親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

明治になって人力車が普及するまで、身分の高い人の乗り物は駕籠だったと理解しています。

駕籠は担ぐ人も大変だし、乗っている人も楽ではなかったと思うのですが、なぜ車(車輪)を使う乗り物が発達しなかったのか、不思議です。

江戸時代でも荷物を運ぶのには大八車などがありましたし、さらに古い時代には貴族は牛車に乗っていた時代もありました。
ですから、車輪を使う技術を当時の日本人が知らなかったわけではなさそうです。
しかし、なぜか、人を乗せる乗り物には車輪の付いたものは現れませんでした。
これは何か、理由があったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ついでにですが、何故日本では馬車が発達しなかったか考えてみました。


当初馬の「去勢」が一般的ではなく、操るのに難しいといった理由かな、と思ったのですが、どうもこれも政策的なもので、幕府の物資運送を担当する「馬方」や「船方」の権益を保護するため,幕府が街道筋での車両の使用を厳しく制限したことによるようです。
その為、こうした規制の無い戦国時代には「荷車」といい、馬が2輪の車をひいて軍事物資を運んでいるようです。
4輪の馬車が使われるようになったのは明治時代からで、実は私も昭和30年頃、家の前を馬が材木を載せた馬車をひいて通るのを見ておりました。
一応政令指定都市のど真中ですが、昭和30年代は馬が都心を通るのも珍しくなかったのですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ごめんなさい。

>どうもこれも政策的なもので、幕府の物資運送を担当する「馬方」や「船方」の権益を保護するため,幕府が街道筋での車両の使用を厳しく制限したことによるようです。

軍事的なことの他に、こういう事情もあったのですね。なるほどと思いました。

>昭和30年代は馬が都心を通るのも珍しくなかったのですね。

農山村ならともかく、大都市の真ん中で昭和30年頃に馬車が走っていたとは、びっくりしました。

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/22 15:40

乗っている人もかなり大変そうです↓


ここまでして、車輪を使うのもどうかな?
と思いました。

日本のものではありませんけど、
参考までに。

参考URL:http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/conten …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ごめんなさい。

参考URL拝見しました。
これは一輪車ですね?!
たしかに乗っている人も大変そうですね。
地面の凸凹の衝撃が、もろに来そうです。
運ぶ人も、バランスをとるのが難しそうです。

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/22 15:55

他の人もおっしゃてますが政策的な問題が多分にあります。


関所はもちろん大きな河に橋を作らせなかったり、
技術的に可能だった外洋向き大型船舶の製造禁止等など。
幕府は外様藩に対して警戒をしていましたから仕方ないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ごめんなさい。

やはり技術的な問題ではなく、政策的なものだったのですね。
技術に関して言えば、江戸時代の日本人は、自転車を作るくらいの能力はあったのでは?と私は想像しています。

幕府は自らを守ることにばかり汲々としていて、国を発展させるという意識はなかったんですね。

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/22 15:47

技術的問題ではなく、幕府が軍事的な配慮から車の使用を禁じていたからです。


その為、東海道など主要街道では大八車もありません。
例外的に許されたのが京都でして、物流の関係で昔から使われていたので許可されたようです。
これ以外にも名古屋、静岡、江戸、仙台・・・の町にも許可されたようです。
これらの街には「くるまみち」という地名が残り、当時を伝えております。

参考URL:http://www.aaa.or.jp/kurumamichi/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ごめんなさい。

>東海道など主要街道では大八車もありません

そうだったんですか?!
大八車も一部の都市の内部での輸送にしか使われてなかったんですね。
ご紹介くださったサイトも参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/22 15:34

牛車や大八車はローカルベースでかなり利用されていたと思われます。

特に戦争で大軍が移動する場合は食料運搬や弾丸運搬に欠かせなかった筈です。

しかし、同じ時代の西欧社会に比べて車の利用が少なく、車の種類も少なかったのは山国日本の道路事情と
江戸時代の藩が幕府の政策で孤立させられ全国規模の陸上運搬システムが発達しなかったことも一因かも知れません。もっとも大きな原因は日本列島が海運や河川運輸に恵まれ過ぎたことでしょう。これは明治以降日本が
加工貿易国として、原材料を輸入して製品化しそれを輸出するようになった時、大きな利点になって国の発展に
寄与しています。

http://www.obihiro.ac.jp/~philosophy/Yasasiku.html

参考URL:http://www.elrosa.com/tisen/82/82021.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ごめんなさい。

ご紹介くださった二つのサイト、興味深く拝見しました。
江戸時代の人命尊重の交通政策を現代と対比して、大いに考えさせられました。
また、「大八車」の名前の由来も初めて知りました。

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/22 15:25

身分の高い人が乗っていたのは「乗り物」であって「駕籠」ではありません。

駕籠は町人でも乗れましたし、なかには罪人を運ぶ駕籠までありました。それと高貴な人が乗るものに輿がありましたね。

やはり道路が車輪に向いていなかったのでしょう。それに日本は沿岸海運や河川水運が発達してましたのであまり必要がなかったのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ごめんなさい。

>なかには罪人を運ぶ駕籠までありました

時代劇で見たことがあります。
でも、市中引き回しのときは、荷車に乗せられていますよね?

やはり、道路の未整備と水運の発達が原因ということですね。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/22 15:16

ひとつには物流の中心として運河や海運が発達していたことが揚げられます。


あえて車輪をつかった運輸手段のために道路を整備しなおすことをしなかったのでしょう。

また、移動の自由が制限され、市民は伊勢参りぐらいは自由にいけましたが、それ以外には国をまたいで交通することはありませんでした。
幕府も江戸に攻め込まれることを防ぐため、あえて迅速に移動できるような道路網の整備はしたくなかったでしょう。江戸の町が掘割で螺旋に切られ、江戸城まで一直線に攻め込まれないようにつくられていることは有名です。

こうした政策が車輪をつかった、陸上での交通の近代化ということ自体、望まれなかったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ごめんなさい。
水運が発達していたことが一因だったというのは、頷けます。
内陸でも米などの物資を川船で運んでいたようですね。
また、幕府の政策により道路が整備されなかったことも、交通の発達を阻害していたのですね。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/22 15:11

正確な理由はわかりませんが、路面の不整備ではないでしょうか?


ゴムやバネの衝撃吸収装置を使わない限り、不整地や砂利道の走行はかなり衝撃を伴います。
20年以上も昔暴走族全盛の頃、バネもショックも外したとんでもない車に乗せてもらったことがありますが、タイヤがあるにもかかわらず、舗装路のほんの少しの段差で驚くほど飛びはね、10分と乗っていられませんでした。
まして木製や鉄製の車輪で未舗装路では恐らく人は乗っていられないと思います。
牛車もありましたが、牛車のスピードは恐ろしく遅いはずですので(人が歩くよりかなり遅いと何かで読んだ気がします)耐えられたのでしょう。

車輪付きの乗り物はゴムタイヤ・バネなどが実用化されてからだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

衝撃吸収装置ですか。。。
なるほど、自転車がパンクしたときの衝撃を考えると、それは容易に想像できます。
駕籠に乗るのも決して楽ではなさそうですが、衝撃吸収装置のない車よりは楽ということだったのでしょうか。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/06 16:29

私見です。


やはり乗り心地じゃないでしょうか。
空気を入れるタイヤが発明されたのはつい最近ですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
やはり、問題は乗り心地ですか。。。
そう言われれば、たしかにそうかもしれませんね。

お礼日時:2004/07/06 16:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、日本人は馬車を使わなかったのですか?是非、教えていただけないでしょうか?。

 西洋や中国では、何千年も前かから馬車が使われてたのに対して日本では明治時代になってからやっと馬車がつかわれるようになりましたよね?
 牛車でなく馬車があれば便利高速手段となったと思うのですが。
 なぜ日本では馬は武士や馬借、馬の背に荷物を乗せて使われることまでしかなっかったのかとても不思議なのですが、そのことについて調べていますがなかなか答えに辿りつけません(ToT)そのことでプレゼンをやるひが近づいてのですかこのままだと、ぜんぜん満足のいくプレゼンができないので、どなたかお答えいただけないでしょうか?
 また日本では手紙も馬を使わず、飛脚を使っていたのかも調べてるですが、そちらのほうもお教え願えないでしょうか?

Aベストアンサー

 以下はわたしが書いたものの抜粋です。テーマが少し違うため直接お役に立たないとは思いますが、もともととても長いものですので、ヒントになりそうなところだけをブツブツと切り取ったものをご回答として。。。
 
1.世界史から見た「車」

●紀元前1595年、ヒッタイトの軍勢が古代バビロンを攻略し占領した。この戦いでは木製の車輪を持ち2頭の馬に引かれた戦車が登場している。この時代に戦車として応用されていたくらいだから、一般の物資運送用には、さらに古くから「車」は存在していたであろう。
●ほぼ起元の頃に当たる古代ローマの時代にも一頭の馬に引かせた戦車(チャリオット・シャリオ)が戦争で使用されていたし、カルタゴの名将ハンニバルのアルプス越えや敗走のシーンにも戦車は登場する。古代ローマと言えば勇壮な戦車競争があるが、ローマ人はエトルリア人からこれを教わったという。
●10世紀以降の頃、わが国では「源氏物語」が書かれた時代、ヨーロッパの主要都市では馬に引かせる荷車が広く普及している。パリではゴミや水を道路に投げ捨て、これを豚が処理していたという。ここに荷車が通るから、道路は年中ヌタヌタ状態で悪臭もひどかったという。それが理由で、やがて道路には側溝と歩道が作られ、次第に石材で舗装されるようになり、さらに大規模な暗渠が整備されることとなった。
●1200年のハンザ同盟の頃のドイツ、わが国では平清盛全盛の時代、ここにも馬車が活躍している。1618年に起こった三十年戦争では人も乗る幌馬車が活躍している。
●18世紀から19世紀、イギリスで起こった産業革命では輸送力が大きく貢献している。また、乗用の辻馬車が生まれ、炭鉱の坑内でもトロッコが活躍している。これらはディッケンスはじめ多くの文学にも登場する。
●1818年、独立間もないアメリカで、開拓民のために土地を給付する法律が施行されて、民衆は新天地を求めて西へ西へと移動を始めた。2頭または4頭の馬に引かせる幌馬車や4頭の馬に引かせる駅馬車(ステージコーチ)などは西部劇でもなじみ深い。

2.日本史から見た「車」

●古墳時代の出土品のなかに円形で、中央に穴があり、穴から外周に向けで多数の線を刻んだものがある。これが「車輪」を模したものか、あるいは宗教的な宝具なのかは不明。
●奈良朝の時代(6~8世紀頃)、唐からさまざまな文化文明が流入している。「車輪」や「車」の概念もまたあったと思われるが記録に乏しい。
●平安時代(10世紀頃)、牛車(ぎっしゃ・御所車)が見られる。平治物語絵巻「六波羅行幸巻」にはこの牛車が克明に描かれているが、一部を鉄などで補強した直径の大きな車輪に特徴があり、ここに当時の「車」が置かれた環境を見て取れる。
●天正20年(1592)、秀吉が朝鮮に出兵した時代、大坂城の火薬庫に多数の荷車に積んだ火薬が搬入されたという記録がある。特に大坂、堺などでの荷車の普及は顕著というが、その姿は不明。
●天文、元亀(16世紀頃)から始まったいわゆる戦国時代、たしかに「車」に関する記述は少ない。まして「乗用」ともなるとまったく見当たらない。少ないこともまた、その理由の推測と考証の足がかりとなる。
●文久2年(1862)に発生した生麦事件に対してイギリスへの賠償が行われることになり、イギリス軍艦パ-ル号に積み込まれる賠償金を運ぶ多数の「大八車」の絵が1963年9月12日号のイラストレイテッド・ロンドン・ニューズ紙に掲載されている。

3.構造と機能から見たわが国の「車」(あまり関係ないので1項のみ)

●路面からのショックを吸収するサスペンションバネの概念の遅れもまた、乗用の「車」の普及度の低さに関係しているかもしれない。とかくのんびりと進む牛車(御所車)の場合はともかく、バネを介在させない「車」では今日の舗装路でも、とても長時間は乗っていられたものではない。

4.中世までの環境から見たわが国の「車」

●これまでに述べたように、「車」というものは、過去、人の力、あるいは家畜の力を利用して運行できるものでなくてはならなかったし、また、その車輪の仕様や車体の寸法が当時の道路事情に合致していなくては利用度が低かったはずである。
●馬は長距離に適しているし歩行速度も速い。その点、牛は長距離には適さないし、その速度も遅いが、根気が良く、短距離かつ長時間の労役には適していた。いわば高回転高トルク型エンジンに似た馬の特性、低速トルクの高いエンジンに似た牛ということになろうか。
●戦国の世には、長距離に及ぶ街道はまだ完全に整備されてはいなかった。
●多くの軍勢は表立って街道筋を通ることを避け、山野を横切ることで、その実勢力を傍の目から隠し、同時に移動距離を縮めていた。そして戦場となるのは自然のままの原野である。このような戦術と環境では「車」は利用度が低かったはずである。
●馬、れん台、輿、駕籠などはこの点、地形やその他の環境に対して対応性と踏破性が高い。
●当時の道路事情といえば、例えば大坂、江戸、京など大都市の市中においてはかなり整備されていたはずである。しかし、ヨーロッパと異なって舗装が遅れたわが国では、一旦雨が降れば車輪がスタック(頓挫)して、そこから引き出すのにさぞかし難渋したことであろう。
●当時の都市計画から見ると、例えば大坂や堺、江戸などでは市中に物資運搬用の船が往来できる堀や運河を縦横にめぐらせることに重点が置かれていた。「車」の積載量に比較するとまさに桁違いに運搬効率の高い船への依存度が高かったからであろうし、大八車などは近距離用として副次的に使用されていたと考えられる。
●中距離、遠距離まで大八車などが引き回されることは、一部の地域や方角を除いて少なかったものと考えられる。一方、乗用ともなると、近距離なら駕籠や馬の方が地形や道幅に左右されない分だけ有利で、利用度の高さで勝っていたはずであり、ここにも乗用の「車」の普及が遅れた理由があるのではないだろうか。
●堀や運河、川などの多い大都市では当然のことながら橋が掛けられている。当時の木橋ではアーチ型に構造材を組み合わせていたことを考えに入れなくてはならない。万一、橋の上り勾配で力負けして「車」が止まってしまうと、「転がり抵抗」も加わって、再度発進させることには大変な労力を要する。坂の多い地域もまたしかりである。物資運搬用の大八車なら丁稚などに手伝わせることもあったであろうが、このような環境においては人力はもとより、牛馬を使う「車」が乗用の営業運行にまで発展しなかった理由がここにもありそうである。
●都市間の移動となると、とかく問題となるのが箱根、山科といった山道、峠道、そして、当時は橋がなかった一級クラスの河川であったろう。たとえ大名行列といえども、そして大人数のお供がいるにしても、「車」はとかく不便であったに違いない。ここでも駕籠、馬、れん台の方が利用度の高さではるかに勝っている。
●当時の街道を考えてみるにつけ、現存する旧東海道(横浜市戸塚区、保土ヶ谷区内)の道路の幅員の狭さに驚かされる。車幅1700ミリの5ナンバー車が一台やっと通過出来る程度の道幅であり、大八車などが頻繁に往来するにはあまりにも狭い。

 以下はわたしが書いたものの抜粋です。テーマが少し違うため直接お役に立たないとは思いますが、もともととても長いものですので、ヒントになりそうなところだけをブツブツと切り取ったものをご回答として。。。
 
1.世界史から見た「車」

●紀元前1595年、ヒッタイトの軍勢が古代バビロンを攻略し占領した。この戦いでは木製の車輪を持ち2頭の馬に引かれた戦車が登場している。この時代に戦車として応用されていたくらいだから、一般の物資運送用には、さらに古くから「車」は存在していたであろう。
...続きを読む

Q江戸時代の交通手段

江戸時代の交通手段についてしらべています。
どんなものでもいいので、教えて下さい。
できたら、何故馬車が明治時代まで日本になかったのかも教えて下さい。
お願いします!

Aベストアンサー

牛車があるのに,なぜ馬に曳かせなかったのでしょうか.まず牛のようにゆっくりでないと,車の輪が持たなかったのかもしれませんね.馬のように走るのは乗り心地が悪かったことも一因でしょうか.大八車があったと思いますが,それを応用することもなかったデすね.それと人力車の発明は日本ですが、馬に曳かせなかったことも不思議です.日本は山や川の凹凸の多い国で、山では上がりはいいけれど,下がりの調節とか、戦略で橋をつけさせることをしなかったこと.また道が曲折したり、狭いことで、馬車が発達しなかったことではないでしょう.むしろ北前船や,菱垣船,千石船などが、利用が多かったのではないでしょうか.か..それと農家の民には,旅行できる余裕--農地に縛り付けられて-ができなかった.生かす殺さずという武士の考えで,江戸の末期には,それが緩んで.伊勢校参りとか盛んになったが,金がかかること,追いはぎに遭うとか,合ったそうです.

Q日本の乗り物の歴史について質問です!

日本では、馬車からリニアモーターカーまでいろんな乗り物が使われてきたと思いますが、
・日本の乗り物の進化の流れ
・それぞれの乗り物がいつごろ使われていたか
を教えて下さい!!!困っています(´;Д;`)
お願いします!!!!!

Aベストアンサー

 宿題なら自分で調べたほうがいいと思いますが(笑)

まずは 人でしょうね。おんぶとかです。騎馬戦のような感じだったかもしれません。
有力者が奴隷(奴婢)にさせたのでしょう。

 次に馬や牛にそのまま乗ったと思います。

 舟の簡単なもの・・・初期は大きな木を繰り抜いただけのものだったでしょうが、これも歴史書に残る以前からあるものと思われます。舟についてはその後、いかだや櫂を使うもの、帆船、蒸気船などと変化しました。

 次は人力で担ぐ輿や駕籠。この手は近代まで・・・現在も観光地などで見られますね。

 平安時代には牛車が登場します。平安時代の女子が自分の旦那さんに自分のところに泊まってもらえるように、玄関に牛の好物の塩を盛った・・・現在でも飲食店の玄関先で盛り塩は見られます。

 その次に馬車でしょう。馬車も今でも見ることができます。

 明治時代に入って陸蒸気・・・蒸気機関車が走り出します。これも現在も走っているところがありますが、ほぼ昭和40年台で終わりました。

 明治時代には自転車も・・・今のようなものではなく、最近小さな子どもたちに自転車の乗り方を早く習得させるために、足でけってバランスを取り走るものがありますが、ああいうものですね。

 自動車が日本出始めて作られたのが1904年だそうです、。ということは輸入されたのはそれ以前ですね。

 ライト兄弟が有人飛行機を飛ばすことに成功したのが1903年だそうです。

 まだ続けます?(笑)

 とりあえず、人力による輿や駕籠、牛車や馬車、繰り抜き舟やいかだや帆船など、現在も一般的ではないにせよ残っています。

 宿題なら自分で調べたほうがいいと思いますが(笑)

まずは 人でしょうね。おんぶとかです。騎馬戦のような感じだったかもしれません。
有力者が奴隷(奴婢)にさせたのでしょう。

 次に馬や牛にそのまま乗ったと思います。

 舟の簡単なもの・・・初期は大きな木を繰り抜いただけのものだったでしょうが、これも歴史書に残る以前からあるものと思われます。舟についてはその後、いかだや櫂を使うもの、帆船、蒸気船などと変化しました。

 次は人力で担ぐ輿や駕籠。この手は近代まで・・・現在も観光地な...続きを読む

Q日本で馬車が発達しなかった理由

どうして日本ではヨーロッパほど馬車による移動が発達しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

江戸幕府によって、江戸府中の一部や京都の一部を除いて、「車」(大八車や牛車含めて)の通行を禁止されたのが大きいでしょう。

参勤交代でも、大名は人足が担ぐ輿に乗って移動してますねー。

地理的な問題点もあれど、制度的に禁止されていたことが一番大きい理由だと思いますよ。
#そうでなければ、明治以後に車や鉄道が急速に発達した理由と矛盾します。

Qなぜ飛脚は馬ではなく人力で走るのか?

江戸時代、飛脚がいますよね。なんでも大阪から東京まで3日でいったとかなんとか。

それはそうとして、時代劇で飛脚を見るたびにおもっていました。

「なぜ、馬を使わないんだろうか?」

馬のほうがいいような気がするんですが、どうでしょうか?

いや馬を使っていたこともあるとは思うんですけど。

飛脚ってほとんど人力走りじゃないですか。おかしくないでしょうか?

Aベストアンサー

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも馬を御す技術を持った者のことだったため、乗馬が特権化した。
・仏教思想から、馬に限らず牛なども家畜というより家族として扱った
ということが影響していると思われます。

そのうえで飛脚についていうと、江戸時代でも馬による伝令はあったのです。ですから、飛脚とは別に馬を使った伝令も江戸時代にはあったのが事実です。
これらの伝令用の馬は平安時代に「駅伝駅馬」として整備を始め、江戸時代には駅がおかれた地域を中心に宿場町が発展していました。
つまり江戸時代の宿場には駅(伝令のために馬を用意し、宿泊できる施設も整えた施設)もあったのです。

ところがこれは平安時代から政治的軍事的な伝令のためのもので、庶民がつかえるようなものではありませんでした。武士といっても国の根幹にかかわるような伝達事項でなければ、馬は利用できなかったのです。

そのため、庶民が気軽に利用できる郵便制度として飛脚が発展し、まるで現在の宅配便のように気軽に利用できるようになっていたのですが、ここでそもそもの問題があります。それは「なぜ江戸-大坂間などを頻繁に飛脚が往復する必要があったのか」ということです。

この時代は人の行き来が難しい時代ですから、現代のように関東と関西に親戚がいて、お父さんは東北に出張、お母さんは九州に旅行、という具合にはいきません。当時のほとんどの人は生まれた場所から10kmぐらいの行動範囲しかなかったのです。

そのため飛脚は実は「商売」のために往復していたのが実際のところです。実は江戸時代、江戸と大坂では金貨経済と銀貨経済と貨幣も貨幣単位も違いましたし、大坂の堂島には米の先物取引があり、米相場は大坂しかし米の消費地は江戸、という二重経済をしていたのです。

今で言えば日本の中に円建ての経済地域とドル建ての経済地域があるようなもので、しかも毎日為替相場が動いて、その日の金貨と銀貨の交換比率が変わるという具合だったのです。

現在でもFXのように、為替相場は儲けることができます。また米の先物取引で儲けることもできます。この儲けのために頻繁に江戸-大坂間を証文がやり取りする必要があったので、飛脚が発達したのです。
しかしこれは階級社会から見れば士農工商の商、何の労働もしないで富をえるいちばん悪い儲け方だったので、当然ながら役人は馬の使用を許可しなかったのです。

これが、実際に馬を利用しなかった(できなかった)一番大きな理由です。

もっとも、日本も馬の去勢を取り入れていたら扱いやすい馬が増え、江戸時代には普通に馬や馬車を利用していたかもしれません。

日本から古来から大陸産の馬を時々輸入していたようで、去勢の方法も知らないはずは無かったのですが、たぶん当時の文化的な理由から馬の去勢をしなかったのだと思います。(じつは人間の去勢である宦官も日本は大陸から受け入れていません。日本は中国・朝鮮からいろいろな文化を受け入れつつかなり取捨選択しているのです)

話が脱線しましたが、江戸時代の中期になると庶民でも利用できるぐらい飛脚が発展したので、時代劇にも登場するのでしょう。それに比べて伝令の駅馬は地味すぎるのと政治的なドロドロが多すぎてテレビには向かないのではないでしょうか。

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも...続きを読む

Q平安時代の乗り物はどうして牛車

源氏物語などを読むと、
平安時代の貴族の一般的な乗り物は牛車のようです。
どうして馬車を利用しないのでしょうか?
牛など遅すぎますし、よだればかりたらしていて美的ではないです。
当時の馬にパワーがなかったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、現在「馬」と聞いて思い浮かべるサラブレッドは、昔の日本にはいませんでした。
昔はもっとずんぐりした馬でした。
昔の武士が乗っていたのは、そういうずんぐりした馬だったのです。
でも、パワーはすごいですよ。
力仕事をさせるための馬ですから。
今でも、北海道のどこかでその馬を使った馬そりレースをやっています。

それでは素人ながら質問にお答えさせていただきます。

牛車と馬車のスピードの違いですが、確かに舗装した平坦な道路で競争したら、馬車の方が速いだろうと思います。

でも、昔の道は未舗装なんですよ。
よく映画なんかで、馬車がすごいスピードで走るシーンがありますが、実際に未舗装の道であんなふうに馬車を走らせるのはほぼ無理だろうと思います。
あっという間に車輪がこわれるんじゃないでしょうか。車輪は木製ですよ。
車輪が壊れなくても、乗っている人は天井やら壁やらにぶつかってあざだらけになると思いますよ。
乗っている人がゆったりあざを作らずにのるのなら、牛が引いても馬が引いても速度的には変わらなかったのではないでしょうか?

それと、もう一つ重要なことは、
貴族は先を急いでせかせかしたりしないものです。
牛が引こうが馬が引こうが、ゆったり優雅に移動できればいいのです。

そういう意味で、馬の荒っぽい動きより、牛のゆったりした動きの方が、平安貴族の美意識に合っていたのかもしれませんね。

あと、質問者さん、牛を引っ張ったことありますか?
すごい力ですよ。
日本では、ほんの数十年前まで、牛に農機具を引かせて畑や田んぼを耕していたんですよ。
昔は農家には必ず牛がいて、農作業をしたり荷物を運んだりして活躍していました。今のトラクター・トラック・乗用車、全ての役をしていたんですね。
牛は、農家の何より大切な財産だったし、今でも世界各地の農地で働いています。
パワー的には昔の馬にもまったく劣らないのではないのでしょうか。

というわけです。

まず、現在「馬」と聞いて思い浮かべるサラブレッドは、昔の日本にはいませんでした。
昔はもっとずんぐりした馬でした。
昔の武士が乗っていたのは、そういうずんぐりした馬だったのです。
でも、パワーはすごいですよ。
力仕事をさせるための馬ですから。
今でも、北海道のどこかでその馬を使った馬そりレースをやっています。

それでは素人ながら質問にお答えさせていただきます。

牛車と馬車のスピードの違いですが、確かに舗装した平坦な道路で競争したら、馬車の方が速いだろうと思います。

...続きを読む

Q江戸時代の駕籠

駕籠自体、相当重そうなのに、人を乗せてかなりの距離を走る。
昔の人の体力には感心するものの、乗ってる方も乗り心地悪そうだし、二人分の人件費がかかります。
なぜ人力車のように、車輪をつけようと思わなかったのでしょうか。大八車とか、牛車とかはあったわけで、車輪の概念はありますよね?
何かの理由で幕府が禁止していたのですか。

Aベストアンサー

江戸については幕府が人の乗る車を禁止していました。京都でも御所車以外では、牛車は人間が乗ることを禁じられていました。
言い方は悪いのですが、駕籠かき人足の「既得権益」を守るためです。実際、明治になって馬車の解禁の際、かなり揉めています。

以下の本に、まさにpastoraleさんの抱いた疑問と、その調査結果が載っています。

『日本史再発見―理系の視点から』板倉聖宣、朝日選書

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む

Q北朝鮮と韓国はなぜ仲が悪いの?

学校の授業ではよく分かりません。
北朝鮮と韓国は何故仲が悪いんですか?
北側を旧ソ連、南側をアメリカが占領した事から始まったと教わりましたが、それは旧ソ連とアメリカとの争いであって、占領された両朝鮮が仲悪くなる事はないと思うんですけど。
原因を教えて下さい。

Aベストアンサー

北朝鮮と韓国は、停戦中ということで、実はまだ戦争が終わっていないのです。

もともと第二次世界大戦終戦までは朝鮮半島は一つの国だったのです。でも戦後に日本の占領を離れて独立するということになり、ではどのような政治体制でゆくかを自国民で考えなくてはなりませんでした。

その時に、主張というか好みが真っ二つに分かれたのです。

一方はアメリカのような民主主義政策で行こうと考え、もう一方はソ連のように社会主義がいいのではないかと。

それをアメリカとソ連が後押しして、朝鮮半島では戦争になりました。米ソが自分の仲間を増やすために、朝鮮半島で戦争をさせたとも言えますが、戦争は終わっておらず、停戦中なのです。びっくりですね。

なので、決着がつかないまま、二つの国として独立した主権国家になりました。(アメリカは北朝鮮を主権国家とは認めておらず、最近やっと認めたらしいですよ。)

専門家ではありませんので、間違いがあったらお許しを。
ご自分でも図書館など本を色々と調べてるみるといいですよ。
考えが偏らないように、常に事実はどうなのか、見極める目をもつ姿勢は大切です。
様々な意見をくみ取って自分の頭で考えるということは、学生時代に身につけるべき大切なことですから。

北朝鮮と韓国は、停戦中ということで、実はまだ戦争が終わっていないのです。

もともと第二次世界大戦終戦までは朝鮮半島は一つの国だったのです。でも戦後に日本の占領を離れて独立するということになり、ではどのような政治体制でゆくかを自国民で考えなくてはなりませんでした。

その時に、主張というか好みが真っ二つに分かれたのです。

一方はアメリカのような民主主義政策で行こうと考え、もう一方はソ連のように社会主義がいいのではないかと。

それをアメリカとソ連が後押しして、朝鮮半島で...続きを読む

Q法定速度で走ってはダメなの?

こんにちは。免許とって半年になります。
実は、最近道路を運転していると、
周りの車のスピード違反の多さに驚かされます。
私は、60km/hならきちんと60km/h以内で走っているのに、
後続車などは、私の後方につめてつめて、我慢できなくなり、7.80km/h位で追い越ししていきます。
速度規制の標識(50km/hなど)があってもみんな、それ以上で飛ばしていきます。
併走していても、みんなどんどん追いぬいていきます。
私も、後続車などに迷惑がかからないように、見とおしの良い道路などでは
制限速度目いっぱいで走っていても、みんなびっちり後ろにつめてきたり、
しびれをきらして追い越していったり....
ほとんどの人が制限速度守ってない気がします。
なんで、みなさん法定速度以上で走っているのですか?
取締り怖くないんですか?
それとも、周りが法定速度や制限速度以上で走っているときは、
それに合わせないといけないような暗黙の了解でもあるんでしょうか?
私は、どうすればいいのでしょうか?
確かに交通の流れを乱してはいけないと教習所では習いましたが、
法定速度や制限速度を破ってでも、やらなければいけないとは思いません。
こんな私は迷惑ですか?

こんにちは。免許とって半年になります。
実は、最近道路を運転していると、
周りの車のスピード違反の多さに驚かされます。
私は、60km/hならきちんと60km/h以内で走っているのに、
後続車などは、私の後方につめてつめて、我慢できなくなり、7.80km/h位で追い越ししていきます。
速度規制の標識(50km/hなど)があってもみんな、それ以上で飛ばしていきます。
併走していても、みんなどんどん追いぬいていきます。
私も、後続車などに迷惑がかからないように、見とおしの良い道路などでは
制限速度目い...続きを読む

Aベストアンサー

もし、あなたが法を犯して取締りを受けたり、
事故に巻き込まれて速度超過を理由に過分の過失割合を請求されても彼らは責任を取ってくれません。
法定速度遵守車両に速度超過の車両が追突した場合、どちらに賠償責任があるのか、考えてみれば自明ですね。
路上には制限速度を厳守している車両がたくさんあります。
後ろのバンパーに”制限速度遵守車両”のようなステッカーのあるトラックが走っていますね。
輸送関係など業務用車両に多いハズです。
また、積載量の多いトラックや旧式の軽自動車など高速道路で100km/h以上の巡航がキツイ車両も多いのです。
さらに、自動速度取締装置には”流れ”のパラメーターはプログラムされておりません。
あまり、雑音を気になさらず、安全運転を励行なさることをお勧めします。


人気Q&Aランキング