学校で調べ学習(グループ学習)をしてるんですが、沖縄の家のつくりがよくわかりません。なるべく図で説明してあるホームページなどを紹介してください。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

先週沖縄の石垣と与那国に行っておりました。



ちょっとだけ喋っちゃいますと・・・
沖縄の民家の作りは昔ながらの家と最近の家とで分かれます。
まず最近の家に関して。本土では木造の家が多いですが、沖縄では参考ページ[1]で紹介しているように、鉄筋コンクリートやブロックの家がほとんどです。飛行機で沖縄に行き、高度を下げる時に外を見ると「鉄筋の家が多いなあ」とすぐ気が付きますよ。
古い民家は平家、木造です。周りを頑丈な石塀で囲み、さらに入り口部分には「ヒンプン」と呼ばれる目隠しの石塀が設けられることもあります。瓦は原料の土の関係で赤い色をしています(赤瓦と呼ばれます)。また風で瓦が飛ばないようにしっくい(漆喰)で固めてあるのも特徴です。
台風の多い気候に合わせてそのような作りにしていることは既にお分かりでしょう。

調べる楽しみは残しておきたいと思いますので、「沖縄」「民家」「赤瓦」「構造」などの上記の文中のキーワードでぜひご自身で検索してみてください。まだまだたくさんのページが出てきますよ。

[1] http://www.asahi-survey.co.jp/bangai/okinawa/vol …

[2] http://www.ccn.yamanashi.ac.jp/~tanaka/house-fot …
(全国各地の民家が紹介されていますが、ページの中程、「国指定重要文化財 中村家住宅」のところをご覧下さい。No.1でSALADA-GIRLさんが参考URLで紹介されているのとおなじ住宅です)

[3] http://www.jpress.co.jp/jyutaku/konsyunosimen_ho …
(沖縄の古い民家の移築例です)

[4] http://www.edu.city.akita.akita.jp/~gsn-c/993/so …
(ページの中ほど、「南島の特色ある住宅」の項をご覧下さい)

参考URL:http://www.asahi-survey.co.jp/bangai/okinawa/vol …
    • good
    • 1

単純な図(絵)でよければ・・・・ 



参考URL:http://www.kasama-kasama-j.ed.jp/kasama-j/1998/g …
    • good
    • 1

はじめまして、こんなHP見つけましたが、参考になりますでしょうか?



参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~knaka/
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北海道と沖縄の違い

今、5年生の社会で沖縄と北海道について調べています。でもあまり良い資料が見つかりません。
家のつくりの違いについての資料が一番いいのですが
何か良いホームページはありませんか?
家についてではなくてもいいです。お願いします。

Aベストアンサー

以前に住宅の広告を作ったことがある広告制作者です。
プロフィールを拝見したところone fiveさんは、生徒でなく教える側の方のようですね。
でしたら少々内容の難しいサイトでも大丈夫かと思いますので、専門的なページも含めていくつか挙げます。

その前にまず、日本の住宅全体について伝統的に留意されている点を確認しておきます。
吉田兼好の『徒然草』には「家の作りようは夏を旨とすべし」とあります。
夏を過ごしやすい湿気と暑さ(通風・放熱・断熱)対策が考慮された家、これが現在でも日本の家の基本となっています。

沖縄ではこれがより強調され、さらに台風対策も重視されます。
赤瓦など独特の建材、家の周りに巡らされた塀、その内側の防風林などに、その一端が見られます。
たとえば国の重要文化財に指定されている中村家には、沖縄の家の特色がよく表れています。
中村家サイト…「解説」の箇所で詳しい解説が見られます。
http://www4.ocn.ne.jp/~knaka/

また公共の建物にも、そうした工夫が活かされています。
エアコンのいらない名護市庁舎
http://www46.tok2.com/home/arc/okinawa/okinawa_01.htm
日除け・通風を考えた糸満市庁舎(PDF)
http://www-cger.nies.go.jp/cger-j/c-news/series/series5/series5-10.pdf
沖縄の家の最もわかりやすい特徴である赤瓦を紹介するサイトもあります。
沖縄県赤瓦事業協同組合
http://www.h4.dion.ne.jp/~kawara/

一方、北海道の家で最も重要となるのは、寒さを避ける断熱性能です。
そのため、北海道の家だけに適用される北海道防寒住宅建設等促進法(寒住法)という法律があり、一定の断熱構造を持った家でなければ住宅金融公庫の融資を受けられないことになっています。
寒住法全文(第一条が面白いです)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S28/S28HO064.html
北海道とそれ以外の地域の断熱の違い
http://111a.co.jp/mori2.htm
この法律をテーマにした「北海道の人は、東京へ来るとなぜ風邪を引くんだろう。」というキャッチコピーの断熱材の広告もありました。

しかし断熱・気密性能の向上により、ナミダタケと呼ばれるキノコが繁殖して家が腐ってしまう被害が続出しました。
ナミダタケ被害について
http://www.aopuri.co.jp/namidatake.html
これにより断熱・気密工法だけでなく、北海道でも結露を防ぐ通風・換気性能が重視されるようになりました。

もうひとつ、北海道の家には屋根に特徴があるようです。
住宅メーカー・クボタのサイトより
http://giweb.kubota.co.jp/back_number/vol_4/vol4_8.html

5年生への説明なら、沖縄はエアコン不要なほど空気の通りがよく、また台風対策が重要、北海道は暖房の熱を逃がさない工夫と湿気を逃がす工夫が壁の中にあり、また雪対策が重要になってくる、という説明がわかりやすいかもしれません。
また、こんなページも見つけました。生徒に北海道と沖縄の家の違いを発表させた授業の記録だそうです。
http://satomasa5.cocolog-nifty.com/jugyo/2006/02/post_dc0e.html

以前に住宅の広告を作ったことがある広告制作者です。
プロフィールを拝見したところone fiveさんは、生徒でなく教える側の方のようですね。
でしたら少々内容の難しいサイトでも大丈夫かと思いますので、専門的なページも含めていくつか挙げます。

その前にまず、日本の住宅全体について伝統的に留意されている点を確認しておきます。
吉田兼好の『徒然草』には「家の作りようは夏を旨とすべし」とあります。
夏を過ごしやすい湿気と暑さ(通風・放熱・断熱)対策が考慮された家、これが現在でも日本の家...続きを読む


人気Q&Aランキング