チジアズロン(TDZ)という植物ホルモンとは、どのようなホルモンなのか教えてください。また、このような植物ホルモンについて書いてある専門書みたいなものがあったら教えてください。

A 回答 (1件)

「Thidiazuron」のことでよろしいでしょうか?


私がスペル・内容を確認したのは、少々古いですが、
Peter J. Davies (ed.). PLANT HORMONES-Physiology, Biochemistry and Molecular biology. 2nd Edition. Kluwer Academic Publishers. 1995年
という本で、大学院の講義の時に輪読した本です(読む量があまりにも多いせいで、学生が集まらなかったです(^^;)

その本によると、商業的には、ワタの落葉剤として利用しているようですが、
これは、エチレンの発生を誘導するのが一因であると考えられているようです。
また、in vitroで、シュートの形成や増殖を促進することから、サイトカイニン様物質とも見なされているようです。
これ以上のことは、何も書いてありませんでした。

Googleで検索すると、日本語のページはあまりヒットしませんが、海外のページなら相当数がヒットします。
これに適当にキーワードを追加して絞り込みしてはいかがでしょう?

参考URL:http://www.google.com/search?q=thidiazuron&hl=ja …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへんありがとうございました。植物ホルモンに関する本を調べたところ非常に値段が高くて、とても買えないと思っていました。組織培養で使っている植物があったので、どのようなものか気になっていました。どこかの研究機関に行って見せてもらおうと思っていましたが、サイトカイニン様物質だったんですね。ワタの落葉剤だとは知りませんでした。はじめてこの欄を利用させていただきましたが参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/26 06:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1/2MS培地について

1/2MS培地とは、MS培地の濃度を1/2にしたものなのでしょうか?
また、どのような場合に使われるのでしょうか?
MS培地と1/2MS培地の違いを教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

MS培地とは、植物組織培養によく用いられるMS培地のことですよね。そうであれば、1/2MS培地は濃度を1/2にしたものです。ただ、ここでいういう1/2とは無機および有機栄養素のことで、ほかの添加物であるスクロースや植物ホルモンなども1/2するとは限りません。

使用用途の例としては、通常のMS培地のイオン濃度で、植物組織に過剰のストレスがかかる場合にその軽減を目的として1/2濃度で培養したりします。ただ、必ずしもMS培地が有効というわけではなく、植物種によってはそのほかの培地が有効なことも多々あります。

培地のことや植物組織培養のことは、植物細胞工学に関する本をお読みになることをお勧めしますよ。

Q植物の組織培養に用いる植物ホルモンについて

植物の葉、根からカルスを形成する時のホルモンについてですが、オーキシンやサイトカイニンにもいくつか種類があり、どれを組み合わせればよいかわかりません。2,4-DとNAAの働きの違い、BAとカイネチンの働きの違いを教えてください。

Aベストアンサー

 ホルモンに関してですが、昔私がやっていたときはNAAでカルス誘導および発根誘導、2,4-Dでカルス継代をしていました。BAとカイネチンの使い分けは口伝によるでした(イネです)。おそらくどの組み合わせでも適当な濃度加えれば脱分化はします。
 脱分化はあまり細かいことを気にせずにやることです。条件をふるために、10も20も条件検討するのは賢明とはいえません。5段階くらい…何なら3でも、条件をふって無理なら素材をかえる方が賢明です(ただし脱分化させて培養細胞ラインを作るという目的でなければ)。
 脱分化は細分化と違って非常に起こりやすいイベントなので、文献二つほど読んで適当にやっても上手く行きます。再分化は試行錯誤と忍耐が必要です。私はギシギシという変な植物の脱分化もやりましたが適当にやって上手く行きました。


人気Q&Aランキング