中古のスピーカーを探しているのですが、80年代の大型スピーカーは
音質的にはどうなんでしょうか? YAMAHA NS-500やNS-200等。

今メインスピーカーにはYAMAHA NS-10MTを使っています。
ランクアップを考えていますが、20年前の大型スピーカーは
買う価値があるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

毎度のようですが、Yorkminsterです。



さすがに20年も昔の製品となると、今さら感が出てきます。ウレタンエッジのものだと耐久性に問題がありますし、わざわざ修理して使うなら新しいものをポンと買った方が良いのではないでしょうか。

現在はコンパクトなスピーカーが増えていますが、大きさは特に問題とはなりません。
低い音を再生するためには、ユニットの口径を大きくする必要があったため、一昔前のスピーカーは大型のものが主流でした。また、磁石やコイルの設計上、振動板は軽くなければ満足に駆動できませんでした。この相反する条件をクリアすることを謳って、大口径だが軽くて剛性が高いということをアピールするスピーカーが数多くありました。
現在は、口径を小さくする代わりに、振動板を重くしたり、ストローク(前後運動の幅)を大きくしたり、密閉やバスレフに替わるエンクロージャーの方式を採用したりして、小口径でも十分な低音再生能力を持たせようとするのが一般化しています。
(もちろん、大口径であるほど豊かで相似形の低音が再生できることに違いはありませんが、スペースファクターも考慮すれば小型のスピーカーでも十分に楽しめる音にはなる、ということです。)

くわえて、低音低音と言いますが、実際に低い音が再生されていなくても、その倍音に当たる音が過不足なく再生できていればあたかも低音が鳴っているかのように聞こえ、逆に倍音が乱れていると低音が濁って聞こえますので、ウーファーさえデカけりゃ良いというのはまったくナンセンスなのです。

ちなみに、よく「小型なのに驚異の低音が」といって紹介されるBOSEですが、その仕掛けは上で書いたとおり、振動板やエンクロージャーに工夫を凝らし、倍音の出方を突き詰めることで、上手くデフォルメしてまとめるということにあるようです。(したがって、用途によっては非常に重宝しますが、細かく耳をそばだてると足りない部分を感じることが少なくありません。)

もう一つ脱線すると、アンプの出力の大小とスピーカーの鳴らしやすさは、ほとんど関係しません。カタログには現れないドライブ力のようなもので、大ざっぱに言えば大出力のアンプほど強くなりますが、それはおそらく電源が強力だからでしょう。最大出力20W程度のICアンプでも、電源を奢れば大型アンプに引けを取りません。

中古も上手く使えば非常に高いコストパフォーマンスでシステムを組めますが、知識も必要ですし、品物の程度を見極めるには経験が必要です。
基本的には現行の製品や型落ち品で揃え、どうしても欲しいものがあって良い出物が目に留まったという場合にだけ中古で購入するというのが良いのではないかと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

いつも大変分かりやすく、詳しい説明をありがとうございます。スピーカーの大きさは特に関係ありませんか。
小さくても低音は出るのですね。
中古を見極めるのも難しそうですね。正直見極める自信もありません^^;
現行のスピーカーか、中古の場合も型落ち程度の者を探した方が良さそうですね。

皆さん、たくさんの回答とアドバイスを頂きありがとうございました。

お礼日時:2006/03/11 08:57

NS-10MTとNS-500では20年前とはいえ、かなり格の違いがあると思います。

コーン紙のエッジが劣化したり故障しているのではなければ殆どの点でNS-500の方が良いと思います。
スピーカはデジタル機器のよう急激な変化はない思ったほうがよろしいかと思います。現在では20年前のような機器がなくなって低価格ばかりが増えてしまいました。NS-500が使用できるのなら御使用頂いたほうがよろしいのではないでしょうか
なお、10年くらい前のスピーカでもコーン紙のエッジが劣化し始めている場合がかなりあります。充分注意が必要です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

やはり劣化の程度が1番のポイントですね。10年前でも劣化し始めていますか。。中古の場合は相当注意が必要みたいですね。

お礼日時:2006/03/11 08:39

#1です。


>小型が主流というのは、大型にしなくても良い音が出せると言うことなんでしょうか。
#2さんが紹介してましたけど、BOSEのスピーカですが、かなり良いものがあります。
展示会等で聞いたことがありますが、かなり小型でしたが、すごい良い音で迫力もあり良いスピーカでした。

参考URL:http://www.bose.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

BOSEの名前は良く聞きますね。まだ聞いたことはありませんでしたが、一度試聴してみたいと思います。

お礼日時:2006/03/11 08:30

その当時のスピーカーは、箱の共振を利用して鳴らしていたため大型と


なっていたのでしょうね。もっとも当時のスピーカーは能率も高く
101dB以上(出力音圧レベル)というものも多く存在していました。

その当時、YAMAHAを所有していましたがYAMAHAはそれほど能率も良くなく
鳴りにくいスピーカーでした。当時アンプも選んでいたと思いますが、現在のアンプで鳴らすと非常によいのではないかと考えます。

YAMAHA NS-500なんかは全然、大型というものでありませんが
現在のスピーカーに比べたらスケール感やリアル感なんかもあり、中古で大型スピーカーを購入して、鳴らした方が面白いと思うのですが・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

最近のスピーカーとは設計が違うので大きいのですか。最近のスピーカーは小型でも良く音が出るということになるのでしょうか。。

お礼日時:2006/03/10 21:19

私も20数年前はかなりのオーディオマニア(おたく?)でした。


当時はデザインだけ見ても、とても銘機が多く、毎日のように
オーディオショップに通っていました。
現在は懐やスペース上の問題で、オーディオは手放して
しまいましたが、今でも当時の音を再現したいなと思うことは
頻繁にあります。

が、しかし、20年前の機器(しかもスピーカー)を現役として
使用するには少し無理があると思います。
スピーカーはエッジやコーンが大きく劣化します。
張り替えを行うことも可能ですが、細かな音の再現は
難しいと思います。むろん、今は時代がデジタルですので、
アナログ的愉しみ方はどちらにせよ無理ですが。

念のため、YAMAHA NS-500のエッジ交換のサイトのリンクを
貼ってきます。文字化けする恐れがありますので、
IEであれば「エンコード」→「日本語」を選択下さい。

参考URL:http://www.qsl.net/je2egz/ns500-reege.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり20年の歳月は大きいですか。修理なども自分ではできそうにありませんし、10年前くらいの小、中サイズのスピーカを探した方がよいかもしれませんね。

お礼日時:2006/03/10 20:18

 一昔のミニコンが流行る前のオーディオシステムは、スピーカーとアンプのバランスが大事です。


 大型スピーカーを購入しても、そのスピーカーの性能を引き出せるアンプ(一般に高出力)が必要になります。
 お持ちのアンプが50+50W程度なら、BOSEをお奨めしておきます。あくまで僕個人の好みです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

定格80のAVアンプだと厳しいかもしれませんね。

お礼日時:2006/03/10 20:15

中古でのスピーカーとなると、たぶんコーン紙皮膜が劣化していると思われますね。


かと言っても、現在は小型が主流ですし^^;
こだわる方は、参考urlを

参考URL:http://www.qsl.net/je2egz/audio-i.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

小型が主流というのは、大型にしなくても良い音が出せると言うことなんでしょうか。

お礼日時:2006/03/10 20:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーの自作に役立つHP、本を教えて!!

みなさん、はじめまして!!

初めてのスピーカーの自作を考えています。
とりあえずユニットはEVの209-8Aで組もうと考えています。
初めてのスピーカー自作ということで知識が全くないため、初心者向けにスピーカー自作を解説したHP、本を教えてください!!

あと、『初めての時は、ここらへんは注意しといたら!』みたいなアドバイスも大歓迎です♪
どうぞ、よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここはひとつ、一挙にマルチウェイにチャレンジすることをお勧めします。ハードルの低いものから順にご紹介しますね。

(1)
http://www.ritlab.jp/shop/news/20060606.html

これは半完成のいわゆる「キット」です。説明書通りに組み立てれば完成します。箱の設計からネットワークまで他人がやってくれたもの。=出来合いですので「自作の醍醐味」は無いですが性能は確実です。あなたがサラから設計/制作したとしても、決してこの値段では収まらないでしょう。そういうコストパフォーマンスという意味では最高です。
私は麻布の回し者ではありませんが、ここのエンジニア関係者と話をしてみると、妥当な人格/技術力を持っていることはすぐに分かります。信頼できますよ。
最初はこうしたキットから始められるのもいいでしょう。基本的にスピーカーに必要な要素を理解することができます。

(2)
ネットワークは難しいし荷が重いなーという事でしたら…
中古でJBL LE-8Tを入手し、50L程度のバスレフ箱に収めてください。ただし入手困難ですしかなり高価です。

(3)
国内で入手できるドライバーを使い、思い切ってマルチウェイを作ってみませんか? 難しいですが、No6さんも書かれていますが難しい分本当に楽しいですよ。ぜひこの趣味へ。
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/morel.html
の[morel] MDT30S
 +
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/usheraudio.html
の[UsherAudio] 8945A
で2wayを組んでみる。ネットワークや箱など、全然分からないと思いますが別途ご相談に乗ることはできます。箱の設計しだいでは恐ろしいまでのワイドレンジも狙えます。

(4)
思い切ってドライバは海外から個人輸入しませんか? 私はほとんど国内で買う事はありません。その方が安いからというのが理由です。
http://www.madisound.com/
http://www.partsexpress.com/webpage.cfm?WebPage_ID=30
http://www.zalytron.com/

未曾有にドライバーが転がっていますが、直感的にピンとくるドライバーを選択しても良いでしょう。最初は6~8インチの2wayから始められることをお勧めします。
T/Sパラメータの見方がわからないと選択しにくいかも知れませんが。

ドライバーの選択。箱の設計。ネットワークの設計。…これらは難しそうに感じられるかも知れませんが今はPCがあるので結構かんたんですよ。別途ご相談に乗れると思います。

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここ...続きを読む

Qお奨めのCDプレイヤーを教えてください。(特に80年代~90年代オーディオ最盛期の製品・中古)

もともと、SONY党で今迄3台使ってきました。
その間でDENONも一台使ったことがあります。(但し、メカが弱くトレイが開かないことが度々で、音もあまり好きではなかった・・・)
いずれの機器も当時価格(80年代後半~90年代後半)で79800円~98000円といったところです。勿論、全てDAC内蔵(この価格帯では当然ですが・・・)で、新品で購入しました。

一応、一番のお気に入りはSONY CDP-XA5ESです。
低域~高域まで、まとまりのある上品な音でダイナミックさもあります。いわゆるソニー・トーン。
本当は上位機種7ESが欲しかったのですが予算上これが限界でした。
今でも大切に使っており操作性(トレイ全体がせり出す光学系固定式)、音質共に満足しています。

ところで、最近はネットオークションの普及で当時、高くて手が出なかった機器が比較的廉価で買えますよね?
そこで、他で特にPIONEERやYAMAHAに限定し、操作性・音質が素晴らしい製品をご推薦頂けないでしょうか?
尚、落札相場というか予算的に厳しくて上限2万円くらい(最大3万円)で入手可能の製品をお願いします。
 

もともと、SONY党で今迄3台使ってきました。
その間でDENONも一台使ったことがあります。(但し、メカが弱くトレイが開かないことが度々で、音もあまり好きではなかった・・・)
いずれの機器も当時価格(80年代後半~90年代後半)で79800円~98000円といったところです。勿論、全てDAC内蔵(この価格帯では当然ですが・・・)で、新品で購入しました。

一応、一番のお気に入りはSONY CDP-XA5ESです。
低域~高域まで、まとまりのある上品な音でダイナミックさもあります。いわ...続きを読む

Aベストアンサー

操作性・音質が素晴らしい製品を・・・。
これについては、質問者さんがどう感じられるかで、たぶんオークションでは視聴も出来ませんでしょうから何とも言えませんが、そこを一つご了解頂いた上でお勧めを。

で、何をお勧めするかと言うと、現在も私のシステムで1986年からずっと現役のYAMAHA CDX-2200はいかがでしょう。
今まで一度の故障もありません。ただトレイの駆動用ゴムベルトが伸びてすべり開閉が出来なくなります(一定期間経過すると大体同じ症状が現れるみたいです)でも、適当な輪ゴムで代替ができ、交換自体も高度なスキル無くても素人で交換可能で修理に出す事も不要。

オークションでトレイ開閉不可でジャンク扱いの安いものが出ている時もありますが、オークションですから、別の部分が不具合のハズレもあるので覚悟の上でとしか言えません。

ただ、我が家の現役は、CD-Rに焼いたもの(CD-Rメーカーもソニー、マクセル、ビクターどれでもOK)でもまったく問題なく再生してくれてますし、2000年に買ったケンウッドのCDPの方が早く再生不可になってしまい破棄しました。

また、純デジタル式ボリュームが装備されているので、OUTPUTレベルコントロールが可能です。ゆえにパワーアンプへのダイレクト接続も可能ですし、ヘッドホンの音量もリモコンで調整可能です。

ひょっとすると我が家のものは、「当たり」の個体の可能性もありますが、24年間故障無しの実績からこの機種をお勧めしてみます。

操作性・音質が素晴らしい製品を・・・。
これについては、質問者さんがどう感じられるかで、たぶんオークションでは視聴も出来ませんでしょうから何とも言えませんが、そこを一つご了解頂いた上でお勧めを。

で、何をお勧めするかと言うと、現在も私のシステムで1986年からずっと現役のYAMAHA CDX-2200はいかがでしょう。
今まで一度の故障もありません。ただトレイの駆動用ゴムベルトが伸びてすべり開閉が出来なくなります(一定期間経過すると大体同じ症状が現れるみたいです)でも、適当...続きを読む

Qスピーカースタンドの自作の方法について。

スピーカースタンドの自作の方法について。
型番?などは忘れましたが、ホームシアターセットを持っています。リスニングポジション?は高さ1mほどです。
ひとつにつきスピーカーのサイズはだいたい正方形で10cmぐらいで重さは0,5kgぐらいです。
スピーカースタンドの形は下に四角の板があって支柱が一本でその上に四角の板があるかんじのポピュラーかと思いますが、そういうスピーカースタンドを自作したいのです。
そこで、サイズなのですが、私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか?あと、センタースピーカーのスタンドの自作ですが、センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保しても良いでしょう。

支柱は、1本の木材だとほぼ確実に撓ったり反ったりするので、細長く切った板を口の字型に組み合わせるべきです。中によく乾燥させた砂利を詰めると、重量を稼げます。ただし、特に長さ方向の加工精度が要求され、1mmでも狂っていると天板が傾き、剛性も落ちます。ホームセンターにあるパネルソーの加工精度は、良くて1mm前後、悪いと3mmくらいの狂いが出るので、微調整が必須です。

>> それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか? //

木工用ボンドで接着するだけでも十分な強度が出せます。不安なら、釘で固定するだけでもかなり違います。釘は、細めのものでも構いません(接着剤が固まるまでの仮止めだから)。木ネジを使う場合の太さ・長さの目安は、厚さ方向の2~3倍の長さ、1/3以下の太さ、くらいです。

つまり、天板の厚さが15mmならその2~3倍で30mm~45mm前後の長さが必要です。対して、口の字型に組んだ支柱も厚さが15mmなので、太さは1/3以下つまり5mm以下に抑えないと、板が割れる原因になります。

なお、釘も木ネジも下穴が必要になります。キリでも構いませんが、集成材のように場所によって密度の違う木材を使うと先端が柔らかい方へ逃げていくので、ドリルの方が望ましいです。

>> センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか? //

天板の前の辺に適当な厚みの角材(割り箸でも良いかも)を貼付ければ良いでしょう。角度が急でスピーカーが後ろに倒れそうなら、後ろを支える支柱を別に立てる必要があるでしょう。

その辺りは創意工夫というか、自分でいろいろ考えて、トライ&エラーで作っていくのが自作の良さなので、現物合わせでやることになります。逆に、自分でアイデアを出せないなら、自作は諦めて既製品を買うか、専門の業者に依頼して作ってもらうか、しかないでしょう。

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保し...続きを読む

Q80年代POPS とジャズにあうスピーカー

質問させてください。23歳男です。

今、下記の構成で80年代POPS(本田美奈子、中森明菜)や、JAZZを聞いています。

アンプ: RSDA302 ラステーム
スピーカー:S-A4SPT-PM パイオニア
サウンドカード:SE-150PCI オンキョー

女性ボーカルは、艶と深みがあって良いのですが
分解能と音の広がりが不足していると感じます。
あと、少しボリュームを上げただけで高音がきつくなる感じがあり
長時間聞いていると聞き疲れます。

そこで、聞き疲れをしなくて、パーカッション系もそれなりに楽しめて
80年代ポップスにあうようなスピーカーがありましたら教えてくれませんか。
あまりモニターっぽい素直すぎる音は好きではなくて、少し癖があるかんじのが好きです。

いまのところ候補は、
ONKYO D-500 
VICTOR SX-3
です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.4です。RSDA302が「高域がキツい」ということを聞いたのは、ネット上ではなくて、偶然ショップに居合わせた別の客の口からです。

スピーカー置き台とケーブルは問題ないようなので、あとは前に書いたように「S-A4SPT-PMと店頭で別のアンプと接続しての試聴」という手順を踏んでS-A4SPT-PMの“素性”を確かめることをおすすめします。それでどうしてもダメならばスピーカーの買い替えですね。

なお、別のメーカーで「広がりのある音」のスピーカーといえばKEF(iQシリーズ)ですかね。奥行きはあまりないですが、左右の音場は広いです。奥行き方向を求めるのならばB&Wがありますが、ちょっと割高です。No.1さんの回答にもあるクリプシュは音場に「高さ」が出てきて、これも面白いです。

なお、RSDA302は小さいので、ショップに持参してめぼしいスピーカーに接続して試聴することも可能でしょう。家電量販店では無理っぽいですが、専門ショップならば融通が利くかもしれません。主要オーディオショップの一覧は以下のURLにあります。http://www.phileweb.com/links/link.php/7

No.4です。RSDA302が「高域がキツい」ということを聞いたのは、ネット上ではなくて、偶然ショップに居合わせた別の客の口からです。

スピーカー置き台とケーブルは問題ないようなので、あとは前に書いたように「S-A4SPT-PMと店頭で別のアンプと接続しての試聴」という手順を踏んでS-A4SPT-PMの“素性”を確かめることをおすすめします。それでどうしてもダメならばスピーカーの買い替えですね。

なお、別のメーカーで「広がりのある音」のスピーカーといえばKEF(iQシリーズ)ですかね。奥行きはあまりないで...続きを読む

Q自作スピーカーのユニットの取り付けについて

スピーカー自作の場合でSPユニットをボックスに取り付けるときは一般的に木ねじですが、メーカー製スピーカーは六角ねじで取り付けてあります。自作する場合ではメーカー製のスピーカーのように六角ねじで固定することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要があるので、下穴のサイズがけっこうシビアな上に、正確に直角が出ていないとボルトが斜めに入ってしまうので、あまりお勧めしません。

一方で、そこまで苦労して音質面でメリットがあるかと言えば、あまりないでしょう。メーカーで多く使われているのは、大量生産に向いているからだと思われます。穴あけは機械加工なので正確に垂直が出せ、ボルト止めの際に電動工具が使えるようになるので、生産効率が良くなります。

まあ、ドライバを日常的に付け外しするようなら、ボルトの方がネジ山が長持ちはしますが、ドライバを付けたり外したりするということ自体が変なので、ボルトにこだわる意味はないでしょう(内部を調整する必要があるなら、むしろ背面を開けられるようにした方が作業性が良いです)。

ということで、メーカーは生産効率の都合で採用しているけれど、個人の一品制作では意味がないので、普通に木ネジで止めておけば何も問題ない、と思います。

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要がある...続きを読む

Q20年前のコンポのスピーカー、まだ使えますか?

20年ほど前のSANYOのコンポのスピーカーを買い換えようか迷っています。DVD+HDレコーダーに3万円位のAVアンプを繋げて、ホームシアターのメインスピーカーとして使っています(用途はDVD、CDなど)。

最近、引越し先の部屋でスピーカーケーブルの長さが足りず、ケーブルだけ換えようと思いました。しかし、直接スピーカー本体(音が出る部分)にケーブルが付いているようで、しかもスピーカーの箱の後ろが開かないようになっていて、長いケーブルを買ってきて終わりとは行かない様子です。

そこで・・・
(1)半田ごてを使ってケーブルの継ぎ足しをしても音質に影響はないのでしょうか?
(2)少しスピーカーボックスに穴が開いても(穴が大きくなっても)音が出る部分に直接ケーブルをくっ付けた方がいいのでしょうか?
(3)それとも安いスピーカーでも買い換えてしまったほうがいいのでしょうか?

みなさんのアドバイスをお願いします。
もともと音質にうるさいほうではありません・・・

Aベストアンサー

アンプが5.1であれば、メインは小さめ(102AX)でスーパーウーハーを1台購入したらいかがでしょうか。

最小では2台をL&Rとし、これにスーパーウーハーの構成で2.1chで始め、必要に応じてL&Rと同じ物をリアに追加するとより臨場感が向上します。

ただ、部屋の大きさが8~10畳以下ですと、L&Rは102AXほどの小さ目が適合で、大きい物は周波数特性上で大きな部屋でないとなかなか十分鳴りきらないようです。

102AX、202Aは高級感ある外装にずっしりと重量感もあり、オークションでも完売する人気商品です。

YAMAHAのNS-10MMなど202Aと同じ価格ですが中古では3~5倍で高めです。

リサイクルショップは同じものが3~4倍はしているようで、ちょっと高価です。大手ショップで販売実績3000件以上の相手なら、良品ばかりそろっています。エッジもユニットもしっかりで、オークションでお買い得でした。

Q自作スピーカーのスピーカーグリルの調達は

ここ数年、オーディオスピーカーの自作に凝っています。ただ悩みの種はスピーカーグリル。Fostexの製品なら純正グリルが別売で手に入るのですがその他のメーカーは純正製品はありません。自作派の皆さんはスピーカーグリルをどうやって作っているか知りたいのですが…。本格的な製作方法は勿論、思いもしなかった日用品をスピーカーグリルに転用しているなどのユニークな方法も含めて教えて下さい。尚、この質問はあくまでもスピーカーグリルについての質問でサランネットなどのスピーカーネットのことではありません。

Aベストアンサー

低予算で、10インチ以上なら下記のグリルを加工して使ってます。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^10GRILL^^
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^18GRILL^^
他12.15インチ有り。

Q大型スピーカースタンドを探しています。

3WAYの大型スピーカーを探しています。
スピーカーはONKYOのD-77FRXです。
迫力のある重低音を出しつつ、立体的な美しい音にしたいと思っています。
今考えているのは、

HAMILEX(ハミレックス)SB-135
YAMAHA NS-1000Mの純正スタンドだった黒い木のタイプの中古

この2つは形が似ています。
それぞれの特徴がわかれば教えてください。
どちらの方が良いか、ご意見を聞かせてください。

また、この2つ以外に、お薦めのスピーカースタンドがあれば、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は以前SPS-500と言うYAMAHAのスピーカースタンドを使ってました。

http://www.audio-heritage.jp/YAMAHA/etc/sps-500.html

この手のスタンドの特徴は、真ん中の横板の角度が変化出来、低音の出方を少し調整出来ました。

ただ、使用していたのが大型SP台ですからウーファー径も大きかったので、少し出過ぎる感(ブーミー)となり、今はセンターにこの様な反射板のない自作品を使ってます。

まあ、音色は個人の好みなので、候補のSP台が好みに合うか、合わないかは残念ながら他人では判断出来ません。

なので、センターに反射板の無いSP台を一つ紹介しておきます。

http://www8.plala.or.jp/audio101/

Qスピーカーの自作・・・

PC用の小型スピーカーじゃ物足りなくなってきたので
スピーカーを作りたいと思っているんですが・・・

自作スピーカーの場合、別途アンプを購入して
接続しないといけないのでしょうか??

初心者ですので何もわかりません・・・
回答おねがいします。

Aベストアンサー

NO.1の方へ
スピーカーを自作すると言ってもそんな1から作るわけではありません。
秋葉原などには単体のスピーカーユニットが数多く展示、販売されており、
その中より自分の気に入ったスピーカーユニットを買い、また箱を設計して木材を切り、組み立てます。

マルチウェイ(スピーカーを複数設置し、
高域用と低域用などに分けるもの)にしますと、
スピーカーネットワークも必要になります。
http://www9.wind.ne.jp/fujin/diy/denki/audio/speaker(netwok)r.htm

ネットで"スピーカー 自作"と検索すると非常に多くのページが
ヒットします。

参考URL:http://ww51.tiki.ne.jp/~shigefumi/audio/sp/sptop.htm

Q大型スピーカーと小型スピーカーのスタンドの違い

小型ブックシェルフからyamaha 690のスピーカーへ変更予定です。

前回に、ネットで調べて以下の3つの点をポイントにして、現在、使用の小型ブックシェルフ用にタワー型の自作スタンドを製作しました。

(1)ツィーターが耳の高さ位置にくる
(2)スピーカーの置き台の大きさは、スピーカーの底面の大きさに合わせる
(3)重量を増やすのに、柱の部分は砂などを充填する

机の椅子に座った時状態でセッティングするので、スタンドのみの高さで60cmにして、柱のの部分を大きくして、そこに砂を充填して、起き台をns690の底面に合わせて、小型のスタンドのときと同じ過程で製作する予定です。


しかし、30cmくらいのウーハーになるとあまりスタンドを高くしないほうがいいのかなと疑問に思っています。

なぜなら、ネットで数十分ほど調べた程度ですが、大型のスピーカースタンドになるとタワー型の形状ではなくて、正方形のビール瓶ケース形状のものが目に入りました。

ブックシェルフ型の大型スピーカーのスタンド と ブックシェルフ型小型スピーカーでは、スタンドの形状や考え方(ツィーターは耳の高さにくるのが良い)は違ってくるのでしょうか。

小型ブックシェルフからyamaha 690のスピーカーへ変更予定です。

前回に、ネットで調べて以下の3つの点をポイントにして、現在、使用の小型ブックシェルフ用にタワー型の自作スタンドを製作しました。

(1)ツィーターが耳の高さ位置にくる
(2)スピーカーの置き台の大きさは、スピーカーの底面の大きさに合わせる
(3)重量を増やすのに、柱の部分は砂などを充填する

机の椅子に座った時状態でセッティングするので、スタンドのみの高さで60cmにして、柱のの部分を大きくして、そこに砂を充填して、起き台をns690の...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>(1)ツィーターが耳の高さ位置にくる
あまり拘らなくても良いですが、私も自作で60cm高のスタンドにこのスピーカーを乗せていました。

NS690は初代のものだと思いますが、このスピーカーは左右対称ではないので、楽音の出所がやはりスピーカーユニットの配置にあわせて傾きます。そのこともあって、セッティングをとことん追及するタイプのスピーカーではない→「あまり拘らなくても良いです」という意味です。
60cm高のスタンドに乗せると、密閉型ということもあり、締りの良い低音が聞けるでしょう。設置する部屋環境によっては低音が量的に物足りないかも知れませんのでトーンコントロールでBASSを持ち上げて使う事になります。私の場合実際かなり低音を補正していました。
このスピーカーの特徴は、制動がよく効いて余分な音が鳴り過ぎず立ち上がりも良く、音量による質の変化が少なく、音場はスピーカーより後ろに広がるタイプで、オーケストラや合唱でも音が団子に成る様な事はありませんがピアノとか室内楽など楽器個々がそれぞれ主張するような音源にすばらしい再現を見せてくれました。ソフトドームですが強靭なウーハーもあって当時の国産スピーカーの中では高い解像度を持ってました。この鳴りっぷりがコンパクトに成ってモニタースピーカーとして一世を馳せるNS10Mに引き継がれたのです。
NS1000M以前のヤマハでは渾身のスピーカーでしょう。
高い解像度を邪魔するぺらぺらで共鳴してしまうような台でなければ、セッティングに神経質じゃないほうで使いやすいスピーカーですよ。
ちなみに、私が試聴で惚れ込んで、自分の稼ぎで買った最初のスピーカーです。
まもなく発売40年が来るんですね。良い状態が保たれていることを祈ります。

こんにちは。
>(1)ツィーターが耳の高さ位置にくる
あまり拘らなくても良いですが、私も自作で60cm高のスタンドにこのスピーカーを乗せていました。

NS690は初代のものだと思いますが、このスピーカーは左右対称ではないので、楽音の出所がやはりスピーカーユニットの配置にあわせて傾きます。そのこともあって、セッティングをとことん追及するタイプのスピーカーではない→「あまり拘らなくても良いです」という意味です。
60cm高のスタンドに乗せると、密閉型ということもあり、締りの良い低音が聞けるでしょ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報