別の質問で、始動時にエンジンが勝手に止まる、という質問を見かけたのですが(qid=211214)、うちの車もまったく同じ現象が起こっています。
 現在は止まったら始動、という手順で起動しているのですが、エンストしたりするので困っています。
 それで、その質問内に「チョークレバーを操作すればよい」という記述を見つけました。

 しかし自分の車の運転席を思い出してみても、そのようなレバーが付いていた記憶はありません。
 チョークというのが燃料の混合量調節装置だというのは国語辞書で調べて分かったのですが、これはどこにどういうふうに付いているのでしょう?

 上記の質問内で、回答者の方が「姉のスバルレックスはそのようにしていた」と書いてらっしゃったんですが、うちもスバルレックス(平成3年式、5MT4WD)なのでどうやら付いてはいるらしいのです。

 ご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

最近のクルマは、コンピューターの発達によりたいてい電子燃料制御装置がついているため、チョークの付いているクルマはまず見かけません。


平成3年式でも、チョークの付いているクルマは珍しいのではないかと思います。
もし、チョークが付いているのであれば、ハンドル周りにライターと同じような感じで付いていると思います。
チョークは、基本的には引っ張る量によって濃度を調節することができます。
チョークがない時の応急措置としては、ずっくクルマに座っているのならアクセルを軽く踏み込んでエンジンの回転数を1500回転ぐらいまで上げてあげればいいでしょう。
もっとも、ディーラーにチョークのことを問い合わせ、チョークがないようなら調整してもらうのがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 やはり付いてないようです。

お礼日時:2002/02/04 10:47

平成に入ってからの車だとチョークがないかもしれませんね。


最近の車はインジェクションなのでチョークはないのですが、私が乗っていた平成4年のシビックキャブレターを搭載していたのにチョークはなかったです。オートチョークになってました。(シビックのキャブは電子制御式でしたけど)

↓↓チョークレバーにはこんなマークが付いてたと思いました
|×|
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 下記にいただいた回答を見るとどうも付いてないようですが、念のため探してみます。見つかればめっけもんですし(^_^;

お礼日時:2002/02/04 10:50

レックスのことはわかりませんが、車に備え付けのオーナーズ・マニュアルにチョークレバーの記載が無ければ前の回答者のおっしゃるように、インジェクション車でしょう。

昔のキャブレター式の車ですと冷間時の始動にはチョークレバーを引いて燃料を濃くしてやる必要がありました。
deagleさんの場合はアイドル不良かもしれません。アイドルの回転数は低くないですか?寒い朝に始動した直後はコンピューターが補正をかけ、エンジン回転数がうわーっと上がるはずです。そうでないならばO2センサー、水温センサー等の不良かもしれません。通常走行時でも息継ぎが発生するのでしたら、プラグの劣化、プラグコードやディストリビュータからのリーク、インジェクターの詰まり、電磁ポンプの不良等、原因はいくらでもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 たしかに、始動時はエンジン音がやけに甲高いですが、それでも間に合ってない感じなのです。

お礼日時:2002/02/04 10:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q活性アルミナへの金属担持による触媒作成に関して幾つか

活性アルミナへの金属担持による触媒作成に関して幾つかお教え下さいませ.

尚,当方この分野に疎いと言うどころか,
イロハのイの字の1画目のうったてを打ったような段階ですので,
用語・用法の間違いや初歩的な誤解などありましたらご指摘頂けましたら幸いです.

1.このような触媒を作成するとき,
  その比表面積,細多孔質から「活性アルミナ」と銘打つものを
  使うことは道から外れていないでしょうか?
  (φ1mm又はφ2~3mm程度の大比表面積の活性アルミナに,
  銀又は白金又はその他金属を担持させた触媒を作成したいと考えております.)

2.活性アルミナとありますが,これはα-アルミナ,γ-アルミナと
  呼ばれるものとは異なったものでしょうか,又はそれらの総称なのでしょうか.

3.活性アルミナは「表面活性を持つ」「活性表面を持つ」と表現しても良いのでしょうか.

4.アルミナへの金属担持の方法として,
  a)蒸着(真空蒸着)などのPVD
  b)CVD
  c)めっき(と表現されているのを聞いたことがあります)
  があろうかと思いますが,これらが活性アルミナの表面を平滑化して
  比表面積が小さくなったり,細多孔質が埋まったりしないかと思うのですが,
  如何でしょうか.

5.上記に関しまして,それぞれの方法のメリット・デメリットがありましたら
  お教え下さい.例えば,活性アルミナに単に金属膜を形成することで
  高効率の触媒として機能するのかどうか,など.

初歩的な質問ばかりかと存じますが,どうぞ宜しくお願い致します.<(__)>

活性アルミナへの金属担持による触媒作成に関して幾つかお教え下さいませ.

尚,当方この分野に疎いと言うどころか,
イロハのイの字の1画目のうったてを打ったような段階ですので,
用語・用法の間違いや初歩的な誤解などありましたらご指摘頂けましたら幸いです.

1.このような触媒を作成するとき,
  その比表面積,細多孔質から「活性アルミナ」と銘打つものを
  使うことは道から外れていないでしょうか?
  (φ1mm又はφ2~3mm程度の大比表面積の活性アルミナに,
  銀又は白...続きを読む

Aベストアンサー

> 1.このような触媒を作成するとき,
  その比表面積,細多孔質から「活性アルミナ」と銘打つものを
  使うことは道から外れていないでしょうか?

意味がわかりません.高比表面積の担体を使う,それがアルミナであったというだけでは? 担持触媒の活性は担体にも強く影響されます.アルミナなら何でも同じ結果になるわけでもありません.
また,細多孔質というのは聞き慣れない言葉です.

> 2.活性アルミナとありますが,これはα-アルミナ,γ-アルミナと
  呼ばれるものとは異なったものでしょうか,又はそれらの総称なのでしょうか.

αとかγというのは酸化アルミニウムの結晶構造の違いです.活性アルミナというのは結晶構造がどうであるかは別に,何らかの「活性」を持つ酸化アルミニウムというだけのことです.

> 3.活性アルミナは「表面活性を持つ」「活性表面を持つ」と表現しても良いのでしょうか.

そもそも「表面活性」とは何を指していますか?

> 4.アルミナへの金属担持の方法として,
  a)蒸着(真空蒸着)などのPVD
  b)CVD
  c)めっき(と表現されているのを聞いたことがあります)
  があろうかと思いますが,これらが活性アルミナの表面を平滑化して
  比表面積が小さくなったり,細多孔質が埋まったりしないかと思うのですが,
  如何でしょうか.

そりゃ大量につければおこりうるでしょう.触媒調製時には,当然のことながら,担持量は検討しなくてはなりません.どのくらいにしたらどのような性能になるのか.
ただし,ポアがふさがるくらいに大量につけると,そもそも担持触媒にする意味がないでしょう.担持触媒というのは,バルク金属等とは違う性質が出てくるくらいに高分散な状態,言い換えれば非常に小さなクラスタのような状態で担体に乗っているものが大半です.

> 活性アルミナに単に金属膜を形成することで
  高効率の触媒として機能するのかどうか,など.

ほんとに「膜」になってたら,高効率の触媒にはならないでしょうねえ...

> 1.このような触媒を作成するとき,
  その比表面積,細多孔質から「活性アルミナ」と銘打つものを
  使うことは道から外れていないでしょうか?

意味がわかりません.高比表面積の担体を使う,それがアルミナであったというだけでは? 担持触媒の活性は担体にも強く影響されます.アルミナなら何でも同じ結果になるわけでもありません.
また,細多孔質というのは聞き慣れない言葉です.

> 2.活性アルミナとありますが,これはα-アルミナ,γ-アルミナと
  呼ばれるものとは異なったもので...続きを読む

Q田植え機のエンジン教えてください。4サイクルエンジンで主に始動しる際はチョークを活用します。バッテ

田植え機のエンジン
教えてください。4サイクルエンジンで主に始動しる際はチョークを活用します。バッテリーは十分でセルモーターも普通に動きますがエンジンが掛かりません。点火プラグを抜き取り掃除と同時にシリンダー内へCRC556を吹き付けるとエンジンが掛かります。その後、エンジンを止めて再始動するとやはりエンジンが掛かりません。原因は何でしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

要はスタータ回路とそれに続くアイドル回路に異常が生じているわけで、エアジェットとパイロットジェットがまともに機能しておらず、スロー系で始動させているだけということです。来年になればさらに悪化ではすまないことになります。
せめて水をぬき(もといガソリンを抜くことで水を抜きこれ以上腐食をなくし)crc5-56にでも浸漬させたうえで春を迎えましょう。植物、生物は春になると復活しますが、所詮人間が作ったものは自然治癒機能はありません。人間が手助けではなく、強制的に回復(現状ではありません、設計時あるいは、納入時の状態にです)させる必要があります。農機具メーカも暇になります。このじきがチャンスです。しかし、くそ高いですね。彼らの部品は、業務用ということなのでしょうが、ジェット1つで1500円?ぶったくりです)

Qアルミナ

アルミナ(Al2O3)の物性が細かく載っているホームページをご存知でしたら教えてください。
アルミナの原子密度(個/cm3)ってどれぐらいなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アルミナ(もしくはサファイヤ)は絶縁体、誘電体、熱良導体、耐熱材料、窓材等々、いろいろな分野で使われているので、それら全部をまとめたページはちょっとキビシイと思います。光学的性質中心だと下記URLから「その他の光学結晶」というpdfファイルを開くと多少出ています。

原子密度は、アルミの原子量26.98、酸素の原子量16.00、アルミナ1mol(=6.02*10^23個の分子)を考えると、1molが101.96g。アルミナの密度は3.98g/cm^3なので、

6.02*10^23個/mol/101.96g/mol*3.98g/cm^3~2.35*10^22個/cm^3

となります。ですから1cm^3あたり、アルミ原子が4.70*10^22個、酸素原子が7.05*10^22個あることになります。

参考URL:http://www.optmax.co.jp/index6.html

Qチョークの調整

YN80ハイラックスを譲り受けました。90年式 エンジンは2Yです。
寒くなってきて冷間始動時チョーク効かすためアクセル煽り1500RPM程になります。
しかし走らせて数回ギヤ入れ替えると、回転数が500~300RPMまで下がり、ニュートラル時エンジン止まりそうになります。
温まると 1000RPMで安定します。
(以上数値は後付タコメーターにて確認 雰囲気より数値は正確です)
どなたか親切な方チョークの調整方法を教えてください。

なんせキャブ車初めてで、スポーツトラックなものでディーラーに持って言っても見てもらえないもので(^^ゞ

Aベストアンサー

キャブ車ですか、
今や珍しい部類に入りましたね

キャブのオートチョークの調整ですが
結論から言えばご自身では不可能に近いかと
思います 平成のメカニックではほとんどの
人間がこの作業をする事は出来ないであろう
現実があります
オートチョークの
調整作業とは単純にスクリューを触るだけで
済むものではありません
リンク部の形状を物理的に変形させて
(調整する部分がありますがその部分の
間隔を広げたり狭めたりという事です)行うのですが
これもキャブによっては4工程程あり
相当の熟練をしないとかえっておかしくなってしまいます ワタシも元メカニックですので
この作業の経験はありますが
触っては様子を見てとそういう作業の繰り返しです
直ぐには出来ません
専門的には「完爆開度調整」と言います
工程としては

1)常温1完爆開度
2)常温2完爆開度
3)スプリングバランス域
4)バイメタル域
の4つです


ご質問の車についてですが
これの調整が狂っていると判断するには
ちょっと早すぎると思います
単にチョークバルブの動きが悪くなっているだけ
などの原因も考えられます

キャブ車ですか、
今や珍しい部類に入りましたね

キャブのオートチョークの調整ですが
結論から言えばご自身では不可能に近いかと
思います 平成のメカニックではほとんどの
人間がこの作業をする事は出来ないであろう
現実があります
オートチョークの
調整作業とは単純にスクリューを触るだけで
済むものではありません
リンク部の形状を物理的に変形させて
(調整する部分がありますがその部分の
間隔を広げたり狭めたりという事です)行うのですが
これもキャブによっては4工程程あり
相当...続きを読む

Qアルミ缶からアルミナ

 アルミ缶からアルミナを作りたいのですが、学校の実験室レベルの設備・器具ではどの様にすればよいのか教えて下さい(電気炉は陶芸用の1250度までの物があります)。できるだけ高純度のアルミナが作りたいので、精製方法なども教えて下さい。
 また、できたアルミナの純度を測定したいのですが、簡単な方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

参考ページ[1]に、アルミ缶を原料にアルミナ粉末を経て、アルミナ結晶(この実験ではルビー)を作る実験の解説があります。途中に電熱炉で加熱する工程がありますが、加熱温度は1100℃程度のようですのでお手持ちの電気炉で足りることになります。

この実験では最初にアルミ缶の塗装を焼き、サンドペーパーで表面を削った後に細かく切り刻み、(1)水酸化ナトリウム水溶液で溶かしてから濾過し、(2)硝酸を過剰に加え、(3)さらにアンモニアを加えて沈澱させています。(1)~(3)の操作の目的は純度向上にほかなりません。
ご承知かと思いますが、アルミ缶に用いられるアルミニウム合金には強度向上のためにアルミニウム以外の成分がいくつか入っています。そのうち水酸化ナトリウム溶液に溶けない成分は(1)の操作で除かれます。また(3)の操作でアルミニウムはAl(OH)3として沈澱しますが、アンモニアを添加しても沈澱しない成分はここで除かれます。

この沈澱を電気炉中で焼くことによってアルミナ(Al2O3)の粉末が得られます。danna2さんがご所望の「アルミナ」が「アルミナ粉末」の意味であれば、ここまでで作業は終了です。「アルミナ結晶」の意味であれば何らかの方法で固める操作が必要です。[1]のページではフラックス法を用いてアルミナ結晶を得ていますが、これも電気炉でできるようです。

粉末アルミニウムは発火の危険があるため、細かい粉末にすることで酸化するのは絶対に避けるべきです(例えば[2,3]参照)。細かくすればするほど危険度が増します。仮に発火の危険がないにして完全に酸化させることは事実上不可能ですし、高純度化のプロセスが含まれませんから原料のアルミ缶以上の純度にすることもできません。

さて得られたアルミナの純度測定ですが、学校の実験室レベルの器具で行うのは困難です。固体中の不純物の種類とおよその量を知る分析法にはX線光電子分光法やオージェ電子分光法、また固体を溶液にできるならプラズマ発光分析法などもありますが分析機器はいずれも高価なもので、通常は大学や企業でないと持っていないものです。
どうしても純度を測定したいのであれば、委託分析を受ける会社(例えば[4,5])にお金を払って分析してもらうのが現実的な方法でしょう。

[1] アルミ缶から宝石を作る http://www.ths.titech.ac.jp/~kouka/2001/Rubby/ruby.htm
[2] http://www.geocities.jp/hotei103/link31.htm
[3] http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/4097/seisitu-2-5.html
[4] 東レリサーチセンター http://www.toray-research.co.jp/
[5] 日鐵テクノリサーチ http://www.nstr.co.jp/nstr2.htm

参考URL:http://www.ths.titech.ac.jp/~kouka/2001/Rubby/ruby.htm

参考ページ[1]に、アルミ缶を原料にアルミナ粉末を経て、アルミナ結晶(この実験ではルビー)を作る実験の解説があります。途中に電熱炉で加熱する工程がありますが、加熱温度は1100℃程度のようですのでお手持ちの電気炉で足りることになります。

この実験では最初にアルミ缶の塗装を焼き、サンドペーパーで表面を削った後に細かく切り刻み、(1)水酸化ナトリウム水溶液で溶かしてから濾過し、(2)硝酸を過剰に加え、(3)さらにアンモニアを加えて沈澱させています。(1)~(3)の操作の目的は純度向上にほかなりません...続きを読む

QABSが付いている車と付いてない車について

中古車の購入を考え車探しをしていると,値段や走行距離などの面では満足出来る車が見つかりました。しかし,その車にはABSが付いていませんでした。現在の車にはABSが付いている車が主流のように感じますので,付いていない車は・・と考えますと,一歩引いてしまうのですが,ABSが付いていない車でも安全に運転すれば問題ありませんか?アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ABSの最大のメリットは、急に強いブレーキをかけなければならない状況に陥ったときに発揮されます。このような状況は、突然やってくるから、急ブレーキとなってしまうわけで、頭でわかっていても、その瞬間に理想的なブレーキングをそうそうできるわけではありません。

基本的にABSは制動距離と無関係だと思ってください。ABSは制動距離を短くするための装置ではなく、急ブレーキをかけてもタイヤをロックさせないようにして、ハンドル操作ができるようにする装置だからです。ただ、比較すると制動距離が長くなることが多いのは事実ですが、路面状況によっては、ABSのほうが制動距離が短くなることだってあります。ですから、急ブレーキ時に、ハンドル操作で危険を回避できる状況であれば、非常に役に立つ装置ということになりますが、ハンドル操作でかわせる状況ではなく、ABSが作動しないほうが制動距離が短くなる路面状況だった場合は、ないほうがよい装置ということになります。まあ、後者のほうが圧倒的に少ないとは思いますが。

雪道だって、突然雪道になるわけではありませんので、1177さんがおっしゃっているように安全運転を心がけ、路面状況に合わせた運転をすることが大切です。

私の経験上の結論で申し上げますと、絶対についてなくても困らないが、あって良かったと思うことが多くても、ないほうが良かったと思うことはめったにない。というところでしょうか。

ABSの最大のメリットは、急に強いブレーキをかけなければならない状況に陥ったときに発揮されます。このような状況は、突然やってくるから、急ブレーキとなってしまうわけで、頭でわかっていても、その瞬間に理想的なブレーキングをそうそうできるわけではありません。

基本的にABSは制動距離と無関係だと思ってください。ABSは制動距離を短くするための装置ではなく、急ブレーキをかけてもタイヤをロックさせないようにして、ハンドル操作ができるようにする装置だからです。ただ、比較すると制動距離が長くな...続きを読む

Q活性アルミナについて

すごく初歩的な質問なんですが。。。
まず、カラムにつめる段階で、石油エーテルに活性アルミナを懸濁させようと思ったら全然懸濁しません。これは、一晩ぐらい攪拌とかするのでしょうか?
それとも何か方法があるのでしょうか?
初めて活性アルミナを使うので、全く知識も経験もなくて。。。
シリカやゲルろ過は何度も経験があるんです。だから、シリカと同じようなものかと思ったのに。。。
できれば、活性アルミナを使用する際のちょっとしたテクニック、またはそんなことが書いてある本やHPなんかも教えていただければ、うれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

rei00 です。お礼拝見しました。

> 石油エーテルは揮発してしまったら、
> そのカラムはもう使えないのですか?

 この質問に気付くのが遅れました。申し訳ありません。

 さて,一度乾いたカラムが使えるかどうかですが,「どの状態で乾いたか」と「どの程度の分離が必要か」によると思います。

 試料を乗せた後,分離中にうっかり乾かした場合(あってはいけませんが,学生時分には時々・・・),分離ができるできないは別にして,試料の回収を行なわなければいけませんから,普通どうりの分離操作を続けます。もちろん,分離が悪くなっていると見極めたら,回収操作に切り替えます。

 試料を乗せる前であれば,溶媒を流して空気を抜くか,マイヤーへ一度空けて詰め直して,使用します。もし,分離が非常に困難な試料であれば新しくカラムを作り,回収したものは別試料に使います。

Q車のチョークについて

車のチョークについて
ひと昔の車はエンジンをかけると回転数が上がりましたが、最近の車はあまり回転数が上がりません、なぜ?なのでしょう、エンジンOILがよくなったからでしょうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔は燃料をエンジンに供給するのがキャブレターと言うシステムで、始動時に強制的に燃料の量を多くしていたのがチョークです。単純に回転を上げてエンジンを温める機構です。
現在は、電子燃料供給装置と言われるシステムで外気温などの色々な条件をコンピューターが考えて適切な燃料を供給し結果適切な回転数になります。また最近の車は必要最小限の燃料でエンジンを温める回転数にしていると思われます。

QSTO・アルミナの微細加工(ウエットエッチング、スパッタ堆積)

SrTiO3・アルミナの基板にウエットエッチングで微細加工を行なおうと試みているのですが、フッ酸等の溶液を使ったSTOの加工ではエッチング面が荒れてしまい、燐酸等を使ったアルミナの加工に対しては室温では殆ど反応がなく高温ではレジストの耐性が取れずに困っています。段差の目標は1μm前後です。最近は、スパッタ法によりアルミナの膜を蒸着させる事で微細構造を作れるかどうかも考えています。
どんなことでも構いませんので、何かアドバイスがありましたらご教授頂けると助かります。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

レスが付かないようなので、素人ですが少し・・・

アルミナ基板は多結晶の焼結体ですから、粒界があるかぎり、ウエットのエッチングでは表面はある程度荒れてしまうのでは無いでしょうか?
結晶粒の小さいアルミナ基板って言うのは探せば有るかもしれませんが程度問題ではないでしょうか。
かといって、単結晶であるサファイア基板が使えるのか、そのエッチング性はどうなのかは良く判りません。

スパッタで膜を付けるという点については、ドライエッチングの速度とアルミナ膜を付ける時のスパッタレートのどっちが速いのかってそういう問題と考えていいのでしょうかね?

なんか、いい加減なレスでゴメンなさい。

Q最近車の後ろに謎の傷がある事に気が付きました。 一体、何をどうすればこの様な傷が付くのか、純粋な意

最近車の後ろに謎の傷がある事に気が付きました。

一体、何をどうすればこの様な傷が付くのか、純粋な意味で疑問です。

皆さんは何の傷だと思いますか?
予測でも良いのでご意見いただければ嬉しいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンクリートブロックという意見もありますが、
コンクリートブロックではこの様な傷はちょっと考えにくいように思います。

どちらかといと、鉄筋や太めの針金系の金属類に突かれた様な印象を受けますね。

質問者さんが疑っているくい打ち系の何かに突かれた・・という予想は
私も仕事上でコンクリートなどを壊す電動ハンマ等を扱った経験もありますが、
写真の左側の傷は点だけでなく、擦れた様な傷も加わっているので
工具類で付けた傷とも違う気もしますね。

見た目の印象としては、やはり、バックで下がる際に
金属系の尖った物にぶつかったという印象を受けます。

そして、高さはほぼ同じですが、左右の位置が若干ずれているので、
これは駐車場に車を止める際に、車が多少左右にズレてしまう為なのではないかと思います。
それが1回ではなく、何度も繰り返されて付いた傷なのではないかと思われます。

自宅の駐車場だけでなく、会社や良く行く場所の特定の駐車場で
その様な可能性のある場所がないか、もう一度確認して歩いた方が良いかもしれませんね。


人気Q&Aランキング