セックスに翻弄される女性、男性の生きていく姿を描いた映画3選

現在、私が第一生命に入っていますが、この度結婚を機に旦那と一緒の保険にしようと見直しをしようと思います。ちなみに旦那は実家の方でアメリカンファミリーに入っています。

そこで私の入っている第一生命に旦那を誘うか、新しく保険会社を変えるか悩んだ結果、口コミで評判の良いソニー生命にしようかとソニー生命の方にお話を聞いたのですが、第一生命に比べてシンプルでとても分かりやすく感じました。わけもわからずいろんなものを付けた第一生命とシンプルで分かりやすいソニー生命で悩んでいます。聞く限りシンプルと言うこともあり、ソニー生命のほうがすごくよく聞こえたのですが、やはりどこかに落とし穴があるのではとは不安に思ってます。

ソニー生命のデメリットってあるのでしょうか??ご存知の方いらっしゃいますか??保険の内容が分かったほうがよろしければ補足しますので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

ソニーって何がいいか私にはわかりません。


貯蓄商品がいいってうたってありますけど、そんなに貯蓄商品ばっかり売ってたら将来危ないと思いますが。

けど保険って自分がいいと思えばそれが今のあなたにBESTな物なんだと思いますよ。
それを選んだのは自分なので、たとえ「こんなはずじゃなかった」と思っても、それは自分の問題です。
保険の目的は、「こんなはずじゃなかった」が起こらないように保障することなんですよね。
生命保険とは、補償ではなくて保障です。
補償するなら必要最低限あればいいですよね?
だけど、保障するなら大げさなくらいが丁度いいと思います。
守るという意味も含む保障は、あなたが誰かを思う気持ちで決まります。
大切な人に苦労をさせたくない。
大切な人の命を守りたい。
大切な人と供に生きて行きたい。
その思いが形になった物が生命保険ではないでしょうか。
    • good
    • 16

保険各社強みが違います。


ソニー生命は私も入っていますが特に落とし穴はないと思います。
日本の大手保険会社で良い商品はあまり聞きません。
いらんものを沢山つけているからです。
保険会社の営業さんに聞いても自社保険商品のことしか分からないから
FPさんに聞くのが一番良いでしょう。

参考URL:http://cmmonline.org/
    • good
    • 9

ソニー生命でもめました。


結果保険料は支払われませんでした。さらに解約を条件に出されました。

内容は告知書の書き方でした。
担当者の言うとおりに記載したのに、請求を出したあとに「その書き方では支払いできない」といわれ、不払いです。(ちなみにこのミスは担当が認めています)

で、今回払えないが継続していただくか、解約していただくことになるといわれました。

家族の別の生命保険会社(旧来からある大手)では同様の事象では会社のミスで起こった場合には支払い対象になっていました。

はずれ担当者にあたってしまったらソニーの場合は"会社としてのフォローはなし"です。
そういう意味では最大のデメリットかもしれないです。
    • good
    • 17

「顧客に合わせて保険を設計する」という観点からはソニー生命のほうが満足度は高く、将来的にも困らない保険に仕上がる可能性は高いと思います。



ソニーの方が取り扱っている保険のラインナップがまともですから。
でも、そういうことをいうなら、ソニー生命だけではなく、大手生保以外の、外資系、損保系、カタカナ系生保はラインナップがまともです。
ソニー生命が特別よいわけではないです。

また、どんな保険を取り扱っていようとも、保険は様々に設計できるため、その担当者が保険にどこまで深い造詣を持っているか、どこまで親身に相談に乗ってくれるかで、大きな違いが出ます。
同じ保険会社で加入しても、担当者によって、満足度に大きな違いが出ますし、契約後のフォローも大きく異なります。
保険の場合、信頼の置ける担当者かどうかというところが最大のポイントです。

担当者の平均的なレベルとしては、いまだに義理・人情・プレゼントで営業をしている大手国内生保、第一生命のセールスレディよりは、営業スキル・専門知識を武器に信頼されようとがんばっているソニー生命のほうが、レベルの高い担当者である可能性は高いです。

ただし、あくまで可能性です。
以前よりも担当者の営業スキル・専門知識のレベルが下がってきているともいわれています。ソニー生命。

ただ、やはり担当者次第ではありますが、ソニー生命、あるいは他のところを含め、一つの保険しか取り扱えない保険会社よりも、複数の保険を取り扱える代理店の方がよいと思います。
代理店には通販、来店、訪問型、様々ありますが、通販は論外ですが、来店型も担当者のレベルはごく一部の幹部クラスを除いて、総じて低いので、訪問型をお勧めします。
    • good
    • 8

ご結婚おめでとう御座います。


まず確実に言える事は、慌てて解約をしてはいけません。
解約をする前に、気を付けなければいけない事があり、今まで払い続けてきた保険の内容をよく知って下さい。
保障の事だけではなく、保険の形を変えるとどうなるのかや、掛け捨てじゃない部分の終身保険の利回り計算をやってみて下さい。
年齢が若い時に入った保険は、新たに入り直すよりお得な部分がある場合があります。
次に、給付もれはないですか?
本来なら貰えたはずの保険金はないですか?
次が一番重要ですが、
保険を乗り換える場合、絶対にしてはいけない事があります。
仮に新しい保険会社に入ろうと決めたとしても、新しい保険会社の責任開始日(がん保険の場合は、保険料領収日と契約書提出日と告知書提出日からまる3ヶ月間)までは、今の保険を解約してはいけません。

いよいよ本題に入りますが、保険会社には得意不得意があります。
よくこのサイト内の質問コーナーを読んで頂けるとご理解頂けると思いますが、ブランドを揃えると妥協した商品になりますし、商品を個別に揃えると混乱しそうになりますよね。
そこで大切な選択があるのですが、代理店を選んで下さい。
各社の商品知識があり、お客さんのニーズに合った商品を保険会社を超えてアドバイスしてくれる力のある代理店を選ぶ事をお勧めします。
また、ご質問の仕方ですが。
具体的な年齢や収入、預貯金や動産等の資産状況、今後何に保険を活用しようと考えていらっしゃるのか、現在の健康状況や持病の有無などを具体的にお出し頂けるとビシッとどの保険会社のどの商品をお勧めするのがいいのか、アドバイスができると思います。
    • good
    • 4

まず、「どんな保障が必要か」ご自分なりに、研究し、考え、方針を立ててから、会社・保障プランをお選びになることをお勧めします。

セールスなどのアドバイスを受けて修正するならわかりますが、「どんな保険に入ればいいでしょう?」から保険会社にお任せするのはマズイです。それと担当者、代理店も大きな要素です。いくら、「評判」がよくても、あるいは大手でも、「ダメな担当者」に当たったら、貴方に相応しい商品プランは提示されないでしょう。「不義理」な感じはしますが、同一会社でも複数の担当者(部署)からプランを取るなどの慎重さもあってよいでしょう。ついでに「不払い」ですが、これもいろいろあるのです。「不告知教唆(健康状態等の告知を正確にさせないこと)しておきながら、それを理由に支払わないということを会社ぐるみでした」悪質なケースから「請求された契約だけ支払い、他の請求可能な契約・特約の案内を漏らしたことにより、未請求、未払いが多発してしまった」おバカなケースまで・・・、これらは会社の責任問題で、本来の「不払い」です。個別の案件で「約款上、給付対象にならない案件でのトラブル」ケースまで「不払い」と混同されていますが、これはどこの会社でも起き得ることですし、加入者に落ち度がある場合も少なくありませんので、口コミの「払ってくれなかった」という話だけでは保険会社を評価するのは考えものです。(どんな状況で払われなかったか分からないからです)。「保険金の支払対象とならないケース」については保険会社が契約時に説明することになっていますから、納得いくまで、説明させ、質問し、約款の抜粋くらいは事前に熟読されることをお勧めします。
    • good
    • 3

何回か大怪我をした事があって、保険会社ともめた事があります。


もめた会社は、日本生命と損保ジャパンです。
後日、両者とも不払いが問題になりましたよね。やっぱりなと思いました。
保険契約で大事なのは、保障内容と供に、「実際に払ってくれるか?」が非常に重要だと思います。
いくら保障内容が優れてても保険給付が渋かったら意味が無いですよね?会社の方針又は、担当者の意識で大きく変動するんですよ。

該出のランキングはその辺りも含めた物に違いありません。
ソニー生命は企業の規模が大きいので、いざと言う時の支払い能力が高い、つまりあまり渋らないであろうという事が評価に加味されているわけです。
    • good
    • 4

こんにちは。


保険商品のメリット・デメリットはどこでもあると思います。
ソニー生命をはじめとする外資系は国内生保に比べてシンプルでわかりやすい、且つ料金も手ごろである。
ですがその反面、国内生保の持つ保障の幅広さや、細かさが大半はないというのも事実です。
見直しする時のポイントとして、家庭環境や経済状況、健康状態があげられます。
ご結婚なさって、oxox_monkeyが専業主婦で、旦那さんの収入で十分生活できるのであれば、oxox_monkeyの保障額は少なくてすみますし、共働きになるのであればある程度の保障があったほうが安全かもしれません。
第一生命の保障内容をよく見直して、ご自身で一度加入内容をきちんと把握するべきではないかと思います。
そうすれば自然と何が必要で、何が不必要かが目に見えてくると思います。
保険はいざという時に必要なものなのでよく納得して加入しましょう。
    • good
    • 4

生命保険に加入する場合、まずどんなリスクを想定するかが加入のスタートです。


それをはっきり明確にイメージしていないと、どの保険会社に加入しようと同じ失敗をしてしまいますよ。昔の生保販売は生保営業職員のノルマや賃金に直結する商品の販売に注力されていて、契約者が本当に必要とする商品なのかどうかがあいまいにされてきた歴史がありました。
現在では、外資系生保や損保系生保の参入でニーズに合わせた商品が用意され、さらに想定リスクに応じた商品販売が行われています。
したがって、どういうリスクに対して準備しておくかをまず明確にしてから検討されることをお勧めします。ご質問の文面では結婚を機にとありますが、既加入の商品の良いところはそのまま続け、不要なものを省くということも検討してください。
生命保険は年齢で保険料が決定されます。安易に解約すると割高になるケースもよくあります。
現段階で何が必要かをはっきりとさせておくことからスタートしてみてください。
なお、この想定リスクは年とともに変化します。子供の誕生や就学、進学、住宅取得など節目節目に見直すタイミングもあります。
今回の加入でずーっと大丈夫ということはありません。無駄な保険に加入する必要はありませんから、必要な保障を得られるように担当の営業の方に相談してみてください。
ソニー生命か第一生命かということですが、保険会社の信頼度として大きな差があるとは、私は思いません。むしろ、きちんとこちらの不安を解消してくれる商品を的確に廉価で提案してくれるかどうかで判断したほうがいいと思います。20社以上ある会社の全商品を比較するなんて無理なんですから・・。
    • good
    • 0

週刊ダイヤモンド2/18号 生損保信頼度ランキングより


1位プルデンシャル
2位ソニー

10位アフラック
11位日本

19位第一
20位住友

23位明治安田
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学資保険、郵便局に加入後ソニー生命の方が有利と聞きました。乗り換えるべき?

昨年10月に、元本割れを承知で郵便局の学資保険に加入しました。
18歳満期、200万円、月払い、こどもは3歳です。
保険料を既に3ヶ月分(約3.5万円)納入済みですが、今頃になってソニー生命の方がずっと有利なことを知り、あせっています。

今すぐ郵便局を解約して、ソニー生命に乗り換えた方がいいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も同じ事を4年前にやりました。
全期前納(一括払い)でしたので郵便局に
結構な金額を落としてしまいましたが
それでもソニー生命の学資保険の方が
最終的に利率が良かったと記憶しています。
月払いでまだ3回ならば傷も浅いと思いますよ。
郵便局で解約返戻金を計算してもらって
シミュレートされると良いと思います。

Q第一生命かソニー生命か。。

第一生命かソニー生命か。。
今、第一生命の堂堂人生に入っています。
10年更新型で来年から倍額の26000円の保険料になります。
保険の担当者は5年目ごろから新しい保険を毎年勧めてきましたが
頑なに断り、来年で満期になります。
そこで、保険を見直し、終身保険に切り替えたいと思っています。
ソニー生命の終身、医療保険が別々になっている保険に入ろうと
考えていますが(保険金額は今と同じですが、死亡保障がすごく
減ります)この考えはどうなんでしょうか?
同じ保険会社にしたくない理由は頻繁に来られるのがストレスだからです。
保険に対して、詳しくわかりませんのでアドバイスしていただければ
と思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様が、「バスとトラックとどちらが良いですか?」
という質問をされたら、「何のことを聞いているのだろう?」
と、思われるでしょう。

大勢の人を運ぶならバス。
たくさんの荷物を運ぶならトラック。
つまり、同じ「車」でも目的が違えば、選ぶものも違うのです。

自動車と徒歩とどちらが良いですか?
という質問も同じです。
同じ移動手段でも、条件によって、自動車が良いか、
徒歩が良いか、分かれます。

死亡保障を考えるならば、
まずは、もしも、明日死んだらいくら必要か、という計算をすることが重要です。
明日必要なお金なので、こつこつ貯めるわけには行きません。
でも、保険ならば、一気に用意できます。
明日、いくら必要か、という計算は、キャッシュフロー表という表を作成して
計算するのが基本です。
キャッシュフロー表は、
「キャッシュフロー表 家計」で検索すれば、ヒットします。
キャッシュフロー表が出来上がれば、シミュレーションをします。
夫の収入を遺族年金にして、
死亡退職金、葬儀代などを計算に入れます。
住宅ローンがあれば、ゼロに。
生活費から夫の分を引きます。
このとき、マイナスがでれば、それが必要保障額です。
必要保障額を確保する方法の一つが、生命保険です。
生命保険以外にも、親の援助を得るなどの方法があります。

このような表は、ソニー生命の担当者ならば、作成できるはずです。
相談してみてください。
保障金額をいくらにするかは、このような計算で決めるので、
その金額によって、終身のみでOKなのか、
定期と終身を組み合わせるのか、などなど、色々なシミュレーションが
出てきます。

若い人が亡くなる確率は非常に低いです。
ですから、保険よりも貯蓄……ということも考えたくなりますが、
1000万円、2000万円というお金がすぐに貯まるわけでは
ありません。

急ぐときには、徒歩(貯蓄)ではなく、自動車(保険)を使うべきなのです。
しかし、どこへ行くにも自動車というのは、効率が悪いです。
ちゃんと歩くことも必要なのです。
重要な事は、その組み合わせです。
ちなみに、平成21年に保険会社が支払った
保険金・給付金・年金の合計額は、25兆4千億円です。

ご参考になれば、幸いです。

質問者様が、「バスとトラックとどちらが良いですか?」
という質問をされたら、「何のことを聞いているのだろう?」
と、思われるでしょう。

大勢の人を運ぶならバス。
たくさんの荷物を運ぶならトラック。
つまり、同じ「車」でも目的が違えば、選ぶものも違うのです。

自動車と徒歩とどちらが良いですか?
という質問も同じです。
同じ移動手段でも、条件によって、自動車が良いか、
徒歩が良いか、分かれます。

死亡保障を考えるならば、
まずは、もしも、明日死んだらいくら必要か、という計算をすること...続きを読む

Qソニー生命の学資保険について

子どもの学資保険を検討していますが、貯蓄性が高く、要らない保障を省いたソニー生命の学資保険を考えています。

この保険のメリット・デメリットについて、御指南いただきたくお願いします。

また、返戻率が大変高いものとなっていますが、どうなんでしょうか?
(生命保険は日本生命に入っており同社の学資も勧められていますが、曰く「ここまで高いのはどうですかね?(本当なんですかね?の義)」と言います。
加えて「外資系もあまり信用ならないし…」とも(-_-;)

何でも結構なんで、アドバイス願いますm(_ _)m

Aベストアンサー

まずソニー生命は外資系ではありません。

ソニー生命の学資保険の特徴は子供に対する保障が全く無いこと。子供が死亡した場合は払込保険料+配当金が戻るだけで、入院の保障もありません。すなわち保障が少ない分貯蓄性が高くなります。

それではソニーの学資保険は全くの貯蓄商品か、というとそうではありません。契約者(=保険料負担者)が死亡した場合、以後保険料(掛金)の支払は免除になります。極端な例を挙げると、契約者が父親で、加入後1ヶ月で死亡した場合、1ヶ月分の掛金しか支払っていないにも関わらず、満期に満額の満期保険金が支払われます。

以上です。

Q第一生命 堂堂人生 見直し ソニー

まったく知識がなくアドバイスお願いしたいです。
現在第一生命 堂堂人生「保険工房」に入ってます。
主契約保険料、特約保険料あわせて 計11666円払っています。
5年ごと利差配当付き特約とはなんでしょうか?
また少しでも保険料を抑えたいと思ってます。
10年満期で、変更手続きが送られてきたのですが、
どうしたらいいのかアドバイスほしいです。
他の会社にするか、第一生命でかえるか。
死亡保障、損害特約、総合医療特約、通院特約、生活習慣病特約、
介護特約、特定難病特約、特定損傷特約、入院保険料相当額給付特約
などと書いてますが、必要ですか?
どれが必要で必要でないかとかもよく分かりません。
普通は皆さん、どのような保険に入ってるのでしょうか?
掛け捨てだと安くすむと聞いたのですが、これは掛け捨てでは
ないですよね。掛け捨てにした方がいいですか?
なんだかだらだらとすみません。アドバイスよろしくお願いします。

ソニー保険の学資保険も検討中です。この保険はどうですか?
他に子供の保険でお勧めありますか?

Aベストアンサー

学資保険については、NO.1の方が回答している通り、ソニーのものが一番わりが良いと私も聞きました。ついでにですが、郵○局のものが一番お手軽で、みなさん手を出しがちですが、元本割れします。注意!

>死亡保障、損害特約、総合医療特約、通院特約、生活習慣病特約、
介護特約、特定難病特約、特定損傷特約、入院保険料相当額給付特約
などと書いてますが、必要ですか?
⇒必要か、必要でないかは、個人の考え方、ライフスタイルによるので何とも言えません。
解説としては、死亡保障は死んだときにお金が支払われますよ。ということ。
損害特約は、何か壊したときにこの保険が使えるということかな?(←自信がありません)
総合医療特約は、入院日額○○円でます。ということが書いてありませんか?
通院特約は、入院後も通院で通わなくてはいけない場合、1日○○円出ます。と言うことですね。
生活習慣病特約は、生活習慣病と診断されて入院した場合は、総合医療特約の入院日額とは別に、日額○○円支払われる。と言うことです。
介護特約は、介護が必要になったときに保険が受け取れます。ということです。(年金タイプか一時金タイプかは証券に書いてあると思います)
特定難病特約は、国で指定されているものか、保険会社で指定しているものかはわかりませんが、難病と認定されたら、保険が支払われるということです。
特定損傷特約は、第一生命の保険を全然知らないので、あっているかはわかりませんが、指定されている箇所を損傷した場合に保険が支払われる。ということで、指定箇所は約款に書いてあると思います。
入院保険料相当額給付特約は、これもあっているかわかりませんが、入院にかかった費用を負担してくれるということではないでしょうか。

アドバイスを一つ。生活習慣病特約や特定難病特約は、その類の病気にかからないと支払われないのです。ですので、生活習慣病や難病の家族暦がある(親族に患った人がいる)場合は必要かもしれませんが、保険料を抑えたいならば必要とは思えないです。

>5年ごと利差配当付き特約とはなんでしょうか?
⇒5年ごとに契約者配当金が支払われるということです。
責任準備金の運用益が会社の予定運用益を超えた場合、その分を契約者に配当するということです。
>10年満期で、変更手続きが送られてきたのですが、
どうしたらいいのかアドバイスほしいです。
⇒更新するかどうかは、あなた次第です。確実にいえることは、保険料が上がることと、10年後にまた更新があり、また保険料が上がるということです。そのまま、10年ごとに保険料が上がっていき、50代になると20代の倍近い金額になる(それ以上になる)ことがほとんどです。
>掛け捨てだと安くすむと聞いたのですが、これは掛け捨てでは
ないですよね。掛け捨てにした方がいいですか?
⇒これが掛け捨てかそうでないかは、これだけの情報だと判断しかねます。
保障は終身ですか?何歳払込済みですか?解約返戻金の記載はありますか?あれば、掛け捨てではないです。きちんと確認したほうがいいですよ。掛け捨ては、確かに安いです。
でも例えば、保障内容がまったく同じだったとして、月々3000円を30歳から60歳まで払った場合、トータルの支払い1,080,000円。掛け捨ては何も残りません。
逆に、月々5000円を同じく30歳から60歳まで支払った場合、トータル1,800,000円。解約返戻金100万ある。
どちらが得だと思いますか?
今、安ければ得というものではありませんし、逆に月々5000円払う余裕はないけど、3000円なら支払えるならば、トータル金額が高くなろうとも、掛け捨ての月3000円を選ぶのがベストです。

自分で理解できていない特約は外したほうがよいです。なぜなら、理解できていないということは、保険金が支払われる自由に本来該当していたのに、自分が理解できていなくて支払いに該当することがわからなくて保険金請求をしないで過ぎてしまった。ということになりかねませんから。これでは、保険の意味がありません。保険会社、丸もうけです。

学資保険については、NO.1の方が回答している通り、ソニーのものが一番わりが良いと私も聞きました。ついでにですが、郵○局のものが一番お手軽で、みなさん手を出しがちですが、元本割れします。注意!

>死亡保障、損害特約、総合医療特約、通院特約、生活習慣病特約、
介護特約、特定難病特約、特定損傷特約、入院保険料相当額給付特約
などと書いてますが、必要ですか?
⇒必要か、必要でないかは、個人の考え方、ライフスタイルによるので何とも言えません。
解説としては、死亡保障は死んだときにお金...続きを読む

Qソニー生命学資保険 I 型・II 型について

生まれたばかりの子供0歳の学資保険加入を考えております。
学費は学資保険で1/3程度用意し、残りは貯蓄などをしようと思っております。

学資保険は、ソニー生命で年払い6万5千円程度の予定で、契約者は夫25歳です。
ソニー生命のホームページで試算したところ、返戻率はI 型で111%、II 型で114.1%になりました。
いろいろなサイトで学資保険について調べておりましたら、現在は低金利の時代なので、ソニー生命ならI 型を契約し、12歳と15歳で受け取る進学学資金を据え置くとよいと載っていました。
もともと学資保険は夫に万が一のことがあった時にと思い念のため契約する予定のもので、18歳満期で考えており、I 型で契約したとしても、受取りは全額18歳満期時にと考えております。
もちろん学資保険なので、銀行やその他の資産運用に比べて貯蓄性があまりよいとは言えないことも存じております。
とはいえ契約するなら少しでもよいものに入りたいので、今後の景気の回復の度合いはどなたにも確実にわかるものではありませんが、あくまでも予想で考えていただき、I 型とII 型はどちらがオススメか現段階でのご意見を伺いたいです。

また学費の2/3は、銀行などの貯蓄で考えておりますが、どこかよい預け先があれば、アドバイスいただけたらと思います。

生まれたばかりの子供0歳の学資保険加入を考えております。
学費は学資保険で1/3程度用意し、残りは貯蓄などをしようと思っております。

学資保険は、ソニー生命で年払い6万5千円程度の予定で、契約者は夫25歳です。
ソニー生命のホームページで試算したところ、返戻率はI 型で111%、II 型で114.1%になりました。
いろいろなサイトで学資保険について調べておりましたら、現在は低金利の時代なので、ソニー生命ならI 型を契約し、12歳と15歳で受け取る進学学資金を据え置くとよいと載...続きを読む

Aベストアンサー

投資効果について質問されているのなら、同じ会社が運用しているのですからどちらが有利・不利ということはないでしょう。

それより、使い勝手で選んでみてはいかがでしょう。
中学校・高校で、私立に進学した、塾や予備校の夏期講習に通うことになった、ホームステイしたいと言い出したなど、いつどんなお金が必要になるか分かりません。
だとしたら18歳まで待たないと現金が受け取れないタイプよりも、12歳以降いつでもお金が用意できるほうがいいと思いますが、どうでしょう。

Qがん保険と大同.ソニー.第一生命の保険教えて下さい

よくばりな質問ですみません
1.主人46才.第一(わんつーらぶ)が2年後に更新(10年毎.65才払済):どうするか悩んでいます。(末子12才)
終身400万.年金払定期1200万.災害500万.障害100万(本人.子型).疾病障害500万.入院5千(5日目.80才まで.本人.子型).月8510円→2年後13,157円となる予定(他に減額定期あり)
2.スーパーがん保険II(家族型):これを強化するか、21世紀がん保険に変えるのが良いのか?
3.長男22才の医療保険:大同の終身払.初め2週間1万.以降90日まで5千円.高度先進医療500万.月3千円ちょっと分とエバー(180日.通院特約)のどちらか悩み中
4.ソニーのバリアブルライフ:投資の経験ないのですが終身で解約しなければOK?気を付ける点は?
わかりにくいとは思いますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.災害、障害、諸々の定期は必要ですか? それよりも医療保障を一生涯の保障商品に切り替える方が無難です。80歳まで延長するときに一時で大きな金額を支払うか、年払いでその年齢に応じた保険料になりますので、医療は考えましょう。

2.21世紀にするには解約+再契約ですので、現在の者を21世紀がんと同様な内容にする特約を付けるのが良いでしょう。

3.エバーの180日が良いでしょう。長い保障期間の方が、長期入院の時に役に立ちます。

4.解約を考えなければ、保障を買うのに最高の商品です。投資経験が無くても、保険金の増額をさほど期待しなくて良ければ、海外債券70%+国内債券30%位にしておけば安定成長します。

Qソニー生命の終身保険(学資保険)

ソニー生命の学資保険に入ろうと思っていたのですが終身保険(積立利率変動型)を勧められました。学校に入る為の準備金としてかんがえているのですが、どうなのでしょうか?また他社で良い保険があるでしょうか?

Aベストアンサー

保険の目的は、一番は保障です。

学資保険も返戻率だけに目が行きがちですが、
契約者に万が一のことがあったときに、その保険がどうなって、
お子さんの教育がどうなるのか?
そのあたりも考えて加入するとよいと思います。

学資保険の多くは、契約者が亡くなった場合
以後の保険料支払いが免除され満期金が満額受け取れます。

終身保険を学資代わりに遣った場合
契約者が亡くなると、死亡保険金が受け取れます。
そのお金を学費に当てることができます。
現在準備している生命保険を、その分だけ減額することができます。

保障と返戻金。
両方をライフプランと照らし合わせて検討されるとよいかと思います。

ちなみにソニー生命の利率変動終身保険は、15年ぐらいの短期払いだと元本割れします。
同じぐらいの保険料で、営業マンに支払われる手数料が全く違うので、
利率変動終身(こちらのほうが何倍も高い)を勧めているような気がします。

Qソニー生命の保険金の支払い法、毎月10万ずつOR3000万一度に、どちらが良いか

ソニー生命の保険金についてです。
再婚で夫の戸籍に養子縁組はしていない息子と夫との子供と暮らしています

夫に万が一のことがあった場合の保険金の受け取り方法に2チョイスあるそうです。

(1)3000万一度に受け取る方法。
(2)毎月10万円づつすっと受け取る方法。(生きている限りでしょうか?それもちょっとわかりません)

(2)の場合なのですが、夫に万一があった後、私も
3年後とかに死亡した場合は、3年分×10万で保険金の支払いは終了してしまうのでしょうか?

受け取り人の私が死亡した後、保険の権利は子供に相続されるのでしょうか。

もしされないのであれば、一括で受け取って子供に
確実に生活保障をしてあげたいのですが・・

どちらかを選択しなくてはいけないそうです。
仕組みが良くわかりませんが、あまりしつこく
聞くのも気が引けるし、でも私が死んだら、と思うと
子供が心配です。

どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

どちらも、「定期保険」といわれる掛け捨ての保険になります。
あらかじめ決められた期間の死亡保障をします。
(1)3000万一度に受け取る方法。
長方形を想像してください。横が年数、高さが金額(3000万円)です。
例えば30年間の期間とすると、今から30年以内にご主人に万一のとき、保険金(3000万円)が出ます。
(2)毎月10万円づつすっと受け取る方法。
だんだん、右の方へ行くと減っていく、直角三角形を想像してください。
例えば30年間の場合、今、ご主人に万一のとき、10万円×12ヶ月×30年=3600万円が総受取額となります。
20年後に万一の場合、10万円×12ヶ月×(30-20)年=1200万円が総受取額となります。
このタイプの保険で、終身受け取りはありません。

>受け取り人の私が死亡した後、保険の権利は子供に相続されるのでしょうか。
お子さんに権利の相続がされます。

期間にもよりますので、一概に言えませんが、
保険料を抑えて、確実な生活保障という意味合いで、(2)の保険(収入保障保険)が勧められることが多く、(1)の保険(平準定期保険)の方が保険料は高くなっています。
amieturnerさんが、何を一番に考えられるかにもよりますが、
ご主人に万一のとき、お子さんにまとまったお金を用意してあげたいなら(1)。残された、amieturnerさんと、お子さんと、ご主人のお子さんとの安定した生活を安い保険料で担保したいなら(2)というところでしょうか。

どちらも、「定期保険」といわれる掛け捨ての保険になります。
あらかじめ決められた期間の死亡保障をします。
(1)3000万一度に受け取る方法。
長方形を想像してください。横が年数、高さが金額(3000万円)です。
例えば30年間の期間とすると、今から30年以内にご主人に万一のとき、保険金(3000万円)が出ます。
(2)毎月10万円づつすっと受け取る方法。
だんだん、右の方へ行くと減っていく、直角三角形を想像してください。
例えば30年間の場合、今、ご主人に万一のとき、10万円×12ヶ...続きを読む

Q学資保険でソニー生命かあんしん生命かで悩んでいます。

現在、学資保険で非常に悩んでいます。基本的には大学入学前にまとまったお金ができればと思っております。皆さんにきいたところソニー生命かあんしん生命がお勧めみたいなのですが、貯蓄のみで考えたらどちらがお勧めなのですか?またあんしん生命の商品名は何になるのでしょうか?

長割終身活用学資プランというものがお勧めみたいなのですが、学資のプランになるのですよね?

また子供が18歳前後である程度まとまったお金を作る方法をご存知の方は教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

学資保険に契約する目的は……
(1)貯蓄目的。親の保障は無くても良い。
(2)貯蓄目的+親の保障(親に万一があったとき、育英年金などが出る)
(3)貯蓄目的+親の保障+子供の医療保障
この3つのバターンになると思います。

(1)で有名なのは、ソニーとアフラックです。
東京海上日動あんしん生命の「長割り」は、親が死亡したとき、死亡保険金が受け取れるので、(2)に属する保険です。
つまり、そもそも目的が異なるので、同列に論じるべきではないのです。

保険とは、結局はお金です。
つまり、全体のマネープランの中で考えなければなりません。

今、夫様(家計を支えている人)に万一があったとき、受け取る保険金には、学資が考慮されていますか?
そもそも、キャッシュフロー表を作成して、万一の時のシミュレーションをして、必要保障額を計算していますか?
キャッシュフロー表とは、次のような表です。
http://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/article/13230892.html
https://www.hotto.nomura.co.jp/ipg/ez/ezp2n_b1/jsp/invest/080704.jsp
http://www16.plala.or.jp/comet/cashfuro.htm#cashfurohyou2
http://www013.upp.so-net.ne.jp/Go-planning/lifeplan.htm

そのような検討をされていないのならば、学資保険を考える前に、まずは、明日万一があったときのことを考えて、マネープランを見直すことをお勧めします。

このような検討をして、余分な死亡保障が不要となれば、ソニーまたはアフラックで選べば良いと思います。
または、長割りを選択するならば、長割りの死亡保障分だけは、現在の死亡保障と重なるので、現在の死亡保障を減額することを検討してください。

検討の結果、死亡保障が不足しているとなれば、長割りが第一選択となるでしょう。
それでも、不足する場合には、定期保険など別の手段でカバーする必要があります。

いずれにしても、トータルのマネープラン(ライフプラン)を考え、キャッシュフロー表で検討して、先にニーズを決めるべき事柄です。
保険商品を見ていても、答えは出てきません。

ご参考になれば、幸いです。

学資保険に契約する目的は……
(1)貯蓄目的。親の保障は無くても良い。
(2)貯蓄目的+親の保障(親に万一があったとき、育英年金などが出る)
(3)貯蓄目的+親の保障+子供の医療保障
この3つのバターンになると思います。

(1)で有名なのは、ソニーとアフラックです。
東京海上日動あんしん生命の「長割り」は、親が死亡したとき、死亡保険金が受け取れるので、(2)に属する保険です。
つまり、そもそも目的が異なるので、同列に論じるべきではないのです。

保険とは、結局はお金です。
...続きを読む

Q現在、第一生命「堂々人生『保険工房』(5年ごと利差配当付更新型終身移行

現在、第一生命「堂々人生『保険工房』(5年ごと利差配当付更新型終身移行保険)」に入っております。
ご契約内容のお知らせによれば、2年後に「堂々ファンド(生存給付金)」が更新時に移行後の責任準備金として充当されるとのことですが、一部(半額程度)のみを責任準備金として、残額を受け取るとした場合、保障額がどれ位変わるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

まずは、下記の第一生命の堂堂人生のパンフレットをご覧下さい。
http://event.dai-ichi-life.co.jp/d_book/doudou_jinsei/index.html

6,7ページの「02、堂堂人生の基本的なしくみ」の図が
わかりやすいでしょう。
図の主契約の下の部分に「堂堂ファンド」があります。
その右を見ると……「終身保障」となっています。
つまり、堂堂ファンドとは、かつての定期特約付終身保険の
終身保険部分に相当するのです。
この部分が、この保険の要なのです。
この保険の評判が良くないのは、この堂堂ファンドの部分が
あまりにも小さい設計が多いからです。
そして、わかりにくいのですが、この部分は「保障」ではなく、
「貯蓄」機能なので、減らしても、現状の保障に影響はありません。
しかし、減らせば、将来、終身保険に移行する金額が減ることになり、
また、解約払戻金が減ることになります。
今は、影響が小さくても、将来では、大きな問題となるのです。

この保険を継続するつもりならば、堂堂ファンド部分を減らすことには
賛成できません。

まずは、下記の第一生命の堂堂人生のパンフレットをご覧下さい。
http://event.dai-ichi-life.co.jp/d_book/doudou_jinsei/index.html

6,7ページの「02、堂堂人生の基本的なしくみ」の図が
わかりやすいでしょう。
図の主契約の下の部分に「堂堂ファンド」があります。
その右を見ると……「終身保障」となっています。
つまり、堂堂ファンドとは、かつての定期特約付終身保険の
終身保険部分に相当するのです。
この部分が、この保険の要なのです。
この保険の評判が良くないのは、この堂堂ファンドの部分が
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報