d H2Oとは何のことなのでしょうか?
試薬の説明書にd H2Oに溶かすと書いてあるのですがd H2Oが何なのかわからなくて困っています。脱イオン水のことなのでしょうか?それとも蒸留水のことなのでしょうか?
もし脱イオン水の場合、ミリQを代用しようと思っているのですが大丈夫でしょうか?
ご存知の方、解答よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

dH2O = distilled H2O のことです。

蒸留水です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
蒸留水のことだったんですね。これで心置きなく試薬を調整できます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/17 17:17

NMRでしょうか。

その場合、重水だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急の解答ありがとうございます。
NMRを使うような実験ではなく、酵素活性を測定する際に用いる試薬を溶かすためのものなので恐らく重水ではないように思われます。

お礼日時:2006/04/17 16:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2H2O2 → 2H2O + O2↑の↑の意味

過酸化水素水の分解の化学式は、
2H2O2 → 2H2O + O2
となると思うのですが、
2H2O2 → 2H2O + O2↑
という風に「↑」がついている式を見かけました。
この「↑」の意味を教えて下さい!!もしくは、この「↑」付きの式は単なる間違いなのでしょうか??

Aベストアンサー

気体の発生だとか沈殿が生成するとかを強調するときに書きます。書いても良いし書かなくても良い、そう言う記号です。
イメージとして、気体が発生するというのは泡が下から上に上がっていく様子、沈殿が生じるというのは水溶液中で沈殿が沈んでいく様子を表していると考えて良いでしょう。

QC19H28O2 (テストステロン)

銃をいじらせた若者たちの口の唾液を調べると通常の100倍ぐらいのテストステロンが検出。

テストステロンという粒子が脳の中でどのように動き、どのようにして神経作用に干渉して闘争本能が起こるかって何か分かっている事ありますか。

難しい質問ですよね・・・・・・・・

Aベストアンサー

概略は以下。

攻撃性の元になるのは脳内のE2(エストラジオール)という物質。
E2の濃度が高くなると攻撃性が抑えられ、低濃度の場合には攻撃性が高くなる。

テストステロンが脳へ到達すると、酵素「アロマターゼ」の作用によって、E2(エストラジオール)に変換される。

一方、視床下部から分泌されるGnIH(生殖腺刺激ホルモン放出抑制ホルモン)が動物の攻撃性を抑制する作用がある。

GnIHはアロマターゼを刺激して、E2(エストラジオール)をより著しく増産して濃度が高くなり攻撃性が抑制される。

GnIHは女性特有のホルモンだから、女性の場合はE2の濃度が高くなって攻撃性が抑制される。

男の場合には、GnIHは微量しか無いから、テストステロンから変換されるE2しか無く、濃度が低いから攻撃性が生まれる。

Q酸で処理するのH+とH2OとH3O+について

写真を添付したので、その反応での質問です。
この問題は、エノンに、(1)CH3MgI、(2)HCl、を反応させています。

写真で(a)→(b)までは分かるのですが、(b)以降H+やH2Oが現れて付加します。このH+やH2Oというのは初めにH3O+が存在し、H+付加の後にH2Oが残りH2Oが付加するのでしょうか?

「酸を作用させる」という事が頻繁に現れるのですが、H+とH2OとH3O+などが現れてきてよく分からないのですが、どういう場合にどれが付加するのかなどポイントを教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

(b)以降は、反応の後処理としての酸による加水分解です。
具体的には反応溶液に希塩酸などを加えることになります。
ただし、その時の酸(ここではH+、ただし、H3O+と書いても本質的に違いはない)というのは触媒であって、反応するのはH2Oです。だから、『酸触媒による加水分解』ということです。
ただし、反応機構を考えるにあたって、+と-の間で反応が進むと考えるのが基本です。(b)から(c)への変化は、電子の豊富な二重結合を狙って電子不足のH+がくっつくことになり、その結果生じた正電荷がOCH3が結合した炭素上(あるいはそのO原子上)に生じるので、今度はそこを狙って、電子の豊富な(δ-をもつ)H2OのO原子が求核攻撃をすることになります。
・・・とすべてがこんな調子です。

ただし、前述のように、水溶液中ではH+とH3O+は本質的に同じものなので、これらがごちゃ混ぜで出てくるような書き方は好ましくありません。なので、より書きやすい方を選んで書けば良いことになります。また、『酸触媒』なので、OH-を書くのもダメです。酸性ではその濃度は極めて低いはずですからね。その代わりにH2Oを書いて、Oの部分で反応した後にH+が取れるように書きます。それならば酸触媒ということと矛盾しません。これが『お約束』です。

答えになっているかどうかわかりませんが、正電荷と負電荷(部分電荷δ+、δ-を含む)というものを意識し、かつ酸性か塩基性化を意識して見直せばかなりのところまでわかると思います。

(b)以降は、反応の後処理としての酸による加水分解です。
具体的には反応溶液に希塩酸などを加えることになります。
ただし、その時の酸(ここではH+、ただし、H3O+と書いても本質的に違いはない)というのは触媒であって、反応するのはH2Oです。だから、『酸触媒による加水分解』ということです。
ただし、反応機構を考えるにあたって、+と-の間で反応が進むと考えるのが基本です。(b)から(c)への変化は、電子の豊富な二重結合を狙って電子不足のH+がくっつくことになり、その結果生じた正電荷がOCH3が結合し...続きを読む

QA型B型AB型O型それぞれの人がもっているH抗原についてなんですけど・・・

A型B型AB型O型それぞれの人がもっているH抗原についてなんですけど、何故「H抗原」と呼ぶんでしょうか?A型赤血球ならA抗原が付いていると言いますし、B型赤血球ならB抗原が付いていると言うのは分かるんですけど、O型だけ何故「H抗原を持つ」というのでしょうか?A抗原もB抗原も持たないからすべての血液型が持っているH抗原の名前を使って呼んでいるだけですか?又H抗原の「H」って何かの略語ですか?知識をお持ちのかたよろしくお願いします!

Aベストアンサー

O型は正しくは0(ゼロ)型というべきだったのだそうです。
つまり、AもBも持っていないという意味で、0(ゼロ)だったのですが、誰かが0(ゼロ)をOと間違えて定着したと言う事なので、O型抗原というものがないので、H抗原になっているのだと思います。

Q解糖経路でのH2O生成量

C6H12O6 + 2ADP + 2NAD+ → 2C3H4O3 + 2ATP + 2(NADH + H+)

C3H4O3 + ADP + Pi + 2H2O + FAD + 4NAD+
→ 3CO2 + ATP + FADH2 + 4(NADH + H+)

NADH + H+ 1/2O2 + 3ADP + 3Pi → NAD+ + 4H2O + 3ATP

FADH2 + 1/2O2 + 2ADP + 2Pi → FAD + 3H2O 2ATP

を整理して、

C6H12O6 + 38ADP + 38Pi + 6O2 → 6CO2 + 38ATP+ 44H2O

となるのですが、上記4式を変換していくと
水分子の量が42個になってしまいます。

どこか式が間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

miniRHさんは,化学の知識がおありですから,化学の反応式のごとくに理解しようとなさっているのですね。しかし,生物の反応式は,一般にATPを反応式の中に入れることはしないのが普通です。解糖系では直接ATPが反応に関与しますが,電子伝達系では何ら関与しないからです。
(解糖)
C6H12O6 → 2 C3H4O3 + 2 ATP + 2 NADH2+
(CoA化+TCA回路)
2 C3H4O3 + 6 H2O → 8 NADH2+ + 2 FADH2 + 2 GTP + 6 CO2
(呼吸鎖)
10 NADH2+ + 2 FADH2 + 6 O2 → 12 H2O + (34 ATP)
ここでATP合成はこの反応には直接関係ありません。プロトンを汲み出すだけです。そのプロトンでATPaseを回せば最大以下のようになります。
FADH2 → 2 ATP
NADH2 → 3 ATP 合成

体調が良くなくもうろうとした頭で(先天性の面もあるのですが…)書いていますので間違いがあるかもしれませんが…

参考URL:http://133.100.212.50/~bc1/Biochem/index.htm

miniRHさんは,化学の知識がおありですから,化学の反応式のごとくに理解しようとなさっているのですね。しかし,生物の反応式は,一般にATPを反応式の中に入れることはしないのが普通です。解糖系では直接ATPが反応に関与しますが,電子伝達系では何ら関与しないからです。
(解糖)
C6H12O6 → 2 C3H4O3 + 2 ATP + 2 NADH2+
(CoA化+TCA回路)
2 C3H4O3 + 6 H2O → 8 NADH2+ + 2 FADH2 + 2 GTP + 6 CO2
(呼吸鎖)
10 NADH2+ + 2 FADH2 + 6 O2 → 12 H2O + (34 ATP)
ここでATP合成はこの反応には...続きを読む

QdH2Oってなんすか?

タイトルに同じく、dH2Oとは何のことでしょうか?

Aベストアンサー

dH2O は distilled H2O の省略形で、蒸留水のことだと思います。
 

QNa2 EDTA・2H2O  とは?

初心者です。
化学について全く分からないので教えてください。

「 Na2 EDTA・2H2O 」 と 「 EDTA 2Na・2H2O 」 と  「 2NA(EDTA・2Na) 」 と 「 C10H14N2Na2O8・2H2O 」  と 「エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム二水和物」 は同じものですか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

EDTAは4塩基酸(4価の弱酸)で、通常は「H4Y」等と記します。

だから正しくは「Na2H2Y・2H2O」等と記すべきだと思われます。

2NA(EDTA・2Na) については不明ですが、他の4つは全て「Na2H2Y・2H2O」を表しています。

Qローリー法とビュレット法の原理の分かりやすい説明が書かれたHP

ローリー法とビュレット法の分かりやすい説明が書かれたHPって無いでしょうか?原理をうまく説明することができないんです・・・

Aベストアンサー

ローリー法について簡単ではありますが、参考URLにでています。ここでは測定感度が5μl/mlですが、やり方次第では0.1μl/mlも可能です。
http://www.technosaurus.co.jp/application/ap_alh_3.htm

http://www.h5.dion.ne.jp/~iyaku/yougo.Lowrymethod.htm

参考URL:http://www.biochem2.m.u-tokyo.ac.jp/web/contents/Manuals/manual02.html

QNaOH + H2O --> ?

HCl + H2O --> H3O(+) + Cl(-)
ですが、

NaOH + H2O --> ?
どのような状態になるのでしょうか。
OH(-)が全てNa(+)と分離していなくてはならないことを考えると、
Na(+)がH2Oとくっつくのではないかと考えているのですが…

Aベストアンサー

質問
>OH(-)が全てNa(+)と分離していなくてはならないことを考えると、
No.1への補足
>NaOHは強塩基ですので、水中ではOHはほぼ全てNaと分離した状態になると思いますが、

いずれも、正確ではありません。

繰り返しますが、これは結果であって理由ではありません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 水分子は、大きく分極しています。それは、酸素のsp³混成軌道に水素のs軌道電子がσ結合しているという構造が関与しています。
 sp³混成軌道(形は調べてください)・・そのうちの二つだけ中心に水素原子核が存在する。

 そのため、水素原子の背後は水素原子核がほとんど裸の状態でむき出しになっていること。酸素の結合に関与していないsp軌道には陽電荷をもつ原子核が存在しない状態ですね。
 そのため、電荷をもつ物質や極性分子に対して水分子が強くひきつけられます。そのため、その物質を水分子がコーティングしている状態になります。
 ここで、その結合力を考えると
水-水
水-溶媒分子
溶媒分子-溶媒分子
の三つの組み合わせがあり、それぞれの力関係で状態が決まります。
(水-水)>(水-溶媒分子)>(溶媒分子-溶媒分子)
(水-水)>(溶媒分子-溶媒分子)>(水-溶媒分子)
(水-溶媒分子)>(水-水)>(溶媒分子-溶媒分子)
(水-溶媒分子)>(溶媒分子-溶媒分子)>(水-水)
(溶媒分子-溶媒分子)>(水-溶媒分子)>(水-水)
(溶媒分子-溶媒分子)>(水-水)>(水-溶媒分子)
・・・どれが溶けるか考えて見ましょう。・・・

 NaOHは、Na⁺―H₂O > H⁺―H₂O なので、水分子に取り囲まれてしまいます。はじき出されたOH⁻ は、やはりH₂Oに取り囲まれますが、これは水分子自体の本来の状態--水素結合--で結びついている状態と明確な差があるわけではありませんね。
 (水素結合)自体が、プロトン交換を伴う。2H₂O ⇔ H₃O⁺ + OH⁻ なのですから・・

便宜上
 NaOH ⇒ Na⁺ + OH⁻
と表しますが、現実は
 NaOH + nH₂O ⇒ [Na(H₂O)m]⁺ + [OH(H₂O)o]⁻ n=m+o
のように考えると理解しやすいでしょう。もちろん固定しているわけではなく常に交換が起きている。

「強酸・強塩基・強酸と強塩基の塩が100%電離しているから、水中では水分子と結合していなければならない」
ではなく、
「強酸・強塩基・強酸と強塩基を構成している物質が水分子と結合するために、100%電離する」と言うことですよ。

質問
>OH(-)が全てNa(+)と分離していなくてはならないことを考えると、
No.1への補足
>NaOHは強塩基ですので、水中ではOHはほぼ全てNaと分離した状態になると思いますが、

いずれも、正確ではありません。

繰り返しますが、これは結果であって理由ではありません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 水分子は、大きく分極しています。それは、酸素のsp³混成軌道に水素のs軌道電子がσ結合しているという構造が関与しています。
 sp³混成軌道(形は調べてください)・・そのうちの二つだ...続きを読む

QアルカリSDS法の試薬について

SolutionIの組成についてなんですが、実験書によってグルコースが入っていたり入っていなかったりします。
グルコースは入れたほうがいいんでしょうか?
そして、グルコースはどういう働きをするのでしょうか?

Aベストアンサー

細胞保護と浸透圧の調整のためではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報