Mother Nature 「母なる自然」という言葉がありますが、これって、何で母なんでしょうか?
これに対応して、Father ~ がつくような表現はあるんでしょうか?
また、英語圏以外でも同じような表現はあるんでしょうか?

というのは、ある歌の歌詞の中に、
God bless Mother Nature, she is a single woman, too, ....
みたいな箇所がありまして、
「そういえば、Father ~みたいな言葉ってあるのかなぁ?]
とおもったもので。

A 回答 (2件)

たいていの伝統文化では大地は母親、天空は父親として表されます。

天空がもっと具体的に太陽として描かれる場合もあります。植物を育ててくれる大地と生き物に欠かせない太陽は原始時代から人間にとって特別な存在だったのでしょう。

我が国やアメリカインデイアンの一部、欧州のケルト族では太陽は女性として理解されていたようです。伊勢神宮に祭られている天照大神は女性です。

アメリカ南西部に住むプエブロ族と生活を共にして、彼らの精神世界を詩に歌ったナンシー・ウッドの詩集 『Many Winters』邦題 『今日は死ぬのにもってこいの日』に次のような詩があります。

Now this is what we believe,
The mother of us all is earth.
The Father is the sun.
The Grandfather is the Creator
Who bathed us with his mind
And gave life to all things.
後略。

南米のアンデス文化圏では大地の母は「パチャママ」として今日でも信仰され、
畑や森で物を食べたり飲んだりする場合、先ず最初に一口(一滴)パチャママに
捧げる風習が残っています。我が国にも似たような習慣があり、田の神、山の神にお神酒を捧げる形で太古の自然崇拝が残っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

父は太陽ですか。
他の方の回答にも、父は統率力、行動力を象徴するとありましたが、そう考えると、天空や太陽が象徴されるのは納得がいきます。

日本の神話だと、たしかに岩戸にこもるのは女神さまですね。

例示を含めたご回答をありがとうございました。

お礼日時:2002/01/22 11:34

大地は私たちを産み育ててくれた場であるので、母というなのです。


産む事は女性にしかできないですから、father~という趣旨になると、ちょっと違うと思います。

生産的なことについては女性の象徴が多いでしょうが、fatherについてですが、男性に象徴されるの行動力や統率力・創造力などの力から、FATHERを伴う象徴語 などはかなりあるんじゃないでしょうか・・・FATHER NATUREに関してはないでしょうが、

第一、モーゼやゼウス・キリストなどは、男性ですよね。
以上、一般人の意見でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

産み育てる存在としての母ですか、なるほど。
母があるなら、父もあるのかな、と思ったのですが、あまりなさそうですね。
神さまと言えば、そう言えば神父さんはファーザーでしたね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/22 11:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母なる大地と云うがでは父は何処に居るの?

母なる大地や母なる海、マザーアースとは云うがでは父は何処に居て何と
呼ぶのか?教えて下さい。
生命誕生が海なので「母なる海」、植物は大地で育ちそれを草食動物が食べ、さらに肉食動物が草食動物を食べる植物連鎖が有るから根源である大地を「母なる大地」と言ってる(出産するのは全て雌、女だから)と思うが植物も「雄しべ」が必要だし動物(魚類も含む)も精子が必要で無いと
生命は誕生しない!
近年女性が強くなってきたとは云えまだ男性社会の人間社会な訳だから、
「父なるなになに・・」とか言っても良いと思う!もしかして僕が無知なだけ?なのかも知れないが皆さんのお力を貸して下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

先の方も仰っているように「大地母神」に対して「天空父神」を置く神話は世界各地にあります(大地に「対するもの」として太陽を置くケースはあまりないでしょう)。
これは生命を生み育てる「母なる大地」に実りをもたらすのが「天」の役目であるので非常に自然な考え方であるかと思います。
日本で雷のことを「稲に実りをもたらすもの」として「稲妻」と呼ぶ感覚にもこれと同様のものが見ることが出来ると言えるでしょう(この場合の「つま」は元々の意味通り単に配偶者を指しています)。
加えて「天」は時に荒ぶるその力を災厄にすら発揮する存在でもありますから、「父」というほうがぴったりくる訳です。
しかし実際には単純に「地」である「母」に対しての「父」=「天」というシンボリックな意味合いが強い場合も多く、生命を生み出す力を内包した「母なる大地」に比べると非常に抽象的な存在に過ぎないことも多々あります。
それは女性の地位云々に関わりなく「母」というものが圧倒的に特別な存在であったからにほかなりません。
何しろ男性とてすべて「母」から生まれてくる訳ですからね。
確かに「母」とはいえ単体で子供を生むことが出来ないことは本能的に古代人達でも知っていたことですが、現代のような知識も無く、しかも男性が関わってから子供が生まれるまでにはかなりの時間差があることなども手伝って具体的にイメージが結びつき難かったとしても何も不思議はないでしょう。
現代ですら男親は女親ほどには我が子が生まれても「親」になったことを実感し辛いこともあるくらいです。
それに比べると「母」は誰が見ても直接的に新しい命を生み出すことの出来る存在です。
これはやはりある意味驚異であり神秘でもあって信仰の対象になるのは自然でした。
時代が下って一神教が生まれるとその唯一の神は「父なる」存在であると位置づけられるようになりますが、これはやはり過酷な環境で生まれた一神教が強固な団結力の象徴としての「強い」神を何より求めたからでしょう。
唯一神は「造物主」とも言われるようにあらゆるものの生みの親である訳ですが、それらを生む様は母が胎内から自分の分身として(同等の)新しい生命をもたらすのとは随分異なり、まるで無機物を製作するかの如くです。
そういった意味でも「母なる大地」の象徴である「大地母神」とはまったく質の異なる存在で、狩猟を生業とする民族だからこそ生まれた発想と言っても良いのかもしれません。
一神教は今でこそ世界を席巻していますが、信仰の形態としては非常に新しく特殊なもので、原始的な自然崇拝の中では生命を生み育む大地こそ「母」であった訳です。
一神教の世界の人々とて「母性」を求めて本来は神でも何でもない聖母を信仰したりすることもあるくらいで、「母性」に対する敬慕の心というものは非常に根源的であり潜在的に人間の中に備わっているものなのでしょう。
一神教の世界の人々も自然に「マザーアース」「マザープラネット」などという発想を持っていることが、何よりその証拠であると言えるのではないでしょうか。

こんにちは。

先の方も仰っているように「大地母神」に対して「天空父神」を置く神話は世界各地にあります(大地に「対するもの」として太陽を置くケースはあまりないでしょう)。
これは生命を生み育てる「母なる大地」に実りをもたらすのが「天」の役目であるので非常に自然な考え方であるかと思います。
日本で雷のことを「稲に実りをもたらすもの」として「稲妻」と呼ぶ感覚にもこれと同様のものが見ることが出来ると言えるでしょう(この場合の「つま」は元々の意味通り単に配偶者を指しています)。
...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

QSee you soon.って?

アメリカ留学帰りの異性からのメールに See you soon.とよく書いてあります。
私は単純に、「じゃあ、近々!」程度の軽い挨拶の言葉と思っていたのですが、友達は少し違うのではないかというのです。
「早く会いたいナ」という意味も含まれているハズだというのです。
彼には聞けないでしょ?何を勘違いしてるんだってことになったら、恥ずかしい。
私の少ない知識によると、See you.って「じゃあ~ねぇ~」くらいのことですよね。だから、軽い挨拶文だと思っているのですが・・・・。
いったい、ホントのところは、どの程度の言葉なのでしょうか?
調べようがないのです・・・・無知な私にわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

See you soon.は、See you later.と共に、ごく普通に使う挨拶です。会いたい気持ちもなくはないでしょうが、お友達の解釈よりはmuchikoさんの解釈が正しいですね。
ただ、ごく普通の言葉に万感の思いを込めて書くというのは日本語でも英語でもあり得ますよね。ぜひ一度お目にかかりたいものです、などと書かれている場合、ホントに会いたいのか単なる挨拶なのかは、むしろ本文の内容で解釈することになるんじゃありませんか?

ついでに・・・
似たものに、call you later!なんていうのもあります。あとで電話するよ、というのですが、実際には電話はほとんどかかってきません。Keep in touch!連絡し会おうね、というのも同類です。ちょっとがっかりさせてしまいましたか?

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

QI am falling for you..と言われましたが。。。

私は英語が堪能ではないので、教えていただきたいです。
「I think I am falling for you」と彼に言われたのですが、I think I am falling in love with you とは意味が違うのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

彼に言われた「I am falling for you.」というのは『今まさに
あなたに恋をしかけている』状態を表し、「I think I am falling
in love with you. 」というのは『既に今恋に落ちている状態』
を表します。

微妙な違いがありますが、感情のタイミングという観点では
決定的な違いがあります。

こんな感じでいかがでしょうか?

Qホテルで変換プラグを借りたい時

こんばんは。

私は明日から海外へ旅行に行くのですが、ホテルで変換プラグをお借りしたい場合、英語で何と言えば良いのでしょうか?

ご回答お待ちしております!!

Aベストアンサー

お持ちのプラグをホテルの人に見せながら、
「May I borrow a plug adapter please?」
できいたら如何でしょうか。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Qスカイプのコンタクトを削除すると相手にはわかる?

普段スカイプを使用しています。コンタクトしてる人をこちらが一方的に
削除すると相手には直ぐわかりますか?また削除しても相手のスカイプ
には、こちらのIDがコンタクトに残ったままなのでしょうか?その状態で
仮に相手がメッセージを送信しても、勿論届かないと思いますが相手は
削除されたか、ブロックされたか、その見極めがつくのでしょうか?
相手側にとって「ブロック」と「削除」の機能的な違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

↓コンタクトを消したら(リスト削除したら)↓
 
 相手側のコンタクトリストにはあなたのIDコンタクトはまだ残っている状態になります。
 しかし、普通、共有状態(お互いが認証し合った状態)ではないので、
 向こうはあなたのサムネイル画像が表示されず、
 また、あなたがログインしてることも相手側には反映されないので、
 相手はあなたがずっとオフラインになってるように見えます。


相手側がもしあなたのコンタクトのところを右クリックしたりすると、
「認証の要求」というのがでてしまうので、 そうなると 向こうには知られてしまいます。


ブロックはすると、相手はチャットなどが送れなくなったり、通話もできなくなりますが、
会議(多人数で通話)するときは、 ブロックした人でも一緒にしゃべることができます。


 

Q「たまに」「ときどき」「たいてい」

頻度を表す英語表現を整理したいと思います。

ざっと考えてみると
He rarely eats salad.
He often eats salad.
He sometimes eats salad.
He every time eats salad.

oftenとsometimesはどちらが頻度が高い、などあるのでしょうか?

上記の間を補完するものがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。


%って、
100をalways 0をnever
とした感覚での表現ですが、
私の感覚なのでご参考程度までに ^^;



だいたいこんな感覚でいます

never 0
rarely, hardly 0-5%
once in a while / from time to time 0-15%前後
occasionally 0-20%
sometimes 20%-50%
often, frequently 50-70%
usually 80-99%
almost always 90%前後
always 100%


この中でよく使うのは、sometimes, often, usually, always, neverかなと思います


怒った時などは、気持ちの部分が入っちゃって、客観的な頻度は別として
強調的にneverやalwaysを使っちゃうことは、日本語でも同じだと思います。

「あなたはちっとも○○してくれない」とか
「いつも○○じゃない」とか

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報