現在は、口径を小さくする代わりに、振動板を重くしたり、ストローク(前後運動の幅)を大きくしたり、密閉やバスレフに替わるエンクロージャーの方式を採用したりして、小口径でも十分な低音再生能力を持たせようとするのが一般化しています。
(もちろん、大口径であるほど豊かで相似形の低音が再生できることに違いはありませんが、スペースファクターも考慮すれば小型のスピーカーでも十分に楽しめる音にはなる、ということです。)

くわえて、低音低音と言いますが、実際に低い音が再生されていなくても、その倍音に当たる音が過不足なく再生できていればあたかも低音が鳴っているかのように聞こえ、逆に倍音が乱れていると低音が濁って聞こえますので、ウーファーさえデカけりゃ良いというのはまったくナンセンスなのです。

ちなみに、よく「小型なのに驚異の低音が」といって紹介されるBOSEですが、その仕掛けは上で書いたとおり、振動板やエンクロージャーに工夫を凝らし、倍音の出方を突き詰めることで、上手くデフォルメしてまとめるということにあるようです。(したがって、用途によっては非常に重宝しますが、細かく耳をそばだてると足りない部分を感じることが少なくありません。)

もう一つ脱線すると、アンプの出力の大小とスピーカーの鳴らしやすさは、ほとんど関係しません。カタログには現れないドライブ力のようなもので、大ざっぱに言えば大出力のアンプほど強くなりますが、それはおそらく電源が強力だからでしょう。最大出力20W程度のICアンプでも、電源を奢れば大型アンプに引けを取りません。

中古も上手く使えば非常に高いコストパフォーマンスでシステムを組めますが、知識も必要ですし、品物の程度を見極めるには経験が必要です。
基本的には現行の製品や型落ち品で揃え、どうしても欲しいものがあって良い出物が目に留まったという場合にだけ中古で購入するというのが良いのではないかと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

いつも大変分かりやすく、詳しい説明をありがとうございます。スピーカーの大きさは特に関係ありませんか。
小さくても低音は出るのですね。
中古を見極めるのも難しそうですね。正直見極める自信もありません^^;
現行のスピーカーか、中古の場合も型落ち程度の者を探した方が良さそうですね。

皆さん、たくさんの回答とアドバイスを頂きありがとうございました。

お礼日時:2006/03/11 08:57

NS-10MTとNS-500では20年前とはいえ、かなり格の違いがあると思います。

コーン紙のエッジが劣化したり故障しているのではなければ殆どの点でNS-500の方が良いと思います。
スピーカはデジタル機器のよう急激な変化はない思ったほうがよろしいかと思います。現在では20年前のような機器がなくなって低価格ばかりが増えてしまいました。NS-500が使用できるのなら御使用頂いたほうがよろしいのではないでしょうか
なお、10年くらい前のスピーカでもコーン紙のエッジが劣化し始めている場合がかなりあります。充分注意が必要です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり劣化の程度が1番のポイントですね。10年前でも劣化し始めていますか。。中古の場合は相当注意が必要みたいですね。

お礼日時:2006/03/11 08:39

#1です。


>小型が主流というのは、大型にしなくても良い音が出せると言うことなんでしょうか。
#2さんが紹介してましたけど、BOSEのスピーカですが、かなり良いものがあります。
展示会等で聞いたことがありますが、かなり小型でしたが、すごい良い音で迫力もあり良いスピーカでした。

参考URL:http://www.bose.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

BOSEの名前は良く聞きますね。まだ聞いたことはありませんでしたが、一度試聴してみたいと思います。

お礼日時:2006/03/11 08:30

その当時のスピーカーは、箱の共振を利用して鳴らしていたため大型と


なっていたのでしょうね。もっとも当時のスピーカーは能率も高く
101dB以上(出力音圧レベル)というものも多く存在していました。

その当時、YAMAHAを所有していましたがYAMAHAはそれほど能率も良くなく
鳴りにくいスピーカーでした。当時アンプも選んでいたと思いますが、現在のアンプで鳴らすと非常によいのではないかと考えます。

YAMAHA NS-500なんかは全然、大型というものでありませんが
現在のスピーカーに比べたらスケール感やリアル感なんかもあり、中古で大型スピーカーを購入して、鳴らした方が面白いと思うのですが・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

最近のスピーカーとは設計が違うので大きいのですか。最近のスピーカーは小型でも良く音が出るということになるのでしょうか。。

お礼日時:2006/03/10 21:19

私も20数年前はかなりのオーディオマニア(おたく?)でした。


当時はデザインだけ見ても、とても銘機が多く、毎日のように
オーディオショップに通っていました。
現在は懐やスペース上の問題で、オーディオは手放して
しまいましたが、今でも当時の音を再現したいなと思うことは
頻繁にあります。

が、しかし、20年前の機器(しかもスピーカー)を現役として
使用するには少し無理があると思います。
スピーカーはエッジやコーンが大きく劣化します。
張り替えを行うことも可能ですが、細かな音の再現は
難しいと思います。むろん、今は時代がデジタルですので、
アナログ的愉しみ方はどちらにせよ無理ですが。

念のため、YAMAHA NS-500のエッジ交換のサイトのリンクを
貼ってきます。文字化けする恐れがありますので、
IEであれば「エンコード」→「日本語」を選択下さい。

参考URL:http://www.qsl.net/je2egz/ns500-reege.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり20年の歳月は大きいですか。修理なども自分ではできそうにありませんし、10年前くらいの小、中サイズのスピーカを探した方がよいかもしれませんね。

お礼日時:2006/03/10 20:18

 一昔のミニコンが流行る前のオーディオシステムは、スピーカーとアンプのバランスが大事です。


 大型スピーカーを購入しても、そのスピーカーの性能を引き出せるアンプ(一般に高出力)が必要になります。
 お持ちのアンプが50+50W程度なら、BOSEをお奨めしておきます。あくまで僕個人の好みです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

定格80のAVアンプだと厳しいかもしれませんね。

お礼日時:2006/03/10 20:15

中古でのスピーカーとなると、たぶんコーン紙皮膜が劣化していると思われますね。


かと言っても、現在は小型が主流ですし^^;
こだわる方は、参考urlを

参考URL:http://www.qsl.net/je2egz/audio-i.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小型が主流というのは、大型にしなくても良い音が出せると言うことなんでしょうか。

お礼日時:2006/03/10 20:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QYAMAHAのNS-10MとNS-20Mでは…

ヤマハのスピーカーについてお聞きします。NS-10MとNS-20Mではどちらが使いやすいですか?それは何故ですか? 聴くジャンルは音楽全般として。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>10Mは、人気は今でもあるみたいですが、ネットの評価ではかなりひどい評価もされています。

私見が入ってはいますが、その手の評価内容の中で、意味として
「低音が出てない」
「高域がシャリシャリしてキツイ」
「音が前に出てこない。特にボーカルとかバイオリンとか。」
「音像が遠くて平坦」
「金管楽器の音がうわずる」
「エレキギターの歪んだ音がザラザラする」
・・・みたいな内容が有れば、私としては『さもありなん』というところです。

でも、これはNS-10Mがスピーカとして音が悪いとか性能が悪いとかいうことより、NS-10Mが「スタジオモニタースピーカ」として設計されているからです。
(関連記事等には、ヤマハとしては必ずしもモニター専用スピーカのつもりで設計したわけではない…というものも有りますが、多くのプロ音響技術者に『モニター』として受け入れられた音質だということは事実でしょう)
個人的には、モニターといえどもあの低域の貧弱さは辛いと思いますが、それはさておいて、モニターは完成品のCDやレコードを再生する物ではなく、録音スタジオ等でこれからCDにする生音源の音質調整の尺度に使うものですから、不快な高域はジャリジャリと大げさに聞こえた方がよいし、音場感とか楽器の遠近感などは、むしろ控えめに聞こえた方がエンジニアとしては微調整がしやすいわけです。
また、プロの録音スタジオで使うようなパワーアンプに繋ぐのが前提(そういうアンプも、出力に余裕があって、やたらハッキリした音です)ですから、普通の民生用のアンプに繋いでも、スピーカの悪い面ばかり目立つだけ…ということも、よくあります。

ただ、これは確か、少なくとも1970年代後半ぐらいからだったと思うのですが、その頃台頭し始めたオーディオマニア層に
「モニタースピーカ」→「プロも愛用」→「高性能高音質に違いない」
的な「神話」というか「都市伝説」というか…があり、なんと未だにその都市伝説がまかり通ってるのかな? と思える部分はありますね。

最近のNS-10MMとかMTとかはどうだか知りませんが、元祖のNS-10Mをオークション等で入手して、民生品の数十Wクラスのプリメインアンプにそのまま繋いで、「さすがNS-10M!ふくよかな音!!」なんてレビュー書いておられる方は、「都市伝説のネームバリューだけで買ったなぁ…大した耳してないなぁ…」と思ってしまいます。

これはNS-10Mだけでなく、最近ではiPod等にわざわざプロ用モニターヘッドフォンを繋がれている方も多く、モニターヘッドフォンもスピーカと同様、普段音楽を聴くには「生臭すぎる」音にもかかわらず「最高!」などというレビューを見るに付け、個人的には「新・NS-10M現象だなぁ」と思っています。

まぁ、音は本人が満足していれば、他人がとやかく言う筋合いでもありませんが、私に言わせれば
「人気があるのは、音もわからずネームバリューで買う人が多いから」
「ひどい評価もされているのは、民生用でないスピーカを民生用で使えば、まともな耳の人なら当然」
ということになりますね。

でも、スタジオの機材で、今、録音したばかりの楽器の音を再生すると、これはこれでものすごくリアルな音がするスピーカなんですよ。
要は、適材適所を間違えた使い方をしてはいけないということです。

>10Mは、人気は今でもあるみたいですが、ネットの評価ではかなりひどい評価もされています。

私見が入ってはいますが、その手の評価内容の中で、意味として
「低音が出てない」
「高域がシャリシャリしてキツイ」
「音が前に出てこない。特にボーカルとかバイオリンとか。」
「音像が遠くて平坦」
「金管楽器の音がうわずる」
「エレキギターの歪んだ音がザラザラする」
・・・みたいな内容が有れば、私としては『さもありなん』というところです。

でも、これはNS-10Mがスピーカとして音が悪い...続きを読む

QYAMAHA NS-10MMのスピーカーユニット

ご存じの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
 
YAMAHAの小型スピーカー NS-10MM に使用されている9cmウーファー(ホワイトコーン)ですが、これと同じユニットを搭載しているスピーカーは他にもあるのでしょうか?
たとえば、AVセンタースピーカーである NS-C10MM にも外観上は同じに見える9cmウーファー(ホワイトコーン)が2発搭載されていますが、これは NS-10MM のものと同一ユニットなのでしょうか?
 
ちなみに NS-10MM のウーファーユニットには「XS219A0」という型番がマグネットカバーに印字されています。
NS-10MM 以外の機種でこれと同じユニットが使用されている機種をご存じでしたら是非教えて下さい。
 
※現在使用中の NS-10MM の片側のウーファーに不具合が発生したため、ユニットの交換を考えています。
YAMAHAでの修理も可能とのことでしたが、コストが掛かりすぎます。(それにスピーカーのユニットを交換する場合は左右両方を同時に交換しないと音質等の統一性に支障があるものと考えておりますので、さらに倍のコストが掛かることになります。)
よって、同じユニットを搭載している程度の良い中古を探そうと考えました。ただ、NS-10MM のみを探しても数に限りがあり、さらに程度の良いものとなると範囲が狭まります。
ですから、同じユニットを搭載している機種全体に範囲を広げて探したいと考えて、ここに質問させていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

ご存じの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
 
YAMAHAの小型スピーカー NS-10MM に使用されている9cmウーファー(ホワイトコーン)ですが、これと同じユニットを搭載しているスピーカーは他にもあるのでしょうか?
たとえば、AVセンタースピーカーである NS-C10MM にも外観上は同じに見える9cmウーファー(ホワイトコーン)が2発搭載されていますが、これは NS-10MM のものと同一ユニットなのでしょうか?
 
ちなみに NS-10MM のウーファーユニットには「XS219A0」という型番がマグネットカバーに印字され...続きを読む

Aベストアンサー

NS-C10MM のウーハーユニットはボイスコイルのインピーダンスが異なる以外は同じものでしょう。ですがそれと交換は出来ません。むしろMMT、MMTSのウーハーが同じものと思います。BOXの構造がMMは密閉、MMT,MMTSはバスレフなので低域の再生帯域は異なります。又クロスオーバーも5KHZに対し7KhzになっていますがMMT又はMMTSのウーハーをMMに使ったところでクロスオーバーが低くなるだけなので問題は有りません。能率も同一ですしね。

QYAMAHAスピーカーメンテ(NS-1000M)

現在首記スピーカーをメンテしているのですが、スコーカーのベリリウム板を凹ませてしまいました。
何とか修正しようとしたところ、凹みは直ったものの数cm程、完全に貫通した亀裂が入ってしまいました。
端から中心に向かって2cm位です。形はドーム形状を保っています。

この状態で音は正常に鳴るものでしょうか?
ご経験のある方、教えて頂けませんか。
対象スピーカーは暫くは鳴らして確認できる状況にありません。
ダメならばこのスコーカーのメンテは途中ですが止め,オークション等で新たに入手
するつもりです。
以上宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

大きな音で聴いた場合、びびり音がでるかもしれないですね。
そうじゃなくても、割れたところから劣化がどのどん進んでいきますので、
近い将来は交換することになると思います。

それに、そんな状態ですと、修理をしたとしても、
音楽を聴くたびに気になってしまうと思います。

ウーハーがダメになったジャンクでもいいから手に入れて、
スコーカーを交換なさった方が早くて安く済むと思います。

1000Mはもう2度とあの値段では手に入らない名機です。
私も使用しておりましたが、低音をうまく鳴らすことができれば、
文句のつけようかないスピーカーだと思います。

それに、ベリリウムの音というのは、現行品では何百万円という
スピーカーでしか聴くことができません。

スコーカーを取り替えて使用するのが一番良いかと思われます。

QスピーカーYAMAHA NS1000Mを所有しています。

スピーカーYAMAHA NS1000Mを所有しています。
久しぶりに聞いてみようと
引っ張り出したところ
ウーハーにほこりがドッサリたまっていました。
分解して掃除したいのですが
素人ですのでできるだけ
分解せずに済む方法はありませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

缶入り圧縮空気「ダストブロワー」で吹き飛ばしちゃいましょう
NS1000Mって、ネットは外せますよね。ベランダで作業すれば
かんたんに飛ばせますよ。

参考URL:http://store.shopping.yahoo.co.jp/elecom/4953103210653.html

QYAMAHA NS-B700とデノンのCDプレーヤー

YAMAHAのNS-B700というスピーカーの購入を考えています。

今家にあるCDプレーヤーは
デノンの 2万5000円程度で購入した
RCD-M37 SP なのですが
このスピーカーに見合っているでしょうか?

価格的、品質的に見てつり合っていますか?

オーディオ素人なもので、とんちんかんな選択を
しているのではいかと心配です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分の経験からの助言です。
スピーカーとハードのどちらにコストを掛けるかと言うのなら、私はハードに掛けることをお勧めします。
なぜなら、ハードが貧弱ですと良いスピーカーはその通り貧弱な音を奏でます。優秀なスピーカーは正直なんです。
出来ればCDプレーヤーは4~5万円クラスをお勧めいたします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報