“早口言葉を考えてみようという”という課題があるのですが、早口言葉をつくるときにつかえる「言葉の法則」みたいなものはないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

母音は結構簡単に交代できるので、子音が交代することが難しいところを狙って作ります。

(母音交代が簡単でも、「っ」などで引っ掛けるものもありますが。「かっぱかっぱらった」など)

例えば「ま」行の文字の後は、どの行の文字になると難しいでしょうか。
「ま」行は唇を一旦つけて離さなくてはならない音です。そうすると、同じ「ま」行を繰り返すだけでも唇を繰り返しつけて離してと大変ですが、それよりは同じ性質の「ぱ」行などと組み合わせると効果的になりますね。(しかし2つの行を同時に使う言葉がなくてはあまり意味がありません)。あとは、「な」行も言いにくいんじゃないでしょうか。「ナマコの真似学ぶモネ」のような。「わ」なんかも結構難しい方かもしれません。
一番厳しいと思うのは、「にゃ」行「ぎゃ」行あたりとの組み合わせだと思います。しかしそういう語はあまりありませんから、早口言葉にはなりにくい。そこで第2のポイントです。

似た語を探す。これです。
例えば「シンデレラ」と「シャンデリア」、「塩漬け」と「静岡」のような似た言葉を探します。そして組み合わせてみる。「美人にされたシンデレラ、写真で知られるシャンデリア」、しかし、これだと少しリズミカルなので、詩のように聴こえてくるかもしれませんが。
    • good
    • 0

大阪の毎日放送で放送していた「あどりぶらんど」というアナウンサーで


制作されていた番組があったのですが、そこで、早口言葉の傾向を
分析されていました。内容の方はいまいち覚えていないのですが、
#2の方が書かれているように子音の交代もありますし、拗音との
組み合わせもよく用いられます(「手術中」など)
そのときに、究極の早口言葉を作っていたのですが、
確か「旅客機百機、客各百人」だったかと。
    • good
    • 0

同じ言葉の繰り返し(なまむぎなまごめなまたまご等)や、同じ行の言葉をたくさん使う(東京特許許可局等)などじゃないですかね?法則っていってもなあ・・・。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAさんはB君をC君と重ね合わせている。みたいな言葉で、漢字二文字の言葉なんでしたッヶ?

勘違いして思い込んでしまっているというか、そういう似たものに騙されてしまっていると言う言葉が思い出せません。教えてください。

Aベストアンサー

「交錯」「錯誤」でしょうか。

Q「坊主が屏風に・・・」は早口言葉ではない?

主人と話をしていて、「坊主が屏風に上手に坊主の絵をかいた」は、早口言葉ではないよ~と言いだしました。
もし早口言葉ではないとしたら、なんという言葉遊びになるのでしょうか。
あと、「瓜売りが瓜売りきれず、瓜売り帰る瓜売りの声」なども、早口言葉ではなく、ひらがなで、句読点をつけずに書くとややこしくなる文であって、早口言葉じゃないんだよ~とは教えてくれましたが、「じゃあ、何言葉?」なのかはわからなかったので、教えてください。

Aベストアンサー

「瓜売りが~」
これは、「重ね言葉」だと載っていました。
「坊主が~」は、どこを見ても「早口言葉」としか載っていないですね・・・
何なんでしょうねえ???(お役に立てずゴメンナサイ!)

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~RP9H-TKHS/kotoasj.htm

Q早口言葉を考えました。 どこで認定してもらえますか。

早口言葉を考えました。
どこで認定してもらえますか。

Aベストアンサー

認定するところなどありません。広く「人口に膾炙する」かどうかです。

「著作権」を主張したいなら、こんなところを参照ください。
↓ 文化庁の「著作権登録制度」。ただしボランティアではないので有償です。
http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/toroku_seido/

↓ ネコにもわかる知的財産権
http://www.iprchitekizaisan.com/syutoku/chosakukentetsuduki.html

Q早口言葉って練習すればできるようになるものなのですか?

早口言葉って練習すればできるようになるものなのですか?

Aベストアンサー

普段から練習をさせられていると言ってました。ニュースでも尺の内にしゃべりきらないと
最後が切れてしまうのでといってました。
早いだけではなく歯切れよく何を言ってるのかを相手に伝えなければいけないのですが
人間ですからミスする事もあります。でもミスをすぐに忘れて気持ちを切り替えないとこの仕事は出来ない
からね、といってました。
新人の頃は、毎日1時間以上は、いくつものパートを練習して、ミスしたら連帯責任なので
皆気合いを入れていたのでマスターは早かった、と言ってました。
ですから、視聴者質問コーナーでも福沢さんは、ボードに貼られたシールをはがして、即興で
しゃべっていました。どんな問題かは、わからなかったようで、「ええー。これは難しい」と言っていた
のもありました。どんな問題だったか忘れましたけど

Q犬という語がつく言葉の意味

犬という語がつく言葉は そのほとんどが良くない意味で使われています。(例* 犬死、犬侍、犬山椒、犬畜生、犬食い・・・・) 
犬は 古来から人間の良い友人であり、助けてくれる忠実な動物であるのになぜよくない意味の言葉の接頭語?として使われるのでしょうか? 対して おなじ 人間に変われている動物なのに猫にはそのような言葉は犬ほどには内容に思われます。なぜ 猫畜生などとは言わないのでしょう?

Aベストアンサー

御質問の場合、犬というのは人との対比で使用されてます。つまりは、人格を否定するような意味を持たせる為に使われている、と思います。法律用語で基本的人権、などというものがありますが、これを満たさないような、人としてのプライドにかかわる、といった事をいうのに、人以外の生き物の代表として犬が比喩的に使われている、と思うのですが。
なぜ猫ではなく犬なのか、という点については、犬の方が家屋内に入る事がなく(座敷犬というのは一般的でなかったと思います)、外で生活しているイメージがある為ではないでしょうか。身近で家のまわりで生活しながら家に入れない、という点で、おちぶれた人間の生活との対比が実感を持ってとらえられたのだと思います。人とのかかわりが深く、人に忠実な犬は主従関係の「従」であり、人より下の存在ですから、人がランクダウンすると犬が自然に連想される、ということでしょう。
御質問にある「犬は古来から人間の良い友人」、というところが昔は多少事情が違っていたのではないでしょうか。「犬は古来から人間の忠実な下僕」だった、と考えれば疑問も解決するのではないか、と思いますが如何でしょう。

御質問の場合、犬というのは人との対比で使用されてます。つまりは、人格を否定するような意味を持たせる為に使われている、と思います。法律用語で基本的人権、などというものがありますが、これを満たさないような、人としてのプライドにかかわる、といった事をいうのに、人以外の生き物の代表として犬が比喩的に使われている、と思うのですが。
なぜ猫ではなく犬なのか、という点については、犬の方が家屋内に入る事がなく(座敷犬というのは一般的でなかったと思います)、外で生活しているイメージがある為...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報