先日友人から、ソニーの
「High Dencity VIDEO TAPE V-72 for Helical Scan Video Tape Recoders」
なるものを譲ってもらったのですが、古いものなのか何に使えるのか全く
分かりません。新品でキレイなので捨てるのももったいないので使い方等
ご存知の方が居られたら、どんなことでも結構ですのでお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>映写機にかけるような形をしています。



1インチのビデオテープです。

D-2VTRが放送局で一般化するまで、民放テレビ局の
番組送出の基本フォーマットとして利用されていました。
(今でも、現役で一部利用されていますが…。)
記録可能時間 180分~5分

下記サイトの写真は「ハイビジョンデジタル用ビデオテープ」ですが、
同様な形状ですよね。

ヨシダの特集 プロ・メディア
  ↓
http://www.sonyshop-yoshida.co.jp/tokushuu3.html

使用するVTRは1インチVTRですが、現在生産はされていないはずです。
当時、数百万はしました。

Sony History
第4話 世界の放送業務用VTRのスタンダード
  ↓
http://www.sony.co.jp/Fun/SH/2-3/h4.html

現状では利用と言うより、オブジェとして利用するべきでは?

参考URL:http://www.sonyshop-yoshida.co.jp/tokushuu3.html,http://www.sony.co.jp/Fun/SH/2-3/h4.html

この回答への補足

丁寧なご回答有難うございます。

ケースはテレビ局のENG倉庫にあるような
ハードケースではなくて塩ビのソフトなものです。

いずれにせよ現状では使用は無理のようですね。
オークションにでも出してみます。
テープマニアっているのか分からないですけど。

補足日時:2002/02/08 06:00
    • good
    • 0

オープンリールタイプのビデオテープですか?



Helical Scan とは記録方式の一種で、VTRのテープ幅に対し回転ヘッドが斜めに走査するタイプです。
1インチVTRやベータカムがこの記録方式を採用しています。

カセット型なら、「β cam」等の記録フォーマットや型番が記載されていると思います。確認して下さい。

フォーマット、型番と形状が判れば使用できるビデオデッキも判断できると思います。

この回答への補足

カセット型ではないのでオープンリールタイプなんでしょうか。
映写機にかけるような形をしています。
直径15センチくらいのプラスチックリールです。
SONYのサイトで見ても製品一覧にはベーカム用のやつばかりしか
掲載されていないので現行製品ではない。
検索しても、箱に書かれている「Helical Scan」や「High Dencity」は
規格や方式の用語でしかないみたいで結局「V-72」だけが製品単独の文字
なのかなーという感じです。

補足日時:2002/02/07 20:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオープンリールデッキ。

オープンリールデッキの音って良くないですか?

ラジオ番組をオープンリールデッキで録音したものを
聴かせてもらいましたが、ラジオで聴くよりもずっといい音でした。

そして、CDやレコードをオープンリールデッキに録音した音も
元のCDやレコードよりも良く感じました。

これは私の好みに合う。っというだけなのでしょうか。
それとも、オープンリールデッキは本当に音がいいのでしょうか。

聴かせてもらったのは、「OTARI」っという私は知らないメーカーです。

Aベストアンサー

OTARI は High End の Pro' 用 Studio Open Reel Tape Recorder Maker ですよ……過去形ですが(^_^;)。

FM 放送局の送り出し用は DENON が主流でしたが、録音 Studio では REVOX、STUDER、TEAC と並んで OTARI も Popular な Tape Recorder でしたよ。……TEAC が TASCAM に統一される頃には OTARI は見なくなりましたが……。

http://www.endlessanalog.com/machines

私は TEAC A6100 を愛用していましたが、OTARI MX7000 の音は別次元と言うほど良かったですよ。

http://audio-heritage.jp/TEAC-ESOTERIC/player/a-6100.html

当時「やはり別次元の音!」と思ったのは TEAC T9100 です。

http://www.audio-heritage.jp/TEAC-ESOTERIC/player/t-9100.html

これは Amp' 部に真空管が使われていました。

OTARI MX7000 も TEAC T9100 も Pro' 機を借りたものですのできちんと調整、整備がなされたものだったのでしょうが、愛用していた TEAC A6100 は Transport 部がひ弱で Amp' 部も Cost Down された部分が多い Consumer 向けの製品でしたので音はそれなりでした。……と言っても Cassette Deck とは別次元の音ですが(^_^;)……。

OTARI は MX5000 ならば TEAC A6000 Series、MX5050 ならば TEAC A7000 Series ぐらいと競合する機種だっただろうと記憶します。

http://www.ebay.com/sch/sis.html?_kw=OTARI+MX-5050+MKIII+2+TRACK+1/4%22+PRO+REEL+TAPE+RECORDER

TEAC も A7000 Series ならば A6000 Series や A3000 Series とは一線を画す Series でしたね。

http://www.audio-heritage.jp/TEAC-ESOTERIC/player/a-7400rx.html

まぁ一応 A6000 Series も A3000 Series も Pro' 用のものがありましたが……。

http://www.audio-heritage.jp/TEAC-ESOTERIC/player/a-6700dx.html
http://www.audio-heritage.jp/TEAC-ESOTERIC/player/t-3510.html

私が最後に使った TASCAM A80-8 は音色も操作感も長年愛用したTEAC A6100 とよく似た感触の Tape Recroder でしたね。

http://www.audio-heritage.jp/TEAC-ESOTERIC/player/80-8.html


>オープンリールデッキの音って良くないですか? ラジオ番組をオープンリールデッキで録音したものを聴かせてもらいましたが、ラジオで聴くよりもずっといい音でした。

そうだろうと思います。

真空管 Amp' の醸し出す音の魅力もそうなのですが、大音量から小音量に至る Level 間での周波数特性や歪み感、圧縮感等が直線的ではなく、録音 Level を低めに採るか、高めに採るかでも周波数帯域の Wide 感、背景 Noise の質感、楽音全体の圧縮感や残響感が大きく変わるのが Analog Tape Recorder の特徴で、Cassette Tape Recorder では判りにくいかも知れませんが、Cassette Tape Recorder でも Bias と Equalizer を可変できるものであれば音色感を大きく変えることができます。

Open Reel Tape Recorder ならば Bias Equalizer を必死に(笑) 調整しなくても、録音 Level と Tape 型番 (例えば SCOTCH 206 か 207 か、或いは MAXEL か TDK か AGFA か等……) の選択で音色の雰囲気を大きく変えることができ、「録音に失敗」と言うほどの酷い録音でもなければ、総じて Cassette Tape Recorder とは次元の異なる高音質を感じられる筈です。

実は Noise が皆無であるとか歪みが全くないとか周波数特性が極めて広範囲にわたって Flat であるというものが「良い音」とは言えないもので、Microphone から Speaker に至る Total で心地良い Noise と歪み感、適切な周波数特性が得られる System の方が遙かに良い音がするものなのです。・・・そもそも Microphone が Pick Up する音自体が全く色付けのない音とは言えませんので、最終的に良い音にするために様々な変化を加えられる System の方が良い音を出せるものであったりするのです。

Audio 機器は記録装置こそ Digital 機器になりましたが Amp' も Speaker も根本的な改変を経ているものではなく、特に Speaker は 100 年に渡って根本的には全く変化していないと言えるほどですので、Digital Recorder が主流となった 1990 年頃までは最高の性能を持つ記録装置として半世紀も君臨し続けてきた Open Reel Tape Recorder の音を現代の Speaker で鳴らしても良い音がするのは当然でしょう。


>元の音よりも良い音になるはずはないことはわかりますが、

良い音になりますよ(笑)。

元の音が最高の音というわけではありません。

本当に最高の音であるのは録音 Studio の Monitor Speaker から出ていた時の音かも知れませんが、家庭の System でそれと同じ音を出せる筈がありませんよね。……部屋の構造も Audio System も全く違うのですから……。

FM Radio の音を Tape に録音するのは (昔は Air Check と呼ばれた手法ですが)、Analog Tape に録音し直すことによって、その人の部屋で聴く音が「音楽の Essence を抽出したような音」になって「良い音」に感じるようになることが多々あるものです。

そのため Disk Record も Tape に録音し直して Walkman で聴いたり Car Stereo で聴いたりしますよね。……Tape Type I II III と Dolby B/C の選択で音色を変えられた筈です。

面白いもので、私は 128kbps MP3 の Digital Radio 局から Xmas 曲を大量に PC に落とした際、それを PC では再生せずに VHS-HiFi Video Tape Recorder の 3 倍速 (200 分 Tape で 10 時間!) に録音し直してから店内 BGM に用いた経験があります。……そちらの方がシュルシュルと言うみたいな MP3 特有の圧縮変動音が皆無で、周波数 Balance も良く、聴いて疲れない「良い音」でしたので(^_^;)。

VHS-HiFi Video Tape の音声 Track は FM 変調の Monaural になるのですが、Wow & Flatter もないし、独特の Compression 感が耳に心地良い音でした。

昨今は PC の Data を Analog 出力したものを真空管 Amp' を通して鳴らすことによって PC での Digital 音響調整だけで目的の「心地良い音」を創り出せるようにしているのですが、PC だけでは真空管 Amp' を通した音にはなかなかできないので、私にとって真空管 Amp' は必需品になっています。……多分、Digital 調整だけでも目的の「心地良い音」を創り出せるだろうとは思うのですが、そこまで Digital Audio Effecter を使いこなす腕はありませんので(汗)……まぁ画像ならば友人の女性写真を Adobe Photoshop で美人さんに調整するぐらいはできるのですが(笑)。


>ラジオ番組をオープンリールデッキで録音したものを聴かせてもらいましたが、ラジオで聴くよりもずっといい音でした。

Radio 番組を録音するために使っていらっしゃるのであれば恐らく MX5000 系統だろうと思いますが、それでも Cassette Tape Recorder とは次元が異なる素晴らしい音がする筈です。

もう Tape の入手も困難な時代ですので、貴重な体験をなされましたね!

良い音に出会うには、演奏会場で良い音で聴けそうな席を探すのと同様に、聴き手の側からも積極的に良い音に調整して行く……Analog Audio 時代には必須の心得だったのですが、そうした経験をなされたと理解できれば幸いです。

素敵な Audio Life を(^_^)/

OTARI は High End の Pro' 用 Studio Open Reel Tape Recorder Maker ですよ……過去形ですが(^_^;)。

FM 放送局の送り出し用は DENON が主流でしたが、録音 Studio では REVOX、STUDER、TEAC と並んで OTARI も Popular な Tape Recorder でしたよ。……TEAC が TASCAM に統一される頃には OTARI は見なくなりましたが……。

http://www.endlessanalog.com/machines

私は TEAC A6100 を愛用していましたが、OTARI MX7000 の音は別次元と言うほど良かったですよ。

http://audio-heritage.jp/TEAC-ESOTERIC/player/a...続きを読む

Q【車ナビ】新品を購入したが故障品→新品と交換?

こんばんは、いつもお世話になってます。
新車購入時に純正ナビを購入しました。
初めから故障していたのですが(案内道を間違えたらルート外になりその後ルート外になったまま)
ナビ付き車に乗った事がない私はそれが普通だと思ってました。
半年点検の時聞いてみたら故障してるとの事で新しいのと交換して頂きました。
その後2年間のうちに2回故障し2回交換、1回修理・・・
最近また調子が悪く丁度車検だったので修理をお願いすると
新しいのと交換してくれるとの事。。。
その時にチラッと言ったのが
【新品ではなくて、壊れたナビを修理したもの】
との事でした。。
・・という事は今まで交換していたナビも新品ではなく壊れたものを直した物だったの!??
だからすぐ故障するのか!???
とショックでした。。
もしかしたら新品で購入し初めから故障してたナビも新品じゃなかったのでは!?・・と不信感が沸いています。。

機械物はよく分からないのですが、新品で購入した商品が故障してた、又はした場合
普通新品と交換してくれるものではないのでしょうか?
それとも今回のようなケースは一般的な事なのでしょうか?

文章が長くまとまらず申し訳ございません。。
詳しい方宜しくお願い致します<m(__)m>

こんばんは、いつもお世話になってます。
新車購入時に純正ナビを購入しました。
初めから故障していたのですが(案内道を間違えたらルート外になりその後ルート外になったまま)
ナビ付き車に乗った事がない私はそれが普通だと思ってました。
半年点検の時聞いてみたら故障してるとの事で新しいのと交換して頂きました。
その後2年間のうちに2回故障し2回交換、1回修理・・・
最近また調子が悪く丁度車検だったので修理をお願いすると
新しいのと交換してくれるとの事。。。
その時にチラッと言ったのが
...続きを読む

Aベストアンサー

>新品で購入した商品が故障してた、又はした場合普通新品と交換してくれるものではないのでしょうか?
この考えはちょっとおかしいですね(^^;)
そもそも、『新品(国産)=壊れない』とは限りません。
海外品なら、壊れてもそこまで問い詰めないのでは?

外車が故障しても「やっぱりか…」で済むのに、国産車は「なんでだ!」ってなってしまう。
『新品(国産)=壊れない』は日本の工業神話のせいですね。

しかし、新品といえども所詮機械です。大量生産をしているのだから、いくつか不備があるのはできて当然です。
でも、それを消費者は不満に感じるし、生産者も故障の原因を知りたいので、『修理をする』という目的で『保証期間』というものが存在するのです。新品と交換を約束するものではありません。そこは誤解しないでください。

で、本題に戻ります。
まず、故障に関してですが、短期間で故障が多すぎますね。これは食らいついていいはずです。1度ならず、今回で3度目なのですから、信用問題に関わるレベルでしょう。新品に取り替えさせましょう!
「こっちは消費者で、高額のお金を払っているのだから、こんなに頻繁に故障をされて、その度にこうして修理に来てたんじゃ、時間の無駄だし面倒だ!こっちにだって予定があるんだし、いつでも修理に来れる訳じゃない!
機械だから仕方が無いと思って大目に見てきたが、いくらなんでも故障が多すぎだ!我慢にも限度ってものがあるんだ!ここまで来る往復の足代を払ってくれて、しかも修理のお金を出さなくていいなら、このままこれを使って修理もそちらに任せるが、それができないなら、新しいのに替えるか、こんな役に立たないナビはいらないから、お金を返してくれ!!」
と言ってみましょう。怒りを露にすれば、態度が急変するはずです。
私は女ですが、1年に2回ナビを修理し、ついに3回目…ってなったときに、上の台詞を言って、新品に取り替えさせました。上の他にも言った台詞はありますがね…(^^;)

>新品で購入した商品が故障してた、又はした場合普通新品と交換してくれるものではないのでしょうか?
この考えはちょっとおかしいですね(^^;)
そもそも、『新品(国産)=壊れない』とは限りません。
海外品なら、壊れてもそこまで問い詰めないのでは?

外車が故障しても「やっぱりか…」で済むのに、国産車は「なんでだ!」ってなってしまう。
『新品(国産)=壊れない』は日本の工業神話のせいですね。

しかし、新品といえども所詮機械です。大量生産をしているのだから、いくつか不備があるのはで...続きを読む

Qオープンリールテープデッキ

オープンリールテープデッキを最近手に入れました。
オートリバース録音をするのに『センシングテープ』を貼ると取説に有りましたが、オープンリールのテープ自体もヤフオク購入しています。『センシングテープ』はまだ購入出来るのでしょうか?
他のテープで代用出来ませんか?

初めてのオープンリールですので詳しい事は分かりません、初心者にも分かりやすくご説明頂けると有難いです。

Aベストアンサー

はじめまして♪

X10-R懐かしいですねぇ~ 手放してしまいましたけれど、、、

さて、センシングテープはテープの記録面に電気が通るアルミ箔に粘着材が付いた数センチの代物です。
 薄いアルミ箔に薄手の両面テープを貼付け、両面テープの剥離紙ごと、テープの幅より少し狭い様態に切り出して、3センチ程度に切った物をA面終了部分に貼付けると良かったと記憶しています。

X10-Rの場合は、センシングテープを検出すると、停止状態になり、モーターを逆回転にし、回転が安定してからリバース起動します。
「ガチャン」と鳴り、停止、数秒後に「ガチャン」と鳴り動き出します。

エンドレスに回す場合は、A面のスタート部分にもセンシングテープを張り、センシングテープが通過した場所から再生が必要です。

またこのX10-Rは写真のように垂直に置くのも良いですし、水平に置いたり、19"ラックマウンターが有れば、ミキサーラックに前傾させた使い方も可能です。

テープの残量により、送りと巻き取りリールの速度が変化して行ったり、テンションアームが動いているのが、見ていて楽しかったのを思い出しました。
 私のは、壊れてたけど、それでも欲しいと言う方に差し上げてしまいました。 大切に使ってあげてください。 応援いたします☆

はじめまして♪

X10-R懐かしいですねぇ~ 手放してしまいましたけれど、、、

さて、センシングテープはテープの記録面に電気が通るアルミ箔に粘着材が付いた数センチの代物です。
 薄いアルミ箔に薄手の両面テープを貼付け、両面テープの剥離紙ごと、テープの幅より少し狭い様態に切り出して、3センチ程度に切った物をA面終了部分に貼付けると良かったと記憶しています。

X10-Rの場合は、センシングテープを検出すると、停止状態になり、モーターを逆回転にし、回転が安定してからリバース起動します...続きを読む

QVue Scan について

 現在WindowsXP版でコニカミノルタのスキャナーDiMAGEを使ってフィルムデータをHDに保存していますが、XPからVistaやWindows7にアップした場合、Vue Scanのソフトを使えば今使用中のスキャナも対応できるのでしょうか。解像度の高さが気に入っています
 フィルム一眼の良さも捨て難いし、デジ一も便利ですし、両方を使って行きたいのです。
 当分XPを使うつもりですが、5年経ちましてそろそろ寿命かもしれないので、気が早いかもしれませんが良い対策はないでしょうか。

Aベストアンサー

今後のOSに対応するかどうかはVueScanの作者次第です。
ただ現状Vistaまで対応していますから、Vistaの改良版であるWindows7にも対応可能だと思います。

Qオープンリールデッキのダイナミックレンジ

お世話になります。

ティアックX-10Rを入手し色々録音をして楽しんでいるのですが、疑問があります。

テープ速度を速くすると高域が延びますが、全帯域のダイナミックレンジも大きくなるのでしょうか。

また、テープ速度が遅くても速くてもヒスノイズが大きい感じがするのですが、古いせいでしょうか。

なにせ古い機械なので、何となくイメージしていたオープンリールデッキと違う感じなので、劣化のせいなのか、仕様なのかが分かりません。

FMエアチェックが流行していた頃はオープンで丸取りして編集しつつカセットにダビング、というのに憧れていましたが、ここまでヒスノイズが大きいと、オープンもこんなものか?と思ってしまい、ちょっとガッカリです。

Aベストアンサー

>テープ速度を速くすると高域が延びますが、全帯域のダイナミックレンジも大きくなるのでしょうか。

大きくなりますよ。

単位時間辺りの記録面積が倍々で変化しますので S/N 比も 6dB 単位で変化し、Dynamic Range も 6dB 単位で変化します。

>また、テープ速度が遅くても速くてもヒスノイズが大きい感じがするのですが、古いせいでしょうか。

Tape 速度を 2 倍にして記録面積を 2 倍にすると録音可能な Peak Level も 6dB Up します。

しかし、その Merit を知らずに同じ録音 Level で録音していてはせっかくの Dynamic Range 拡大の恩恵を得ることができず、Hysteresis Noise も同じままです。

一般に 4 Track 9.5cm/sec の録音では Peak Level が 0VU を超えないように、できれば -10VU ぐらいに留めておいた方がすっきりした音になるものでしたが、2 Tack 38cm/sec ともなると並の音量でも 0VU に届かせ、Peak 音ともなると +10VU に届かせるほどの録音 Level でも心配のないものでした。

計算上も 2 Track は 4 Track の 2 倍、38cm/sec は 9.5cm/sec の 4 倍ですので 2 × 4 = 8 倍 = 2 の 3 乗 =6dB × 3 =18dB・・・-10VU ぐらいに Peak を持たせていた録音が +8VU までは余裕で録音できるというものになります。・・・Low Noise High Dynamic Range 型の Tape を上手に Bias Equalization Setting すれば更に 10dB 近く Dynamic Range を広げることができますので、Revox A70 系のような VU Meter の小さな Tape Recorder でも安心して高 Level 録音できるものでした。

Professional User の 1/2inch 2 Track Master Recorder では更に 2 倍ですから +14dB! VU Meter を振り切るほどの勢いまで録音 Level を上げられます。

きちんと整備されている Tape Recorder であればこうなるのですが、Bias Equalizer の Setting がずれていたり、Head の Azimuth が狂っていたり、Tape が Back Coat 剤が劣化して粉を吹くほど古いものであったりすると大幅な Hysteresis Noise や歪が発生しますし、Amplifier 部の素子が傷んでくると残留 Noise や Dynamic 歪が Hysteresis Noise や歪を底上げすることにもなります。

>テープ速度を速くすると高域が延びますが、全帯域のダイナミックレンジも大きくなるのでしょうか。

大きくなりますよ。

単位時間辺りの記録面積が倍々で変化しますので S/N 比も 6dB 単位で変化し、Dynamic Range も 6dB 単位で変化します。

>また、テープ速度が遅くても速くてもヒスノイズが大きい感じがするのですが、古いせいでしょうか。

Tape 速度を 2 倍にして記録面積を 2 倍にすると録音可能な Peak Level も 6dB Up します。

しかし、その Merit を知らずに同じ録音 Level で録音していてはせっ...続きを読む

Qマミヤ72型に使えるストロボは?

皆さんのご意見を参照して、マミヤ72型を購入しました。当初はこのカメラでスナップ中心でいこうと思っていたのですが、室内で使用することになり、ストロボが必要になりました。説明書を見ても使用できるストロボのことが書いてないように思い、ここに質問に来ました。今もっている、EOS5D用のストロボや、ニコンF5に使用していたSBのものはつかえるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

72型ってマミヤ7のII型ってことですか?。
そうならば、外光オート機能(ストロボが自分で発光量を自動調光する)が付いているストロボならば使用可能です。ストロボ側の取説を確認してください。TTLオート(カメラがストロボの発光量を自動調光する)だけのストロボは使えません。
フラッシュメーターで発光量を測って手動でカメラの絞りをセットするマニュアル発光モードが付いているストロボも使用可能ですがスナップ撮影には適しません。

Qオープンリールデッキのノイズについて

中古のGX-747を入手し、個人の方に修理を依頼しました。
先方では問題なしとのことですが、こちらの環境ではノイズが出るのです。

通常の音楽や音声などはノイズはわからないのですが、たとえばフルート
のソロなどの一定の音程ではわかります。
そこで1KHzや500Hzの単一の周波数の音を録音してみると、ぷつぷつ、
ぼそぼそなどのノイズが入るのです。

テープは新品、ヘッドのクリーニング、イレーズなどをかなり念入りに行ったり、
AC電源の確認などもしたのですが、一向に改善されません。

もう1台別な機種を借りて試してみましたが、同じ症状のノイズが出ます。

オープンリールデッキでは、1KHzなどの一定周波数の音源はノイズが
出てしまうものなのでしょうか。

所持している方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。すみません、その後の補足記事を見落としていました。
まったくひとごとではないものですから非常に関心をもっていたのですが・・・・。

1 外来ノイズ

  私の経験では、外来ノイズは「ボソボソ」とははっきりと違って
  ジジジ・・・、ジルジルジル、ジャー(or ザー)というような連続音

2 ヘッドタッチ

   厚めのテープはノイズが少なめ → 波動が少なくタッチが安定
   薄めの  〃      多め → 波動が多く鏡面性からもタッチが不安定に

   (1) ガイド等の走行系の微妙な摩耗や狂いによって、波打ちが生じたり、ヘッドのアジマス
     関係がずれてくる。
   (2) テープが初めから数分後にノイズが多少減少してくるということは、
     どうしても、テープの初め(端)は(目視できないほどの)ワカメ(波打ち)が
     生じやすい。リール(テープ)の直径の変化によりテンションが変わってくることも
     走行系に影響があるかもしれません。

3 トランジスター等の劣化

    上記(2)とも関連しますが、通電時間経過によって、TR等の部品が電気的(温度的にも)に安定?    してくる。

※ 以上 1,2,3は断定的な表現になりましたが、あくまでも私の経験をもとにした想像です。
  おすすめしたいことは、

2の ヘッドタッチの観察 
高倍率のルーペでボソボソと極めてかすかな波動との関係(タイミング)の有無をつきとめる。

3の TRの劣化の確認
シャーシを出して、基盤上の関係回路のTRの足や半田の様子をチェック。
   交換済みであれば足やはんだがきれいで光沢がある。(TRは格安に出回っています。)

の二つです。

私よりはるかに技術や知識をお持ちの方のようにお見受けします。走行系を疑ってみる価値はありますが、オシロスコープや相応の気合がないと、いじらないほうがよいと思います。あれこれと始めますと
原因究明作業が混乱して収支がつかなくなる可能性があります。(私はそういうことがありましたので。)
とにかく、一つ一つ順を追って疑問点をつぶしていくことをおすすめします。

オープンリールデッキを所有することは、こういう謎解きのようなことも楽しみの一つのような気がします。お悩みの「ボソボソ」ノイズ、「明日は我が身か・・・」です。その後の情報交換について、メールアドレス、ツイッター、ブログ、フェイスブックなど、安心して連絡がとれる方法があればいいのですが
いかがでしょうか。


  
   

こんにちは。すみません、その後の補足記事を見落としていました。
まったくひとごとではないものですから非常に関心をもっていたのですが・・・・。

1 外来ノイズ

  私の経験では、外来ノイズは「ボソボソ」とははっきりと違って
  ジジジ・・・、ジルジルジル、ジャー(or ザー)というような連続音

2 ヘッドタッチ

   厚めのテープはノイズが少なめ → 波動が少なくタッチが安定
   薄めの  〃      多め → 波動が多く鏡面性からもタッチが不安定に

   (1) ガイド等の走行系...続きを読む

Qシグマ dp2 quattro で、コスプレの女の子をキレイに撮りたいのです

表題のとおりです。知恵をお貸しください。玉砕覚悟なので、できないというアンサーだけはご遠慮下さいませ。

フラッシュはEF610 DG STあります。デフューザーも、バウンザーもあります。
これでコスプレさんを撮ったら毛穴まで映るから、よせ、と言う声もありましたが、フラッシュエアーでタブレットに飛ばして、グーグルフォトとスナップシードでどうにかしようと目論んでいます。レイヤーさんにはマイクロSDカードにその場で保存したのを進呈するつもりです。

一回、イベントでチャレンジしたのですが、カラーコンタクトまでキッチリ映ってしまい、タブレットでごまかしようがありませんでした。モノクロは非常によく映りましたが、レイヤーさんがモノクロ未経験だったため、ウケは今一でした。場所はタングステン光のホールです。フラッシュに軽くアンバーのフィルターをかけ、絞り優先で撮っていました。

カメラの設定からタブレット加工に向いたソフトまで、何でもいいのでお知恵をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問文を読みましたところ、「解像感」が高すぎて困っているということでよろしいでしょうか?

dp2 quattro の設定で、「カラーモード詳細設定」- 「シャープネス」をソフト側に設定して、それでも解像感が高すぎるということでしたら、少し印象が変わってしまうのですが「スナップシード」の「グラマーグロー」で「グロー」を強くしてはいかがでしょうか。

あとは「Adobe Photoshop Express」の「明瞭感」をマイナスにしても少しほわっとした効果が得られます。

それで思ったような効果が得られないのでしたら、他の方の仰るように「ソフトフィルター」がよろしいかと思います。

Qオープンリールデッキの再生方法について

オープンリールデッキの「TEAC X-1000R」を所有しているのですが、操作方法がわからず、質問させて頂きます。

倉庫整理をしていて偶然見つけました。元々は親戚が持っていたものなのですが、今となっては使用方法がわかる者がおらず、初歩的なことなのかもしれませんが、どなたかお詳しい方にぜひともご相談に乗って頂ければと思います。

とても古い物ですが、きれいに保管していたため状態は良好です。
テープが残っていたので操作確認をしようと試したのですが、「再生ボタン」を押してもテープが全く動きません。そこで、片方の「テンション」を指で軽く押し上げてみたところ、テープは動き出しました。

この現象はやはり、内部メカニズムのグリスの固着やキャプスタン等の不具合なのでしょうか?

ちなみに、早送り、巻き戻しは問題なく動きます。

そもそもの設定事態がおかしいのか、経年劣化による不具合で修理が必要なのか、自分では全くわかりません。どうかアドバイスの程、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

・テンションレバーがテープのテンションだけで動かない
・手で動かすとぐんぐんスピードが上がる
ということから、テンションレバーのグリス切れとピンチローラーの動作不良(定位置まで動いてテープをはさみきれていない)のではないでしょうか?
ここまでは目視で確認できると思います。

そのつぎだと...
ベルトが溶けちゃってるとかもあり得るので、分解してみないとわからないですね..

Qソニー製デジカメで

撮った写真データをFujiのデジカメに移すことはできますか?
ソニーのデジカメはSDスティックで、FujiのデジカメはSDカードです。
PCに読み込んでから、移せるのかな?
ご存知の方、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 SONY→パソコン→FUJIとデータを渡せば移すことはできます。
 SONYのメモリースティックの中に「DCIM」があり、その中に「100_SONY(たぶん、使った事無いので憶測)」の中のファイルだけを取り出し、FUJIのxDピクチャーカード(新型ならSDカード、旧型ならスマートメディア)の中「DCIM」の中に「100_FUJI(100以外もあり)」の中に移せばOKです。
 条件が合えばSONYで撮影されたデータも再生してみる事ができます(条件が合わないと見られなかったり、小さく表示されたりします)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報