私が思うには、日銀当座預金を増加させるという事は、市中銀行が日銀に預金しなければいけないので、市中銀行は自由に運用する資金が減り、企業への貸出を抑え、株・国債なども買い控える。結果として金融緩和とは逆の方向に行くような気がするのですが。どういう事なのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 日銀は国債の買いオペレーションを行って、金融緩和を行ってることはご存知でしょうか。

買いオペレーションとは日銀が市中の銀行から国債を買うことです。買った代金は市中銀行のものとなるので、民間に多くのお金が流通し、景気が好くなります。
 ところで、日銀が市中銀行から国債を買ったら、代金は日銀当座預金のそれぞれの銀行の口座に振り込まれます。現在日銀が日銀当座預金を増加させることによって金融緩和を行うということは、買いオペレーションをじゃんじゃんやって、多くのお金を日銀当座預金の市中銀行の口座に振り込もうとしていることなのです。つまり「金融の量的緩和」ですよね。
 これは日銀に限ったことではないのですが、当座預金というのは預けても利息が付きません。だから、市中銀行としてはお金を日銀当座預金に寝かせておくというのはもったいない話なので、企業に貸し付けたり、株を買ったりして運用しなくてはなりません。理屈では企業貸し付けや株価の上昇などで景気が好くなるはずです。でも、今はお金を貸す相手も見付からないみたいで、なかなか思惑通りに事は運んでいないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適確な回答をありがとうございました。だいぶ謎が解けてきました。
つまり日銀当座預金を増加させるということは、買いオペの結果、日銀当座預金が増加する。という解釈でよろしいのでしょうか?

私は、てっきり市中銀行に強制的に日銀当座への預け入れを増加させるよう御達しが行くのかと思っていました。違う様ですね。

そして市中銀行としては国債を現金化できる為、運用資金が増える。という考え方でよろしいでしょうか?

>でも、今はお金を貸す相手も見付からないみたいで、なかなか思惑通りに事は運ん
>でいないようです。
確かに、日銀当座預金→マネーサプライ は日銀の思惑だけではコントロールは難しいようですね。企業の資金需要も考慮しなければねりませんね。

ただ、もう一つ疑問があります。
日銀は買いオペの為の資金はどのように調達するのでしょうか?

お礼日時:2002/02/14 14:14

 No2のryon2です。

買いオペの資金はどこから調達するかとのご質問ですが、残念ながら知りません。実は私も、日銀はよく「買いオペ」とか「市場介入」とかを行いますが、どこからお金が出てるのだろうと不思議なのです。別に日銀が隠している訳ではなく、私が調べたことがないからなのですが、誰かこのコーナーで回答してくれたらうれしいですね。

 経済学部出身で、会社でも経済調査の仕事をしているので、「専門家」と名乗ってしまいましたが、早くもメッキがはがれてしまった・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>誰かこのコーナーで回答してくれたらうれしいですね。
同感です。

でも、このコーナーの質問としては、脇道にそれてしまいましたね。
当初の質問についてはryon2さんのおかげで納得できました。
ここは締め切って新たに質問してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 13:42

他の方の回答に追加です。



日銀の当座預金のお金を運用するためには、要するに企業へ融資する必要があります。ところが、現在、痛んだバランスシートを修復中で、借入を返済しようとしています。おまけに、借入を必要とする企業に限って業績が不振で貸すにはリスクがあるところばかりです。さらに、金融庁は市中銀行を検査漬けにし、やたらに正常債権を要注意債権や破綻債権に分類するよう、プレッシャーをかけます。このような債権に分類すると銀行は引当を行わねばならず、採算のとれる融資になりえません。

国はそこのところを全く理解しておらず、ちょうど、からだの右と左で違う方向に進もうとしている状況です。だから、金融緩和をしていると日銀が騒いでいるほどには、全くお金は出回らず、景気は回復しないのです。

個人的にあとは、インフレにするしかこの国が救われる道はないと思います。そのためには為替レートが鍵になるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。一国の金融システムの中で日銀が金融緩和をし、市中銀行が金融引締めを行っているようなものですね。よくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 10:41

ごめんなさい詳しくはありませんが、


当座預金の上下が短期市場金利の誘導と関係あるのでは?

時間があったらまた調べてみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>時間があったらまた調べてみます。
宜しくお願いします。

お礼日時:2002/02/14 14:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日銀券ルールについて

日銀券ルールについて分からないことがあります。

日銀券ルールとは、日銀の保有する国債残高を銀行券発行残高の範囲内とする運営ルールのことのようです。

そこで疑問なのは、日銀はどうやって銀行券発行残高を超える国債を手に入れることができるのか?という点です。日銀は国債などを資産として買い入れるときには日銀券でもって買い入れるのですから、国債残高が日銀券発行残高を超えるという意味が分かりません。

日銀はどうやって日銀券発行残高を超える資産を手に入れているのですか?日銀券以外の何を対価に支払って資産を獲得しているのでしょうか?

Aベストアンサー

今現在、日銀の長短合計国債は大きく発行銀行券を超えています。
  このルールは長期国債を銀行券の流通残高以内にするという内規ルールです。   
  銀行券流通残高と国債購入とは関連性は無いと思います。

  日銀は市場を通じて株式や国債を購入します、現在資産の70%が国債ですが
  購入資金が不足であれば新規銀行券を発行します(バランスシート拡大)

  流通額を増やしすぎると円の価値は下がり(円安)最悪の場合猛烈なインフレ
  になります。 
   
  

Q市中銀行の、日銀当座預金と、日銀からの借入は同じ?

市中銀行の、日銀当座預金と、日銀からの借入金は、基本的に同じ額になりますか?
もしそうでなければ、そうでなくなる要因を教えてください。

また、金融政策において、日銀当座預金残高の調整を市中銀行に指示することがあると思うのですが、単に借入金をふやしたり減らしたりするだけなのであれば、どういう意味があるのかな?と思います。

そもそもマネーサプライを調整して物価を上げたいと思っても、市中銀行は、金利がほぼ無しで、貸せるだけ貸しているわけだから、市中銀行にとって、日銀預金残高が増えて市場に対して貸せる分が増えても、市場にそれ以上お金は流れず、物価は調整できないと思うんですが。

(そういった問題ではなく、グローバルな問題なのかもしれませんが)

何か基本がよくわかっていないと思うのですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

日銀当座預金は、
・銀行が日銀に預けた額
・銀行が日銀から借りた額の残高
・日銀が銀行から国債等を買った時の代金の残高
などで構成されています。
なので、日銀当座預金と借入金の額が一致するのは偶然によるもの以外にはありません。


> 日銀当座預金残高の調整を市中銀行に指示することがある

大きく二つあります。一つは法定準備率を変えることですが、今現在はほとんど行われていません。
多くは売りオペ及び買いオペと呼ばれる手法により、日銀が銀行の持つ資産を売り買いすることによって調整しています。

Q日銀が赤字に陥り運転資金が無くなったらどうするんでしょうか?

日銀が赤字に陥り運転資金が無くなったらどうするんでしょうか?

日銀券ってのは日銀にとって手形のようなもので、日銀のバランスシートでは負債の部に計上されると聞きます。で、買いオペなどで買い入れた手形や国債は資産の部になり、そこから上がる利息が日銀の営業利益になるそうですね。

ここで疑問なのですが、もし未曾有の経済危機が起こって、保有する手形や国債が紙くずになってしまい、大赤字を出してしまった場合、日銀は自己の資金調達のために新規に日銀券を発行することって出来るのでしょうか?

たとえば職員の給与さえ払えなくなった場合、給与に必要な分の日銀券を刷って、給与支払いに充てるとか、そういうことって許されてるんでしょうか? それとも日銀券の発行は手形や国債の担保無しでは行えないものなんでしょうか?

Aベストアンサー

> 日銀券ってのは日銀にとって手形のようなもので、

それを「フィクション」として理解すれば、ご質問の答も見えてくるのではないでしょうか。手形のようなものではあるが、究極的には手形ではないのです。
さて、日銀は中央銀行なので、市中銀行とは全く異なる仕組みで動いているのかと思ってたら、意外にも、ご質問者がおっしゃるように市中銀行などと似た決まりも持っているんですよね。しかし、これは日銀の行動を律するため、銀行一般や会社に課されているような決まり事を、借りてきて適用しているのだと考えられます。また、それは普段のことであり、「もし未曾有の経済危機が起こっ」た時は話が別でしょう。
その時は「保有する手形や国債が紙くずになってしまい、大赤字を出してしまっ」て、市中銀行は潰れますね。しかし、市中銀行がバタバタ倒れても、日銀はおいそれと倒れるわけにいきません。そのとき日銀は、担保が不足しているにもかかわらず、ばんばん日銀券を発行する場合もあります(劇薬だけど……)。「職員の」「給与支払いに充てる」ためなどケチくさい必要性だけでなく、もっと広範に、経済危機に対処するためにもです。
「じゃあ、バランスシートで日銀券を負債の部に計上したりしなきゃいいじゃん」と思うかもしれませんが、普段は世を忍ぶ仮の姿(フィクション)を保って、一般人と同じやり方をしていた方がいいのです。
別のたとえで言うと、パトカーが追跡時などに速度制限を守ってたら、役目を果たせませんね。それでも、平常時には一般車両と同じように走っていると思います。この使い分けは超法規的ということではなく、関連法規のどこかに書いてあることでしょう。日銀についても同様と思われます。

> 日銀券ってのは日銀にとって手形のようなもので、

それを「フィクション」として理解すれば、ご質問の答も見えてくるのではないでしょうか。手形のようなものではあるが、究極的には手形ではないのです。
さて、日銀は中央銀行なので、市中銀行とは全く異なる仕組みで動いているのかと思ってたら、意外にも、ご質問者がおっしゃるように市中銀行などと似た決まりも持っているんですよね。しかし、これは日銀の行動を律するため、銀行一般や会社に課されているような決まり事を、借りてきて適用しているのだと考...続きを読む

Q日銀当座預金残高についてお聞きしたいのですが、都市銀行や市中銀行は法律

日銀当座預金残高についてお聞きしたいのですが、都市銀行や市中銀行は法律によって準備金として日銀の当座口座に預金が義務付けられてると思います。

量的緩和や金融引き締めを日銀が行う際、この当座預金口座の金額を増減するよう銀行に命令するものですよね?

たとえば量的緩和を行う際、口座預金金額を増やし流通する資金の量を増やすものですよね。
ここで疑問があります、間違っていたらご指摘いただけないでしょうか。

都市銀行、地銀は口座に預ける最低当座預金金額が法律によって決められてるんですよね?
それは義務である最低預金金額を下回らせず常に口座を預金で満たしておくということでしょうか?
そうであるならば、口座に資金が眠ってしまうわけで、流通する資金がどう増えるのかと疑問を持ちました。

経済に疎く初心者です、どなたかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

量的緩和は、また少し話が違いまして・・・

民間銀行が、すでに必要な(定められた)十分な額の当座預金をしているとします。

このとき、日本銀行が短期金融市場において、
民間銀行に対してさらに強力な資金供給を行ったとします。

民間銀行は、日本銀行の強力な資金供給によって、希望以上・必要以上の資金を調達してしまいます。
自ら望んだわけではありませんが、結果として大量の資金調達をさせられてしまうわけです。

当座預金の額は必要な額に達しているので、それ以上の当座預金を積む必要なありません。
(日本銀行への当座預金は無利子で、そこに必要以上の資金を寝かせておくことはまったくの無駄です)


通常であれば、民間銀行は調達した資金を企業への貸付に振り向けるはずです。

しかし、
(1)優良な企業、すなわち銀行からみたとき融資をしたくなるような企業は、十分な資金を保有しており、融資を必要としていない。

(2)一方、実際に融資を必要としている中小企業などには、返済の不安があるため、銀行が二の足を踏んで、融資が行われない。

という状況が生まれます。

このとき、銀行はどうするか。

(1)(2)のような理由で融資先がないとき、その資金を札束のヤマにして倉庫に保管するという方法もないではないかもしれません。

しかし、それでは危険なので・・・どうしようもなくなって、とりあえず日本銀行に預かってもらうという方法をとります。

つまり、日本銀行の当座預金に預金するわけです。

このとき、必要とされている金額以上の当座預金が発生します。


この後も、日本銀行による短期金融市場への大量の資金供給が続いたとしましょう。

民間銀行のなかでは、行き場をなくした資金がどんどん増えて、それが結果として日本銀行の無利子の当座預金にどんどん積みあがっていきます。

ここで、民間銀行の立場になってかんがえてみます。

選択肢は3つあります。

積みあがった(当座預金の)資金を
1.しかたがないので、無利子の当座預金でガマンする。
2.融資以外の方法で運用する。例えば国債。
3.覚悟を決めて、中小企業向けに融資をする。

政府・日本銀行はこう考えました。
「民間銀行はしかたがないので中小企業向けの融資を増やさざるを得なくなるだろう」

これが量的緩和です。

したがって、質問者さまがおっしゃるように、
量的緩和のもとでは、民間銀行による日本銀行の当座預金は、まったく別のメカニズムで増加します。

謝謝

量的緩和は、また少し話が違いまして・・・

民間銀行が、すでに必要な(定められた)十分な額の当座預金をしているとします。

このとき、日本銀行が短期金融市場において、
民間銀行に対してさらに強力な資金供給を行ったとします。

民間銀行は、日本銀行の強力な資金供給によって、希望以上・必要以上の資金を調達してしまいます。
自ら望んだわけではありませんが、結果として大量の資金調達をさせられてしまうわけです。

当座預金の額は必要な額に達しているので、それ以上の当座預金を積む必要なありませ...続きを読む

Q日銀が国債を買えば日銀当座預金残高は無限に増えるか

黒田日銀総裁は2014年度末には日銀当座預金残高を175兆円にするという目標を発表しました。これは主に国債を日銀が市場から買うことによって実現するというシナリオのようです。素朴な疑問ですが、日銀に銀行が国債を売ったとして、現金を受け取ったとします。銀行はそれを日銀当座預金に預けておくだけでは0.1%の利子しかつかなくて、それだったら国債を持っていたほうが利子が大きいことになるのではないでしょうか。だから銀行はそのような取引はしない。国債よりももっと高い利子の金融商品に乗り換える、あるいは融資に回すことができるなら国債を日銀に売ってもよいがそうでなければ売らないのではないでしょうか。その場合は日銀は市場から十分な国債を買うことが出来ず、日銀当座預金も増えないことになります。

もちろん土地や株への投資が進むとか、景気が回復して融資が伸びるとかあれば国債を日銀が大量に買えるかもしれません。でもその場合、銀行は日銀当座預金から引き出して使うのですから、やはり日銀当座預金は増えないということになりませんか。

Aベストアンサー

> 素朴な疑問ですが、日銀に銀行が国債を売ったとして、現金を受け取ったとします。銀行はそれを日銀当座預金に預けておくだけでは0.1%の利子しかつかなくて、それだったら国債を持っていたほうが利子が大きいことになるのではないでしょうか。

#1の回答では利子がつかないということを言っていますが、現状ではついています。いわゆる「付利」と呼ばれるもので、現在では年0.1%となっています。この金利は国債の金利(10年国債の利回りベースで0.45%程度)よりも低いため、そのまま当座に預けたままでは、国債を持っていた方が金利が大きくなります。

したがって、国債を日銀が買い入れた代金を引き出してどこかに投資するか再度国債を購入するか、何らかの方法で投資を行うことが期待されています。その過程で、例えば投資が活性化し経済が活性化することによる物価上昇や、国債の増発を政府が行っても支えられることが期待されています。

とはいえ、限度があります。ざっくりといって日本の市中銀行は大体400兆円ほどの国債を保有しています。なので、上限は最大で400兆円です。
国債を買い入れるとして、現在、日銀当座の残高は45兆円ほどなので、175兆円までは130兆円ほど買い増さなければなりません。したがって、少なくとも3割、引き出し分を考慮すれば半分近くの国債を購入することになります。

これが可能か、ということですが、買いオペは現在は現先取引で行われています(これを変えるとは聞いていませんので)。
この方法では、一定期間後に売ることが定められていますので、実質的には日銀が国債を担保にお金を貸しているのと同じようなものです。また、売り直す価格を操作することで、国債を持ち続けた場合と同じかそれ以上の利回り(用語の使い方が少しおかしいけれども)にすることも可能です。
したがって、可能か不可能か、ということであれば、市中銀行側の事情からは可能です。


因みに。
> 準備預金制度というのがあって、銀行は預金規模(銀行にすれば借金)の一定割合を日銀に預けることが義務付けられています。

というのは、結構古い話です。実際には、近年の銀行は準備に必要な額の2倍~3倍程度を預けています。
http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/cabs/jcabs.pdf

> 素朴な疑問ですが、日銀に銀行が国債を売ったとして、現金を受け取ったとします。銀行はそれを日銀当座預金に預けておくだけでは0.1%の利子しかつかなくて、それだったら国債を持っていたほうが利子が大きいことになるのではないでしょうか。

#1の回答では利子がつかないということを言っていますが、現状ではついています。いわゆる「付利」と呼ばれるもので、現在では年0.1%となっています。この金利は国債の金利(10年国債の利回りベースで0.45%程度)よりも低いため、そのまま当座に預けたままでは、...続きを読む

Q日銀当座預金の「維持」と金融緩和の関係

日銀は国債等の買いオペレーションにより金融緩和を行い、その代金が日銀当座預金のそれぞれの銀行の口座に振り込まれるため、日銀当座預金の増加とは即ち金融の量的緩和であると、別記事で拝見しました。
一方、今朝の朝日新聞の記事で「日銀、(当座預金の残高目標)維持に必死」とあります。
しかし、日銀当座預金残高を「維持」しても、当座預金に眠っている限り、民間企業等にお金が流れないと思います。「維持」するということは、一般銀行が民間企業に資金を貸し出す(当座預金が取り崩す)ため、日銀が一生懸命、国債等を購入して代金を振り込んで「維持」しているということでしょうか?
つまり、明るいニュースなのでしょうか?

Aベストアンサー

obasuteさんの仰るとおり、日銀が「一生懸命に」残高を維持しているのが現状だと思います。日銀の中からも、残高の維持を疑問視する声も出ているようです。おそらく福井総裁も、その考え方を完全には否定していないでしょう。

現に総裁は会見などで「当座預金目標が同じでも、経済の回復が進めば実体的な緩和度合いは変わる」と言っています。

つまり、「景気が回復してきたのだから、残高目標を引き下げても、量的緩和自体に変化はない」と言いたいのでしょう。

その意味で、この発言は残高目標引き下げへの布石を打ったものと解釈していますが、目標残高を引き下げるとなると、即「金融引き締め開始」と解釈する人が多くいるのも事実です。そうなるとマーケットに無用の混乱を引き起こしてしまうので、それを避けるために今のところは(必要ないと思いつつも)一生懸命に残高を維持しているのではないでしょうか。

前置きが長くなりましたが、私自身、日銀のこの動きは「いいニュース」ではなく、が仕方なくやっていることだと思っています。勿論、これによって景気がおかしくなるという類の「悪いニュース」でもないのでしょうが。

obasuteさんの仰るとおり、日銀が「一生懸命に」残高を維持しているのが現状だと思います。日銀の中からも、残高の維持を疑問視する声も出ているようです。おそらく福井総裁も、その考え方を完全には否定していないでしょう。

現に総裁は会見などで「当座預金目標が同じでも、経済の回復が進めば実体的な緩和度合いは変わる」と言っています。

つまり、「景気が回復してきたのだから、残高目標を引き下げても、量的緩和自体に変化はない」と言いたいのでしょう。

その意味で、この発言は残高目標引き下げ...続きを読む

Q「日銀が国債を買う=国による借金返済」ではないか

黒田日銀総裁は毎月国債を7兆円買っています。日銀は国の一部であり、日銀法53条によれば、日銀の利益の95%は国庫に納付しなければならないことになっています。ですから日銀が国債を買うということは事実上国が借金の返済を行うということではないでしょうか。平成25年8月20日現在日銀保有の国債は157兆7233億円となっていますから、これだけ借金を返したと考えてよいでしょうか。

Aベストアンサー

要するに国が借金をするということは経済の源泉であり経済システムそのものということです。
マスコミのいうところの国の借金がなければ経済は機能しなく、マスコミの言う通りに国が借金返済を行なうと日本は破綻してしまいます。
また借金とは別名投資と呼ばれ経済循環の中で必要不可欠な存在です。

日本の政府部門の借金(投資)がこれだけ増えてしまったのは、ここ20年間民間企業が借金(投資)を減らし続けたためです。なぜ民間企業が借金を減らし続けたのかといえば、景気が悪い中で「国は借金を減らせ」と緊縮財政が推進され、そのたび経済に冷水を浴びせ景気は失速、民間企業は更なる不景気対応のために借金を減らし経済が危機的状態となり、結果政府は更なる経済対策に迫られるということを繰り返してきたからです。

ドル、円、ユーロなど、各経済圏でその通貨圏としての借金は常に増え続けなくては経済システムは成立しません。民間企業の借金が増えない限り(投資が増えない限り)政府の借金は(政府の投資は)減らすことは出来ません。民間の借金が増えない状況で国が借金を減らせば金融システムは立ち行かなく成り、どこかの時点で連鎖倒産が止まらなくなり恐慌へと向かうことになってしまいます。

現在日銀が国債を買い過ぎたため市中に出回る国債が不足し、日銀の当初の目的に反して長期金利が高騰気味になってしまっています。実は日銀が国債を積極的に買い入れるには時期尚早だったのです。国債が売り傾向に動いた時期から日銀が多少買い取りを増やせばよかったのです。また黒田日銀は増税や財政再建にも前のめり気味で、どうやら状況を見誤っている模様です。

要するに国が借金をするということは経済の源泉であり経済システムそのものということです。
マスコミのいうところの国の借金がなければ経済は機能しなく、マスコミの言う通りに国が借金返済を行なうと日本は破綻してしまいます。
また借金とは別名投資と呼ばれ経済循環の中で必要不可欠な存在です。

日本の政府部門の借金(投資)がこれだけ増えてしまったのは、ここ20年間民間企業が借金(投資)を減らし続けたためです。なぜ民間企業が借金を減らし続けたのかといえば、景気が悪い中で「国は借金を減らせ」と...続きを読む

Q日銀当座預金を持っている企業の業種は銀行だけ?

証券会社などは持っていないのでしょうか?
もし持っていないのなら、以下仮定の話です。
本格的に株式・債券などのリスク資産に個人資金が流れてきて、証券総合口座であらゆる決済・引き落としができるようになれば、
証券会社も日銀当座預金を持つようになると思いますか??

Aベストアンサー

証券会社でも日銀当座勘定を持っている会社は多いですよ。
当座勘定は基本的に資金決済のためにあります。
準備預金制度の対象で当座勘定を持っていない場合には「準備預り金」勘定を開くことで準備預金を預けることができます。

当座口座取引の相手方の範囲は次第に拡大されていて、証券会社、証券金融会社、短資会社、信用金庫、証券取引所、銀行協会にまで広げられています。

ちょっと古いですが2003年3月末時点で44の証券会社が当座勘定を持っています。

Q日銀はいくらバランスシートが膨張しても大丈夫!?

日銀の財務の健全性が損なわれると、日銀券や金融政策の信認が失われる、という命題が正しいのかどうか、という日銀政策に関する議論がありますが、どう思われますか?

バランスシートの見方で、普通の企業であれば債務超過で期限までに返済できなければ企業は倒産する。この考えは日銀には当てはまらず、日銀にとっての負債は貸方に来る日銀券だが、日銀券には弁済義務がないので日銀の支払い能力には何の問題もない。社債はそれを発行した企業の支払能力、信用度に応じたリスクが認識され、価額が変動するのに対し、日銀券にはそのようなリスクを認識する必要がないということになる。



という説明をしている人を見かけましたが、妥当でしょうか?

私には何とも分かりませんが、日銀がある程度大胆な金融緩和を取ってもいいんじゃない?と思っているものの、ここに書かれているような、日銀の金融緩和には何の問題もない、という議論には何か違和感を感じます。全く中途半端な立場で、世間の人も多くはそんなもんかもしれません。しかしやはりこの説明はちょっと都合がよすぎるのでは…?

日銀がバランスシート上で資産ですか?買いオペで買い取る国債・他債権をいくら増やしても、問題ないのでしょうか?ま、普通は政府の負債が増えることの方を問題にするでしょうが…日銀の場合はそれと裏表のような関係だと思われるので、日銀は日銀で資産が膨らむ、バランスシートが膨らみ続けることは異常ではないのか?と気になってしまいます。

よくアメリカと比較されますが、ちょっと細かい理論は分かりませんけど、アメリカはそもそも基軸通貨ということで安全が担保されている部分もあるのでは…?

どうでしょうか?

日銀の財務の健全性が損なわれると、日銀券や金融政策の信認が失われる、という命題が正しいのかどうか、という日銀政策に関する議論がありますが、どう思われますか?

バランスシートの見方で、普通の企業であれば債務超過で期限までに返済できなければ企業は倒産する。この考えは日銀には当てはまらず、日銀にとっての負債は貸方に来る日銀券だが、日銀券には弁済義務がないので日銀の支払い能力には何の問題もない。社債はそれを発行した企業の支払能力、信用度に応じたリスクが認識され、価額が変動するのに...続きを読む

Aベストアンサー

難しいご質問だと思います。


>日銀の財務の健全性が損なわれると、日銀券や金融政策の信認が失われる、という命題が正しいのかどうか

銀行から国債を買い代金としてマネーを供給しているように(買いオペ)、日銀は資産の売買を手段にして金融政策を行なっています。

・日銀は国債などの資産を購入しB/Sの借方に組み入れ、代金として支払われるマネーはB/Sの貸方に負債として計上される。
・購入代金であるマネーは、相手銀行が日銀にもつ準備預金口座に振り込まれる。
・準備預金口座から銀行がマネーを引出す際に日銀券が発行される。

したがって、日銀券は資産の裏付けがあるなかで発行されており、日銀券の信用は日銀の財務の健全性=B/Sが健全であることを前提に成り立っています。日銀のB/Sが悪化し健全性が失われれば日銀券および日銀の信用は失われます。


ここまでは普通の話。以下は、私の考えたことをまとめてみました。


>日銀券には弁済義務がないので日銀の支払い能力には何の問題もない。

日銀券は不換紙幣ですから弁済義務は確かにありませんが、本当に問題がないとは言いきれません。

a) 財務の健全性=B/Sの健全性を前提とする場合。
例えば日銀が株や社債などリスク資産に手を出しそれが焦げ付いた場合、損失分だけB/Sで資産が減ります。程度によっては債務超過に陥り、倒産。。。する訳にはいかないので、政府が資本注入など支援することになるでしょう。要するに税金投入ですから、国民負担になることを意味します。

b) B/Sの健全性を考慮しない場合。
資産損失で減少する分だけ供給したマネーが過剰になります。B/Sをそのまま放置し、そのギャップが大きくなると問題になるでしょう。日銀が売りオペにより市中からマネーを回収しようとしても、過剰マネー分に相当する資産は無いので思うように回収できなくなる。金融政策が破綻します。景気過熱期に金融引き締めができない事態になれば望まぬインフレを招きます。


>買いオペで買い取る国債・他債権をいくら増やしても、問題ないのでしょうか?

買いオペに銀行が応じない状況になると問題になるでしょう。買いオペは別に強制ではないので、

・現金需要(=手元において日銀券で持ち続けること)が満たされており、
・マネー(=日銀券や準備預金)を増やすより国債を保持したい場合。

このようなとき、銀行が日銀に国債を売ってくれなくなります。マネー(=日銀券と準備預金)であっても需要の制約下にある。それでもマネー供給を続けるには、銀行により有利に、日銀により不利な条件で国債が売買されることになります。あるいは、国債以外の資産購入に積極的にならざるを得ないでしょう。

最近はマネー余剰感が強まっており金融機関が買いオペの応札に慎重です。昨年は日銀が買いオペを実施しても予定額に届かない「札割れ」がしばしば発生したそうです。

http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPTK082235620120606
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201209/2012091900890&g=eco

a) リスク資産の購入を増やす場合
買いオペでも国債が集まらずそれでもマネーを供給しようとすると、株式や社債など他の資産の購入を進めることになります。しかしそれはリスク資産なので、先述の通り日銀B/Sの悪化を招く危険性が高まります。

b) 無理してでも銀行から国債を買い続ける場合
銀行が国債を日銀に売ることを魅力に感じるようにする必要があります。そのためには、国債をより高く買い上げるか、代金振込先である準備預金口座の金利を上げる。

[国債を高く買い上げる]
利子のつく国債と利子のつかない日銀券の差益(=貨幣発行益)が日銀の利益ですが、国債を高く購入するほど日銀の利益は減少します。赤字で買うことはしないでしょうから、国債を買い続けるにも限界がきます。B/Sの悪化を気にせず赤字で買い続ければどうなるかは先述の通り。

昨年度々発生した「札割れ」に日銀は、より高く買うのに加え、従来は短期国債しか買わなかったのを長期国債も購入対象にして対応しました。マネー供給(=貨幣供給量)はもう充分に供給過剰。それでも国債を買い進めるため、日銀は既に無理をしています。

[準備預金金利を上げる]
準備預金金利はすべての金利に影響を与えますので、世の中の全ての金利が上がります。


・1980年代、円高不況脱出のため日銀は金融緩和したが、物価は上昇しなかった。それで見誤った日銀は金融緩和を継続しマネーを過剰供給、不動産バブルを招いた。物価に硬直性があり今回もそれほど上昇しないとすると、過剰マネーはまた不動産に向かうのではないか。バブル再び。
・株式市場に日銀などという超大口投資家が出現し株を買い漁れば相場は暴騰。
・実勢を大きく上回る価格で相場を歪めてまで無理に銀行から国債を買い取るのは財政ファイナンスと何の違いが。
・準備預金金利につられて国債金利も上がれば国債価格は下がるから、国債を大量保有する金融機関は膨大な含み損を抱え金融不安になる。そのとき国債は暴落。


そんなインフレで大丈夫か。という心配はきっと妄想。

難しいご質問だと思います。


>日銀の財務の健全性が損なわれると、日銀券や金融政策の信認が失われる、という命題が正しいのかどうか

銀行から国債を買い代金としてマネーを供給しているように(買いオペ)、日銀は資産の売買を手段にして金融政策を行なっています。

・日銀は国債などの資産を購入しB/Sの借方に組み入れ、代金として支払われるマネーはB/Sの貸方に負債として計上される。
・購入代金であるマネーは、相手銀行が日銀にもつ準備預金口座に振り込まれる。
・準備預金口座から銀行がマネーを引出...続きを読む

Q日銀当座預金について

よく新聞で日銀当座預金の残高を増やしたり、減らしたりして、・・・という記事を見るのですが、どういう意味なのか良く分かりません。
日銀当座預金とはどういうものなのか、また、増やしたり減らしたりすることで、どのような影響があるのか、簡単に教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

日銀当座預金とは、一般の銀行が日本銀行に、銀行間の取引などに利用するために預けておく預金です。

日銀が有価証券などを銀行に買いつけたり、売りつけたりする事で、残高を増減させています。

インフレ時は金融引締めのため、日銀の有価証券等を銀行に売りつけ(売りオペ)当座預金残高を減らし、デフレ時は買いオペで残高を増やして金融緩和を計ります。

極端なインフレやデフレは経済成長に悪影響を及ぼしますので、経済政策として、コントロールしているという事です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報