「国語学教育者」と「日本語教育者」はそむき離れているように感じるのは、どのようなことからか?・・・・・ということについて教えてください。どんなことでもいいので、意見や、感想を聞かせてください!おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本語教師を目指しているものです。



国語教師と日本語教師は別物です。
国語は日本語の分かる人に国語を教え、
日本語は日本語の分からない人に日本語を教えます。

国語は古い言葉などを取り上げますが、
日本語は最新の現状、IT用語なんかも出てきます。

今すぐ日本で生活できるかどうかが日本語教育の要点だと思っています。
    • good
    • 0

いまひとつご質問の意図がさだかでありませんが、


一般的には、「国語学」と「日本語教育」という“分野”の出来方に原因があるでしょう。

「国語学」側の学者は、「日本語教育」を外国人相手の“現業的”末端分野だと思っているし、

「日本語教育」の学者は、日本語教育の役にも立たない「国語学者」は古くさくて使いものにならんと思ってる。

それでも中には互いの研究に理解があって、共通の成果をあげる研究者もいたり。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q児童生徒の公教育。英語か、正しい日本語(国語)か

英語の授業スタートの学年が早まる方向ですね。
意図は分かりますが、正しい日本語、読める字をかける、なども大切ではないかと。

どちらを優先させるか、乱暴ですが、選んでいただけますか?

あと、ツカエナイ英語教育を、いつまでやらせてんだ、って点でも一言お願いできればありがたいです。

Aベストアンサー

こんばんは。

うーん…難しい選択ですね。。。

何を目標に教育するかによって違いがでると思うのです。

日本で、日本人・日本文化に対する理解と誇りを持つことに重きを置くのであれば、
正しい日本語を。

世界中で通用するワールドワイドな人を育成することに重きを置くなら英語かな…と。


個人的には、どちらも大切な事だと思いますので、
どちらにも重きを置いて、しっかり教育して欲しいというのが本音です^^;が、
どっちか選べというなら、まずはやはり日本語かな…。

理由は、日本語をしっかり話せるのは、基本的に日本人だけだからです。
英語は、様々な国の人が訛りなどはあるにせよ話していますが、
日本語がメインの国は日本だけ。

だったら、その日本人が、正しい日本語をきちんと言えなきゃ、
後世の日本人で話せる人がいなくなってしまいます。。。

それって、日本人として、
ものすごく情けないし恥ずかしいし残念な事だと思います。
1つの文化を失うのですから…。

時々、TVなどで見るのですが、日本の古典的な芸能や文化を
本当に理解し愛して誇りに思っている外国人の方々を見ると
嬉しいと思う反面、日本人が日本の文化に興味を持たないことを
とってももったいないな…と思います。

それこそ、学校で、教育したら良いのに…とすら思いますね。
道徳などと同じように、日本文化って科目で小さいうちから学ぶ事が出来たら…
それを海外の方に伝えて行くという役割を担える日本人はもっと増えるだろうに…。


なお、英語ですが、
今現在の英語教育がどうかはわかりかねますが、
少なくとも15年前の小・中・高校の英語は
まーーーーーつまらなかったですねぇ…。

なんせ“This is a pen.”ですものね…+×+;

英語の先生ですら、滑舌悪くて何言ってるのかわからない…とか、
英語の先生の英語は、外国人には伝わらないとかザラでしたしね…(涙)


私の幼なじみが今年でオーストラリアに住んで10年目になりますが、
未だにネイティブな発音で英語を話す事は難しいと言っています。

長年、日本に住んでいて日本語ペラペラの外国の方でも
やっぱり訛った日本語であるのと同じことだと思いますが、
私は、それでも十分立派だと思いますので、
英会話を重視し、その後、詳しい文法を学ぶという流れで教えて欲しいと思います。

こんばんは。

うーん…難しい選択ですね。。。

何を目標に教育するかによって違いがでると思うのです。

日本で、日本人・日本文化に対する理解と誇りを持つことに重きを置くのであれば、
正しい日本語を。

世界中で通用するワールドワイドな人を育成することに重きを置くなら英語かな…と。


個人的には、どちらも大切な事だと思いますので、
どちらにも重きを置いて、しっかり教育して欲しいというのが本音です^^;が、
どっちか選べというなら、まずはやはり日本語かな…。

理由は、日本語をしっかり話せる...続きを読む

Qアメリカの国語教育

アメリカの小学校の国語教育について質問します。

日本の小学校の国語教育は、教科書の文章を読んで、例えば小説なら
登場人物の心情を読み取ったり、説明文で主旨を読み取るなど、
書かれている内容を中心に学習するかと思います。

しかしアメリカの小学校の国語教育は、リーディングやライティング中心で、
文章に書かれている内容はあまり重視しないといっているクラスメイトがいます。

なぜなら、世界の学力調査で、アメリカ人は日本人より読解力がないという
結果が出たからなんだそうです。

実際の所はどうなんでしょう。

州ごとの違いとかも教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

子供を二人イリノイ州で育てました。小学校5-6年で日本の教科書の4-5倍の厚さのある教科書を読まされているのを見て、まるで専門書だなと感心した記憶があります。Readingは他の全ての科目の影響してくるという考えで非常に重要視しています。Languageに費やす授業時間の割合も他の科目に比べてダントツで多かったと記憶しています。

読んだものに対する内容についてはどう感じるかの感想は聞かれるけれど、どういう感じ方が正しいという事は教えないようでした。

学力が低いという件は、アメリカの場合は色々な国の人や程度の違う子供が
混ざっているので(例えば英語を全く理解しない国の子供も沢山います)平均点を出せば大分低くなることは想像できます。

Qゆとり教育についておねがいします。

よろしくおねがいします。

いったいゆとり教育の何が悪かったというのでしょうか

教えて下さい。

Aベストアンサー

「ゆとり教育」自体の定義が曖昧ですが、広義においては30年前くらい(だったかな?)に出た中央教育審議会答申に「ゆとり」という言葉が出てきており、それ以降の教育をゆとり教育と言います。

さて、ゆとり教育の善悪についてですが、個人的にはどちらとも言えないと思っています。
それまでの詰め込み教育の悪い部分は明らかですし、それを改善する為に他に弊害が出ない方法などありません。
一律で固定的な内容の教養が低下している事は明らかですが、詰め込み教育で悪とされた部分が相当改善された事もまた事実として考えなければなりません。
結局の所、これはバランスの問題であり、「ゆとり」がいいのか「詰め込み」がいいのかという議論には意味がありません。

放任主義とも言えるプラグマティズムが教育上うまく行かないことは、100年も前にデューイが証明していますしね。(これは逆説的な証明になってしまった例ですが)

Q教育に期待すべきこと、すべきでないこと

教育が為すべきこと、為すべきでないこと教育に期待すべきこと、期待すべきでないことは何でしょうか。「教育」の意味は家庭教育、学校教育だけでなく、幅広く考えてください。

Aベストアンサー

これは意見が様々に出る内容でしょうね。
私個人の思いとしては,教育とは意識して教えていくものですから,学習者に対して社会生活を営むに当たっての最低限のこと(しつけなど)や,学問として国が定めている内容など(他にもあるかもしれませんが,他の方の意見で。私はこの2点で考えたいと思います)があると思います。

学問的なことでしたら,国としての目標などがはっきり打ち出されますので明確ですが,社会性の面に関しては,これは家庭で,これは学校でと明確に線引きするのは難しいことでしょう(学問的なことでも親が危機感をもっていろいろ教えようとする姿勢もあるようですが)。
今はしつけを親が学校に依存するなど言われていますが,もちろん社会性を説く先生もいらっしゃいますし,それはそれですばらしいことです。かといって学問(道徳やクラブ活動などもありますが,ここでは少し大雑把に述べます)のみを教える先生が非難されるのもおかしなことだと思います。これを「為すべきか,為さないべきか」と二元論で扱うのは私は妥当ではないかと思います。「別にやらなくてもいい・やってもいい」という中庸のこともあるかと思います。ただ,全くしつけをしない親は,現社会においては問題視されますね。
社会性の教育は,学ぶ側が教育されるにとどまらず,自分で学び取るという活動も踏まえて人間形成されていくことでしょうから,「教育としてここまで」という考え方ができるなら,既に形あるものが出されているでしょう。

考えながらまとまりがなくなってきそうなのでこの辺で。他の方のご意見も楽しみなところです。

これは意見が様々に出る内容でしょうね。
私個人の思いとしては,教育とは意識して教えていくものですから,学習者に対して社会生活を営むに当たっての最低限のこと(しつけなど)や,学問として国が定めている内容など(他にもあるかもしれませんが,他の方の意見で。私はこの2点で考えたいと思います)があると思います。

学問的なことでしたら,国としての目標などがはっきり打ち出されますので明確ですが,社会性の面に関しては,これは家庭で,これは学校でと明確に線引きするのは難しいことでしょう(学問的...続きを読む

Q性交のことを教えずに避妊のことなどを教えていく今の性教育について

高校男子です。

私は小学の保健の性教育の授業では、受精・生理・射精について習いましたが、性交・避妊についてのことはありませんでした。エイズについての授業もありましたが、「麻薬の回しうちをすると・・・とか、妊娠しているお母さんが赤ちゃんへ・・・」という感染経路は習いましたが、性交についてはほとんどぼかされました。
中学・高校では、「エイズを予防するにはセックスするときにコンドームをつける」とはっきりと教えられました。

ですが、「男性の性器を女性の性器に入れることを性交・SEXといいます」といった授業はありませんでした。学校側や教育側も、「中学になったらどこかかしらで情報を得てみんなSEXのことは知っているだろう。SEXの行為自体を学校で教える必要は無いだろう」って思ってるんでしょうね。

でももしも中学でSEXのことを知らなければ、「射精や生理ってあるんだ、ふ~ん。精子が膣内を通って卵子と受精して赤ちゃんが出来るんだ、ふ~ん。でもどうやって精子は膣内を通るんだろう?空気中を通るのかな?!?!」と思ったりすると思います。そうなったら、そういう子達には性教育の授業はあまり意味がないですよね。きっと授業がちんぷんかんぷんでしょう。

このように、SEXの存在自体のことを教えないで、避妊とかのことを教えていく、今の性教育について、みなさんはどう思いますか???

また、皆さんはSEXの事をいつどこで知りどんな気分になりましたか?私は小4の時にコンビニでそういった本を立ち読みして知りました。自分もそうやって生まれたのかと思ってちょっとショックでした。

ご回答、お待ちしています。

高校男子です。

私は小学の保健の性教育の授業では、受精・生理・射精について習いましたが、性交・避妊についてのことはありませんでした。エイズについての授業もありましたが、「麻薬の回しうちをすると・・・とか、妊娠しているお母さんが赤ちゃんへ・・・」という感染経路は習いましたが、性交についてはほとんどぼかされました。
中学・高校では、「エイズを予防するにはセックスするときにコンドームをつける」とはっきりと教えられました。

ですが、「男性の性器を女性の性器に入れることを性交・S...続きを読む

Aベストアンサー

「畳の水練」という諺を知っていますか。
畳の上で水泳のやり方を教えて、これで大丈夫と思って、海や川に飛び込んだら、覚えたことも役に立たずおぼれてしまうということですけど、SEXも教えて覚えられるものではないと思います。
無修正のポルノビデオを何本も見て、女性器の構造を覚えて、さてインサートと思っても、あれの先に目が付いてる訳でもないので、入り口がよく判らない、焦っているうちに萎えてしまったということはままあり、全くの無駄とは言いませんが、それほど意味は無いと思います。
知識が一番豊富な産婦人科の医者が上手かといえば、そういう訳でもありませんから、実践で慣れていくしかないのではないかな。
性教育で、体位ややり方を教えても、その通りできるかどうかははなはだ疑問ですし、私のようにポルノを見慣れてしまって割りと知識だけはある人間でも、実際にどうかといえば、ありゃま!!・・・ということが多々あります、年のせいだと突込みが入るかも知れませんけど。
避妊やエイズなどの知識だけで、後は実際にやれば覚えるので、それでよいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報