怖い話が苦手なくせに、ミステリーが好きです。
その昔「リング」を読んで一人で眠れなくなり、トイレに行くにも母を起こす始末(^^;
なのに、映画も見てしまいました。今でも「砂の嵐」状態は苦手です。
『OUT』は表紙は怖かったけど一気に読みました。『魍魎の匣』にはしばらくうなされましたが、今は大丈夫だし、京極夏彦は大好き。
痛いのとか血にも弱いけど、『検死官』シリーズの描写までなら耐えられます。わかりにくいでしょうか? 怖いもの見たさってやつですね。

質問は、『黒い家』、『ぼっけぇきょうてぇ』、面白そうだなぁと思いながらも、また眠れなくなるのも、と二の足踏んでいます。『死国』は諦めてますが、この2冊はどうでしょう? 
あと、『天使の囀り』、『メドゥサ、鏡をごらん』をはじめとする井上夢人作品はどうですか?
やめといた方が賢明でしょうか? どちらかでも読んだ方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「黒い家」


結構怖いです。映画を見たくなりました。昨今流行している「その場面を想像する力があれば怖い」タイプで、描写も含めて「わかり易い怖さ」とでも言いましょうか。

「ぼっけぇきょうてぇ」
1.舞台が現代ではない
2.語り口
3.登場人物
などから、(淫靡ではなく)隠微なイメージが強いです。内にこもった怖さというかじわじわと折り重なっていく怖さというか・・・。最近のホラーとは一線を画すでしょう。
 お笑いに例えて言えば・・・
「リング」「黒い家」等はその場で大笑いする、コント・掛け合い漫才・落語。
「ぼっけぇきょうてぇ」はじっくり聞いていつの間にか引き込まれてニヤリと笑ってしまう「個性の強い漫談」
 無理があるか・・・(^^ゞ

「死国」
私はあまり怖いとは思いませんでした。「リング」「黒い家」「仄暗い水の底から」のように「もしかして、ひょっとしてこんなことがあってもおかしくないのかもしれない」と思わせる、現実におぶさってくるような部分が少なく、いわゆる「読み物」的な感じが強かったです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
>無理があるか・・・(^^ゞ
いえいえ、十分伝わってますよ。

『黒い家』、回答からするとprimaniさんはかなりホラー系に強そうかと思うのですが、それでも「結構怖い」んですよね。「わかり易い怖さ」ですか・・・
想像力が逞しすぎるんです私。危険ですね。

『ぼっけぇきょうてぇ』の
>内にこもった怖さというかじわじわと折り重なっていく怖さというか・・・。最近のホラーとは一線を画すでしょう。
怖そうですねぇ。
ただ、文章の上手さで名前があがっている作者だけに気になって。図書館でちょっとだけ読んで数日考えます(^^;
でも表紙、怖いですよね。

『死国』
「読み物」的ということでいけそうかなぁ、とも思いますが、『ぼっけぇきょうてぇ』以上に表紙が怖いからやっぱりだめでしょうね(@。@)
 

お礼日時:2002/02/27 10:19

「黒い家」読みました。


私はホラーは好きではなかったのですが、眠れないほどではなかったです。
怖いと言っても人間が怖いのであって一人で居ると何かが・・・という種類ではない。と思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>怖いと言っても人間が怖いのであって一人で居ると何かが・・・という種類ではない。
なるほど。人間が怖いっていうのはある意味読み終わっても怖いということでしょうか・・・。

やっぱり人気があるだけあって、みなさん、ぞくぞくと回答を寄せていただきありがとうございました。
『黒い家』以外から読んでみます。週末に図書館でさがしてみます。買って家に置いておくと毎日うなされそうなので。

お礼日時:2002/03/01 13:35

「黒い家」・・・私が今まで読んだ本の中で、最も恐怖を感じた一冊でした。


私はホラーもの・心霊ものには慣れており、家に心霊写真集があっても平気なタイプなんですが、その恐怖慣れした私でも、読んだ日は寝付けなかったほどです。
現実的な、日常に潜む恐怖が描かれてあるため、自分にも同じ事が起こり得そうで怖いのです。読んでから2、3日は、家中の戸締りを厳重にチェックしてましたね(笑)。
でも、それゆえ、大作です。さすがホラー小説大賞を受賞しただけのことはあります。怖がりの方に無理に勧めることは出来ないんですが、小説としては読んで欲しい一冊です。

同じく貴志祐介氏が書いた「天使の囀り」は、やや非日常的な話なので、恐怖感は「黒い家」ほどには感じません。こちらから読んでみるのも良いかも知れませんよ。また、同氏のデビュー作「十三番目の人格」も、やや恐怖感は薄れており、お勧めです。

恐怖感は 黒い家≫天使の囀り>十三番目の人格  かな?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうかぁ、『黒い家』は満場一致で「怖い」んですね。
心霊写真が家にあると思っただけでも眠れなくなる人です。
やめておきましょう。君子危うきに近寄らずってことですね。
といいつつ、「天使の囀り」は気になるなぁ。

しかし。自分で質問しておいてなんですが、ホラー小説大賞受賞作品をつかまえて「怖いですか?」と聞くのもおバカですね・・・。

お礼日時:2002/02/27 10:49

私もミステリー好きで結構読んでますが「黒い家」はメチャ怖かったです。

明るい出勤途中の電車で読んでいても、怖かったです。あんまりストーリーとか言っても何なので・・・とにかく怖かったコトをお伝えします(^^;)。「天使の囀り」は「黒い家」とは全然違いましたが、すごく良かったです。「黒い家」が「来るぞ来るぞ来るぞぉ~」というホラーに近い要素があるとすれば、「天使の囀り」はナゾ解きが含まれていて、その回答に恐れおののく(?)という感じでした。でも、これも怖いです、私はオススメです。
「死国」は全然ダメでした。私から見れば「ファンタジー」でした。

「ぼっけぇきょうてぇ」は読んでいません、ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やっぱり怖いんですね、『黒い家』
「保険金をめぐる云々」というのをどこかで見かけたんですよ。で、映画では大竹しのぶが出てたでしょ、なんとなくそれほど怖くないのかな、と思ってたので。

『死国』を「ファンタジー」といえるpochitamaさんを恐怖に陥れたんですよね。
うーん。『仄暗い水の底から』のTVCM見て蛇口ひねるのをためらうような私には無理でしょうか。
『天使の囀り』は「怖いです」を取るか、「オススメです」をとるか悩むところです。(^^;

お礼日時:2002/02/27 10:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q『銀河鉄道の夜』初めて読みます。

今更ながらではありますが今度初めて読んでみようと思っています。
いろんなところから出版されているようでどれを選べばよいか悩んでしまって・・・
宮沢賢治初心者です。読みやすく、おすすめの出版をぜひ教えてください。

Aベストアンサー

とりあえずは開いてみて、挿絵や字間など、読み易いと感じられたものを読まれてはどうでしょう。

ところで『銀河鉄道の夜』は作者が生存中に発表されたものではありません(宮澤賢治は生前童話集が1冊と詩集が1冊しか出版されていません)。ですからいわゆる決定稿というものが無いという事になります。
文庫などには最終稿としての第4稿が収録されている事が多いようです(岩波文庫は確か3,4稿混在だったような...)。でも、3稿から4稿にかけてかなり大きな改訂がなされていますので、もしこの物語が好きだと思われたら、両方読んで頂きたい気がします。
ちくま文庫版には作者の手入れの跡も含めてかなり詳しく載っています。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Qこれしか読んだ事が無い → 次何読もう…(ミステリー)

私は東野圭吾さんの本しか読んだ事がありません。
もうじき読み終わるので次にどなたの本を読もうか悩んでいます。
こんな私にお勧め作家・作品を教えて下さい。

私は今までまともに本を読んだ事が無く、読み慣れてなれてなかったので異常に遅かったです。
その状態だったのもあってと思いますが、昔、西村京太郎さんのトラベルミステリーと
内田康夫さんの浅見光彦シリーズのどちらも1冊読んだことがありますが(どちらも古い作品かと)引き込まれませんでした。(好きな方申し訳ありません!)

ちなみに東野作品では「私が彼を殺した」を初めて読み引き込まれました。
読みやすかったのもあります。
「手紙」「虹を操る少年」はあまり好きではなく、それ以外は大抵好きです。
作品に関しての感想は苦手なので上手くいえませんが、

・面白い要素を取り入れる
(「悪意」の日記のような感じや「十字屋敷のピエロ」のようなピエロを使ったのとか「私が…」「どちらかが…」の二人称三人称形式で話を進めるとか)
・トリック
・謎解き
・はらはらドキドキ風
・意外な犯人で意外な結末
・どんでん返し
が好きです。(ベタですね^^;)
後、東野圭吾さんが書く「笑い」も好きです。大阪ネタ、大阪弁も好きです。

エッセイ、恋愛小説は苦手なのでミステリーかサスペンス
かで、短編か300P前後までの作品でお願い致します^^;

後、自分なりに調べて思ったのですが宮部みゆきさんと東野圭吾さんってタイプと言うか話の作り方か何か似ている部分があるのでしょうか??
よく「この二人のファンです」とか「お勧め」と見かけるので…。

以上ですが宜しくお願い致します。

私は東野圭吾さんの本しか読んだ事がありません。
もうじき読み終わるので次にどなたの本を読もうか悩んでいます。
こんな私にお勧め作家・作品を教えて下さい。

私は今までまともに本を読んだ事が無く、読み慣れてなれてなかったので異常に遅かったです。
その状態だったのもあってと思いますが、昔、西村京太郎さんのトラベルミステリーと
内田康夫さんの浅見光彦シリーズのどちらも1冊読んだことがありますが(どちらも古い作品かと)引き込まれませんでした。(好きな方申し訳ありません!)

ちな...続きを読む

Aベストアンサー

他の人も勧めていらっしゃいますが、宮部さんなら「ファザー・ステップ・ファザー」が、まずお勧めでしょう。あと、短編集で「サボテンの花」という短篇が入っているものがありますが(書名は忘れました(^^;))、この「サボテンの花」は、意外な謎と結末に加えて、思わず目頭が熱くなるような傑作で、ミステリ作家の間でも評判のいい作品です。
宮部さんの本が書店で見つからないようでしたら、今は公共図書館に多く入っていますので、そこで捜してみられるのもよいかと思います。ただ、気に入ったら、買って差し上げて下さい。いくら宮部さんが売れっ子でも、図書館からは一銭も入りませんので、応援と言うことで。あくまで、気に入ったらですが。
「火車」は、やや重い作品で、どちらかというと社会の問題を描いた作品ですね。結末の付け方は面白いのですが。
結末の意外な最近のミステリというと、歌野晶午さんの「葉桜の季節に君を想うということ」があります。途中、だれるかもしれませんが、最後まで読むと、あまりにも鮮やかなどんでん返しに、それまでの記述がすべて伏線になっていたのが分かります。ミステリの面白さを満喫させてくれます。
短編集だと、北森鴻さんもお勧めです。主に連作短篇を書いていらっしゃいますが、どれもひねりがあって、やられた、という気分になります。小説としても面白いですよ。

他の人も勧めていらっしゃいますが、宮部さんなら「ファザー・ステップ・ファザー」が、まずお勧めでしょう。あと、短編集で「サボテンの花」という短篇が入っているものがありますが(書名は忘れました(^^;))、この「サボテンの花」は、意外な謎と結末に加えて、思わず目頭が熱くなるような傑作で、ミステリ作家の間でも評判のいい作品です。
宮部さんの本が書店で見つからないようでしたら、今は公共図書館に多く入っていますので、そこで捜してみられるのもよいかと思います。ただ、気に入ったら、買って差し...続きを読む

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q『SEDA』

『SEDA』というファッション雑誌はどのくらいの年齢向けなのでしょうか??

Aベストアンサー

こんにちは。
ざっと見るに10代後半~22歳くらいまでかな?という印象を受けます。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q雑誌『編集会議』は…

雑誌『編集会議』をたまたま本屋で手にしたら、いつも巻末に掲載されていた西原理恵子の漫画がありませんでした。好きだったのに…。
編集長も別の人だったような…。
マイナーチェンジしたのでしょうか? 熱心な読者でなかったので恐縮なんですが、そのあたりの事情と雑誌としてのポリシー(?)の変化などについて知りたいです。
どなたか詳しい方、お願いします。

Aベストアンサー

雑誌全体のことについては分かりませんが、西原理恵子のマンガは8~9月はお休みらしいです。

参考URL:http://www.toriatama.net

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q『おすすめの読書スポット』

みなさん、こんにちは。

みなさんは読書をするのにおすすめのスポットをお持ちですか?

ぼくの場合は近所にお気に入りの公園(公園というよりはベンチの置いてある山)があります。
そこでの「読書」は、読書以上のものをぼくに与えてくれます。

ただ、そこしか知らないので、他にも気分よく読書ができる空間を知りたくなりました。
みなさんもそういうベストプレイスをお持ちですか?

アバウトな答えから、詳しいお答え(お店だったら店名や最寄駅、雰囲気等など)まで
お待ちしております。(ちなみにぼくは横浜在住です)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。

「図書館の最上階のレストラン」というと聞こえが良過ぎましたでしょうか。
横浜からご足労いただくにはやや遠いと思いますし、自分の行動範囲がばれそうで怖いので(笑)場所の特定は控えさせていただきます。ごめんなさい。
それに、常に居心地よいかというとそうでもないように思いますので・・・。
お客さんの数や雰囲気によって私もそのまま帰ってしまうことが多々あります。

臨港パークの夕方限定というのは、昼間は日差しが強く感じるからです。(夏だけかもしれませんが)木陰のない場所で海に向かって読んでいたので日差しが強いと本のページに反射して目が痛い。
というわけで、逆に早朝もお勧めですよ。
散歩がてらいかがでしょうか。

なんかあまりguriaさんの希望にお答えしていないようですみません。でもお気に入りの場所が他にも見つかるとよいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報