等速直線運動の場合、移動距離は速度と経過時間に比例するという式

s = v * t

ってありますよね。速度vはvelocity時間tはtimeからきていると思うのですが、移動距離sはなぜsという文字を使うのでしょうか。
ご存知の方がいらしたらぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


  s=vt とは書かないと思ったのですが、調べてみると、初等の運動の式では、距離に「s」を使うようです。
 
  この「s」は、space のsだと思うのですが、それを裏付ける資料というか、典拠が見つかりません。distance か、stance, また span の「s」の可能性もあります。また、state, status, static の可能性もありますが、やはり、space だと思います。典拠を捜してみましょう。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を読ませていただき、ひとつずつ辞書を引いていたら、経路積分の場合にも経路にsを用いることを思い出しました。
とするとspanのsの可能性が高いように思えます。
でもやっぱり証拠(?)がないですよね。
典拠を探してみようと思います。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2002/02/12 10:38

補足。


積分の式で書いた場合、
(距離)=∫v(t) dt
と書きます。等速運動でない場合に多く用いられます。

積分やってなかったらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえばインテグラルもsですよね。
ありがとうございます。
大丈夫です、一応積分はやってます。一応…(>_<)

お礼日時:2002/02/13 01:17

積分のとき、∫(インテグラル)を使いますが、これもSから来ていたはず。


この場合、sigma(シグマ、Σ)が元だったと思いますけど。

あんまり関係ないかも。
    • good
    • 0

私のノートでも


x=v×t
となっていました。
ただ、v-tグラフを用いて移動距離を求める場合、
グラフの面積としてs(square)を使用しています。
ですから、squareのsではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに次のページにはグラフを用いる方法が載っています。

お礼日時:2002/02/12 10:31

回答ではないのですが,


私の参考書や問題集には

x = v * t

となっていました.
距離を表す"s"は使われていないです.
それは教科書ですか?
ごめんなさい回答じゃなくて・・・.

この回答への補足

ありがとうございます。
えーと、載っていたのは教科書です。
数研出版の物理1Bです。
xならば一次元の座標ということで納得できるのですが…。
なぜsなんでしょうね??

補足日時:2002/02/11 23:18
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QW=F*sのsって何の略なんでしょうか?

仕事を求める式のWはWork、FはForceですよね?
sって何の略なのでしょうか?

距離とか変位だよなぁ・・・って思って、辞書で調べてみたんですが、
displacementぐらいしか思い浮かびませんでした。お願いします。

Aベストアンサー

 W=Fsの、sは、streak line, strokeなどの、sです。どれか一つではありません、欧米では、一つの事柄を、多様に表現します、一つの文章の中に、何度も使用しざるを得ないときは、表現を変えます。
ちなみに、streak lineは通ってゆく線、strokeは、(物体が)なでる(経路)と意訳することが、適切でしょう。一部の翻訳辞典では、streakを数学の線素、と訳されてありましたが、それは僕には判断ができません。
 それから、面積として使われるSは、Surfaceが適切でしょう。

Q物理の公式 v=s2-s1/t2-t1    sって何の略?

物理の公式で、単位時間あたりの平均の速さを求める公式についての質問です。

たとえば、次のページなどにも、その求め方が書かれています。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/undo2.html

速さ=移動距離÷移動するのにかかった時間・・・で求めることは高校時代に習いました。その公式で表される変数のアルファベットについて質問します。

vが、veloscityの略であるとか、 tはtimeの略であることは想像もつきました。ですが、sは一体、何の略なのでしょうか? 

dで書いてあれば、distanceの略語なのかなぁ、と想像は出来るのですが・・・

どなたか、ご存知の方が見えましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

No2、No4,&No5です。度々お邪魔します。

補足を読んでいて気付いたのですが、
どうも、自分の日本語力(?)のせいで会話がかみ合ってないようです。

 回答と関係の無い事なのですが、このままでは、変な回答者になってしまいますので、

 最後に、自分の意図した、平均速度(どうも、正確な日本語ではなかったようです。)、
 つまり、Average velosityについて説明させてください。

 例えば普通列車(時速90km)のあとを、新幹線(時速144km)が走っていて、1kmまで接近した時に新幹線の運転手が気が付いたとします。
 新幹線はブレーキを踏んでから、止まるまでに4kmかかるとします。

144km/h   1km        90km/h
 □------------------------→○
(停車まで4km)

この場合衝突するか?


解答。

 先ずは、秒速に直して考えます。
 
  普通列車の速度を、秒速に直すと、
  90000m÷3600秒=秒速25m

  新幹線の速度を、秒速に直すと、
  144000÷3600=秒速40m

 よって、新幹線と、列車の相対的速度(Relative velocity)は、
 40-25=秒速15m

  (1)先ず、減速を求める。

 初速(initial velocity)は、
 144000m÷3600秒=40m/s(秒速40m)
 
 終速(止まった時)は、
 秒速0m

Average velosity(直訳すると、平均速度)は、
 (初速+終速)÷2=(40+0)÷2=20
  秒速20m

 時間=距離÷速度=4000m÷20=200

 新幹線がブレーキをかけてから、4km走ってとまるまでの時間が、200秒だとわかります。

 減速する時の加速度をこれで求める事ができます。
 a=Δv/t 
 加速度(a)=Δv/t=40m/s÷200秒=0.2(m/s^-2)

 (2)
   
  そこで、新幹線が、減速してから、秒速25mにいたるまでに、何秒掛かるか、求めます。

 Δv(相対速度)=at(速度x時間)
 よって、時間=相対的速度÷加速度
  =秒速15m÷0.2m/s^2
  =75秒

 (3)
 75秒間でどれだけ、距離を接近するか?

 新幹線と普通列車の速度の違いは、秒速15m
 つまり、初速=秒速15m

 終速=0(ブレーキによって止まった状態)
 
 Average velosity(直訳すると、平均速度)は、
 (15+0)÷2=秒速7.5m

 このことから、時速144km新幹線がブレーキをかけてから、時速90kmの列車に接近する距離は、

 距離=Vavxt=Average velosity(直訳すると、平均速度)×時間=秒速7.5mx75秒
 =562.5m

 これは、新幹線と普通列車の距離1kmより短いので、衝突はしない。
     437.5m
 □------------------→○

 

最後に、こちらこそ、いろいろとおつきあい頂き、ありがとうございます。

No2、No4,&No5です。度々お邪魔します。

補足を読んでいて気付いたのですが、
どうも、自分の日本語力(?)のせいで会話がかみ合ってないようです。

 回答と関係の無い事なのですが、このままでは、変な回答者になってしまいますので、

 最後に、自分の意図した、平均速度(どうも、正確な日本語ではなかったようです。)、
 つまり、Average velosityについて説明させてください。

 例えば普通列車(時速90km)のあとを、新幹線(時速144km)が走っていて、1kmまで接近した時に...続きを読む

Qv-tグラフからx-tグラフへ

お世話になっております。高校の物理から、大変初歩的な内容で恐縮ですが、質問致します。

あるv-tグラフから、
0≦t≦0.5[s] のとき、a1=10[m/s^2]…(1)
0.5≦t≦1.5[s] のとき、a2=0[m/s^2]…(2)
1.5≦t≦2.5[s] のとき、a3=-5[m/s^2]…(3)

が分かるのですが、これからa-tグラフは簡単に描けるのですが、x-tグラフがうまく描けないのです。間違いが無ければ、
(1)では、変位x1=5t^2
(2)では、変位x2=5t
(3)では、変位x3=5t-(5/2)t^2
となるハズですが、ちょうど加速度が変化する点で、変位を表すグラフがつながるように作図するには、何か決まったルールがあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。

もうひとつ見落としていました。
「時刻:t」も修正が必要です。

x2= x(0.5)+ 5(t-0.5)
x3= x(1.5)+ 5(t-1.5)- 5/2*(t-1.5)^2

その加速度が作用している「時間」にしなければいけません。
先の積分で T0→Tとしているのも、T-T0の「時間」だけを考えていることになります。

失礼しました。^^;


人気Q&Aランキング