人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

「太平の眠りを覚ます上喜撰たった四杯で夜も眠れず」「白河の清きに魚も住みかねて元の濁りの田沼恋しき」
この二つ以外の狂歌をできるだけたくさん教えて下さい。
またその狂歌が何を指しているも教えて下さい。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ここは黒船シリーズで行くぞおっ!とゆーことで・・・。



いにしえの 蒙古の時とあべこべで 波かぜたてぬ伊勢の神風

文永・弘安の役では、朝廷は伊勢神宮に奉幣して戦勝祈願を行いました。結局暴風雨によって蒙古の船団は壊滅しましたが、それを「伊勢の神風」であるとしたのです。

一方黒船来航時の幕府老中首座は、安部伊勢守正弘でしたが、彼は攘夷論を押さえ、徹底した穏健外交に努めました。それを皮肉ったのが、上記の狂歌です。
    • good
    • 0

 世の中に 絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし をもじった 蜀山人の「世の中に 絶えて女のなかりせば 男の心のどけからまし」女好きの面目躍如です。


 松平定信の寛政の改革を冷やかした、「世の中に か(蚊)ほどうるさい物はなし ぶんぶ(文武)といいて夜もねられず」少し違った文も流布しています。   本人は否定していますが、蜀山人の作といわれています。    たるんだ武士たちは文武両道に励めという定信を煙たがりました。
 変わったとこでは、忠臣蔵の堀部弥兵衛の「人切れば おれも死なねばなりませぬ そこで御無事な木刀(きがたな)をさす」があります  普段腰に差していた木刀にか書いてあったそうです。
 一休さんの「何事も 皆偽りの世の中に 死ぬるといふぞ 誠なりけり」意味深長です。    悟りの境地か、僧侶の堕落を嘆いたか、そのほかか。
 作者は知りませんが「世の中は 澄むと濁るの違いにて 人はちやをのみ ぢや(蛇)は人をのむ」があります、政治の腐敗を嘆いたものか。
 同じく「世の中は なんの糸瓜(へちま)と思えども ぶらりとしては暮らされもせず」風刺ではなさそう。 
    • good
    • 2

歌よみは下手こそよけれあめつちの動き出してたまるものかは(宿屋飯盛)



年号は安く永くとかはれども諸色高くて今に明和九(作者不明)

世の中は 食うて糞して寝て起きて さて後は 死ぬるばかりよ(一休禅師)

こんな感じでどうでしょう?
    • good
    • 0

「太平の眠りを覚ます上喜撰たった四杯で夜も眠れず」



ですが、よくて明治、はっきりしているのは大正期に作られたもので、当時の狂歌ではありません。
    • good
    • 0

No1です。

早とちりで済みません。恥ずかしい限りです。恥と云えば太田道灌がにわか雨に農家の娘に雨具を所望して山吹を差出され意味が判らなかったと云う「七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだに無きぞ悲しき」の替歌をふと思い出しました。ちょっと尾籠な話になって申訳ないのですが勘弁して下さい。
「七つ八つ音はすれどもから吹きのみのひとつだに出ぬぞ苦しき」
40年ぐらい前映画館のトイレでの落書でした。快(怪)作ですね。
    • good
    • 0

「門松は 冥途の旅の 一里塚 目出たくもあり 目出たくもなし」一休



この狂歌の意味は色々に読めます。さすがトンチの一休さん(笑)
一般には、歳をとることは嬉しいような、悲しいような…という意味。
また、
西洋の「メメント・モリ」の様に、人はいずれ死ぬことを忘れるなよ!
と正月に浮かれる気分を戒めるような使われ方もします。

さて、本当のところは…
    • good
    • 0

あめりかの米より食わぬ国なれど


 日本人はあわをくふなり
(これも黒船の来航の狂歌です。説明なしでも十分わかりますよね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

黒船来航のは「太平の~」しか知りませんでした。
これは当時の状況がわかって大変面白いです。
有難うございました。

お礼日時:2006/05/05 14:17

少し補足させていただきます。

「上喜撰」は「蒸気船」と掛けています。「白河」と「田沼」を対比していますが、「白河」は「白河藩主」である松平定信を示しています。

狂歌というのは、見かけに比べて、「詠む」者も「読む」者も教養が必要なものです。例えば、次の狂歌の意味が分かりますか?作者の宿屋飯盛(石川雅望)・蜀山人(大田南畝)は一流の文人です。

歌よみは下手こそよけれ天地(あめつち)の動き出(いだ)してはたまるものかは  宿屋飯盛
→『古今和歌集』の紀貫之の仮名序を踏まえています。

世わたりに春の野に出て若菜つむわが衣手の雪も恥ずかし  蜀山人
→『小倉百人一首』に入っている光孝天皇の歌を踏まえています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

NO1の方のお礼でも申し上げましたが、私の言葉が足りないばかりにお手数おかけしました。
確かに教養がないと意味がわかりませんね。この二つを急に出されたとしたら何とかけているのかなんて到底わかりません。昔の人は教養があったんですね。有難うございました。

お礼日時:2006/05/05 14:16

「太平の……」は幕末にペリーが開国を迫って4隻の黒船で浦賀沖に来たときの驚きで夜もねられないほど驚愕したことと上喜撰(宇治茶)を4杯も飲んで眠れなくなることを掛けたもので、


「白河の……」は江戸幕府の老中田沼意次時代は賄賂が横行したが幕府の財政は好転し商人は多いに潤ったが、田沼の失脚後の緊縮政策により庶民はより困窮し田沼が老中であった頃が良かったと詠んだものです。
色々な狂歌の一部として大田南畝(蜀山先生)の小倉百人一首をもじった狂歌百人一首を参考URLで見て下さい。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答有難うございました。URL大変参考になりました。
私の言葉が足りなかったようで申し訳ありません。「その狂歌が何を指しているか」というのは教えていただく狂歌であって、質問にある二つは存じ上げております。
私の言葉が足りないばかりにお手数をおかけして申し訳ありませんでした。

お礼日時:2006/05/05 14:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ歴史授業でウソ(?)を教えるのでしょう

歴史について素人なので「ウソ」という表現が妥当なのかどうか自信はないのですが・・・

歴史に多少興味をもっています。
学生時代はあまり真面目に歴史の授業を受けていなかったのですが、歳をとって歴史を学んでいると、時々
「あれ?実際はこうなのに、どうしてこんな風に教えるのだろう」と疑問に思ってしまうことがあります。

例えば小学校・中学校レベルの社会の授業で黒船来航について学ぶとき、授業ではいかにも
「日本は鎖国をしていて、それまで出島のような例外を除いては全然外国との交易・交流をしていなかった。
ところが幕末に突然ペリーの乗った黒船が現れて、日本は右往左往の混乱に陥った。
これを世の人は『太平の眠りを覚ます蒸気船 たった四杯で夜も眠れず』と表現したんですよ」

みたいなニュアンスで教わります。

ところが実際にはそれ以前にゴローニン事件もあればフェートン号の件があったり、薩摩に外国船が寄航したり等々
外国との関わりは山ほどあったわけです。

これらはもちろん高校の歴史授業レベルだと教わるわけですが、いくら詳しいことまで深くは学ばない小中レベルの授業でも、なにもあえて
「それまでは全然無かったのに突然黒船が来た!」っていうニュアンスでウソをインプットしておく必要も無いと思うのです。

「実はそれまでも何回かそういう事例はあったのですが、黒船の来航にはこれこれの特殊な事情があるから、中学生の皆さんもちゃんと知っておきましょうね」
でいいと思うのですが。

黒船の件に関わらず、歴史を知れば知るほど、歴史をちゃんと学んでいなかった私のような素人には
「えっ!?そうだったの?全然史実と違うじゃん!」
みたいなことに出会ってしまいます。

近現代史のように政治的思惑とのからみで解釈が議論のあるようなものは別論。
そういうような事項でもないのに、時々散見されるこのような「ウソ」はなんのために教えるのでしょうか。

ご意見をください

歴史について素人なので「ウソ」という表現が妥当なのかどうか自信はないのですが・・・

歴史に多少興味をもっています。
学生時代はあまり真面目に歴史の授業を受けていなかったのですが、歳をとって歴史を学んでいると、時々
「あれ?実際はこうなのに、どうしてこんな風に教えるのだろう」と疑問に思ってしまうことがあります。

例えば小学校・中学校レベルの社会の授業で黒船来航について学ぶとき、授業ではいかにも
「日本は鎖国をしていて、それまで出島のような例外を除いては全然外国との交易・...続きを読む

Aベストアンサー

やはり、あまり詳しい内容や難しい内容を教えることは望ましくないという考えからだと思います。授業時間数の関係からいっても、小中学校の頃は歴史にそんなに多くの時間を割けないので、一般にも有名な事項を教えるのだと思います。こういうカリキュラム上の問題は何も小中学校だけにあるものではありません。私は今大学で日本史を学んでいるものですが、大学で学んだ事と比べると、高校の授業内容もけっこう適当なところがあります。

ただ、今手元に中学の教科書が無いのでなんともいえませんが、黒船の来航についてそこまで単純に教えていることは無いんじゃないだろうか、とも思います。

ついでに、黒船の来航について一言。
tewpiさんがおっしゃるように、ペリーがやってくる以前にも、ゴローウニン事件やモリソン号事件など、外国人が日本近海にやってくることはたくさんありました。ただ、そういった単発的な外国との接触よりももっと重要なのは、当時の日本の状態そのもの、つまり「鎖国」そのものの実態です。
今では、江戸時代をいわゆる「鎖国」として捉えることはあまりありません。そもそも「鎖国」という言葉自体、江戸後期に日本にやって着たドイツ人医師ケンペルが記した『日本誌』という本を志筑忠雄と言う人物が翻訳したときに用いた言葉であって、「鎖国」が始まった当時には存在しない言葉でした。
「鎖国」の時代には長崎の出島だけに外国との交易が制限されていた。とよく言われますが、実際にはそのほかに3つの外交ルートがありました。
一つは松前(北海道)で、アイヌとの間での交易を行いました。ここで得た俵物と呼ばれるフカヒレやナマコは、対中貿易の重要な商品でした。
もう一つは対馬を通した朝鮮との国交です。有名な朝鮮通信使です。
最後の一つは薩摩藩が実効支配していた琉球王国との間の関係です。当時の琉球は東アジア一体の中継貿易で非常に発展していたので、琉球と交易するということは、間接的に東アジア、および東南アジアと交易することでもありました。
このように、江戸時代の日本は「よつのくち」と呼ばれる4つの交易ルートを使って、東アジア全体で繰り広げられた経済圏、交易圏にしっかりと組み込まれていたのです。
また、幕府はオランダと交易を行い、オランダ商館長に「オランダ風説書」という報告を提出させていたので、当時のヨーロッパ情勢などにも明るかったです。ヨーロッパの政治変動や、アヘン戦争の情報などは逐一幕府の耳に入っていました。さらには、ペリーが来ることも幕府は知っていました。庶民はそんなこと知らないので、それこそ「たった四はいで夜も眠れず」のような状態だったと思いますが。
つまり、「鎖国」は、外国勢力を防ぐためだけでなく、幕府が貿易や情報を独占することを目的としていたのです。

tewpiさんがおっしゃる「ウソ」を教えないようにすると、少なくともこういったことに少し触れなければならないと思います。小中学生には少し難しすぎるでしょう。だから、授業では最低限覚えておいたほうが良い事柄についてだけ、分かりやすい形で教えるのだと思います。

やはり、あまり詳しい内容や難しい内容を教えることは望ましくないという考えからだと思います。授業時間数の関係からいっても、小中学校の頃は歴史にそんなに多くの時間を割けないので、一般にも有名な事項を教えるのだと思います。こういうカリキュラム上の問題は何も小中学校だけにあるものではありません。私は今大学で日本史を学んでいるものですが、大学で学んだ事と比べると、高校の授業内容もけっこう適当なところがあります。

ただ、今手元に中学の教科書が無いのでなんともいえませんが、黒船の来航...続きを読む

Q江戸時代の狂歌・川柳

「白河の清き流れに魚住まず 元のにごりの田沼恋しき」「太平の眠りを覚ます上喜撰 たった四杯で夜も眠れず」といった、江戸時代を上手く風刺した面白い狂歌・川柳がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
ご質問に当てはまるかわかりませんが、
「かねは内藤志摩守 すそからぼろが下がり藤」
などは如何でしょうか。財政が逼迫して借金でどうにかやりくりしていた信濃岩村田藩内藤家をその家紋(下がり藤)にひっかけてうたったものです。
「江戸時代を上手く風刺した」とは言えないかもしれませんが、中々に厳しい状態であった江戸後期の(特に小藩の)藩政と、それを揶揄する庶民の雰囲気が出ている感じがします。
内藤家では借金のカタにせめてもと鯉を領民に配ったものの「殿様からの鯉はもったいなくて食べられぬ」と用水に放たれ、それが自然繁殖して現在の佐久市を養殖鯉日本一の町にしたとか。そんな逸話も伝わっているようです。
ご存知の話でしたらすみません。


人気Q&Aランキング