零戦は96艦戦の後継機、1式戦隼は97戦の後継機です。
1)零戦の後継機烈風は実用化されませんでしたが、1式戦のあとは2式戦しょうき(変換できず)、2式複戦屠龍、3式戦飛燕、4式戦疾風、5式戦と多数開発されてます。この違いは何でしょうか? 陸軍と海軍はあまり連絡がよくなく、新機開発の考え方も別だったようですが、他にもありますか。
2)零戦は空母だけでなく、地上基地でも多数使用されました。陸上戦闘機という点では雷電、紫電、紫電改も艦戦ではないですが、後継機と見ていいのでしょうか。特に紫電改は4式戦とならんで日本の最強戦闘機と位置づけられていますが。
3)一方、陸軍機も2式戦、2式複戦は1式戦とは用途が異なるので後継機とはいえなさそうで、3式戦もエンジン不調で、実用的な後継機というと4式戦と5式戦でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1)陸軍は「隼」を挌闘戦メインの軽戦闘機、「鍾馗」を一撃離脱型の「重戦闘機」と位置付けて別個に開発していました。


 つまり、侵攻/制空任務を軽戦に、防空任務を重戦に振り分けて別の機体を整備した方が戦果は挙がる、という思想です(更に言えば、挌闘戦偏重だったものが、欧州から遠く漏れ伝えられる戦訓から、優速を活かした戦法もアリらしい、ということにこの時期なってきていた)。
 更にこれらの後継機(「疾風」。計画段階では鍾馗の出力向上型だったが、重戦・軽戦の枠は考慮されていない万能を目指した)や、ドイツ伝来の液冷エンジン試用機(重戦・軽戦の開発が試みられたが、軽戦型が優良であるとされ、これが後の「飛燕」。設計陣は「中戦である」という意識を持っていたという)、とこれの胴体のリサイクル品(5式戦)と様々なラインが混在していたのが、多数の種類を産み出す原因でしょう(あと、中島の設計陣が厚かった、というのもあるかもしれません)。
 対して海軍は基本的には空母に艦載機を積んで作戦をします。空母は陸上基地よりも運用できる機体数で制限を受けるわけで、そこで軽戦と重戦を混載するなどと言うことは到底出来ません。そこで、どっちにも使えるモノを目指していました(例えば当時としては大口径な20粍機銃は迎撃も視野に入れての搭載です)。

2)、3)後継機、という概念によると思います。
少なくとも極地戦闘機は「艦載」でない以上、零戦の正統な後継機だ、とは言えないでしょう。しかし、末期には載っける船なんか無かったわけで、海軍航空隊が手にした主力戦闘機、と言う意味では後継機であるという言い方も出来ると思います。
 同様に、陸軍でも大戦後半には「重戦」「軽戦」の区別は限りなく薄くなっていますし、そもそもそんな余裕も無くなっているわけでして・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大戦後期は敗色濃厚で用途にいる分類は無意味ですね

お礼日時:2006/07/28 21:16

1)零戦=1式戦隼、雷電=2式戦鍾馗、月光=2式複戦屠龍、紫電=3式戦飛燕、紫電改=5式戦、ちょっと違いますが強風=4式戦疾風、と考えますと実用化された機種数だけは同じですね。


ただ海軍は艦攻や艦爆の開発もしなければなりませんでしたので、開発数だけ見れば海軍のほうが多かったものと思われます。

2)雷電、紫電、紫電改は基地防衛用の迎撃機として開発されたので、艦上機の零戦とは用途が違います。
ただ艦上型は21型だけで、22型を除く32型以降は迎撃機みたいなもんですので、対戦闘機能力を向上させた紫電改に関しては後継機と言えなくも無いでしょう。

3)1式戦の用途である長距離侵攻を考えるなら、後継機は3式戦になります。
4式戦はどちらかと言うと迎撃機ですね。
エンジン不調は3式戦に限った事ではないですし。
ただ製造ラインは1式戦から4式戦に完全にシフトしていますので、そういった意味では直系の後継機ですね。
戦況の変化に伴い、主力機に求められる性能も変わってきますので、いちがいには言えませんが。
5式戦は、う~ん・・・3式戦からの性能の変化は偶然の産物ですし、狙って作ったワケじゃないですが、まあ後継機といえるでしょう。(もう1~2年早く出ていれば・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、航続力からすれば3式戦ですか。これは気づきませんでした。3式戦、たしか南方にも配備されてます。ありがとうございます。
3式戦、エンジン不調なければ高高度でもつかえて、制空にもつかえて優秀だったのに。

お礼日時:2006/07/28 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単座の零戦に二人乗りしてもちゃんと飛べますか?

単座の零戦に二人乗りしてもちゃんと飛べますか?
零戦てのはただの例えなんですが、単座戦闘機に無理して二人(スペース的に無理だったら20歳の太っていない男性と、小学校低学年の子供が乗ると仮定して)乗っても問題なく飛べるでしょうか?
実際、零戦は爆弾や増槽を積めるので、それを積まなかったら、小学生一人の重さなんてたいしたことないと思うんですがどうでしょうか?

Aベストアンサー

航空エンジニアです。

重量的には、不可能ではないです。当時の日本軍が零戦に搭載したのは、戦闘爆撃型の63型で250Kgでしたが、普通の零戦(当初は爆装はしなかった。新型零戦が登場してきて、爆装する機体が出てきた)は30Kgか60Kgの陸用爆弾1個ですから、子供の体重程度から青年までの体重クラスです。

これを抱いて離陸できたのですから、重量的な見方だけなら可能となります。

ただ実際の戦闘機コクピットを見た経験はありますか。座席に座ったとき、計器板の下にある方向舵のペダルを踏むことになります。現用の軍用機は引退したF-1以外は原型がアメリカ製なので、計器板下に足を入れられるスペースがあります。座ったとき、計器板を扱いやすいように身体に近づける工夫ですね。横のところも計器類やスイッチ類、左側にはエンジンをコントロールするスロットルもあります。操縦桿は足と足の間から出ています。座るとき、操縦桿をまたぐように座るわけです。

高機動を売り物にしたゼネラルダイナミックス社製のF-16型戦闘機とこれを三菱が拡大改良したF-2戦闘機は、機動戦闘中に操縦者に加わる高いGを逃がすため、座席に半分寝たように座るため操縦桿が足の間に設置できず、右手の横にジョイスティックのような小型の物を着けています(最近は旅客機にもありますが)。

コクピットは小さな空間に飛行に必要な計器類、先頭に必要な計器類やスイッチを大量に設置しているため、人一人が乗り込むのがやっとです。

今のではないよと言う話になりそうですが、太平洋戦争時代は特に日本人の体格が今よりも小さかったんです。今、背が高いと言われるとしたら、180センチ以上はありますよね。

戦争当時徴兵を受けて参戦した若者は、大正中期から昭和初期に生まれた人です。私の亡くなった父親は大正7年生まれ、戦争終結時にやっと27歳でした。太平洋戦争が始まって徴兵され、甲種合格だったそうです。

父の背は165センチ。昭和35年生まれ、現在50歳の私ですら175センチあります。私が子供の時はもっとも背が高い方で、高校1年でほぼ止まったときは、後ろから2番目でした。卒業時は前から数えた方が早かったですが。

私の父親の頃は、165センチで5尺5寸と言うことで背が高い方に入りました。当時の男性は、多くの人が5尺程度、150センチクラスだったと言うことです。180センチというと6尺豊かな大男と言われるほどののっぽだったんです。

と言うことから考えれば判ると思いますが、コックピットは今の戦闘機と比較し、かなり小型だったんですね。まして栄えエンジンは初期型が940馬力くらい、後期型の栄21型で1030馬力という低出力でした。アメリカが近代化した日本に提供した航空機技術は、100年遅れの技術だったと言われています。

当時にアメリカの戦闘機が2000馬力クラスだった時代に、倍の馬力がある戦闘機と互角以上の戦いをするため、零戦は極限まで軽量化されてました。コクピットも当時の標準的体格に合わせて小型化してますから、たとえ当時に人であっても、コックピットに子供を乗せたら、操縦桿動かせないという状態になってしまいます。

現実的に飛行は不可能でしょうね。現在の戦闘機であっても、1人用コックピットに子供を乗せるのは、物理的に不可能です。

航空エンジニアです。

重量的には、不可能ではないです。当時の日本軍が零戦に搭載したのは、戦闘爆撃型の63型で250Kgでしたが、普通の零戦(当初は爆装はしなかった。新型零戦が登場してきて、爆装する機体が出てきた)は30Kgか60Kgの陸用爆弾1個ですから、子供の体重程度から青年までの体重クラスです。

これを抱いて離陸できたのですから、重量的な見方だけなら可能となります。

ただ実際の戦闘機コクピットを見た経験はありますか。座席に座ったとき、計器板の下にある方向舵のペダルを踏...続きを読む

Q零戦の零の意味について

零戦の零について本で調べました。採用された年号とか西暦に660年を足すとかありますが私にはよくわかりません。97式中戦車や99式艦上爆撃機などの数字の意味も教えて頂きたいのですが。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

これらは、皇紀で表した数値なのです。
昭和15年が皇紀2600年で、その末尾を取って、その年に正式採用となった艦上戦闘機を零式戦闘機と呼ばれました。(ゼロ式ではありません。れいしきです)
99式の艦上爆撃機は愛知航空機製作で、昭和14年採用。97式艦上攻撃機は昭和12年の正式採用です。
ちなみに、95式の前は昭和の年号からとか、大正の年号からとかあるので注意です。
日米開戦後は、この命名はやめられて、1式は隼、4式は烈風など名前がつけられてます。

Qなんで色んな地方空港に零戦の復元機が離着陸してるの? どこ主催のイベントなの? 中国や韓国の軍事挑発

なんで色んな地方空港に零戦の復元機が離着陸してるの?

どこ主催のイベントなの?

中国や韓国の軍事挑発になりませんか?

それでなくても北朝鮮が連日、ミサイルを打ち上げている緊迫した時期なのになに呑気に昔の戦闘機で過去に侵略された側の人間もこととか考えてる?

零戦で撃たれて死んだ遺族とかのことや北朝鮮も中国も零戦を飛ばしてる日本を見たら、軍事的挑発にしか見えませんよ。

キチガイすぎるのでは?

Aベストアンサー

その話は、初めて、聞きました。
零戦は、アメリカの、スミソニアン博物館には、完全な、同型機が、保存された居ると、聞きましたが、レプリカ状のねな、同型機が、日本で空を飛んでるのですか?
もし、そうでも、単なる昔えの憧憬で、問題は、有りません。
実戦には、使え無いし、単なる、復元で、それより、北朝鮮の、ミサイル発射や、中国軍の尖閣諸島えの侵犯とか、南シナ海の、スプラトリー諸島の、不法な、軍事施設建設とか、咎め立てする、事犯は、数え切れません。
一部の、日本の、零戦愛好者が過去の、同型機を、復元したとて、全く、問題に、成りません。単なる郷愁です。

Q零戦?日本の戦闘機(白)

写真を添付します。
機種名(型番と言うのでしょうか?)

その判断基準(どこが特徴)
を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

機体の特徴は零戦です。
翼機銃が4門であることから52丙型以降でしょう。
霊前の特徴は軽快な旋回性と長大な航続力でしたが、これらを犠牲にして
大火力にしたのが52丙型です。
邸併用戦争後期では、日本の支配エリアが縮小され、長大な航続力は無意味な
ものになっていたからです。

塗装はエース坂井坂井機のラバウルのものみたいです。
(シャーザクみたいなもの)
http://sappy-rx-78-2.cocolog-nifty.com/sappy/2006/04/world_wings_mus_a128.html

Q零戦が日本国内各地を飛行する日は?

日本人保有の三菱「零戦」が準備が出来次第、日本各地を飛行すると思いますがスケジュール等ご存知の方がおられましたら教えて下さい。過去にアメリカから日本に里帰りした「零戦」が沖縄から北海道まで飛行した例がありましてお聞きします。・・・零戦の運動性能に興味がありましてお聞きいたします。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

2016年5月までに数回の一般公開飛行を目指していますが、そのために先月中旬から本格的にスポンサー企業の募集を開始したばかりで、飛行スケジュールなどは今のところ一切決まっていません。

http://www.zero-sen.jp/information/20160219.html

Q零戦?日本の戦闘機(緑)

写真を添付します。
機種名(型番と言うのでしょうか?)

その判断基準(どこが特徴)
を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、プロペラが4翔なのでゼロ戦ではありません。
ゼロ戦はすべて3翔です。

海軍の4翔タイプの発動機戦闘機には、紫電または紫電改、烈風があります。
烈風はやや逆ガル主翼ですが見たところ主翼はまっすぐのようです。
尾翼が中翼で主翼は低翼、20mm機銃を翼に4丁装備している形態から見て紫電改21型が最も近いか
と思われます。

参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B6%E5%BC%8F%E8%89%A6%E4%B8%8A%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F%E3%81%AE%E6%B4%BE%E7%94%9F%E5%9E%8B

Q零戦の形式について

零戦の形式についての質問です。
零戦は一一型から始まり、二一型、二二型、三二型、と改造されていきますが、その次に一気に五二型に発展してゆき、四X型が飛ばされているように思えます。
その後に五四型や、六四型が存在しているため、四という数字が不吉で跳ばされたという訳ではなさそうですが、果たして四X型という零戦は存在していたのでしょうか?
計画だけで実現しなかったのか、或いは意図的に跳ばされたのか、その辺の事情をご存じの方のご回答をお願いします。

また、もし四X型が存在していたのであれば、それはどのような仕様だったのかもお教え下さい。

Aベストアンサー

零戦四一型は、中島二一型の20mm機銃をドラム弾倉からベルト給弾に変え、装着弾数を増やして武装強化を図ったものです。

同様に二二型の20mm機銃をベルト給弾に変え、同時に翼長を短縮したのが五二型です。

結局ベルト給弾式の20mm機銃が開発される前に二一型の生産が終了したため、四一型は生産されませんでした。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/nakataka829/archives/11769289.html

Q零式戦闘機について

初めまして。こんにちは。零戦のエンジンのことで教えていただきたいことがあるのですが、エンジンは4サイクルか2サイクルどちらなのか教えていただけませんでしょうか?後、もしよければエンジンの構造を教えていただければうれしいです。分かる方がいらっしゃいましたら是非、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B6%E6%88%A6

零戦といってもマイナーチェンジが繰り返され、エンジンも何回か換装されました。参考URLには、代表的なエンジンである栄21型を記します。

空冷星型複列14気筒 総排気量27.9リットル
4サイクルだと思います。

ですね。まんなかに軸があって、放射状(星型)にシリンダーが配置されています。スペックは設計時の燃料のものですが、終戦時には松の根の油などで飛ばしていたため、速度が低下していたとの事です。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/airplane/museum/nakajima/sakae.html

Q零戦のエ式20mm機関砲って?

よく零戦の本などを読んでいると、零戦は、長大な航続距離、格闘性能、優秀な搭乗員、単発の戦闘機として初の20mm機関砲搭載、などの点で諸外国の戦闘機より優れていて、緒戦に活躍したとかかれています。そんなもんなのかナーと思っていたのですが、最近ちらっと読んだ週間ワールドウェポンに、零戦が登場する前の外国の戦闘機に20mm砲搭載(プロペラ軸内の一丁だけの同軸気銃でなく翼内砲として)と書かれているのを見つけました。本当に零戦は、単発の戦闘機として初の20mm機関砲搭載だったんでしょうか?ご存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

翼内の20mm機関砲であれば
ドイツのメッサーシュミットMe109(1939年)ではないですかね。20mm砲を左右両翼に装備していたそうです。
我国の零式戦21型が1940年制式ですから若干勝っているといえます。

重箱の隅をつつくようで恐縮ですが、
「機関砲」は陸軍での呼び方で、口径12.7mm以上の砲を指します。
「機関銃」も陸軍の言い方で、口径7.7mmの砲(?)の事。
海軍では、口径に関わらず一緒くたに「機銃」と呼ぶのだそうです。
何かの本の受け売り豆知識でした。

Q中国海軍はJL-1潜水艦発射核ミサイルを12機搭載したシア級092型原

中国海軍はJL-1潜水艦発射核ミサイルを12機搭載したシア級092型原子力ミサイル潜水艦を配備していますが、これは米国やロシアの潜水艦に比べて、攻撃性能や建造技術レベルは優れているのでしょうか、航空母艦まで建造できるほど、国家予算的にも建造技術的にも、欧米並み以上になったのでしょうか

Aベストアンサー

 中国海軍の092型に関する性能評価ということになると、かなり悲観的な評価しか出来ないでしょう。

 092型がアメリカのジョージ・ワシントン級をコピーしたことは周知の事実ですが(というよりJW級をコピーした旧ソ連のデルタ級を再コピーか)、JW級が急場しのぎの建艦であり、その後洗練されたケーシング船体を持ったオハイオ級SSBNへとしっかり進化したのに比べて、中国海軍はその後の093型に至るも相も変らぬ効率が極めて悪いケーシング船体しか建造できなかったことは、潜水艦に関してのみ評価しても、それほど洗練された設計思想なり、建造能力がなかったとしか言えません。

 
 しかも092型の自由流入排出孔(フリフラッドホールとも言いますが)の数が異常に多いため(不思議にその理由は分かりません)、無駄にノイズの多い、つまりうるさい潜水艦となってしまっていることは致命的とさえいえます。

 アメリカ海軍のサブマリーナに言わせれば、このクラスは中国の軍港を出港した時点で、その動きをハワイからでも把握できるという冗談が出るほどです。中国空軍にも言えることですが、中国の設計者はどうも流体力学に弱いのかもしれませんね。

 空母に関してもその意思と努力は認めざるを得ませんが、空母という巨大プロジェクトはただやる気があれば何とかなるというものではありません。建造そのものは兎に角やれば何とかなるでしょうが、その後が非常に懐疑的です。

 まず予算面から言えばですが、これはもう半端じゃない金がかかることは軍事上の常識です。空母には艦載機が必要です。その艦載機にしても単なる戦闘攻撃機だけを用意すればいいのではなく、早期警戒機、対潜哨戒機、さらには空中給油機も必需品です。これらはすべて当たり前ですが艦載タイプでなければなりません。
いかに中国の人件費が安いとはいえ、これだけでも膨大な予算が必要ですし(因みにアメリカの空母は船体と艦載機だけで、約8000億以上が必要です)、毎年の桁外れなランニングコストも頭が痛いでしょう。経済状況が厳しいアメリカもCBGを削減したいほどでしょう。

 ともあれ中国はそのどれもがまだ存在していません。さらに空母艦載機の発進をどのような方式にするかで、空母自体の能力が左右されます。当然カタパルト発進が絶対有利ですが、中国にはまず不可能です。かといってアメリカが輸出するはずもありません。

 結局ワリヤーグのようにスキージャンプ発進式しか方策はなく、これではアメリカ正式空母の能力の3分の1も発揮できないでしょう。これではいかにアメリカ並みに空母艦隊を創出したとしても(これでも莫大な予算を食いますが)、その存在価値はたんに周辺諸国への恫喝程度の意味しか見出せないかと考えます。

 中国海軍は2050年までに4から5個のCBGを作り上げるという算段をしているといいますが、とらぬ狸のなんとやらとなる可能性も否定できないのではないでしょうか。

 現在の異常とも言える経済発展がいつまでも続くはずがないのは自明ですし、一旦経済が落ち込み始めたとき、とんでもない金食い虫である空母艦隊がいつまでも維持できる保障はどこにもないはずです。そういう意味では、中国海軍は今壮大な実験的冒険をしているとも言えます。

 中国における軍事予算は年々増加していることは事実ですが、それでもやはり人民解放軍のうちの陸軍へそのほとんどが割かれていますので、海軍の空母建造で予算を削られることにもなりかねない陸軍首脳部の反発も、今後の海軍におけるCBG構想にたいする不安定要素と言えます。

 海軍自体の艦艇全般の技術的評価をするならば、まず真っ先にいえることはあまりにもばらばらな仕様で出来上がっていることが大きな問題です。

 アメリカ、イスラエル、フランス、ロシア、ドイツなどなど、手当たり次第に手を出したせいで、艦や兵器システム、電子機器類の運用の統一が極めて困難になり、しかもシステムエラーやハード面の故障などの際、その対策に非常に無駄な時間と経費を費やすことになり、ひいては稼働率が悪くなるという悪循環を招いています。

 さらに最小の輸入であとは無断コピーすればいいという、中国全般に言える悪癖から来る弊害も火に油を注ぐような状況を作っています。

 ということで海軍に関する限り、そのトータル的な評価はとても欧米並みとは言えず、欧米もしくは日本並みになるためにはまだ四半世紀ほどは必要なのではないでしょうか。もっともそのときまでどの国も指を咥えて見ているだけということはまずないでしょうから、その差が縮まることはそれほどないと思われます。 

 沿岸防御海軍から外洋海軍への移行はそれほどの難事業だということです。中国はその苦しみを今から嫌というほど味わうことになるかもしれませ

 中国海軍の092型に関する性能評価ということになると、かなり悲観的な評価しか出来ないでしょう。

 092型がアメリカのジョージ・ワシントン級をコピーしたことは周知の事実ですが(というよりJW級をコピーした旧ソ連のデルタ級を再コピーか)、JW級が急場しのぎの建艦であり、その後洗練されたケーシング船体を持ったオハイオ級SSBNへとしっかり進化したのに比べて、中国海軍はその後の093型に至るも相も変らぬ効率が極めて悪いケーシング船体しか建造できなかったことは、潜水艦に関しての...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報