ご祝儀には新札、お香典には古いお札、というところまでは知っているのですが、お札の向きがわかりません。
顔がついてるほうが上か下か(表か裏か?)、慶弔でたしか違うはずですが、どちらがどちらなのでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

勤務先に、「作法」や「マナー」の講座に通っている先輩がいらっしゃいまして、その方から伺った話です。



> ご祝儀には新札、お香典には古いお札
私も祝儀は新札、不祝儀は使ったお札と思っていましたら、最近のマナーでは違うようです。
#1さまがご紹介のサイトにあるように、
『新札は「前から準備していた」と思われることから、使い古しのお札を入れるとも、言われますが、これも人様に差し上げるものですから、使い古したお札では、いい感じはしないと思います。』
ということで、使ったお札でもきれいなものや新札に折り目をつけて入れる、もしくは新札(ピン札)でも可-とのことだそうです。

お札の表裏と上下に関しては、祝儀の場合は「肖像が表で上」(水引を自分側にして封を開けると肖像がすぐに出る)、不祝儀の場合は「肖像が裏で下」(水引を自分側にして封を開けるとお札が裏向きで、それをひっくり返しても肖像が出ない)と教えられたそうです。

あくまでも、これは、先輩が講座で教えてもらった内容であって、日本全国どこでもの常識-という訳ではないと思います。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お陰様で疑問点が整理できました。
ご祝儀…新札、肖像が表で上
不祝儀…古いお札でもきれいなものか新札に折り目をつける、肖像が裏で下

その意味まで教えていただけて良かったです。
大事なのは形よりも礼の心なのですね。

お礼日時:2006/07/07 15:52

日本銀行券と記されて肖像があるほうが表です。


上下は肖像が上と言われていますね。

入れ方は、↓を参考にご覧ください
不祝儀
http://www.mizuhikiya.com/howto/shugi-okane-butu …

祝儀
http://www.mizuhikiya.com/howto/shugi-okane.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/07 15:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお盆 表書きの書き方

私の実父のお盆の際、夫の名前でお金を持っていこうと思います。が、どういった袋に入れれば良いのでしょうか? 例えば「水引き:黒白の結び切りの有無」について。
そして「表書き」は何と書けば良いのでしょうか?

無知な為、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

初盆でしたら「初盆御見舞」と、書きます。
下に、ご主人の名前を書きます。
それ以外のお盆時の訪問でしたら、
(お金)金封・のし袋の表書き「御仏前」「御供物料」
(品物)のし紙の表書き「御供」「御供物」

で、いいと思います。金封・のし袋の様式は、
盆供養・彼岸供養とも共通で、蓮絵入りの印刷がされたものでいいでしょう。
以下参考までに。

金封(水引付き不祝儀袋)は水引が黒白・黒白銀(5本か7本)、
双銀(7本か10本)にて結びは結切りか鮑結びが基本です。
地区により黄白の水引(5本か7本)を用いるところがあります。

のし袋(印刷不祝儀袋)は水引が藍銀(蓮絵入りかナシで5本か7本)
にて、結びは結切りを用います。
地区により黄銀の水引(5本か7本)を用いるところがあります。

(のし紙の様式)

水引は藍銀(蓮絵入りかナシで5本か7本)にて、結びは結切りか鮑結びを
用いるのが基本です。
地区により黄銀の水引(5本か7本)を用いるところがあります 。

Q仏壇にお供えする時の向きはどうしたらいいですか?

何て説明した良いんでしょうか?

ご本尊様とか、お位牌さんに見せる様に置くのか

こちら(私)が見える様に置くのか

うまく説明が出来ません。
意味を分かってもらえますか?

Aベストアンサー

 花でも食べ物でも自分に対して正面を向けます。なぜかというと、あなたは自分が仏様にお供えものをしたと思っているでしょう。しかし、その供物が自分の手に届くまでに、どれだけの人の苦労がかけられているか考えたことありますか? それを忘れて「私がお供えしました、受け取ってください」という気持ちでお供えしていませんか?
 修行僧は食事の前に、天皇陛下の弥栄と食事を与えてくださったすべての人々の幸福を祈り、さらに“この食事がどれだけの手間暇がかかって今目の前にあるか考えよ”、そして“それを受け取るにふさわしいだけの行いをしてきたかどうかを考えよ”などの意味のある一文をお唱えします。
 であれば、自分がお供えしているものをなぜ自分に向けるのか。それは神仏の加護によって、また目には見えないさまざまな人や自然や宇宙の働きによって、私たちに授けられているのだということを知るためです。お供え物は言葉こそ発していませんが、それによって仏が教えを説かれている「無言の説法」なのです。だから、お供え物は仏の方に向けるのでなく、私たちの方に向けられるのです。そして神仏から授けられた物ですから、粗略にするのでなく感謝して頂戴したり、独占せずに皆に分け与えるのです。

 花でも食べ物でも自分に対して正面を向けます。なぜかというと、あなたは自分が仏様にお供えものをしたと思っているでしょう。しかし、その供物が自分の手に届くまでに、どれだけの人の苦労がかけられているか考えたことありますか? それを忘れて「私がお供えしました、受け取ってください」という気持ちでお供えしていませんか?
 修行僧は食事の前に、天皇陛下の弥栄と食事を与えてくださったすべての人々の幸福を祈り、さらに“この食事がどれだけの手間暇がかかって今目の前にあるか考えよ”、そして“それ...続きを読む

Q法事の香典に使うのは新札?古札?

一般的に、
「人に渡すお金は新札にせよ」
と言われています。人様に渡すものに使い古しをやるな!という精神ですね。
渡す、って買い物で店の人に支払う、ってことではないですよ。
古い小説など読んでいると「…こういう時のためにきちんと新札を備えておくひとだったので、さっと真新しい封筒にのしをかけて手の切れそうな新札を入れ云々」という下りが出てきたりします。
集金の人にも新札を渡す、という場面とかも。渡すことがあらかじめ判っているお金なら、用意しておけという意味合いがこめられているのでしょうか。
一方で、
「祝儀には新札(婚礼なり出産なり、あらかじめ判っていることが大半だから。準備しておくのが礼儀)、不祝儀には古札(災難、人死は大抵予期せぬものだから。あらかじめ手配しておかないと入手できない新札だと待ち構えていたようであるから)」
というルールもあります。
枕長くてすみません。
で、法事に出す香典。古札にするべきでしょうか、新札にするべきでしょうか?
「不祝儀には古札」
というルールに従えば古札にするべきですが、法事は通夜葬式と違って、あらかじめ開催が定められ告知されて開かれるものです。
新札…?

どちらにしたほうがよいでしょうか。

一般的に、
「人に渡すお金は新札にせよ」
と言われています。人様に渡すものに使い古しをやるな!という精神ですね。
渡す、って買い物で店の人に支払う、ってことではないですよ。
古い小説など読んでいると「…こういう時のためにきちんと新札を備えておくひとだったので、さっと真新しい封筒にのしをかけて手の切れそうな新札を入れ云々」という下りが出てきたりします。
集金の人にも新札を渡す、という場面とかも。渡すことがあらかじめ判っているお金なら、用意しておけという意味合いがこめられている...続きを読む

Aベストアンサー

よれよれのお札では失礼ですが、
お祝いごとではないですから気になるようでしたら
お札の角の部分1箇所を小さく折って戻して
折り目をつけたものを入れたらいかがでしょうか?
ちなみにこのやり方は、母から聞きました。

余談になりますが私はいざというときの為に
常時新札をそれぞれ数枚用意してあります。

Qお盆礼って?

結婚して初めてのお盆でした。
お義母さんから私の実家に・・・とご祝儀袋に「お盆礼」と手書きされ5千円が入っていました。
最近、私の祖父が亡くなったのでその為かと思い、祖母に渡した時も祖母も私と同じ事を言っていました。疑問に思いながらもお義母さんに聞けず、主人に聞いても分からず終いのまま、お義母さんの実家にもお盆なので一緒に行ったところ、そこでも「お盆礼」と書かれたご祝儀袋をお義母さんは出していました。でも、お義母さんの実家ではここ最近亡くなった方はいないので、私の解釈は間違っていたようです。
それを祖母に話すと、お盆は仏様に食事を出したりお菓子を仏壇にあげるからその代わりにお金を渡してるのかな?と言っていました。
ちなみに、出身地が違うもの同士の結婚だったので、そういう習慣が違うのかもしれませんが、私たちの方ではそういう習慣がありません。
「お盆礼」の意味を知っている方、教えてください。
直接お義母さんに聞くのも今更恥ずかしいので、ちょぅっと知識を入れてからお義母さんと話してみたいので^^;
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たんてきには「盆礼」とは「中元」のことです。「盆と正月がいっぺんにやってきた」とたとえられるように、盆も正月もめでたいものとの位置付けなのです。
正月と同じように、「盆礼」といって親族や知人の家を訪ねて進物の贈答をすることが行われる習慣が、現在のお中元の習慣の元ですので、地方によっては、今でも「中元」とはいわず「盆供」や「盆礼」と呼んでいるところがあります。
細かな習慣はことなり、多いのはお金ではなく、そうめんや小麦粉などの畑作物、または鯖が多いのですが、表書きの意味合いとしては、まず「お中元」の意味合いでが強く、それに+アルファーの意味合いが、各地で異なり、新仏・先祖供養儀礼があったり、仏とまったく関係なく単に「お静かなお盆でおめでとう」とする挨拶であったりするのです。

Qお見舞いを包むとき、中に入れるのは新札?

とてもお世話になった親類の人が入院しているため、お見舞いに行きます。
お見舞い(現金)を持っていくのですが、中に入れるお札は、ふつうのお札でしょうか?それとも新札でしょうか?
お祝い事の時は新札ですよね。また、おくやみごとのときは、あえて使用済みのものを裏向きに入れますよね。
お見舞いの時はどうなのでしょう。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

お見舞いとお葬式の場合は新札はNGです。
新札を使うのは「待ってました」という意味があるそうです。

お見舞いのときはお悔やみと同様あえて使用済みのものを使います。
新札しかない場合は折り目を入れてから使います。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q四十九日のお香典の表書き

親戚の四十九日法要があります。
私は、四十九日の法要より使用と書いてあった「御佛前」の袋を用意しました。
しかし父は、文房具屋さんで「四十九日の法要に出るのですが・・」と言ったら、「ではご霊前ですね。」と言われ、ご霊前の袋を用意したそうです。
色々調べても、四十九日までは「ご霊前」と書いてあったりするのですが、四十九日当日は「御佛前」「ご霊前」どちらになるのでしょうか?

Aベストアンサー

坊さん@浄土真宗です。
申し訳ありませんがNo3回答者orihime05さんの
> 浄土真宗では「御仏前」は使えません。
は誤りです。逆に通夜時から御仏前で、御霊前は用いません。
ご質問者さんへのアドバイスですが、実は厳密には宗派により異なります。
仏教葬儀の場合、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書くのが正しいと俗に言われ、極端にはどの宗教でも葬儀の香典は「御霊前」と書いてよいとの説明がされることが多いのですがこれは俗説で誤りです。
まず、浄土真宗では亡くなった方は即浄土に往生したのであり、「霊」という概念がありませんので「御霊前」は用いません。また、「特にこだわらない」とするものの、曹洞宗・臨済宗などの禅宗系では教義に「浄土」がありませんので「成仏以前」という考え方がなく「御仏前」とするのが一般的です。また、故人に出すのではなく「本尊である仏様に捧げる」という意味であるなら「御仏前」になります。
キリスト教でもカトリックは「御霊前」を許容していますが、プロテスタントでは否定しています。
同じ宗派の親族でしたら「相手の宗派=自分の宗派」ですので合わせることも可能ですが、宗派が異なる親戚や知人の単なる会葬者の立場に立つと、必ずしも相手方の宗教・宗派を理解したうえで会葬するとは限りませんので、その場合自らの宗旨で上書きを選択してもよいです。
合掌

坊さん@浄土真宗です。
申し訳ありませんがNo3回答者orihime05さんの
> 浄土真宗では「御仏前」は使えません。
は誤りです。逆に通夜時から御仏前で、御霊前は用いません。
ご質問者さんへのアドバイスですが、実は厳密には宗派により異なります。
仏教葬儀の場合、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書くのが正しいと俗に言われ、極端にはどの宗教でも葬儀の香典は「御霊前」と書いてよいとの説明がされることが多いのですがこれは俗説で誤りです。
まず、浄土真宗では亡くなった方は即...続きを読む

Q複数人数で、お香典を包む時のやり方について教えてください。

職場が同じ部門(正社員、派遣併せて50名くらい)の、正社員の方のお父様が亡くなられたと連絡が届きました。
直接の担当ではないので部門として有志で、お香典を包もうとなったのですが(2000円)実際のところ失礼ではないかと言う人も出できてしまいました。個人的には、失礼だと思う人は個人で対応すればいいと思うのですが、そうすると3000円以上出さなくてはならず・・・イヤみたいなことを言っています。(あまり知らない方なので、その気持ちもわかります。)
【質問】
・一つの香典袋に、10人とか20人とかを一緒に入れるのはダメでしょうか?
・香典袋の中に、名前と金額を書くと思いますが、何十人とかの場合も、何 十人と名前を書くのでしょうか?
・金額のばらつきがあってもいいのでしょうか?(2000円とか3000円)
・例えば、2000円を20人とした場合40000円ですが、千円札を40枚でも、一 万円札4枚とかに換えたほうがいいのでしょうか?

常識がなくて恥ずかしいのですが、回答をいただけると幸いです。

Aベストアンサー

※表書き、中袋の住所・氏名・金額をきちんと記入しましょう。
これを記入しないと、誰からきたものかわからなくなってしまいます。
また文字を記入する際には、黒々と書かずに薄墨の筆ペンを使います。
書き方は、下記を参考にしてください。

・表書き
市販されている不祝儀袋には、あらかじめ表書きがされている場合があります。
故人の宗教がわかっている場合、その宗教にあわせたものを買います。

仏式・・・「御霊前」「御仏前」「御香典」「御香資」
神式・・・「御霊前」「御玉串料」「御榊料」
キリスト教式・・・「御霊前」「御花料」

宗教がわからない場合、黒白の水引きで「御霊前」と書けば、仏式・神式・キリスト教式のいずれでも通用します。
また、通夜・総儀の時は「御霊前」、四十九日以降は「御仏前」と使い分けることもあります。

※※水引の下には施主の名を書き、連名の場合は中央の施主の名の左側に書きます。
この場合名前を書くのは3人までにしましょう!!
友人など複数で香典を出す時は、表書きは「友人一同」とし、袋の中に全員の名前と住所を書いた紙を入れるようにしましょう。

・中袋
住所・氏名・金額を記入します。
金額を書く際は、漢数字を使いましょう。
「壱(一)、弐(二)、参(三)、拾(十)、阡(千)、萬(万)」となりますので、注意してください。
また、金額が5万円・10万円など高価になった場合は、電話番号を書いておくと親切です。

書き終わったら封筒を折りますが、裏側を折る時は先に下側を折り、上の折りを重ねるようにします。
返しが下を向くことで悲しみを表現します。

※千円札を何十枚も入れるのはおかしいでしょう・・・
 万冊に買えた方が(新札)よいのでは・・・・
※提案ですが、2千円・3千円の方がいるのであれば
 2千円組みと3千円組みで分けてみたらいかがですか?
誰がどの金額とか書くのは面倒ですし相手にもややこしいでしょうし。
10人もいるなら 5人5人でも3人7人でも分けられるでしょ??

※表書き、中袋の住所・氏名・金額をきちんと記入しましょう。
これを記入しないと、誰からきたものかわからなくなってしまいます。
また文字を記入する際には、黒々と書かずに薄墨の筆ペンを使います。
書き方は、下記を参考にしてください。

・表書き
市販されている不祝儀袋には、あらかじめ表書きがされている場合があります。
故人の宗教がわかっている場合、その宗教にあわせたものを買います。

仏式・・・「御霊前」「御仏前」「御香典」「御香資」
神式・・・「御霊前」「御玉串料」「...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q祝儀や香典袋に入れるお札の向き

お祝い金をご祝儀袋に入れるとき、お札の表(顔がある)は、内袋の表と裏のどちらの面にするか、決まりがありますか。また天地の方向はありますか?
香典袋は、何かでみたことがあるのですが、それもあわせて教えて下さい。

Aベストアンサー

祝儀袋に入れるときは、お札の表、顔がある方を表にします。
天地は、顔が下になるようにされてください。

香典袋の場合、明確には決まっていないようですね。
でも、一般的にはお札の表を裏にします。
お祝の場合と逆です。
身内が亡くなったときに香典を頂きましたが、皆、お札の向きは裏でした。
天地は、顔が下になるようにします。

下記のサイトに詳しく載っています。

参考URL:http://allabout.co.jp/contents/sp_kekkon_c/ceremony/CU20061128B/index/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報