「黒髪の千すぢの髪のみだれ髪かつおもひみだれおもひみだるる」
という与謝野晶子の短歌の大意を、どなたか教えていただけないでしょうか?
2月12日の授業で答えなければならないので、11日中に教えていただければ嬉しいです。
自分でもやってみたのですが、できなくて困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


  文法的な意味となると難しいのですが、与謝野晶子はかなり大胆な文章を築いた人で、言葉から受け止めることのできる「意味・インパクト」を考えれば、それでもよいのではないかとも考えられます。
 
  このうたのなかで、問題になるのは、真ん中にある「かつ」という言葉で、これは独立した「かつ」なのか、あるいは、「か」と「つ」に分解されるのだろうかという疑問です。分解すると、わたしには意味が汲み取れませんし、文法構造が理解できません。素直に「かつ」一語と考えます。
 
  すると、この「かつ」はどういう意味なのかが問題になります。古語辞典で引くと、「かつ」には現代語とは少し違う、複数の意味用法があります。これらのどれかの響きがあり、幾つかの意味に掛けているのかも知れません。
 
  あくまで、わたしの主観的な解釈・読みですが、この「かつ」は、「かつおもひみだれ」で、「おもひみだれ」に係り、更に次の「おもひみだるる」にも係っているのではないかと思います。古語辞典で、「かつ」の意味に、「すでに、もう」というのがあります。「ものごとが並列して起こる」とか「引き続き起こる」などの意味もあり、「少し」などの意味もあります。こう言った言葉の意味の響きも反映しつつ、「すでに、もう」の意味ではないかと愚考します。
 
  「黒髪」というのは、わたしの好きな言葉で、自分流の和歌の「恋歌」という種類のものを造ると、昔、こればかり使っていました。女性の誇りであり、女性の心であり、思いであり、魂であり、いのちであり、そして「恋」の思いの象徴またはそれ以上の何かなのです。万葉時代には、「髪が自然に乱れる」のは、誰かを意識しないで恋しているか、または誰かに恋されているか、そのような意味があるという話を読んだことがあります。
 
  「髪が乱れる」とは、「心が乱れる」とほぼ同義だとも思え、「みだれ髪」というのは、古典的な「戀歌」の伝統的意味では、「恋故に乱れた髪・我が心」という意味になると思います。そういう意味を暗喩すると思います。
 
  「わたしの恋心は、こんなにも激しく、こんなにも心は乱れている」という、古典和歌では、色々な錯綜した技巧を使って表現した「感情・心の思い」を、古典的な象徴や暗喩を使用しつつ、しかし、近代的斬新な「口語的表現」で、直裁に、素朴な反復に反復を重ねて表現した、新しい「表現」の恋愛の心のうたと解釈できます・またそう見えます。
 
  >わたしの黒髪の、この豊かな流れの黒髪のながれに、乱れがあり、髪は乱れにみだれ、流れているが、古人は、髪の乱れは恋の現れとも述べたが、そうでしょう、すでに、わたしの心は乱れ、心の思いは、恋故に、髪の千の流れの乱れのごとく、まさに乱れに乱れています……ああ、かくも恋に心乱れるわたしの激しい胸の思いよ……
 
  斬新な口語を使って、直裁に感情を述べつつ、古典的象徴も使用し、「髪・髪・髪」と三度「髪」を使い、「みだれ・みだれ・みだれ」と三回「みだれ」を使い、「おもひ・おもひ」と二回「おもひ」を使って、33字のなかに、こんなに反復語を使いながら、それが冗長とも不自然とも思わせない、近代の自由志向の言葉と、万葉のおおらかで直裁で力強い、情熱的なうたの伝統を彷彿とさせる傑作だと思います。
 
  なお、これで、「記念となる」回答になりますので、今回は「自信あり」とします。間違っているかも知れない、拙い解釈・鑑賞ですが、何かの参考にしてくだされば幸いです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせてもらいます!
たった33文字で、こんなに意味があるのですね。
短歌にとても興味を持ちました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/11 14:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q与謝野晶子訳 源氏物語での「葵の女王」?

与謝野晶子訳での源氏物語では葵の上に「女王」(にょおう)という敬称を使っていて、
「葵の女王」等の呼び名が使われています。

しかし、葵の上には「女王」の資格が無いはずなのです。

この敬称は与謝野晶子が間違って、つけてしまったものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、与謝野源氏を愛してウン十年の主婦です。

>与謝野晶子訳 源氏物語での「葵の女王」?
との御質問のタイトルなのですが、お読みになった本の中に「葵の女王」呼称があったのでしょうか?私が持っている与謝野源氏は角川文庫の昭和五十年代発行のものですが、葵の上に対する女王呼びはどこにも見られません。

ご指摘の通り、葵の上の父親は藤原氏で歴史的に見ても藤原氏の娘を「女王」とした例はありません。母親は内親王なので『うつほ物語』のあて宮のように<~宮>といった愛称をつけられていてもおかしくはありません。また実際、藤原師輔と雅子内親王の間に生まれた姫君が「愛宮」と呼ばれていたとの事です。しかしその愛宮もあくまで渾名であり、実際は「藤原○子」という実名であったはずなのです。与謝野晶子氏も有職故実を勉強し時代考証にも大変気を使っていたとの事なので、そういった間違いはまずなさそうなのですが・・・。

よろしければお手持ちの与謝野源氏の何ページの何行目にその呼称があるのか教えて頂けませんでしょうか。私も初耳なので一度確認してみたいと思います。御手数ですがよろしくお願いいたします。

こんにちは、与謝野源氏を愛してウン十年の主婦です。

>与謝野晶子訳 源氏物語での「葵の女王」?
との御質問のタイトルなのですが、お読みになった本の中に「葵の女王」呼称があったのでしょうか?私が持っている与謝野源氏は角川文庫の昭和五十年代発行のものですが、葵の上に対する女王呼びはどこにも見られません。

ご指摘の通り、葵の上の父親は藤原氏で歴史的に見ても藤原氏の娘を「女王」とした例はありません。母親は内親王なので『うつほ物語』のあて宮のように<~宮>といった愛称をつけられて...続きを読む

Q与謝野晶子の短歌  釈迦牟尼は御仏なれど 云々

上記の質問タイトルのとおり 確か与謝野晶子の歌かと思うのですが
どんな歌詞か正確なところ知りたいと思っています。

ご存知の方がおられましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

鎌倉や御仏なれど釈迦牟尼は 美男におはす夏木立かな

Q与謝野晶子は知っていますか?

今日、千代田区長選では、与謝野真 氏は落選、現職 石川雅美 氏が当選しました。

質問です。
・ 『与謝野晶子』は、知っていますか?

※ おニャン子クラブに所属していました →
立見里歌 率いるニャギラスの歌 『私は里歌ちゃん』の歌に →
♪ 与謝野晶子は知らないけれど、パッパラパッパ 手のなる方へ〜
という歌詞が有ります。 ※

↑ チョット息抜きの?質問ですので、大目に見て頂きたいと思います。 ↑

・ 当選しました、石川雅美 氏に期待する事は何か有りますか?

回答お待ちしています。

Aベストアンサー

> ・ 『与謝野晶子』は、知っていますか?
大学の一般教養「文学」での指定教科書が教授の書かれた「与謝野鉄幹」だった事もありますが、義務教育で習った程度には知っているつもりです。
 歌人。 
 旧姓「鳳」。 
 与謝野鉄幹(鉄幹子)が主催する「明星」に投稿。 
 後に与謝野鉄幹の妻となる。
 私が知っている作品
 『みだれ髪』
 『君死にたまふことなかれ』
 『源氏物語』の訳 → 読みました。

あと、次男「秀」の妻である与謝野道子が書いた「ドッキリ花嫁の記」が昼ドラマで放映されたいたので見ておりました。
与謝野馨氏は、秀と道子の子供。


> ・ 当選しました、石川雅美 氏に期待する事は何か有りますか?
千代田区に関係者が居ないので、とくには無いです。

Q与謝野晶子 石川啄木 の短歌を口語訳してください

みだれ髪の
「そのこ二十 櫛にながるる 黒髪の おごりの春の うつくしきかな」

石川啄木の
「不来方の お城の草に 寝ころびて 空に吸はれし 十五の心」

この短歌の口語訳を至急教えてください。明日発表しなければいけないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その娘は二十歳。くしけずれば烏の濡れ羽のように輝くその黒髪は、青春の誇り高き美しさの象徴だ。

故郷のお城で草原(くさはら)に寝ころんで、あれやこれやと未来のことを夢見ていた十五歳の頃がなつかしい。

Q与謝野晶子のカラー画像.....

小6のkamio-akiraです。
社会の宿題なのですが、与謝野晶子さんの人物画を
描かなければならないのです。
教科書にはカラーの人物画が無いのです。
色を塗らなければ、いけないので大変困ってます。

【与謝野晶子さんのカラー画像】があるHPを、
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

下の方のおっしゃる通りだと思うのですが、

着るものの色については、その時代その時代に
独特の色合いがあります。

たとえば、BIGLOBEに画像サーチがあるのですが、
そういうところで「明治 着物」で探すと、
明治時代の(あるいは明治風)の着物のカラー画像はたくさんでてきました。
それで着物の色合いを調べてはいかがでしょうか?

そうすれば、あとは白黒写真を基にして描けば、大丈夫ですよね?
宿題がんばってください。

Q与謝野晶子について

与謝野晶子の本を探しています。この2つの俳句が
どちらの出典かご存知でしたら教えてください。

何となく 君にまたるる心地して 出でし 花野の夕月夜かな

高き家に君と登れば春の国 川遠白し 朝の鐘なる

文自体に間違いがあるかもしれませんが
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何となく君にまたるる心地して出でし花野の夕月よかな
『みだれ髪』です。

高き家に君とのぼれば春の国河遠白し朝の鐘なる
『舞姫』です。

それにしても「俳句」というのはちょっとどうかと思いますけど。

Q与謝野馨さん…民主党を批判してましたよね?

・∀・)「与謝野馨さん…民主党を批判してましたよね?」

Aベストアンサー

与党野党顔が変われど変わらないのは批判しあいガラガラぽんでまた解散総選挙・・・

いつもこの繰り返しですね。くだらない批判しあいで益々肝心の貧困格差も解決せず。

ほとんどの方は政治のくだらなさ感じてるはずです。

自民が次与党でまた民主が自民批判、肝心なこの国の未来考えてない政治家ばかりですね。

批判しあう演劇見てるかんじですよ。結局毎回決議で自民、公明、民主賛成多数で可決!!

Q与謝野晶子の歌

筆硯煙草を子等は棺に入る名乗りがたかりわれを愛できと・・・この歌は以前にも質問されていましたが、私は音読みを教えていただきたく書き込ませてもらいました。”棺”はひつぎと読むのでしょうか。”入る”は、「いれる」と音読していいのでしょうか。”愛でき”は「めでき」と音読していいのでしょうか。

Aベストアンサー

 #1さんのおっしゃるとおりでいいと思います。

 ご主人の鉄幹が亡くなった時の歌ですね。晶子の歌は文語(古語)ですし、この歌も「がたかり」「愛で『き』」と文語が用いられているので、「入る」も文語(ラ行下二段活用)で「いる」と読むべきです。「いれる」は口語(現代語)の読み方です(ラ行下一段活用)。

 したがって、三句目は五七五七七の「五」ですから、「かんにいる」です。「ひつぎ」と読むと六音で字余りでリズムがくずれます。(「ひつぎにいれる」と読んでしまうと、五音のところが、七音になってしまいます。)

 「愛でき」は文語のダ行下二段活用の動詞「めづ」の連用形「めで」に同じく文語の過去の助動詞「き」の終止形がついたもので、おっしゃるとおり「めでき」でいいです。

 なお、「私は音読みを教えていただきたく」とお書きになっていますが、「音読み」は普通、「山」という字を「やま」と読む(=訓読み)のに対し、(昔の中国の発音に基づいて)「さん」と読むような場合の読み方のことをいいますので、後でお書きになっているように、「音読」という語を用いて、「音読の仕方を教えていただきたく」という方がいいと思います。

 #1さんのおっしゃるとおりでいいと思います。

 ご主人の鉄幹が亡くなった時の歌ですね。晶子の歌は文語(古語)ですし、この歌も「がたかり」「愛で『き』」と文語が用いられているので、「入る」も文語(ラ行下二段活用)で「いる」と読むべきです。「いれる」は口語(現代語)の読み方です(ラ行下一段活用)。

 したがって、三句目は五七五七七の「五」ですから、「かんにいる」です。「ひつぎ」と読むと六音で字余りでリズムがくずれます。(「ひつぎにいれる」と読んでしまうと、五音のところが...続きを読む

Q君死にたまふことなかれ 与謝野晶子の弟は?

与謝野晶子の弟は日露戦争へ行き、無事に帰ってこられたのでしょうか?

Aベストアンサー

無事に帰還して昭和19年に亡くなったそうです。

Q与謝野晶子について

与謝野晶子の本を探しています。この俳句は
どちらの出典がご存知でしたら教えてください。

 筆硯 煙草を子等は棺に入る名のりがたかり 我を愛できと

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「白桜集」のようですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報