ただいま代休制度について学習中です。
 1.祝日法の休日及び年末年始の休日は、代休制度の対象になり得るのでしょう  か?
 2.祝日に勤務した場合の休日勤務手当ては、財政対策の一環として、労働者の  協力同意により、一律20%カット支給等の措置が可能でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 1について、祝日や年末年始の休日に限らず、勤務を要しない日として規程されている土・日も含めて、それらの日に勤務をした場合に、代休処理とするか時間外勤務手当ての支給とするか、又はいずれかの選択とするかは、労使間で決めることですので、代休の対象とすることは問題はありません。



 2について、休日に勤務をした場合の時間外勤務手当ては、労働基準法の規程により月給の1時間当りの額に対して、割り増しの額を支給することになっています。したがって、そのような労使間の同意は労働基準法に抵触すると思われます。
 財政対策として取り組むのであれば、休日勤務は全て代休にして時間外勤務手当てを支給しないとか、休日勤務をしても平日の勤務時間分(例えば9時から5時までとか)は代休にして、その前後分は手当ての支給対象とするなどの工夫による、財政対策が得策かと思われます。

この回答への補足

 大変理解しやすいご回答を頂き感謝いたします。ありがとうございました。
 改めて勤務制度について学習意欲が高まりました。
 「1」の回答にある「労使間で決めること」については、例えば労使交渉制度がない公務員の場合ではどのような手続きを必要とするのか、ご指導頂ければ更に幸いに存じます。

補足日時:2002/02/21 10:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速適切なご指導を頂きまして感謝いたします。ありがとうございました。
 勤務制度や財政関連を関係書で学習している折、内容の複雑さ等を改めて痛感させられております。
 おかげさまで、あれこれと解釈を模索していた事項が、ご説明によって理解することができました。今後も意欲をもって学習していきたいと思います。ご指導方よろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/02/21 10:36

 No1です。

公務員も一般職員であれば、団結権がありますので、組合を結成して理事者と勤務条件などについての交渉ができます。ただ、警察とか消防職員の場合には、団結権がありません。したがって、ご質問のような内容は、組合と理事者(市町村長)との交渉で決めることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 NO1の補足について、早速ご指導をいただきましてありがとうございました。
 おかげで代休制度について一層理解することができました。
 今後におきましてもご指導方よろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/02/21 19:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式の信用取引で、制度信用と一般無期限信用の違いは?

株式の信用取引で、制度信用(6ヶ月以内に反対売買)と一般無期限信用の違いは何ですか?
どのように使い分けるのですか?
建玉がある間の金利あるいは諸経費が違うのですか?

Aベストアンサー

#2です。
>イートレード証券は一般信用でも逆日歩があるみたいな感じですが
制度信用取引では、証券金融会社は、空売りした人に株券を貸すわけですが、手持ちの株券で足りないと、大株主からオークションで株券を借ります。この時に大株主に払う利息を日歩といいます。で、日歩は証券金融会社が負担してくれるのではなく、空売りしている人全員で払います。これを逆日歩と言います。なお、信用買いしている人は、買った株券を証券金融会社に貸してるわけですから、日歩がもらえます。

一般信用では、株券が足りなくなっても大株主から借りたりせずに、空売りできなくなるので、逆日歩が発生することはありません。
なお、イートレード証券の一般信用では、空売りできません。
(https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=lineup&dir=lineup&file=home_lineup_margin.html のサービス概要の無期限信用(一般信用)取引の売買の項目に、新規売建の記載がありません)。無期限信用で空売りできる証券会社は、ごく一部です。

#2です。
>イートレード証券は一般信用でも逆日歩があるみたいな感じですが
制度信用取引では、証券金融会社は、空売りした人に株券を貸すわけですが、手持ちの株券で足りないと、大株主からオークションで株券を借ります。この時に大株主に払う利息を日歩といいます。で、日歩は証券金融会社が負担してくれるのではなく、空売りしている人全員で払います。これを逆日歩と言います。なお、信用買いしている人は、買った株券を証券金融会社に貸してるわけですから、日歩がもらえます。

一般信用では、株券...続きを読む

Q休日勤務時間累積代休振替は法律上問題無い?

休日勤務時間累積代休振替は法律上問題無い?
弊社では、休日1日当たり8時間40分(休憩1時間込)労働で代休取得可能としています。これを、必ずしも1日当たりの労働時間とせず、同月内に限り休日勤務時間を累積して、合わせ技(?)で7時間40分に達すれば代休取得可能にしようとしています。勤務表は分かりやすいように、1日で7時間40分労働したように修正してしまうのですが、これは法律上問題ありませんでしょうか?情報お待ちしています。

Aベストアンサー

代休の制度は、労働法にありません。ですので、就業規則等で適当にデザインしてかまいません。逆に言うと、就業規則に定めがないと代休することができません。

もちろん賃金全額払いに反することはできませんので、休出と代休が締め日をまたいだ場合は、いったん割増付き賃金全額をはらわないと、違法になります。

休日振替(または振替休日)は代休とは違う別の制度ですので、使い分けてください。また相談にあるような7時間40分にまとめるなど修正はまったくの不要です。

Q制度信用取引について

 サイバー・コミュニケーションズ(CCI)<4788.T>のニュ-スで「日証金が制度信用取引の新規売りおよび買いの現引きに伴う申し込みで停止措置を解除」というのが有りました。実際には、どうゆうことなのか知りたいのですが?具体的に教えて欲しいのですが?
 また日証金とは何ですか?、株価にはどう影響しますか?
 よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

CCIの制度信用取引ができるようになったと言うことです。
信用が上がったと言うことなので株価に影響はあると思いますが、すでに織り込み済みって事も多いです。

Q休日の振替(代休)と時間外勤務手当の関係について

 我が社は週休二日制(土・日)の会社ですが、この日が「法定休日」だとは就業規則で定めておりません。したがって、両日とも135/100の割増賃金を払っているところです。
 そこで、いくつかの例において分かる範囲でお教え願います。

(1)(平成18年)3月12日(日)に業務命令を発令した 場合で、振替を13日(月)に取得させることを認めてい た場合、結果的に12の週が40時間を超えなかった場 合は割増賃金が発生しないと理解して良いか。仮に超え た場合は、通常の125/100の割増率で足りるのか。

(2)(平成18年)3月12日(日)当日に業務命令が発令 され、休日返上をさせられた場合で、13日(月)に代休 を取得した場合においてはどうか。

(3) (1)(2)において振替や代休を取得させた場合でも、休日 に労働させたことには変わりないので、割増率の差(135/100-100/100)である、35/100については支払う必 要があるのか。

(4)(平成18年)3月21日(火:祝日(会社休日))に 業務命令が発令させられたが、結果的にその週の労働時 間が40時間を超えなかった場合はどうか。 

 あるいは、休日の振替又は代休取得の関係における時間外勤務手当に関して詳しく説明されているサイト等をお知りでしたら、お教え願います。

 我が社は週休二日制(土・日)の会社ですが、この日が「法定休日」だとは就業規則で定めておりません。したがって、両日とも135/100の割増賃金を払っているところです。
 そこで、いくつかの例において分かる範囲でお教え願います。

(1)(平成18年)3月12日(日)に業務命令を発令した 場合で、振替を13日(月)に取得させることを認めてい た場合、結果的に12の週が40時間を超えなかった場 合は割増賃金が発生しないと理解して良いか。仮に超え た場合は、通常の125/100の割増率で足りるのか...続きを読む

Aベストアンサー

労基法の最初に明記されているのですが、この法律はあくまで最低基準を定めるもので、基準を上回る分には何の問題もないのです。
割増率もそうで、25%「以上」であって、25%ぴったりでなければいけない訳ではありません。
つまり、普通の割増も35%、法定休日も35%で何の問題もありません。
普通の割増が25%、土曜日だけ35%、法定休日が35%でもOKです。

法定休日も以上ですから、週2日あってもかまいません。

しかし、事前に135の賃金を払う事が決まっている訳ですから、払わなければなりません。
代休においては35の部分は必要です。
135の日が2日あるなら、どちらも代休の場合は35の部分が必要です。

会社が事前に休日としていた日に出勤させた場合は、40時間を超えない範囲に関しては割増は不要です。
本体の賃金に関しては契約次第ですが、本来労働日でない日に働くのですから、100の部分は必要だと思います。

Q信用取引制度について

少しわからないところがあるので質問させていただきます。
委託保証金は30万円は必要ですよね。
30万円で始めたとしたら、90万円くらいまでの取引ができるってことでいいんですか?
それとも、30万とは別にお金が必要ですか?
たとえば33万あって、30万は委託保証金で、残りの3万が信用取引として利用でき、9万まで利用できるようになるとか。

あと、30万で信用取引をやって90万の株を買って、その株が60万まで落ちてしまったとき、委託保証金は最低30万は無ければいけないので、
60万の3分の1の20万が今の財産だとして10万を新たに振り込まなければならないとか(ここはうまく説明できなくて言ってることわからなかったらすいません。)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

評価損は保証金から差し引かれるので、90万円の株が60万円になったら、保証金ゼロです。10万入れてもだめです。その前に評価損5万程度で追証がかかります。
レバレッジがかかるとこういうとき怖いです。

Q休日出勤の代休と振替休日について

会社から休日出勤の命令が出て、振替休日日も指定されています。
(どちらも就業規則に定義済)

その場合に、振替休日日に休みを取得できなかった場合、後日別の日に休みを取ると、代休扱いになるのでしょうか?

Aベストアンサー

振替休日の場合は時間外の割増(125%)がつくことがあります。つくことがないのは、休日労働割増賃金(135%)です。代休の場合は時間外または休日にあたる割増分(25%または35%)を支給しなければなりません。

御社でどういう定義をしているか知りませんが、本来の振替と代休の違いは上記の通りです。

で、振り替えた休める日をさらに振替の要件(事前に休みと勤務日の入れ替え指定)を満たせば、再休日振替は可能です。この要件を満たせない場合は、すべて代休扱いです。

Qイートレード信用取引について

初めまして。
イートレードで今回信用取引をしようと
勉強しております。
ですが、わからないことがあります。

(1)なぜ制度信用取引(6ヶ月)と無期限信用(一般信用)
 というものがあるのですか?
その制度信用と無期限信用との違いは?
どちらが取引するのにいいのでしょうか?

(2)イートレードにて信用を開始すると、「取引残高報告  書」と「同意書」が送られてくるとあります。
 それは確実に期日までに返送しなくてはいけませんか?
 しないとどうなりますか?
 毎月いつごろ送られてくるものでしょうか?

まだわからないことが一杯です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)については、#1さんのおっしゃるとおりです。両方できる場合は、制度信用を利用するのが普通です。決済期限が来たら、いったん手仕舞って、また買建(売建)れば良いのですから。その方がコスト的に安い場合がほとんどです。

(2)は、多少遅れてもとにかく提出すれば良いようです。遅れると、早く提出してくれという督促の手紙が来ます。

Q休日出勤した後に、強制的に代休取らせるのは合法?

いつもお世話になります。

うちの会社の規約には、「休日出勤した場合、代休を取ることができる」とあります。
去年までは、みんな普通に残業時間として申請していました。
有給休暇も殆どの人が流す状況で、代休をとるメリットは全く無いからです。

ところが最近、昨今の不況を受けて人事部から、
「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
みたいな啓蒙メールが来て、うちの事業所では残業をゼロにすべく管理職が血眼になって、部下に無理矢理代休を取らせています。

そこで質問なのですが、
残業を強制的に代休で消化させるのは合法なのでしょうか?
これは社則にある場合と無い場合、両方で教えて頂きたいです。

なお、残業時間は36協定を遵守している状態とします。


人が減って仕事は増えるのに残業はさせない。
仕事が消化出来ていないと考課を下げる。
結局サービス残業をせざるを得なくなり、会社はニンマリ。

どこもそうでしょうが、労働者を家畜程度にしか考えていない会社にうんざりします。

いつもお世話になります。

うちの会社の規約には、「休日出勤した場合、代休を取ることができる」とあります。
去年までは、みんな普通に残業時間として申請していました。
有給休暇も殆どの人が流す状況で、代休をとるメリットは全く無いからです。

ところが最近、昨今の不況を受けて人事部から、
「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
みたいな啓蒙メールが来て、うちの事業所では残業をゼロにすべく管理職が血眼になって、部下に無理...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ、dkazさん。
>「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
どこの会社でもやっている手段でしょう。弊社でもやっています。

>部下に無理矢理代休を取らせています。
強制的に取らせることは出来ません。強制労働の逆のパターンといえるでしょう。

>残業を強制的に代休で消化させるのは合法なのでしょうか?
労使間の合意の基に執行される場合は合理的と言えます。
労働時間の相殺。
但し、手当をどう扱うかに由ります。
休日出勤:単価×1.25
休日出勤残業:単価×1.50
普通残業:深夜勤務を除く延長勤務 単価×1.25
深夜残業:午後10:00~翌午前5:00間の残業時間 単価×1.50

割り増し賃金まで相殺することは出来ません。

>社則にある場合と無い場合、両方で教えて頂きたいです。
・社則にある場合:代休制度がある場合は、そのまま代休を取得することができます。
        :割増賃金に定めがある場合も同様に社則に遵守。

・労協にある場合:社則と同様

・社則にない場合:元々「無い」と言うことは無いと思います。
休日・賃金について曖昧なものは労働基準監督署が改善を求め受け取らないはず。

・社則そのものが元々無い場合:従業員10名未満の会社・個人企業にはありえることですが経営者との協議になります。それは賃金に元々含まれている可能性があるからです。「みなし賃金」といいます。

・弊社では、
(1)例えば休日出勤8時間した場合、そのまま別の出勤日に振替えて貰って労働時間の相殺します。但し、割増賃金分だけは別途支払います。

(2)通常残業の合計が8時間を越えた時点で本人に残業時間を相殺するかどうかを判断してもらいます。労働時間を相殺しても割増賃金分だけは別途支払います。

どちらにしても強制はしていません。
経営者側にとっても、残業・休出代をまるまる支払わなくても良いというメリットと
労働者側にとっても、公休と別に休暇を取れるメリットがあります。プラス割増賃金分だけはもらえます。

需要と供給のバランスをとらないと会社がバラバラになるのでご注意を!不平不満が充満します。残業や休出を御願いしたいときに御願いできなくなります。

>労働者を家畜程度にしか考えていない
おっしゃるとおりですね。私も中間管理職としてつらい立場です。
もし、dkazさんが中間管理職・組合の執行委員ならば提案してはいかがでしょうか?弊社のようなパターンも世の中には実際に存在します。

では、

こんばんわ、dkazさん。
>「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
どこの会社でもやっている手段でしょう。弊社でもやっています。

>部下に無理矢理代休を取らせています。
強制的に取らせることは出来ません。強制労働の逆のパターンといえるでしょう。

>残業を強制的に代休で消化させるのは合法なのでしょうか?
労使間の合意の基に執行される場合は合理的と言えます。
労働時間の相殺。
但し、手当をどう扱うかに由ります。
休日...続きを読む

Q信用取引で買った株を現物株にするには?

株初心者です。信用取引(6ヵ月の制度取引)で買った株を現物株にしたいのですが、どのようにすればよいのですか?
また、その場合、例えば信用取引で買った時の株価が10,000円とします。その株が現在12,000円になっていたとしても、現物株に変える時は買った時の値段(10,000円)でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

現引きすれば良いのです

信用で1万円で買った株は、たとえ現在1万2千円になっていたとしても、1万円で良いのです

正確には

 「 買建値×現引き数+諸経費 」( 諸経費に金利分も含む )

となります。

信用買いは、お金を借りて株を買う行為ですので、
基本的に、
借りたお金を、金利を付けて払えば良い
と言う理屈になります。

値上がりして、良かったですね

Qシフト勤務で休日減、休日労働賃金を請求できるか

土日祝が休みの勤務でしたが、派遣されシフト勤務に移行しました。
シフト勤務に移行するにあたっては給与や休日数等のについて一切話はなく、書面もありません。
実際シフト勤務となったところ、土日祝が休みであったころと比べると、毎月の休日数がが1~2日減ることとなってしまいました。

減ってしまった休日分、つまり労働した分について、休日労働として請求することができるでしょうか。

Aベストアンサー

賃金分に関しては、本来の雇用契約の内容も関係してきます。
ごく一般的な契約であれば、労働日数が増えるなら賃金も増えなければおかしいです。
毎月の賃金額が固定ですから、所定労働日数によって時間単価も固定されます。だからこそ時間外割増賃金・残業代が算出できます。
所定労働日数が変わるという事は時間単価も変化してしまい、つまりは賃金が変わったのと同じ事になります。
賃金が増える、つまり所定労働日数が減るなら問題はありませんが、逆であれば不利益変更ですから労働者の同意が必要になります。
ただ、シフトに同意した事が労働日数の変化も意味し、賃金変更無しに暗黙の同意があったというような解釈をされる可能性が無いとは言いかねます。もちろん、その可能性はかなり低いと思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報