募金したときに渡される色のついた羽根はどのように着色しているのでしょうか?染料に浸したりしたら羽根がぬれてくっついてしまい乾いてもあのようにふわふわにはならないような気がするのですが・・
ご存知の方がいたらお願いします。

A 回答 (2件)

 どんな染料を使っているのかは寡聞にして知りませんが、多分タンパク質を染める染料だと思うので、染色したあと水洗して余分な染料は落としてから乾かすのではないかと思います。


 下記URLにはドライヤーで乾かすと記述があります。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Mirai/5347/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。教えていただいたURLを見てみました。
手作りと聞いて驚いています。意外でした。
かなり手間がかかっていたんですね。

お礼日時:2002/02/07 21:20

実際に染色をしたことがないので、仮説ですが、染料に浸すときにある程度密度の高い状態にしておいて(ぎゅうぎゅうづめということです)お互いがこすれあわないようにすれば、風合いの変化は最小限ですむとおもいます。

乾かすときも、私たちがドライヤーで髪を乾かすようにするのではなく、フリーズドライや真空乾燥といった特殊な方法を用いることで、こすれあわないまま乾かすことが出来ます。(イメージ的には、インスタントの卵スープ<ふわふわのまま乾いていますよね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
個人的には染料に浸して引き上げる時、羽根についた染料のせいで羽根の形が変わるのが難しい所のような気がしていたので単純に液体につける事はしていないのではと思っていました。実際はどうなのでしょう。何かわかったらまたお願いします。

お礼日時:2002/01/31 19:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクリル絵の具で染色は出来ますか?

木綿100%の布を染めようと考えています。

アクリル絵の具を溶いて、色水を作りそこに布を浸しています。
(色水は濃いですが、仕上がりは淡い色になりそうです)

Tシャツなどにアクリル絵の具を使用してイラストを描いた
ことはありますが、染色は初めてです。
色は上手く定着してくれるのでしょうか?

洗剤で洗うと抜けてしまいますか?

教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アクリルは乾けば耐水性になりますので、一旦乾かせば、洗剤で洗っても抜けるということはないと思います。

ですが、アクリル絵の具は、染色には向かないと思いますよ。
たぶん、色物と白いモノを一緒に選択したときに間違って染まっちゃったって感じになると思います。
やったことないんで断言はできませんが・・・。

手芸屋さんに行って、染色用の染め粉が売ってあります(300~500円くらい)ので、それを使った方がいいです。
お湯でしっかりと染めるものと、水で染めるモノがあります。
二つの差は、発色ですね。
お湯で染めるモノの方が色がはっきりと出ます。
定着液も売ってありますよ。
でも酢を入れたお湯で洗って定着したりできた気もします・・・。
(あやふやですみません。)

海外のブランドのものもあります。それは液体のもので、鍋を沸騰させながら染めるやつで、かなりの発色です。

Tシャツを染めると言ったら、紅茶を煮出したお湯や、タマネギの皮を集めて煮出したもので、染めるのも、ナチュラルな感じがしていいですよ。
洗濯したときに染料で染めたものよりも色が出にくかった気がしますし。
お試しあれ。

アクリルは乾けば耐水性になりますので、一旦乾かせば、洗剤で洗っても抜けるということはないと思います。

ですが、アクリル絵の具は、染色には向かないと思いますよ。
たぶん、色物と白いモノを一緒に選択したときに間違って染まっちゃったって感じになると思います。
やったことないんで断言はできませんが・・・。

手芸屋さんに行って、染色用の染め粉が売ってあります(300~500円くらい)ので、それを使った方がいいです。
お湯でしっかりと染めるものと、水で染めるモノがあります。
二つの差は...続きを読む

Qアクリル絵の具。ポスターカラー。水彩絵の具の違いを教えてください。

アクリル絵の具。
ポスターカラー。
水彩絵。の具の違いを教えてください。
特性と、素材、使用した作品にどのような違いが出るのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
もうでてますが、透明水彩と、不透明がある。
ここでは、不透明→ポスカラとしときます。
透明水彩は、
その名のとうり色が透けます、色を徐々に重ねて絵に深みを出してゆくそうです。
白は使わないのが基本だそうです。
前後関係が表現できるようになると、雰囲気のあるいい絵ができます。
風景画に向いてるとおもいます。
不透明水彩は、樹脂と顔料の他に白(亜鉛白だったかな?)をベースとして加えてあります。こうすると色が透けず、発色がよくなって(むつかしい言い方をすると、光を跳ね返す)
色面のインパクトが強くなる。
加筆して(仕事を重ねて)仕上げていくやり方に向いていると思います。
量感を意識したモチーフが向いているでしょう。

全般的に、水彩はつや消しになるので、アクリルに比べると目につきにくい。
ですが、絵の評価は、作家の技量による所が多いと思うので、一概には言えませんが。
アクリルでも、淡い表現になってしまう人もいますし…。

興味がおありでしたら、美術技法の本を参照されると成分から、モノによっては、歴史まで書かれてあるものがあります。結構奥が(歴史が)深く作品分析にも欠かせないような知識も中にはあるとおもいます。

例えば…
アクリル→シケイロス(壁画)
ポロック、ケネス・ノーランド、マザーウェル、
んーと、ホックニー。

水彩絵の具→
ブレイク、ターナー、トマス・ガーティン(?)
クレー、
ホッパー、ワイエス、ベン・シャーン。

などなど
御存じの作家を思い浮かべるのも、一つの手かなと思いました。

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
も...続きを読む

Qお寺へお金を包む表書きを教えて下さい

法事などは、御布施と書いて半紙で中包みをして、奉書紙で上包みをしたいと考えています。御膳料や御塔婆供養料・御車代はその通り書いて良いものでしょうか?奉書紙は、水引見たいなものが無くて良いのでしょうか?書くのはやはり筆ですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で慶事方法の折り方をし、
水引をかけません。市販の既に印刷された封筒や、通常の白い封筒でも別に
構いません。我家では御盆の読経の御礼に御布施を出しますが、白い封筒に
御布施と書いて御渡ししています。法事では正式な方法で御渡ししますが、
それ以外の際は封筒に御金を入れて御布施と書いて渡しています。

御布施の他に御渡しする物は、御車で御越し頂いた時は「御車代」、卒塔婆
供養をされた時は「卒塔婆代」と書きます。
御寺により会食を参列者と一緒にする場合と、辞退する場合があります。
会食を一緒にされた時は、御布施、御車代と引き出物を御渡しします。
もし一緒の会食を辞退された時は、御布施、御車代、引き出物の他に、御前
料も御渡しします。ただ既に会食をされるものだと思い、用意がされていた
時は、御寺さんが食される予定だった料理は、持ち帰りが出来るように別の
容器に入れて御渡しします。

御布施等をお渡しする時には、それなりの作法と言うか決まりがあります。
御布施等は直接手渡してはいけません。
法事で使用される袱紗(ふくさ)盆の上に袱紗を敷き、その上に御布施等を
包んだ封筒(必ず御寺さんが文字が読める向き)を置き、御寺さんの前に出
します。御寺さんが頂戴されてから盆を下げます。
要は絶対に手渡ししては駄目だと言う事です。
「本日は有難うございました。これは御礼ですので、どうか御納め下さい」
と言って盆を前に出します。手を引っ込めて御寺さんが納められたら盆を下
げます。御布施等を御渡しするのは、必ず喪主が行います。
御寺さんが御帰りなられる時は、必ず御車まで同行し、最後まで御見送りを
します。
御寺さんが持ち帰られる御膳や引き出物は、御寺さんが持参せず、喪主の方
が御車まで御持ちし、御車に乗られた時点で手渡します。
御車が自宅から見えなくなるまで御見送りは続けます。

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で...続きを読む


人気Q&Aランキング