ある金融機関と取引があり、売掛金の入金や借り入れの返済などで使用しています。昨日、この金融機関が危ないとのうわさを聞きました。おそらくどこかの金融機関が支援に乗り出すと思っているのですが、いままでのように自由に預金の引出しはできるのでしょうか?社員の給与振込みもこの金融機関を使用しています。もう一点、ここから長期借り入れをしており毎月きちんと返済していますが、支援に乗り出した機関から、一括返済を求められるでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

4月のペイオフ解禁前で、いろいろあるようですね。

微妙な問題ですので、あくまで一般論としてですが・・・。引き出し、振込などは、ほとんど問題ないと思います。問題は借入金の場合。万が一、その金融機関が破たんした場合、あなたの借入金が別の銀行に移譲されればまだいいですが、政府の預金保険機構に移譲される(=不良債権と認定される)と、返済条件がかなりきつくなるようです。「一括返済」はまずないでしょうが、いずれにしろ、毎月の返済額は増える可能性は大。あなたの会社の経営状況(黒字か赤字か)にも左右されますが、相手から「どう見えるか」ですからね・・。理不尽なものです・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今朝の新聞に、当金融機関の破綻が載っていました。きのうは、どの支店もごった返した状態だったそうです。通常の業務は大丈夫と言うものの、早速取引先から今月の振込みどうしますかと問い合わせがありました。15年付き合いがありましたが、振込みは他の銀行に変更いたします。これからまた時間をかけて金融機関と信頼関係を築くとなると、気が重くなります。まあ 仕方ないですね。回答ありがとうございました。じたばたせずすみました。

お礼日時:2002/03/02 09:54

返済期限の到来していない借入の場合、万が一預金保険機構に移された場合でも、『原則』としてはその期限までは返済の必要はありません。

預金保険機構は、貴方の会社と破綻した銀行との間の契約関係をそのまま引継ぐからです。但し、貴方の会社に「期限の利益を喪失させるに足る」(延滞利息があるなど)理由がある場合は、「直ぐに返せ」と言われる事になります。(これも、元の契約で認められているからです。)
実際の回収は、整理回収機構がやりますが、簡単な説明があるので、参考URLに入れておきます。
やっかいなのは、契約上は短期借入だけど、実際には更新して長期借入にするような「口約束」がされていた場合でしょうが、理屈上は、整理回収機構は契約上の返済期日に「きれいさっぱり返せ」と言えます。でも、「分割返済にしてくれれば、担保の競売なんぞをしなくとも、ちゃんと返すから」といって整理回収機構を説得できれば、ある程度の分割返済は認めてくれるはずです。(知り合いの会社で、そういう実例がありましたから。)
既に、回答された方が「預保に行くと返済条件がきつくなる」といわれたのも、『実態長期・契約上は短期のころがし』の例だとは思うのですが、念の為

参考URL:http://www.kaisyukikou.co.jp/qa/qa_012.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

幸いにも、毎月元金利息を払っていますので整理回収機構に移ることはないでしょう。回答をいただいてほっとしています。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/02 09:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妻が連帯保証人で住宅金融公庫借り入れ返済中、この妻と離婚しそう。

6年前妻が連帯保証人となって住宅金融公庫から借り入れをして
毎月返済していましたが、この妻と離婚になりそうです。

(1)公庫に対して、何か連絡しなければならないのでしょか?
(2)公庫から要求(追加の連帯保証人の要求等)があるのでしょうか?
(3)もし、主債務者の私が死亡した時は保険金で債務は完済されるよう
 ですが、土地建物の名義は連帯保証人名義になるのでしょうか?
 又は法定相続人になる(遺言なしの場合)のでしょうか?

 公庫の住宅ローンに詳しい方、お教えください。

Aベストアンサー

(1) 連帯保証人に変更がないのであれば、連絡は不要です。
(2) 同上
連帯保証人が亡くなったわけではありませんから、追加の連帯保証人を要求されることはありません。
逆に言うと、離婚しても奥様は連帯債務を免れません。
当然ながら、奥様から連帯保証人を止めたいという要求があるかと思いますが、その際には別の連帯保証人または、物的担保を要求されます。
(3) 連帯保証人には、債務を返済する義務のみが存在し、一切の権利がありません(とても、不利な契約です)。
したがって、あなたがなくなっても連帯保証人には何の権利も発生しません。自宅は、あなたの相続人(そのときの配偶者、子、親、兄弟など)の相続財産となります。

Q金融機関の合併について

2000~2001年にかけて、金融機関の大型合併や統合が相次いだが、その目的はどこにあるのか?そしてその目的はどの程度達成されているか?まだ充分に達成されていないとすれば、それはなぜか?どうすれば達成しえるか?を教えてください!!

Aベストアンサー

>2000~2001年にかけて、金融機関の大型合併や統合が相次いだが、その目的はどこにあるのか?

1.合併により、経営の効率化を図る(システム投資の共有による効果が大きい)
2.規模を大きくすることで、利用者の利便性の向上などのサービス強化が行える
3.日本全体で考えれば不採算金融機関を廃業に追込むよりも、合併により金融機関の数を減らしていく方が社会への影響が少ない。更には不良債権の発生を抑える意味においては各金融機関にもメリットはある

>そしてその目的はどの程度達成されているか?
合併により、経営の効率化分で発生したものを不良債権処理に当てているので相応の効果はあると思いますが、不良債権の新規発生が上回っている現状では延命策の域を脱していないと思います。

>どうすれば達成しえるか?
完全な不良債権処理を行う為には、公的資金による資本再注入が不回避ではないかと考えています。

このような回答でいかがでしょうか?

Q金融機関のレバレッジ制限

銀行には「預金準備率」や「自己資本比率規制」によるレバレッジ制限があるようですが、
では、証券会社や保険会社にも上記のようなレバレッジ制限はありますか?

Aベストアンサー

http://www.tse.or.jp/about/participants/shihon.html

金融商品取引法では、自己資本規制比率の120%維持義務が規定されており、それを下回った場合、金融庁はその証券会社に対して監督命令を発することができることとなっています。

とのことです

Qなぜ金融機関は土日休み

銀行、証券会社や郵便の金融窓口は、なぜ一斉に土日休みなのでしょう?
銀行とか証券会社が「土日も窓口業務やります」とやらないのは
なにか慣習とか法律で決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

銀行法で休日は規定されています.下記URLの銀行法15条に規定されています,
政令の指定の日と地域の慣習--例えば,町の祭りで休みとか葉できますが,普通はしていませんね.--昔は土曜が休みではありませんでしたが,外国から働き過ぎの日本といわれて,日本の企業が土曜日の休みが行われるようになってからは,銀行法を改正して、政令で休むことになりました.

参考URL:http://www.lec-jp.com/law/houritsu/k_28.html

Q金融機関による国債購入について

最近日本の長短金利は若干上昇傾向ですが、
日本は長いこと長短金利差が逆転していません。
ということは金融機関は金融市場で大量に短期資金を借りて
長期国債を購入すれば金利差を享受できると思うのですが?
要するに預金者から金を集めて企業に融資するよりも
簡単に利益をあげれませんか?というのが質問の趣旨です。
インターバンクなどのしくみは全く分かっていないので、
全く荒唐無稽な質問かもしれません。
アメリカのように長短金利が逆転するリスクを考えているのでしょうか?

Aベストアンサー

 おっしゃる通りです。
 そして、現実にデフレ不況のもと、ゼロ金利下で(日本人には資金の優良な借り手が居ない状況です。)一般の市中金融機関は大量の国債を購入し、日本の赤字国債消化の原動力となりました。

 現在、日銀がゼロ金利政策を解除したため、国債は値下がりし、市中金融機関は長期国債の含み損を抱えています。今のところ国債含み損<株式値上がり益なので、この問題は顕在化しないで済んでいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報