家庭は教育の場ですが、逆に差別の温床となりうるとおもいますか。
そのとき私たちが気をつけなければならないことは何でしょうか?
ドメスティックバイオレンス、夫婦関係・家政学における問題などに関連させて論点などを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「その時」とはどのような時なのか不明です。


でも想像するに、たとえばsirokumadarumaさんにお子さんがいたとして、その子がそばで聞いているのにもかかわらず、親であるsirokumadarumaさんが差別的な発言を平気でしていたり、またはお子さんが友達関係や他の情報として差別的な思想を仕入れてしまったのにもかかわらず、sirokumadarumaや他の大人がそれをいさめることをしなければ、お子さんはその差別的な思想を当然のことと判断してしまうでしょう。
子供が成長して違う視点や考え方をする訓練をする前に、「こういうもの」という価値観を植え付けられてしまうからです。
これは何も差別的な思想だけではありません。
sirokumadarumaさんも言っているように、あらゆる問題は色々な面を持っています。そしてその問題を解決するにはそのいろんな面を噛み砕き検討していかなければいけません。
けれど最初からそういう発想するように訓練されていないと、「これはこうでなくちゃダメなんだ」とか「これはイヤだからダメ」だのと、自分が良しとする方向だけがいいことで、その他の考え方を受け入れられない子供になってしまいます。
今はこういう例が多いと思いますよ。

でも、結局親側が既にそういった見方が出来ない場合は、子供に教えることも出来ません。そうなればどうしても差別的・利己的な思想の持ち主になりがちです。
教育という面から見ると、まず親の価値観が肝心でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのとき、とは、家庭が差別の温床になってしまっている場合、ということです。
私もそう思います。アメリカンヒストリーxなど、まさにそういう差別を問題にした悲しいお話ですね。貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 16:02

なりうると思います。

私は43歳の男性ですので、男の考えと言えるかもしれませんが、親が気をつけるべきことは、それこそすべての生活面や血縁者も含めた、他者との拘わり方すべてだと思っています。ですから、どんなに気を配っても配り足りず、原因をなくすことは不可能だと考えます。私個人も、家庭生活の中で差別を感じたひとりです。父方の実家へ行っても正しく自分の名前を呼ばれるまでに10年くらいかかったり、私がやりたいことに対して両親から、「できるものならやってみろ」的な言い方をされたりで、ひどく傷つきました。ライフダイナミクスやソーシャルダイナミクスを細かく学んだ訳ではないのですが、個人個人の感受性が違うので、家庭生活において差別感を全く感じないで子供を育てること、または子供が育つことは皆無だと思います。親が(私にも7歳の息子がいます)できることは、その子に合ったアドバイスなり背中を押すなりのことしかないように感じます。ただ、子供の目の前で夫婦喧嘩はしないようにはしています。
    • good
    • 0

こんにちわ



家庭が差別の温床となりうるか、多いになり得ると思います。
子供にとっての家庭は最初に子供が触れる「社会」であり、その頂点にいる、父親、母親は子供にとっては「ゴッド」でありえます。
つまり、両親の考え、言動=子供にとって「絶対」になりうるわけですから。

私は長女ですが、母親から、「父親は、本当は、男の子が良かった、だけど女の子でがっかりした」と、言われました。ささいな何気ない一言だったのですが、精神的にはきましたね。自分の存在価値ってなんなのだろうって。

もちろん、自分が父親、母親の年になって、両親も神ではなく、間違えもおこす人間だったのだと理解できましたが。

質問からずれてしまったかもしれませんが、家庭が子供の教育において重要であることは誰もが認めることであります。
私にはまだ子供はいませんが、人格形成にかかわる育児には心してかかわりあいたいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家政学の服飾など

家政学の服飾学科や被服学科のことについて知りたいです。私立大学だとやはり女子大しかないのでしょうか??あと、どんなことが学べるのか、卒業後はどんなところに就職できるのか、もし女子大ならサークルなどは他の大学でできたりもするのか・・・などなどなんでもいいのでよければ教えてください!ファッション・デザイン・素材・・・どこが違うのかいまいちよく分からないのでいろんな方の意見が聞きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「独立行政法人 大学入試センター」のサイトを下にあげておきます。

 右の方にある「大学進学案内 ハートシステム」⇒左にある「Search 進学案内」と進んで,適当なもので検索してみて下さい。

 試しに「学部名・学科名」の検索画面で,「学科名」に「服飾」と入れて検索すると3件ヒットし,「被服」と入れて検索すると4件ヒットしました。

・東京家政大学 家政学部 服飾美術学科
・和洋女子大学 家政学部 服飾造形学科
・杉野服飾大学 服飾学部 服飾学科

・大妻女子大学 家政学部 被服学科
・共立女子大学 家政学部 被服学科
・日本女子大学 家政学部 被服学科
・大阪樟蔭女子大学 学芸学部 被服学科

 いずれも私立大学ですね。各大学に関する情報や大学ホームページへのリンクもありますので,御自分で御覧になってみて下さい。

参考URL:http://www.heart.dnc.ac.jp/

Q家政学部と理学部は同じものなのですか

女子大においては、家政学部とは理学部のことなのでしょうか。
家政学部と理学部は同じと考えて良いのでしょうか。

Aベストアンサー

ものすごく簡単な言い方をすると、家政学部は「家庭科関係」の学問をする学部、理学部は「理科・数学関係」の学問をする学部なので、同じではありません。
まったく違うと考えていいです。

「家政学部とは、理学部のことなのか?」と思われたからには、何かを見たんだと思いますが、そのソースを少しでも説明していただければ、もう少し詳しい回答もできますが、ご質問の文面だけでは、これしか書きようが無いです。
(他の方が書かれている、お茶の水女子大の他にも、少し前の頃ですが思い当たる女子大が無きにしもあらず、その大学に関しては理屈というか設立の経緯も少し知ってますが、違うかもしれないので)

Q芸術と家政の分野の両方にまたがる仕事をしたいです。

私は、今、将来の仕事について考えているのですが、
芸術と家政、同じくらい好きでどちらかの道に進まなければいけないことで悩んでいます。
それで、芸術と家政、両方にまたがる仕事はないでしょうか?
芸術、家政の分野であればどんなものでも構わないです。
自分で考えたのは家政の勉強をして芸術系の大学で家政と芸術の融合について研究するなどですが、
果たしてこういう勉強は芸術系の学校でできるでしょうか?
自分では浮かばないので、芸術、家政両方の分野にまたがる仕事を何でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

えっと、機嫌が悪いわけじゃないです(汗)gooが「もうそろろ締めてね」と言ってくるというのが知らなかったので、「へえ~、結構うるさいのね」と思っただけです。すみません。

まあ、ぼちぼちクローズしましょうかね。私は割と毎日チェックしてますので、なにかあったらまたその時お話することもできるでしょう。あと、9/1~19にイギリスに旅行する予定で、その間は書き込みできないので伝えなきゃなとは思ってたんですよ。

通信の大学はまたコツがいることですから(私は短大だったのに慣れるのに1年かかりました)、困ったときはいつでもどうぞ。教育カテゴリは必ず見てますし、まあここでも平気でしょう(^_^)

Q家政科の大学について

親戚のこどもが、
(1)家政科の大学に入りたいと言います。
(2)女子大でなくて、共学の中の家政科があるところがいいというのです。
(3)さらに、神奈川県にある大学がいいと言います。

いくらでもあるんでしょうが、それを一発でインターネットで見つけることが出来ず、うまく探せません。どなかた、そういうサイトがあったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下のページでは学科名や地域から大学を探せます。
しかしながら家政学科や家政学部で探しても女子大しかないようです。

参考URL:http://www.heart.dnc.ac.jp/singakuannai_base.html

Q教員養成系の学校教育コースとは?

 受験生の娘を持つ父親です。娘は中学校の教員になりたいという希望を持って、国立大学の
教育学部を目指して、受験勉強に励んでいます。
 ところで、教員養成系の教育学部には、英語、数学などの教科教育を専攻するコースと別に、
学校教育(総合教育)を専攻するコースがあり、娘は最近このコースに興味を示しています。
 そこで、このコースの特徴や、特定の教科教育を専攻する場合と比べたメリット、デメリット等
を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学芸大の学校教育選修から中学校の教員、特に英語の教員を目指す人数は例年どのくらいでしょうか?

>これは、正直よくわかりません。
私の学年で私の知っている人は、2人いるようです。
年によっては、1人とか0人という可能性も十分にあります。

また、A類なので授業内容は小学校教育を対象にしたものと思いますが、中学校教育にも十分通じるものと考えて良いでしょうか。

>授業によります。

専門の授業(教育哲学・教育史・教育方法学・学校経営学・教育社会学など)は、十分に通じるものだと考えます。教科・年を超えて通じる領域なので。

しかし、A類(小学校)だと「初等○○科教育法」および「○○科研究」という授業を9科目全て必修で履修せねばなりません。
「初等国語科教育法」「国語科研究」「初等生活科教育法」「生活科研究」「初等音楽家教育法」「初等家庭科教育法」など。書写からピアノの授業までが必修です。

これがもしB類(中学校・高校コース)であれば、「中等○○科教育法」+「専門の授業」が必修となります。英語だったら、「中等英語科教育法I~IV」、「英米文学」とか「英文法」とか「英会話」とかの授業が必修になってきます。

だから、A類学校教育で中高の英語の免許も取ろうとする場合、「初等○○科教育法」および「○○科研究」の必修に加えて、「中等○○科教育法」+「専門の授業」などの英語科の授業を履修していくことになります。


だから、結論から言えば、「初等国語科教育法」「国語科研究」「初等生活科教育法」「生活科研究」「初等音楽家教育法」「初等家庭科教育法」など中高免許だけを狙う人から見れば、無駄な授業、役にたたない授業がたくさんあることになります。

また、A類は、教育実習も「基礎実習(3週間)」「応用実習(3週間)」ともに小学校でやる実習が必修となります。B類は、「基礎実習」「応用実習」ともに中学でできます。

A類が中高免許を狙う場合の、「中学校実習」は、附属中で3週間やることになります。

しかし、はじめから、「小学校の免許と中学校・高校の免許、両方ほしい」という人は、また話が別です。「A類に在籍していて、B類の授業を狙った方が取りやすい」という現実です。これは入ってからわかることですが、B類の人が小学校免許もほしい!と思ったときには、A類の人がB類の授業を取り時よりも大変になります。(専門の関係かな?)なぜか、ちょっとあいまいですが、そういう現実があります。

学校教育には、毎年この副免組みが出てきます。中高免許も一緒にとる人たちです。学校教育では、英語組み、社会組み、国語組みなど、5、6にんで一緒に授業を組み立て、一緒の授業なので、仲良くなっています。「英語飲み」「国語飲み」などもけっこう開催されているようです。(今の学校教育のキーワードの一つに、「幼少連携」や「小中連携」「中高連携」が言われています。小6と中1の間で不登校が3倍になるなど「中1ギャップ」の問題があるからです。)


それとも中学校教育になるとだいぶ様子が変わってくるものなのでしょうか?

>先ほども書いたように、小学校は全般的に幅広く履修しますが、中学校は専門に絞って深く履修します。
専門教科を極めたいのであれば、学芸のB類か、他大の中学校コースをオススメします。中高だけを狙う人には、やはり学芸大の学校教育は合わないと思います。

学芸の学校教育の他の大学や学科にはないよさとして、「学教フォーラム」や「教育学道場」など、企画・イベントがあって教員とともに教育について学べるところです。

他の人は他の人ですが、少なくとも私にとっては、「教育」を深められる最高の環境です。

学芸大の学校教育選修から中学校の教員、特に英語の教員を目指す人数は例年どのくらいでしょうか?

>これは、正直よくわかりません。
私の学年で私の知っている人は、2人いるようです。
年によっては、1人とか0人という可能性も十分にあります。

また、A類なので授業内容は小学校教育を対象にしたものと思いますが、中学校教育にも十分通じるものと考えて良いでしょうか。

>授業によります。

専門の授業(教育哲学・教育史・教育方法学・学校経営学・教育社会学など)は、十分に通じるものだ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報