私は思うのですが、あらゆるスポーツを公平に見て、「その選手に格闘技家に負けない闘争心がある」という前提が満たされるならば、技術だけ見れば「格闘技」の選手が必ずしも最強とは言えないと思うのです。
 例えば、キックボクサーは強いです。しかし、学校の校庭のようなだだっ広い場所で、ともに一流のキックボクサーとサッカー選手が闘ったらどちらが強いか…。
 キックボクサー側に、何がなんでも相手を倒さねばならない強い理由があったとすれば、相手の出方を待っているわけにはいきません。広い広い場所で追っ駆けっこをしながら蹴り合ったなら、サッカー選手の方が蹴り勝ってしまうかも。
 あるいは、相撲の力士3人とラグビーの選手3人がやはり広い場所で闘ったら。70キロのラガーマンでも、3人がスクラムを組めば210キロです。力士を分断して個別にタックルしていけば、全員吹っ飛ばしてKOできるのでは。
 また、河原のような石ころがゴロゴロした場所で、野球の選手と20mくらい離れた状態から闘えば、まず誰も勝てないでしょう。
 テニスの選手に小太刀を持たせ、やはりだだっ広い場所で剣道家と闘ったら、さてどうなる?
 こちらの方に相手を絶対に倒さねばならない理由があるとして、マラソンの選手と喧嘩をしたらどう闘えばよいのか? 追い駆けっこになれば、先にへばった方がやっぱり負けでしょうから…。
 ボクシングの世界チャンピオンだろうがレスリングの金メダリストだろうが、水の中に落ちてしまえば、シンクロナイズド・スイミングの選手に勝てるか?
 皆さんどう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

僕も昔、同じことを考えていました。


確かに中途半端に格闘技をかじった人間よりも、大リーガーやラガーマンなどの屈強な男のほうが強いと言えるかもしれませんね。
でも、それはあくまでも圧倒的な体力差や身体能力差あっての話ですよね・・・。

僕自身、実戦空手経験者ですが、人を倒す、降伏させる術を習ってきました。無駄なモーションなど無く、いかに人を倒すかという術です。
当然、相手の死角に入るための動き、相手の攻撃を封じる体さばき、相手の急所を攻撃するための知識などを学び、実施するわけです。
目も鍛えます。心も鍛えます。体ももちろん鍛えます。
経験からも、自分よりも体力の劣る人や体の小さな人でも、自分よりも圧倒的に強い人を知っています。
少し話がそれてきましたが、やはり「人を倒す術」を知っている人には基本的にはかなわないと思います。
格闘技でも極めた人はどんな状況下(ちょっと言いすぎかな!?)においても、対応できる技能を有していますよ。

でも、僕は清原には勝てません・・・(笑)
    • good
    • 0

#2の-mizuki-さんに賛成


他流試合をする場合、ルール設定で有利不利が変わります。まともな精神の持ち主ならば、自分の所属競技以外で勝負はしないでしょう。(お遊びならばやるかもしれませんが…)
現存するスポーツは絶妙なルールの上に成り立っています。
例えばリングの広さ、土俵の広さなど、違っていたらスポーツ史も違っていたでしょう。
「もしも話」は扱い要注意ですね。特に選手や協会等への侮辱にならないように気を付けねばなりませんね。見せ物扱いの発言は嫌だなあ。(もっとも「興行」という言葉には「演芸」という意味もありますけれど…)
でも、そういう「もしも話」から「新スポーツ」の誕生があるかもしれませんね。
K-1などは「もしも話」から生まれたと言えるのですから…。
「もしも話」をするなら、「誰もが感心する絶妙な競技・ルール」を提起して欲しいですね。
    • good
    • 0

私の考えは、やはり格闘家は最強です!



キックボクサーとサッカー選手が蹴り合いをするとします。
キックボクサーはすねを鍛えていますので、サッカー選手のすねを1回蹴ればサッカー選書のすねは割れ、勝負はつくでしょう。

また、空手家とボクサーの違いは、拳や手の甲、指を鍛えてあるところです。
殴り合いならばボクサーのテクニックは勝りますが、殴った瞬間にボクサーは拳を骨折します。
空手家の拳は、ご存じのように鍛えられ拳だこができるくらいに鍛えてあります。

柔道家は、投げ技有り、絞め技有り、喧嘩しなどしようものならば大変な目にあわされます。

結局は、相手をうち負かす専門家には勝てません。
    • good
    • 0

・・こんなに状況を限定することが許されるなら、スポーツ技能に限る意味が全然ないと思うんですが。



鳶職。海女さん。場合によっちゃドラマーでもいけるでしょ?

例えば20人のお相撲さんを、20人の小学生が全員で1人1人圧殺することができる状況を想定しても、強い弱いを論じる意味自体がないです。

例もちょっと・・小太刀を持っただけのテニス選手が、剣道家には勝てないですよ。剣道家の足はテニス選手よりも瞬発力または持久力がないと思いますか?それに、剣を剣で受けるのには修練が必要です。
    • good
    • 0

すごいおもいしろい話なんで、思わず仕事の手を止めて、あれこれ想像してしまいました。



私の意見で言うと・・・

キックボクサーの例ですと、、、サッカー選手でさえ蹴るには近づくわけですよね?そうなると蹴る瞬間には条件は同じで結局は格闘ですからキックボクサーが有利なのでは?これは相手がちょっとでもこちらを攻撃する意思があった場合で、まあサッカー選手が逃げに徹すればどうしようもないでしょうがね。

力士だとラガーメンが1人の力士をタックルで倒したはいいが、その後は?倒れたときに残りの力士に100キロ、いや200キロ二人から思いっきり体を踏みつけられたら?あと力士はラガーメンに倒されたぐらいでは気絶はないと思う・・・普段から200キロにぶちあたられてるし・・・体が違う。

野球選手のやつも、相手が顔などを腕でガードして石を気にせずに思いっきりつっこんできたら?結局は格闘になるのでは。

テニスは論外、剣道家に刀持たせたら勝てない。広いのは関係なし。剣道家は動かずにまってればいいのだから。

マラソンのやつだけはそのとおりだと思う。例を挙げれば、例えば刑事が走って逃げる犯人を追いかけるのと同じでしょう。そして犯人がマラソン選手だったら!?そら捕まえられない。

水中はむずかしいね。泳ぎのうまさと息のながさ、、これはシンクロ選手だろうけど、いったん絡み付けばレスリングの選手なら一気に落とせるかも
    • good
    • 0

あのー、「石ころがゴロゴロした場所で、野球の選手と20mくらい離れた状態から闘えば」という設定は


「銃を持った兵士相手に素手で戦いに行く」というようなもので、それではフェアではないような気が・・・
そもそも、スポーツというのは特定のルールの上で公平な条件
(そうでない場合は双方の合意の元で)で戦うもののはず。
そういったフェアな前提がない、このような仮定の条件では、
当然、銃を持った兵士や核の発射ボタンを持ってる人が最強なのではないですか?
    • good
    • 0

 おっしゃるような疑問を持つ方はいっぱいいると思います。

そこで出てきたのが、例の”清原選手格闘技デビュー待望論”です。大いなる実験、実現するといいですね。
 個人的には、トップアスリートはほとんどのスポーツに通じる、清原も格闘技でいけるだろうと思ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/30 21:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ラガーマン」って?

ラグビーをする人を「ラガーマン」と言う事がありますが
「ラガー」+「マン」では、意味が重複していると思います
なのに、なぜ?ラガーマンと言うのでしょうか?

Aベストアンサー

ラグビーの盛んなオーストラリア在住ですが、ruggermanという言葉は聞いたことがありませんので、和製英語だと思います。

ラグビーを示す「rugger」という言葉も、日常ではまず聞きません。ラグビーに夢中な「ラグビー馬鹿な男」を「rugger bugger」と呼ぶくらいです。

ラグビー選手を英語では「rugby player」と言いますが、オーストラリアとNZに限っては通常「footy player」が使われます。(イギリスではfooty playerはサッカー選手の意味です。)

Qボクサーやキックボクサーの癖?

ボクシングやk-1選手の試合をみてると、
パンチ打った後によくグローブで鼻の上を触ってる仕草をみかけるんですけど、あれってどういう意味でしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

以下のことが考えられます。
(1)ボクシンググラブは結構重く、無意識の内にガードが下がります。また自分のパンチが撃ちやすい位置に下がります。そのためガードを忘れないように鼻のあたりを掻くという仕草を意図的にしているのではないでしょうか。
   マイク・タイソンはガードを忘れないようにグラブを噛むようにしていたため、パンチンググラブの親指の所が噛み破られていたといいますから、その類のことではないかと思われます。
(2)本当にかゆくて掻いている。

Q筋トレ(筋肥大)

筋トレの方法について悩んでいます。
ダイエット+筋トレしたいのですが、
まず痩せてから筋トレを始めた方がいいのですか??

また筋トレの方法として
1.ストレッチ→ランニング→筋トレ
2.ストレッチ→筋トレ→ランニング
とどちらがいいですか??

またプロテインの摂取のタイミングを教えてください。

Aベストアンサー

筋肥大をしながらダイエットは100%無理です。

というわけで、
筋肥大→ダイエット
    or
ダイエット→筋肥大
のどちらかしか選択肢はありません。

筋肥大→ダイエット
を選ぶのであれば、筋肥大の段階では、筋トレと栄養補給(主に糖質・脂質・タンパク質など)で筋量増加と同時に多少太ることを覚悟でとにかくウェイトアップします。次に、ダイエットの段階では食事制限、遅筋トレ、有酸素運動をして、多少の筋量・筋力低下を覚悟でとにかく脂肪を落とします。
ダイエット→筋肥大の場合はこれの逆の順序です。

私なら筋肥大→ダイエットを選択しますが。

>またプロテインの摂取のタイミングを教えてください。

 初心者はプロテインなど摂取しなくていいです。
 まずは普通の食事での栄養補給を心掛けてください。
 まずいプロテインを摂取するせいで食欲が落ちてしまい、食事からの栄養補給をせず、結局失敗してしまった初心者さんもいるようですし。
 まあ、摂取するなら筋トレ直後でしょうね。

筋トレをするのであれば、まずは正しいフォームでやることです。重量や回数よりも、まずはフォームです。正しいフォームでターゲットの筋肉にしっかりと効かせることができなければ、遅筋トレだの速筋トレだの言っても仕方ないですからね。あと、正しいフォームはケガもしにくいですから。

まぁ、三日坊主にならないように頑張ってください。

筋肥大をしながらダイエットは100%無理です。

というわけで、
筋肥大→ダイエット
    or
ダイエット→筋肥大
のどちらかしか選択肢はありません。

筋肥大→ダイエット
を選ぶのであれば、筋肥大の段階では、筋トレと栄養補給(主に糖質・脂質・タンパク質など)で筋量増加と同時に多少太ることを覚悟でとにかくウェイトアップします。次に、ダイエットの段階では食事制限、遅筋トレ、有酸素運動をして、多少の筋量・筋力低下を覚悟でとにかく脂肪を落とします。
ダイエット→筋肥大の場合はこれの逆の順序です...続きを読む

Qキックボクサーのファイトマネー

ボクシングやK-1、PRIDEのファイトマネーなどはよく聞きますが、K-1などには出ないキックボクサーのファイトマネーはどれくらいなのでしょうか?
よくお金の代わりにチケットを渡されてそれを売らなければファイトマネーがもらえないなんて話を聞きますが、キックボクシングもそうなのでしょうか?
詳しい方がいたら詳細をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

えーと、知人にひとり居ます。
仰る様に最初はチケットがファイトマネー代わり(しかもさらに抜かれる)だそうです。
売り先を持たない選手は結構悲惨みたいですね。その上試合は数ヶ月に一度ですから、とても生活出来ないってのが実態です。

そこそこランクが上がるときちんとお金でファイトマネーがもらえますが、それでも日本チャンプ程度では生活出来ないそうなのできっと数十万ぽっちなのでしょう。

Q筋トレに詳しい方に質問です。

これからダイエットを始めるつもりです。
ダイエットは筋トレ(筋肉肥大の筋トレ)、有酸素運動、カロリーコントロール
が重要だと知りました。
質問なんですがカロリーコントロールしているのに
筋トレをしても筋肉は大きくならないと思うんですが、ダイエット中の筋トレは筋トレ肥大の
筋トレではなく持久力がつく自重トレが適切なんでしょうか?

Aベストアンサー

カロリーコントロールしながらの筋トレですと脂肪が燃焼され身体が引き締まってきます、筋肉自体は大きくなる程付きませんが筋肉に張りが出てきます。

脂肪と筋肉の関係を鑑みながら食事の量を調整しながらトレーニングなさると良いと考えます、ダイエットしてるからと言って極端に食事量を減らしたりせずに今までの食事量より少し減らしてトレーニングされると良いと考えます。

自重の筋トレは身体が引き締まる程度と考えると良いと思います、筋肉を大きく肥大させたいのであれば負荷を掛けたトレーニングが必要になってきます。

Qキスイヤに出たキックボクサーは誰?

以前キスイヤに出演された女子キックボクサーの名前は誰だかわかりますか?

Aベストアンサー

MTIA世界スーパーフライ級王者の勝山舞子さんだと思います。


http://jmg.blog.ocn.ne.jp/weblog/2005/07/

Q筋トレと入浴について

くだらない質問で申し訳ありません。
筋トレと筋トレ後の入浴について、筋トレの効果に関係があるか教えて下さい。
筋トレ後、お風呂にすぐに入ると筋トレの効果が減少してしまうとか、
逆に筋肉痛の予防に効果があって良いとか、
何らかの関係はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>筋トレと筋トレ後の入浴について、筋トレの効果に関係があるか教えて下さい。

ご参考に
http://www.kentai.co.jp/column/physiology/p020.html

>筋トレ後、お風呂にすぐに入ると筋トレの効果が減少してしまうとか、
逆に筋肉痛の予防に効果があって良いとか

ご参考に、、、
http://okwave.jp/qa2729865.html

koubou1994さん、追い込みがまだ足りないようですよ(笑)
がんばりましょう

Qキックボクサーの収入は????

先日知り合った人がキックボクサーでアマチュアでは何度かチャンピオンになった人らしいのですが、こういった方たちはどうやって収入を得ているのでしょうか?賞金ですか?だとしたらおいくらくらいなのですか?
仕事は掛け持ちもせず、ただ昼間から練習に明け暮れるのですか?

ちなみにレベルはアマで3ど日本チャンピオンになったそうです。

Aベストアンサー

テレビの放映権ってファイトマネーに関係してきますからね。
テレビで放送がない大会では、生活になるほどのお金はでないでしょうね。

まあテレビにもいろいろありまして、放送されててもたいした
放映料は出ない場合もありますので、
ほとんどの場合はかけもちということになるでしょうね。

Q筋トレ→有酸素運動の後で摂るプロテインについてと、プロテインのタイムリミットについて教えて下さい

筋トレと有酸素運動を両立する場合、筋トレを先に行なってから
次に有酸素運動をする方が良いと聞きますが
筋トレの後で有酸素運動を30分行なってからストレッチを20分くらいします。

質問なのですが、有酸素運動後のホエイプロテイン摂取は

筋トレ→有酸素運動→プロテイン→ストレッチ
筋トレ→有酸素運動→ストレッチ→プロテイン

この2通りでどちらの順番の方が良いのでしょうか?


あと、プロテインの摂取は
筋トレ後から1時間以上経ってから飲むのと、筋トレ後の30分以内に飲むのでは
どのていど筋肉への効力(影響)が下がるのですか?

Aベストアンサー

吸収の早いホエイを摂取するのであれば
もっとも体が吸収しやすいのが筋トレ後30分以内だといわれていますので筋トレ後摂取し有酸素がよろしいかと思います。
有酸素運動中のお腹の水分が気になるのでしたら筋トレの終了少し前に半分摂取でもよろしいかと思います。

筋トレ後から1時間以上と30分以内の効果の違いですが個人差があるので難しいですがやはり体が一番吸収しやすい状況で摂取したほうがいいのは間違いないはずです。
ベストは即効性のホエイと遅効性のガゼインの混合摂取です。

Qプロのキックボクサーになっていいこと悪いことは??

趣味でキックボクシングをしています。
出たことはありませんがアマチュアで試合ができるレベルです。
どうせならプロの資格をとろうか検討中です。

プロになりたい理由は自慢したいだけで、実際プロのリングには上がらないと思います。
健康上危険なものなので。
女の子にモテそうというのもあります。ww

プロになりたくない理由はもし、避けられない理由でケンカなどをしてしまった場合、プロはこぶしが凶器とみなされ裁判では不利とかいう話を聞いたからです。
実際ケンカとか大人になってしたことがないんですがもしものことを考えて自分の社会的な立場を脅かすのであればプロにならなくてこのまま趣味で続けようと思います。

実際、みなさんは上記のようなプロになりたくない理由でプロを目指すのは止めたほうが賢明だと思いますでしょうか??

Aベストアンサー

「刑事」とは簡単に言うと、国家が犯罪に対して刑罰を与えるものです。
ひらったく言うと警察が逮捕し、裁判にかけられ懲役や罰金にすることです。
この場合、罰金というのは国家に対し払うお金です。

それに対し「民事」というのは、個人同士の争いごとを解決する裁判等です。
つまり民事で払う「損害賠償」は被害者自身に払うお金ですが、「刑事」の罰金とは国に払うお金です。

裁判であれ裁判にまで至らない示談などの手続きであれ、民事については相手がそれを求めることにより話しは始まります。

「怪我させたんだから損害賠償払え」って要求して、話し合いにより示談になったり、合意が成立しない時には「民事裁判」になったりするのです。つまり相手(被害者)の請求や告訴により話しは始まります。

それに対し刑事の場合は少し違います。
これは要は、警察が動いてその結果に基づき検察が刑事事件として起訴するかどうかで決まります。

傷害事件では法律上は、被害者の訴えがなくても事件は成立しますが、実務上は実際には被害者の「被害届」や「告訴」が求められるのが通常です。被害者が何もアクションしないような傷害事件は実際上は事件になりづらいです。
(被害者が動けない殺人・重体や被害者が子供などは別です)

「刑事」とは簡単に言うと、国家が犯罪に対して刑罰を与えるものです。
ひらったく言うと警察が逮捕し、裁判にかけられ懲役や罰金にすることです。
この場合、罰金というのは国家に対し払うお金です。

それに対し「民事」というのは、個人同士の争いごとを解決する裁判等です。
つまり民事で払う「損害賠償」は被害者自身に払うお金ですが、「刑事」の罰金とは国に払うお金です。

裁判であれ裁判にまで至らない示談などの手続きであれ、民事については相手がそれを求めることにより話しは始まります。

...続きを読む


人気Q&Aランキング