以前、通勤定期を購入していて気が付いたのですが、JRの運賃というのは消費税込みではなかったでしょうか?
もしそうでなければ以下の質問はないのですが。
もしそうであれば、通勤定期の料金は通常片道運賃の30倍かける消費税だったと思います。(実際私が買ったときはそのようでした)
これって消費税の二重取りにならないのでしょうか?
また、これはJRだけなのでしょうか。私鉄などはどうでしょうか。
ご存知の方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

まず、みなさんが言う世間一般の「運賃」は、ご指摘の通り消費税込みで駅や時刻表などに記載されているものです。

目的地までの運賃が探しやすいように地図や表であらかじめ表示してある、あの数字がそれにあたります。
では、その運賃はどうやって決められているかというと…
詳細は非常に長く、かつ複雑になりますのでURLの第77条を見ていただくことにして、東京-広島間(営業キロ894.2キロ、以下同じ)の運賃11,340円を例に公式をつくりました。この運賃は881キロ~920キロのものですが、参考にしてみて下さい。
(300キロの賃率×距離)+(600キロの賃率×距離)+(600キロ超の賃率×距離)
16.2×300 + 12.85×(600-300) + 7.05×(900-600)=10,830
で、10,830円を10位を四捨五入(50円以上切り上げ)するので881キロ~920キロの運賃は10,800円に決まります。定期運賃なども同じような手続きでそれぞれ計算されます。
さらに、この運賃に消費税を上乗せし、1位を四捨五入したものがみなさんの目に触れる「運賃」というわけです。
ですから、消費税の二重取りはあり得ません。安心してください。(^v^)
ちなみにURLはJR西日本の約款ページです。駅においてあるのと同じ内容です。

参考URL:http://www.fun.westjr.co.jp/info/stipulation/ind …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
運賃と計算方法では確かに¥160で間違いないと思います。でも定期代は¥5040なんです。消費税が3%の時は¥4940でした。それが5%になった時に¥5040になったということは2%分値上げしたことになります。
運賃が値上げしなかった分定期代だけ値上げになったのです。
ということは同じ¥160でも現在は¥168で3%の時は¥165だったということだったんですね。(切り捨てなので同じ¥160だった)
ということは定期代には消費税などはじめからなかったということ?になりますね。

お礼日時:2002/01/24 21:42

nyaochan0221さんには電車質問でお世話になっているので、細かいことをいえば。



>各社とも課税を見送りました
>3%当時は10キロまでの運賃には消費税はかかっておらず

いまの日本で「消費税がかかっていない」商品(サービス含む)というのは一般には存在しません。(それが目的の税金です)
あくまで「160円」は「税込み」であって、「152.4円」がJR、「7.6円」が税金です。3%の時代には「155.3円」がJR、「4.7円」が税金。
消費税のたびに運賃が「値下がり」している、ということになります。

運賃そのものがかわっているために、認可(当時は国土交通省はなかったから運輸省)を得て、新料金として料金表を出しているわけです。(単純に税金を上乗せするだけなら、認可は要らない)
    • good
    • 5
この回答へのお礼

4度も登場ありがとうございました。
私なりの結論を出せました。
定期代にはあえて消費税をかけていない。
運賃に消費税をかけているが金額に反映されていない。
その結果、定期代に消費税分上乗せしたように錯覚した。
定期代が5%上乗せしている様に見えるのは見えない運賃の金額に5%が上乗せしてあるからである。
よって消費税の2重取りはしていない。
以上でした。

お礼日時:2002/01/25 22:03

160円問題にコメントです。


同じ質問の回答で出した公式なんですが、営業キロ1キロ~10キロまではJR本島3社では別に定めてあります(もちろん課税前です)。
幹線・地方交通線→1~3=140円、4~6=170円、7~10=180円
東京・大阪電車特定区間→1~3=120円、4~6=150円、7~10=160円
で、消費税3%課税時は、これらの運賃に課税をするには額が小さすぎるということで、各社とも課税を見送りました(当時は旅客会社6社が同じ運賃でした)。
ところが、5%課税に移行するときに、みなさんご存じの通り、電車特定区間の運賃がJR東日本とJR西日本で異なるという事態が発生しました。状況は次の通りです。
東京の電車特定区間→1~3=130円、4~6=150円、7~10=160円
大阪の電車特定区間→1~3=120円、4~6=160円、7~10=170円
これは、すべての運賃を据え置きにすると税の取りこぼしが多すぎ、かといってすべてに課税すれば結局便乗値上げといわれかねない、というわけで各社は3種類の区分においてトータルで税収を確保する方針をとりました。そこで、JR東日本は最低運賃区間の利用者割合が多いからという理由で120円に課税し、JR西日本は私鉄との競争を考えたときに最低運賃の安さをアピールしたいという理由で120円を据え置いて他区間に課税したというわけなのです。ですから、3%当時は10キロまでの運賃には消費税はかかっておらず、取りすぎどころか、むしろ乗客本位のサービスみたいなものだったと考えた方がいいと思います。例からもれてはいますが、JR3島会社や私鉄もだいたい同じような考え方で課税していると思います。
なかなか奥の深い問題だとは思いますがねぇ…。(-~-)>"
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度登場ありがとうございました。
貴方の回答で大体謎が解けました。
私なりの結論を出せました。
定期代にはあえて消費税をかけていない。
運賃に消費税をかけているが金額に反映されていない。
その結果、定期代に消費税分上乗せしたように錯覚した。
定期代が5%上乗せしている様に見えるのは見えない運賃の金額に5%が上乗せしてあるからである。
よって消費税の2重取りはしていない。
以上でした。

お礼日時:2002/01/25 22:05

>通勤定期の料金は通常片道運賃の30倍かける消費税だったと思います


 そうではありません。
 JRの通勤定期の料金は通常片道運賃とは(少なくても現在は)リンクしていません。旅客営業規則を今日見てきましたが、定期運賃に関しては乗車券のように規則性があるものではなく、全く別の体系(別表:定期運賃表として定められています)となっております。確かに定期運賃が通常片道運賃*30として計算できるように見えるところ(Yoshi-Pさんがご指摘なさってます)があるのですが、それは見えるだけであって、実際には定期運賃体系全体に妥当する公式ではないのです(『どう計算しても』と仰っておられますが、時刻表などで定期運賃表とADEMUさんの公式で全定期旅客運賃を検証すると、一部を除き切り下げ・四捨五入などを超えたズレがかなりでてくるはずです)。

 これまでの議論で出てきておりますが、列車の運賃・料金には宿命的に切り上げ・四捨五入などを伴うこともありますので、鉄道会社の裁量がかなり大きいです。ですから普通運賃が160円で変わらないのに定期運賃が変わるのはおかしいという議論はあまり意味を持ちません。また値上げ分を均すために、消費税分+運賃そのものの値上げとなる場合もあります(恐らくADEMUさんが主張される『二重取り』とはこのことを指すのではないでしょうか。)。それらは特に著しく合理性を欠くような場合を除けば許容されると思います。
 しかもこれらの運賃は『認可』をうけてお墨付きをもらっています。恐らく苦情を申し立てても『国土交通省による認可を受けております』と言われて終わりでしょう。
 
 なお一部の鉄道会社では表ではなく、普通運賃*2(往復の意味)*30(一月分の日数)*0.5(割引率)という公式を用いて計算しているところがあります。この場合にはわざわざ消費税をあとで5%加算することはないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
やはり消費税の端数の取り扱いだったようですね。

お礼日時:2002/01/25 22:07

> 通常運賃¥160の区間で定期代は¥5040でした。



こりゃまたうまくぴったり当てはまる例ですね。(笑)
お疑いになるのもごもっともです。

通常運賃160円というのは東京の電車特定区間での7~10kmの場合と、JR北海道、JR四国、JR九州の1~3kmとがあるようです。(他にもあるみたいですけど、複雑なので省略します。)

ADEMUさんがどのケースに当てはまるのかわからないんですけど、後者の場合、定期運賃はJR北海道では5440円、JR四国の場合5040円、JR九州の場合4840円となってるようです。ばらばらですね。ほんとに複雑怪奇です。一概には言えないようです。

また、前者の場合、東京の電車特定区間は7~10kmの片道運賃が160円、定期運賃が5040円なのですが、大阪の電車特定区間では7~10kmの片道運賃が170円で、定期運賃が東京と同じ5040円です。

発想を転換して定期運賃を基準にしてみると、むしろ東京の通常運賃が値引きされている、と考えることもできますね。

つまり、160円に対する消費税8円を大阪では四捨五入(切り上げ)されて東京では切り捨てられている、ってことでしょうか。

こんなことを書くと大阪の人から苦情が来そうですが、私が決めているわけじゃないのでクレームはJRの方にお願いしますね。(笑)

ちなみに、同じ距離で幹線では片道190円、定期5670円。
同じ距離で地方交通線だと片道200円、定期5980円、でした。

結論として、ADEMUさんが東京の方だとしたら、「そもそも得しているんだからまあいいや」とお考えになってもいいんじゃないですか?(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございました。
私なりの結論を出せました。
定期代にはあえて消費税をかけていない。
運賃に消費税をかけているが金額に反映されていない。
その結果、定期代に消費税分上乗せしたように錯覚した。
定期代が5%上乗せしている様に見えるのは見えない運賃の金額に5%が上乗せしてあるからである。
よって消費税の2重取りはしていない。
以上でした。
まあ、会社が払っている金ですから別にどうってことないですが・・・

お礼日時:2002/01/25 22:09

補足。


2の回答で
>¥340区間ですと定期代が¥10710になることはありませんか?

適当に値段を言ったのですが、調べたら、「350円」の区間の定期が10710円でした。(350円×30=10500円)
400円区間(草津-京都)の定期代が11970円でした。(400円×30=12000円)
650円区間(草津-彦根)の定期代が19530円でした。(650円×30=19500円)

>JRの場合、どう計算してもある一定の比率に消費税分(+5%増)が上乗せしているようにしか見えませんでした。

「どう計算しても」というのが「どういう計算」をされたのかわかりませんが、「一定の比率(×30とおっしゃる?)に消費税上乗せ」じゃあないですね。「×30」より少ないところもあります。

まえの「160円」に戻りますが、近距離切符というのは、だいたい、私鉄・地下鉄などと競合するので値段をあげにくい、という事情があります。定期の場合は、どうせ定期代は会社持ちだから、値上しても客離れは少ないだろう、という発想ができます。したがって、近距離の切符は値上しないで、定期やほかのところで帳尻を合わせる、ということが予想できます。
    • good
    • 0

>通常運賃¥160の区間で定期代は¥5040でした。

消費税のない昔は¥4800で購入できた区間が¥5040ということは消費税分¥240を上乗せされたことになります。

160円ぐらいの区間って、消費税まえから(といっても3%の時代と5%の時代と、どっちも値上してないとは思わないですが)160円でした?

それはともかく、160円では、5%というのが10円に満たないので、細かい計算で「端数調整」になります。(160円×105/100=168円)。
トータルでみれば、5%上乗せしていることになるのでしょうが、10円単位でないと自動券売機がつかえないということがあるので、切り上げになったり切捨てになったりしていることがあるでしょう。

運賃は「消費税こみ」で「改定」(単純に「上乗せ」でなく、消費税を含んで「新しい運賃を発表」になります。)
したがって、5040円の定期では、5/105にあたる240円が消費税として国庫にはいり、のこりの4800円がJRに入ります。160円の切符では7.6円が消費税で152.4円がJR。1枚では端数が出るけど、トータルで徴税されるから、割合としてはこうなる。
「二重課税」というのは、税金に税金がかかって税務署に二重取りされることですが、この場合、二重取りされる部分はまったくありません。
    • good
    • 0

補足です


失礼しました

普通切符も通勤定期券も確かに消費税込みであることには
変わりがありませんが、
通勤定期券の値段算出については、普通切符の金額を定数倍した
方法で算出するのではなく、乗車駅と下車駅との距離によって金額
が算定される(まったく違う算出表により決まっている)ので、
結果、重税をしているわけではないということになります。

あと、私鉄等につきましては、各社独自の方法で計算されるようで、
おっしゃるとおり、普通運賃の定数倍して算出する方法や、
JR同様距離に応じて決まるなどさまざまなようです。
となると、この私鉄などで「普通運賃の定数倍」していることは、
一見、消費税を二重加算しているようですが、そうではなく、
「普通運賃(消費税込み)の30倍する」ことで料金を算出しますが、
それが「定期券における料金」であるからには問題無いと思います。

(例)1区間普通200円の場合(税込) 定期券6000円(税込)ですが
   厳密には、1区間普通191円(税別) 定期券5715円(税別)
   というふうに販売していると考えれば、まったく問題は無いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、回答ありがとうございます。
実際購入した定期は通常運賃¥160の区間で定期代は¥5040でした。消費税のない昔は¥4800で購入できた区間が¥5040ということは消費税分¥240を上乗せされたことになります。
ということで重税徴収ではないかという疑問がでた訳です。

お礼日時:2002/01/24 21:11

ADEMUさん、こんばんは。


以前「nontriteって?」という質問でお世話になった者です。その節はお世話になりました。

私も昔(消費税導入前)はJRの定期券料金は往復運賃×15日(=片道料金×30日)と認識していましたけど、最近は幹線用と地方交通線用とに分けられていますし、さらには特定区間(東京・名古屋・大阪)用というのもあって、かなり複雑怪奇な設定になっているようですよ。

一例として、例えば幹線用30kmの運賃は480円、定期券料金は14330円です。480×30=14400円ですから、少し安くなってますよね。同じ距離で地方交通線の場合、運賃は570円、定期券料金は17000円です。570×30=17100円ですから、これもまた少し安くなっています。(2年前の時刻表を参照していますので今は少し違うかも知れませんが。)

ADEMUさんが仰っている「通勤定期の料金は通常片道運賃の30倍かける消費税」というような設定にはなっていないようですよ。

私が何か勘違いしているのでしたら、補足をお願いします。

ちなみに、私のところでは全区間を通して購入した場合よりも途中で区切って2枚定期券を購入した方が安くなるという奇妙な現象が起きています。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。世の中持ちつ持たれつですよ。
ところで、実際購入した定期は通常運賃¥160の区間で定期代は¥5040でした。消費税のない昔は¥4800で購入できた区間が¥5040ということは消費税分¥240を上乗せされたことになります。
ということで重税徴収ではないかという疑問がでた訳です。
駅の表を見ると確かに距離により同じ区間でも定期代は違いますが、消費税分(5%)上乗せしている様に感じます。

お礼日時:2002/01/24 21:24

運賃は消費税込みです。

消費税率の変更のたびに、運賃が改定されています。
通勤定期の運賃は、たとえば、「340円区間の1ヶ月定期が10000円」というようなことだと思いますが、どっちも税込みですね。

>通勤定期の料金は通常片道運賃の30倍かける消費税
「通勤定期の消費税は」という意味でしょうか?

料金設定は各社それぞれで、たまたま、JRの場合は30倍ぐらいになっている、ということでしょう。消費税導入前の「片道:定期」と導入後の「片道:定期」の比は、たぶん代わっていないと思います。
私鉄は割引率が低いので、340円ぐらいの区間だと12000円以上するでしょう。バス・地下鉄だともっと高い?

これは、単に割引率が低いか高いかの問題で、消費税とは関係ない話。
どっちにしても、定期の消費税は「定期代」× 「5/105」で計算したものになっているはずで、2重取りなんてする余地はありません。税務署にもそれで申告納税するはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
¥340区間ですと定期代が¥10710になることはありませんか?
質問のし方が悪かったと思っています。
私鉄もこのように2重に消費税を徴収しているかどうかということを質問したかったのです。
確か、近くのバスの定期代は片道運賃×45でした。
JRの場合、どう計算してもある一定の比率に消費税分(+5%増)が上乗せしているようにしか見えませんでした。

お礼日時:2002/01/24 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税8%?

 消費税が8%に上げられるそうです。私は毎年1%ずつ上げる方式にするのかなと思っておりましたら、何を狂ったのか8%に決まりそうです。
 公務員の収入は8%ほど下げられたのに消費税8%って庶民感覚でOKですか?
 皆様のご意見はいかがですか?

Aベストアンサー

No.8さんの
>公務員の給与の引き下げは期間限定です。来年4月から、つまり消費税率が引き上げられる
>月と同じ月から、元の給与水準に戻りますよ。だから、消費税8%は庶民感覚でOKです。

これって、消費税を上げる為に、国民を騙したってことになるんじゃないの?
官僚が自分の組織保身の為にやっている様に見える。
日本人として恥ずかしい。

Q定期券(私鉄→JR→私鉄)

定期券購入に際して、私鉄→JR→私鉄という乗り継ぎがあります。
この3社で、1枚の定期券になりますか?
また、どこの会社で購入してもいいのでしょうか?
ちなみに、一つの私鉄の定期券申し込みには、乗り継ぎは1回分しか書いてなくて…。

Aベストアンサー

 私は以前、京王-JR-京急 のルートで通勤してましたが、定期券は1枚でした。みどりの窓口で買ってました。
 ルートの真ん中に入っている鉄道会社、またはJRなら、発券できる可能性がやや高いとのことなので(亭主談)、一度みどりの窓口で聞いてみる価値はあると思います。

Q消費税8%で、ついに日本の自動車産業は終わりを告げ

消費税8%で、ついに日本の自動車産業は終わりを告げますが、自動車産業の次に来る産業って何ですか?

何が悲しくて糞高い維持費が掛かる車を8%も消費税を払ってまで買う必要があるのでしょう?

Aベストアンサー

消費税が導入される迄は、自動車には「物品税が課税されてた」ことを知らないのですか?

消費税導入前迄の物品税率
普通乗用車 税率23%
小型乗用車 税率18.5%
軽乗用車  税率15.5%


この、自動車に課税されてた物品税の税率に比べたら消費税が5%から8%とか10%に上がっても以前よりは負担が軽いと思いますけどね?

QJRと私鉄が「俊足バトル」 どちらが勝ち?

JRが渋谷、新宿と横浜方面を直通で結ぶ「湘南新宿ライン」を走らせ、JRと私鉄が「俊足バトル」 をするそうですね。どちらが勝ちでしょうか?

Aベストアンサー

 朝日さんの記事でも出ていましたね。
 今はまだ第一ラウンドですので何とも言えません。

 将来的には
*JR線
 池袋駅改良工事により、埼京線と東北・高崎線の乗り入れ・乗り換えが円滑に。お台場方面りんかい線乗り入れ列車(埼京線~大崎~東京テレポート~新木場)と神奈川~埼玉方面の列車を運行することで乗客増を望める。
*東急線
 地下鉄13号線(池袋~渋谷)建設完了後、東横線は有楽町線と相互乗り入れ予定(渋谷駅は地下化)。また横浜~元町間を横浜高速線に乗り入れ(横浜~桜木町は廃止)。東上線方面~池袋~新宿3丁目~渋谷~横浜~みなとみらい地区~元町で運行。山手線の混雑緩和に寄与。また目黒線(日吉~武蔵小杉~大岡山~目黒~営団南北線・都営三田線方面)では連続立体化工事完成後急行運転を実施し、スピードアップ化を図る。
*小田急線
 代々木上原~向ヶ丘遊園間の複々線工事が完成後、優等列車が大幅にスピードアップ
 などですかね。

 これらが全て完成するのが大体6~7年後(現時点でほとんど着工済み)ですから、本当の競争はそれからな訳です。お台場・みなとみらいなどへのアクセス向上もあり、どちらが勝ちというよりは相乗効果でトータルの乗降客数が伸びることになると思いますよ。小田急は少し苦しいかもしれませんが。

参考URL:http://www.asahi.com/national/update/1202/006.html

 朝日さんの記事でも出ていましたね。
 今はまだ第一ラウンドですので何とも言えません。

 将来的には
*JR線
 池袋駅改良工事により、埼京線と東北・高崎線の乗り入れ・乗り換えが円滑に。お台場方面りんかい線乗り入れ列車(埼京線~大崎~東京テレポート~新木場)と神奈川~埼玉方面の列車を運行することで乗客増を望める。
*東急線
 地下鉄13号線(池袋~渋谷)建設完了後、東横線は有楽町線と相互乗り入れ予定(渋谷駅は地下化)。また横浜~元町間を横浜高速線に乗り入れ(横浜~桜木町は廃止)。東...続きを読む

Q【消費税増税の話】「8%の消費税増税は財務省に丸め込まれた民進党の性だ。民進党が財務省の言いように丸

【消費税増税の話】「8%の消費税増税は財務省に丸め込まれた民進党の性だ。民進党が財務省の言いように丸め込まれて8%に増税させた悪人で自民党は8%で止めた英雄だ」って本当ですか?


私が知ってるのは消費税8%に増税したのは確か自民党だった気がするんですが。

何でも民進党の性にすれば良いって思ってませんか?

Aベストアンサー

消費税増税解散したのが民主党時代の話で、施工時期が退陣後なので自民党政権時代に移動しました。

民主党とは今の民進党の前の党です。

Q関東の私鉄と関西の私鉄

関西の私鉄はJRとの競合路線が多いですよね。
例えば大阪~神戸間はJR・阪急・阪神が競合しており、
京都~大阪間は、阪急・京阪・JR、大阪~和歌山間はJRと南海が、大阪~奈良間はJRと近鉄が、大阪~宝塚間はJRと阪急が競合しています。
しかしながら関東の私鉄はこういった競合がほとんどありませんよね。
関東でJRと私鉄が競合している区間といえば品川~横浜くらいで(JRと京急)他は競合らしい競合がありません。(一応、JRと私鉄が並行している区間はいくつかありますが競合とまではいえません)
私は関西に住んでいて関西のような競合が関東でも起こっていると思っていたので初めて関東の路線図を見て驚きました。
どちらかといえば関東の私鉄は競合というよりもJRを補充するような形になっていますよね。

なぜ関東の私鉄はJRとの競合区間が少ないのでしょうか?
また逆になぜ関西の私鉄はJRとの競合区間が多いのでしょうか?

理由をご存知の方は教えてください。

また「私はこう思う」という推測でも全くかまいませんので皆様のご意見をお聞かせください。

関西の私鉄はJRとの競合路線が多いですよね。
例えば大阪~神戸間はJR・阪急・阪神が競合しており、
京都~大阪間は、阪急・京阪・JR、大阪~和歌山間はJRと南海が、大阪~奈良間はJRと近鉄が、大阪~宝塚間はJRと阪急が競合しています。
しかしながら関東の私鉄はこういった競合がほとんどありませんよね。
関東でJRと私鉄が競合している区間といえば品川~横浜くらいで(JRと京急)他は競合らしい競合がありません。(一応、JRと私鉄が並行している区間はいくつかありますが競合とまでは...続きを読む

Aベストアンサー

原武史著『「民都」大阪対「帝都」東京 思想としての関西私鉄』講談社選書メチエ って本が、まさに、そのテーマで鉄道草創期から歴史的な考察をしています。図書館などでさがされてみてはいかがでしょうか。

東京は江戸時代からお上に従うという風土で、官営・国鉄主体の鉄道網が発達。関西はおっしゃるように官鉄と民鉄の競合、それに関一市長に代表される大阪モンロー主義が現在の関西の鉄道網の発達につながるといえるようです(ざっくりした話しですが)。

Q消費税は8%でおさまらないのですか?

消費税は8%でおさまらないのですか?
もう消費税10%は決定しているのですか?

Aベストアンサー

多くの人が間違っていますが、10%は決定ではありません。付帯条項というのがあるのです。8%のときも昨年10月に安倍さんが、それまで保留していた判断を解除し、初めて決定したのです。
ーーー
第十八条 消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において名目の経済成長率で三パーセント程度かつ実質の経済成長率で二パーセント程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。
ーーー

よって、経済状況を好転させることがなさそうなら、もちろん消費税10%はやるべきではありません。
個人的には8%で経済状況が悪くなったら、5%に戻して欲しいと思います。

QJR天王寺~京都間の運賃について

天王寺~京都間:890円
大阪~京都間:540円
大阪~天王寺間:190円

この運賃では天王寺~京都まで一枚のキップで買うと損ですよね?天王寺~大阪までキップを買い、大阪駅で再度京都までのキップを買ったほうが得ですよね?

どうしてこんな矛盾した事になっているのでしょうか?
環状線の運賃が特例らしいですが、それにしても納得できません…。

Aベストアンサー

この運賃格差については鉄道営業キロ(乗降駅間の距離)が関係しています。

まず、距離を計算します。
天王寺~京都 53.5Km
天王寺~大阪 10.7Km(鉄道営業規定により距離の短い内回りの距離)
大阪~京都  42.8Km

この距離から運賃を計算すると(0.1Km単位は切り上げ)
天王寺~京都  51~60Km 890円
天王寺~大阪  11~15Km 190円
大阪~京都   41~45Km 540円
となります。ですから、このような運賃格差が発生するのです。

また、駅間が3.0Kmの場合は120円、3.1Kmの場合は160円という運賃計算になります。駅間が100m違うだけで40円も違うという最悪なこともあります。

この運賃格差については他線区でもあり、一部では問題になっています。
確かにこのような運賃格差は改善していただきたい物です。

あと、なぜ特定運賃が存在するのかはわかりません。

Q消費税8%で日本の税収は減りますが! 財政再建は?

消費税8%で日本の税収は減りますが! 財政再建はどうなるのですか?

消費導入したら、税収減ったよね~~!

上げる程税収が減る、消費税!

Aベストアンサー

実に面白いグラフですね。まあ税収全体の減少傾向は日本経済の縮小傾向が主な原因であって、消費税のせいではないと思いますが、実に見事にリンクしている。それでも消費税収入だけが何とか上向き傾向なのは、それだけ内需が増えているのでしょうが、それでも税収全体はどんどん減っている。つまり景気が悪くなって、消費税以外の法人税や事業税や所得税が減っているのです。つまり税収増には消費税はまったく役に立っていないと言うことです。いくら取っても減っていく。財務省の役人は昔から頭が悪く、木(消費税)を見て山(日本経済全体)を見ていないのです。金が足りなくなったら税金取ればいいと思っている。こういう税金バカに任せておくから、借金だけがどんどん積み上がるのです。財政再建なんてはなから考えていません。税金取って使うことだけが生き甲斐の動物なのです。あいつらは。

Q1974年(昭和49年)10月の運賃改定前の初のり運賃について

 1974年(昭和49年)10月に運賃改定をしましたが、その前の運賃を知りたいのですが?
 初乗りが、いくらで、何キロまで、乗れるか、また、何キロごとに、幾らずつ上がっていたのか、を知りたいのですが?
 どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

時刻表を見た限りでは「6歳から12歳(小学生)までの方はこどもとして運賃・急行料金・特急料金・グリーン料金はおとなの半額をいただきます」としか書いてなく、端数切り上げ・切り下げについての記載はありませんので15円だったのではないでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報