安彦良和氏がとても好きです!なのに
現在、どのようなことやっているのか全くわかりません。
家事・育児に追われている私に教えていただけませんでしょうか。

あと劇場版の「クラッシャージョウ」はビデオになっていないのでしょうか。
子供と一緒にレンタル屋さんで探しているのですが、
見つかりません。シリーズ化しているようなものはあるのですが
安彦氏のものではありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

クラッシャージョウ劇場版はビデオ化してますよ。


自分は5~6年前、中古で500円で買いました。

最近はアニメ関係には手を出さず、漫画でガンダムエース、メディアファクトリーから、韃靼(だったん)タイフーンという漫画を描いているようです。

数少ない、絵のスペシャリストですよね。
自分も大ファンです。
去年、安彦良和の全仕事という画集も発売されました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ビデオ化はされているのですね。
なかなかレンタル屋さんなどでは見つからないもので、
ちょっと諦めが入ってましたが、これでやる気が出ました。
もう少しがんばって探してみます。
500円なんてうらやまし~です。
ありがとうございました。

とても素敵な絵を描きますよね。
私は特に足のラインが好きなんです・・・うふふ♪

お礼日時:2002/02/01 22:12

 もうかなり以前にアニメの仕事からは手を引かれて、漫画・小説などの作家としての活動をしておられます。

最近では「ガンダムエース」(ガンダムの漫画・情報しか載っていないすごい雑誌(笑))で独自に1stを再構成して漫画化しておられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりアニメの方にはいないのですね。
ちょっと残念・・・。
「ガンダムエース」・・・う~ん、すごすぎる(笑)
でも探して読んでいそうな気がします。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/01 22:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安彦良和の影響を受けたアニメーター

安彦良和氏の影響を受けてアニメ界に入った人は数多くいると思います。
そこで、強く影響を受けているアニメーターと関わっている主な作品をを教えて下さい。

お礼のポイントは、私が強く心に打たれた順にポイントを付けさせて頂きます。

Aベストアンサー

こんばんは、
私の個人的な意見なのですが安彦良和先生の影響を感じるのは美樹本晴彦さんだと思います。

昔、美樹本さんの描く人物を見た時、ふと安彦先生が頭に浮かびました。顔の鼻、口、さらに露出した体のラインなど似てると思いました。
安彦先生の体のラインが筋肉質な色気、美樹本さんは柔らかい色っぽさを男の私は感じます。

美樹本さんの作品は『超時空要塞マクロス』『メガゾーン23』『トップをねらえ!』『機動戦士ガンダム0080』などがあります。

私が気に入っている作品は
『超時空要塞マクロス』『トップをねらえ!』
『機動戦士ガンダム0080』です。

そして私が安彦先生の影響を強く感じる作品は
『超時空要塞マクロス』です。劇場版の『~愛、覚えてますか』ならレンタルビデオ店で置いてあると思いますのでchar1977 さんも楽しめると思いますよ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005EDM2/qid=1075394436/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-4514617-6929924

こんばんは、
私の個人的な意見なのですが安彦良和先生の影響を感じるのは美樹本晴彦さんだと思います。

昔、美樹本さんの描く人物を見た時、ふと安彦先生が頭に浮かびました。顔の鼻、口、さらに露出した体のラインなど似てると思いました。
安彦先生の体のラインが筋肉質な色気、美樹本さんは柔らかい色っぽさを男の私は感じます。

美樹本さんの作品は『超時空要塞マクロス』『メガゾーン23』『トップをねらえ!』『機動戦士ガンダム0080』などがあります。

私が気に入っている作品は
『超時空要...続きを読む

Q世界名作劇場のようなアニメ作品が地上波で制作されなくなった理由はなんで

世界名作劇場のようなアニメ作品が地上波で制作されなくなった理由はなんですか?
またこの先、制作されるようになることはありますか?

Aベストアンサー

名作劇場のようなタイプのアニメがなくなった理由を簡単にいえば、少子化や不況、ゲームの普及などでスポンサーが集まらなくなったためです。

昔は夕方5:00台から夜7:00台までの時間に沢山のアニメがありました。子供も多かったため、それなりに視聴率が取れたのでしょう。
しかし、少子化やゲームなどの普及でその時間に子供アニメを見る絶対数が少なくなりました。
その視聴率の低下と不況でスポンサーが集まらなくなったのが大きな原因でしょう。アニメは結構お金のかかるものですから。
塾などに通う子どもが増えたのもその理由の1つかもしれません。

なので、多くのアニメはゲームやおもちゃなどと連携が取れるものか、購買力のある大人向けの深夜アニメになってしまいました。

そういうのを否定するわけじゃないですが、どうかな?とも思ってしまいます。

Qエヴァンゲリオン劇場版が再び公開されて話題になっていているようですが、エヴァンゲリオンの魅力って何なのでしょうか?

エヴァンゲリオン劇場版が再び公開されて話題になっていているようですが、エヴァンゲリオンの魅力って何なのでしょうか?
みなさんの主観でいいのでお聞かせください。

(私はファンというほどでははいですが、テレビ版は全て見ました)

Aベストアンサー

やはり、人間心理の描写がされており哲学っぽいのが大きいですかね。
シンジの心理描写と思春期の子供の心理描写を重ね合わせて共感する、という話も聞きますが私は、思春期の子供だけでなく人間そのものの心の弱さ、希望、救いを求める道なんかを感じますね。宗教とエヴァを重ねてみるととてもおもしろいです。もともと聖書がもとになっている部分が多いですが、キリスト教だけでなくあらゆる宗教についても同じような本質が見えると思います。
エヴァにすがるシンジ、宗教にすがる人間。
まぁ、宗教とエヴァを重ねてみるのはこじつけじゃないか、と言われてしまいそうですが私なりの楽しみ方ということで(笑)

新劇場版のヱヴァンゲリヲンはTV版との違いを探しに観てきました。声優さんの演技が結構変わってしまっていたりしたんですが、シンジ(緒方恵美さん)はなんだか熱演ぶりが増していて良かったと思います。
なんといっても映像技術がすごく良かったです。残り3部も観たいなぁと思いました!


結論。
TV版はテーマ・内容重視(心理描写とか。ストーリーは二の次)。
新劇場版はエンターテイメント性を重視(アニメとして楽しむだけ)。
漫画版はTV版のストーリーの補完程度。

やはり、人間心理の描写がされており哲学っぽいのが大きいですかね。
シンジの心理描写と思春期の子供の心理描写を重ね合わせて共感する、という話も聞きますが私は、思春期の子供だけでなく人間そのものの心の弱さ、希望、救いを求める道なんかを感じますね。宗教とエヴァを重ねてみるととてもおもしろいです。もともと聖書がもとになっている部分が多いですが、キリスト教だけでなくあらゆる宗教についても同じような本質が見えると思います。
エヴァにすがるシンジ、宗教にすがる人間。
まぁ、宗教とエヴァ...続きを読む

Q富野由悠季氏と菅野よう子氏が関わった作品

富野由悠季氏と菅野よう子氏がふたりとも関わっていた作品を教えてください。

Aベストアンサー

・ブレンパワード
・『∀ガンダム』(ターンエーガンダム)

・リング・オブ・ガンダム

Q古い作品ですが安彦さんが監督した「アリオン」って

古い作品ですが安彦さんが監督した「アリオン」って
公開当時もその後もあまり評価されていないような、
人気がないような気がするのですが、どうなんでしょう?
私の周りの友人知人でも評価どころか観たこともないという
人が結構います。みんなそれなりにアニメは観ている連中なのに。

私はこの作品すごく好きだし、クオリティも高いと思っています。
音楽も含めスタッフ、キャストも一流どころばかりだし。

人気がない、評価が低いと思っているのは単に私の
思い込みなんでしょうか?

アリオンをご存じの方どう思われますか?

Aベストアンサー

アリオンと言えば、ヒロインが妹だったという奴ですよね。
徳間書店の方針でやっていたナウシカに続くアニメーター漫画のアニメ化だったから、アニメファンが知らないというのは信じられないと言う見方もできなくも無いのですが・・・
安彦さんの人気のピークは80年前後で、アニメファンの好む絵は移り変わってましたからね。
86年と言えば「聖闘士星矢」のアニメが放映開始する年ですが、今も昔もアニメファンというのはキャッチーな作品を好む傾向があるから、鳥山明や高橋留美子と言った人気漫画のアニメの方がアニメファンに受け入れられていたと思います。
ギリシャ神話ブームも聖闘士星矢からでしたからね。
アニメ雑誌にしても作画からキャラクターへと現在見られる紙面構成へと移り変わっていく時期だったようにも感じます。
要するに安彦さんが旬を過ぎた存在だったと言えるのかもしれません。

安彦さんはアニメーターとしての評価は高かったですが、氏の監督作品は評価されていません。
何でも出来る器用さはあっても監督としての技量は評価されてないはずです。
クラッシャージョー、巨神ゴーグ、ヴイナス戦記、風と木の詩・・・
アリオンも含めた彼が監督したアニメで最も評価が高いのは「巨神ゴーグ」でしょう。
TVシリーズ(2クール)で半端じゃないクオリティだったという点においてで、映像作品の面白さとしての評価ではないです。
安彦監督作品のアニメは総じて作画オタクには人気があるけど、話にエンターテイメント性(キャッチーさ)が無いから残念ながら知名度もありません。

アリオンは宝島の特集でアニメライターから80年代不遇のアニメとして名が挙げられるくらいだから、宮崎駿に続く人気アニメーター漫画のアニメ化だったけど今でも監督の名前で客が入るのがごく一部であるように当時としても苦戦したのではないでしょうか?
あのカリオストロの城にしても放映当時はボロカスだったのに宮崎駿とジブリが成功していくにつれ評価が高まっていった好例ですからね。

アリオンと言えば、ヒロインが妹だったという奴ですよね。
徳間書店の方針でやっていたナウシカに続くアニメーター漫画のアニメ化だったから、アニメファンが知らないというのは信じられないと言う見方もできなくも無いのですが・・・
安彦さんの人気のピークは80年前後で、アニメファンの好む絵は移り変わってましたからね。
86年と言えば「聖闘士星矢」のアニメが放映開始する年ですが、今も昔もアニメファンというのはキャッチーな作品を好む傾向があるから、鳥山明や高橋留美子と言った人気漫画のアニメの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報