VBでdllという拡張子がありますが、本の説明を呼んでも意味がよくわかりません。
わかりやすい説明がほしいです。
よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

分かりやすいかどうかは分かりませんが


簡単に言うと関数の集合体です。

この回答への補足

参考になりました~
ありがとうございます!

補足日時:2002/02/16 15:25
    • good
    • 0

VBで使用されるDLLがどういうものか、という解説は


できませんがDLLとは?というのは少しわかります

DLL=Dynamic Link Library

ですから日本語に無理やり置き換えると
「動的につながる図書館」???

一言でいうと
「動いて」といわれて動く部品です

もっとわからないとおもうのですが
たとえぱVBのアプリケーションを自動車に置き換えます

VBを自動車、「EXEファイル」をキー、「DLLファイル」をエンジン
として考えてください

EXEファイルは自動車のキーです
これを使うと自動車を走らせる準備ができます
(ただ、ここではまだ自動車は走りません)

使用者がVBでなにか操作をします。
これは自動車でいうとアクセルを踏み込むということです
(ここの部分のはちょっと長くなるので説明を飛ばします)

アクセルを踏まれると自動車はエンジンを動かす命令を出します
そうするとエンジンは動きます

このエンジンに当たる部分がDLLです

実際に動かすノウハウは持っているのですがそれだけでは
動けません
外部からの働きかけによって動作するパーツです
また場合によってはガソリンのように動作するために必要な
ものがあります(VBだとプロジェクトなど)

お力になれれば幸いです

この回答への補足

ありがとうございます!
かなりよくわかりました!
例えるのがうまいですね~
それが一番理解しやすいです。
ありがとうございました!

補足日時:2002/02/16 15:19
    • good
    • 0

おもにメモリーの節約のためにマイクロソフトが考え出した工夫だと


思います。人間が仕事をする時に、10人が有る部屋で仕事をするのに、有る道具を10個各人が持たせないで、共同で1つを必要な時
に使いに行くとすれば、場所を取る道具なら、スペースの節約に
なりますよね。そういうアイデアから来るようです。だからマイクロソフト
に限らず普遍的なソフトの考え方なのです。DLLでは道具に当たるのは、良く使う基礎的なプログラムのことになります。基礎的なところへ降りて行けば行くほど、共通な処理がいろいろな場面で使われる
事がわかり、こういう工夫になるのでしょう。内湯と銭湯などもスペース
やエネルギーや水の面からは銭湯のほうが利があるのでは。
いやいや脱線しました。イメージ的にヒントになれば。
Dynamicとは必要な時に使わせ(Linkする)、使い終わったら開放する(Unlink)ことを言っていて、Staticの反対である。そして道具すなわちソフト群は図書館(Library)に集めてあるのです。
DLL=DynamicLinkingLibrary

この回答への補足

ありがとうございます!
みんな天才ですよ、まじで!
ありがとうございました!

補足日時:2002/02/16 15:21
    • good
    • 0

こんにちは♪



関連した質問と答えがありましたので、参考にしてください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=216951

この回答への補足

参考になりました~
ありがとうございます!

補足日時:2002/02/16 15:25
    • good
    • 0

こんにちは。



http://yougo.ascii24.com/
アスキーの用語辞典の
http://yougo.ascii24.com/gh/72/007270.html
の説明では、不足でしょうか?

DLLは、VBだけでなく、VCや、Windowsのアプリケーションで広く使われています。

参考になれば。
でわ

この回答への補足

参考になりました~
ありがとうございます!

補足日時:2002/02/16 15:26
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ