最新閲覧日:

こんにちわ。
放射線技師というのは、よく病院に行って怪我などをしたときにレントゲンをとってくれたりする人のことですよね。
では、放射線科医というのはいったいどのようなことをするのでしょうか??
放射線を使って治療をするのでしょうか?
気になっています。
どなたか教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

放射線とはご存知の通り取り扱いに関して非常に慎重な操作を要するものです。

ですから放射線を扱う職業は全て資格制度が作られています。

放射線技士というのは『診療放射線技師』という国家資格で、医療分野での専門職です。おっしゃるとおり医師のオーダーによってX線写真を実際に撮影したり、CT・RIも扱います。本来はMRIは被爆するわけではないのですが放射線技師がしていますね(なぜだろう?)そうした診断に使われる機械以外にも医療の世界では放射線を治療に使っていまして、ガンマ線治療や陽子線治療などありますね。これらの機械を患者さんに必要以上の危険をあたえず安全に操作する技術を持った職業でもあります。

一方、放射線科医というのは医師の専門領域の1つです。専門は放射線診断装置(X線単純からCT・RI・MRIなどなど)による画像の専門的な解析(読影といいます)および、放射線治療機器を用いた治療です。

ここまで読まれて、あれ?と思われるかもしれません。共通なんです。元々あまたある医療職というのは医師の多岐にわたる職分を分担して行うように作られたものです。(例外は看護婦くらいでしょうか、看護婦は医療補助の側面以外に看護という専門職の唯一の担い手です)臨床検査については臨床検査技師…なども同じです。
放射線科技師に出来なくて放射線科医に出来ることは、技師に出来なくて医師に出来ることと等価です。つまり『診断』『治療』行為です。放射線の照射線量の決定は治療行為の決定でありますから医師の仕事なんです。
放射線技師は医師の指示・監督下で放射線を扱う業務の補助を行うというのが正しい表現だと思います。

まわりくどいかき方をしましたが、いいたいことをまとめます。診断を行い、治療行為に責任を持つのは放射線科医(医師)ですが、実際に検査行為や治療行為を担当するのは両者であり、どちらがどちらだけというものではありません。白衣を着た放射線科医に実際に出会われるとしたら、検診などの画像検査の結果について説明を受ける時か、放射線治療の必要が起こった場合などでしょうね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しいご説明大変感謝致します!!
自分自身、放射線技師になるべく今年学校に入学するもので、いろいろと気になってしまいまして・・・
本当に参考になりました!!
ありがとうございます(^^!!

お礼日時:2002/01/31 18:53

放射線科医は医師国家試験をパスした上に、認定を受けて主に画像診断を専門とする先生(医師)です。


CTやMRIの画像はたいていの場合、放射線科で所見をつけて依頼科に返されるようになります。
あと血管造影(アンギオグラフィー)なども守備範囲に入るようです。
放射線治療も人体のどの部分に、どのくらいの放射線をどのくらいの期間であてるのか。
そういった計画は立てるらしいです。

対して放射線技師は、診療放射線技師国家試験をパスした人たちです。
「医師または歯科医師の指示のもとに、人体に対し放射線を照射することを業とするもの」です。
ただ単に機械を操作する人、しない人ではありませんので誤解がないようにお願いします。
あとちなみに診断をつける、という行為は医師であれば誰でも可能です。放射線技師が診断をつけるということは違法行為ですが。。。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございます!!
二つともなくてはならない仕事ですね。
とても参考になりました。

お礼日時:2002/01/31 18:58

放射線技師というのは、レントゲン等の機械を操作するだけの人。


放射線科医というのは、機械とかの操作はあまりせず、
レントゲンとかの結果を見て診断が出来る人、です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お早い回答ありがとうございます!!
確かに放射線技師は診断はできませんよね・・・
ありがとうございます!
参考になりました。

お礼日時:2002/01/31 19:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報