あてはまるカテゴリが見つからなかったのでこのカテゴリで質問します。外国の投資商品(例えば韓国で預金金利が高いものとか)に投資をしようかと迷っていますが、インターネット上であること及びそれが結構高額からのものであることから安全性に疑問を持っています。このような商品を購入している方がおられましたらその状況及び有利・不利な点を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

http://www.seoulcapital.com/

この内容を見ました。この会社のリスクを許容なされるならばこの程度の利回りは当然のことと感じます(ハイリスクハイリターン商品です)。

事業内容
・買出債権の譲受管理及び代金回収
・短期資金の支援
・ベンチャー産業の発掘と創業資金の支援
・与信専門機関としての与信と関連がある総合業務
・不動産賃貸業

ここに預けるということはこれらに投資されるということです。日本国内でもベンチャー投資や不動産投資ではそれなりに高い利回りを享受する可能性があります。

私はこの投資をお勧めできません。従って問題点のみをご指摘させていただきます。
1.これは日本の法律が適用できないため、債務不履行が発生した場合に韓国で裁判しなければならない。韓国で裁判した場合に日本人は韓国の法律に明るくない為に不利。(カントリーリスクの法的リスク部分)
2.この商品自体は円建てで保証されているようですが、為替リスクが内蔵されているだけです。かつてインドネシアの円建て或いは米ドル建ての社債が債務不履行になったことがあります。これは、インドネシアルピア建てで投資しその収益で返済する形式だったのですが、ルピアの価値が対外貨で10分の1以下になり借入金負担が10倍になった為会社が支払不能になったためです。ここまで極端でなくともこの会社が支払い不能に陥る可能性はあります(通貨リスク)
3.何に投資しているかが不透明ですが、換金性が低いと考えられます。このことは会社が倒産した時の債務弁済の為の資産売却が二束三文で行われ、弁済率は悪いでしょう

日本よりも高金利というのみの説明ですが、この説明姿勢も問題です。利回りを享受できるための高いリスクを負っていることが明示されておらず、会社事体にも信頼できない部分があります。日本でもベンチャー投資で騙されたということが問題となっています。日本は駄目だが韓国はOKということはおかしいと思います。
日本国内で募集行為を行っているので、表記から出資法違反の疑いもあります。

日本よりも高い金利だからというならばウォン建て銀行預金や国債など信用性が高いものでも充分リスクが高いと思います。説明されていないリスクの部分もよくご検討の上結論をお出しになられた方が良いと思います。
    • good
    • 0

私の場合、ドルで運用することにまったくリスクがないので投資はもっぱらドルベースでやっています。

株式にはまったく手を出さず。不動産、為替、商品のファンドで運用しています。プロの方がリスクを抑えながらやってくれるので自分で運用するよりはよっぽどましだと思っています。1度やって失敗しましたから。日本から見ると海外のものは危険に感じるかもしれませんが私に言わせれば日本の運用者に任せるほうが危険だとおもいます。きちんと調べれば結構小額からあります。もちろん大きいものはそれなりにいいリターンを出しています。
米国の場合英語さえできれば不利な点はないと思います。
日本人ブローカーを使えばその点もなくなりますが。
資金の問題があるなら為替、商品のファンドあたりからはじめられてはいかがですか。
    • good
    • 0

外貨投資の中には、円に投資する以上に金利が高く、高収益をもたらす金融商品も数多くあります。


 だだこれらの商品は円以上にリスクに充分考慮する必要があります。
 
下記に簡単に商品の特徴をまとめてみました。
外国投資により2つのリターンが考えられます。 
●キャピタルゲイン 
 売却益(売却価格が購入価格より高い場合)
 為替益(通常円からその他の外貨に交換するケース場合に円安になった場合)
●インカムゲイン
 利息 (外貨預金、外国債券) 配当金(外国株) 分配金(外国投信)
韓国や中国などのケースの場合には金利が高いわけですので、利息等の部分では
円で預金するより格段に良いわけです。しかしながらその商品のもつリスク
(価格変動、金利、信用、流動性(換金がしやすい)以外に常に為替のリスク及びカントリーリスクが(国の信用力)がありますので、充分注意が必要です。
 つまり為替によって購入時よりも円高になり円換算で元本割れのケースや、政治的混乱や経済状況等により元本そのものが戻ってこない場合もあります。
 したがってこのような商品には充分注意して投資されることをお勧めします。
日本にいて他国の情報を取ることはインタネットの普及により以前よりは、早くなった思いますが、それでも不十分だと思います。
 ちなみにインタネット証券でも店頭で販売するのと同様なさまざまな投資信託商品を取り揃えており、販売手数料等も安くしている場合もあり、購入自体は問題はないと思われます。
 これから初めて外貨投資を始めるケースであれば換金性などからドル、ユーロなどが一般的だと思います。
 投資する際の参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 0

>例えば韓国で預金金利が高いものとか



http://www.koreafin.com/ginkokinri.htm
例えば、このようなウォン建て預金のことでしょうか?

その場合のリスクに関して記載いたします。
・ウォン建ての銀行預金に関しては、預金自体のリスクは日本同様ほとんどリスクがないと思いますが、大きいのはウォンから円への通貨の交換リスクです。韓国のカントリーリスクは以前より回復しており、現時点で心配だということではありませんが、昨年のアルゼンチンのように兌換停止(通貨交換を禁止すること)が行われて円に転換できない恐れがあります。
一般に、この兌換停止リスクは、当該国の外貨建て(この場合ウォン以外)債券のデフォルトリスク(信用リスク)に等しいと考えられています。
ちなみに韓国の外貨建て債券の格付はBaa2(Moody's)となっています。
http://www.moodys.co.jp/

同じリスクを取るという意味合いから韓国の円建て外債を購入した方が価格の変化は遥かに判りやすいと思います。円建て外債を通称でサムライ債と呼びますが、韓国産業銀行のものが発行されていたと思います。
為替が円ドルでドル安を見込んでいるならば米ドル建てのものに投資することも考えられますが、信用リスクと通貨変動リスクを同時に取ることは問題整理が行い難い面がありますのでどちらかになさった方が良いと思います。

もし、これら以外の投資商品であるならばご再考なされることをお勧めします。大体○%の利回りという記載があるものは逆に一年間で○%の損失が発生する可能性があると考えていただいてそれほど間違いではないと思います。

上記が的外れの場合は、補足してください。回答できない可能性もありますけど‥。

この回答への補足

具体性がなく、申し訳ありません。http://www.seoulcapital.com/
にて確認しました。具体的に利回り・受取金額等が掲載されており、日本より高金利であることは理解できますが、本当にこんなにもらえるものなのか?気になったからです。(記載されていない諸費用で引かれるものがあるのでは?)

補足日時:2002/03/07 12:53
    • good
    • 0

投資と名のつくもので、絶対に安全なものはありません。



外貨預金は金利は高いですが、為替の変動と為替手数料を考慮に入れる必要があり、銀行の倒産もあり得ると考えておく必要があります。
投資信託にしても、先日のエンロンのような例も有ります。

外国の投資商品の場合、国内よりも情報が少ないだけに、危険負担が大きいように思いますから、情報の入手に自信がない場合は避けられた方がよろと以下と思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q5年物利付国債の既債は有利?不利?

5年物利付国債の既債は、購入者にとって、不利な商品でしょうか?
それとも、有利、どちらでもない商品なのでしょうか?
また、
金融機関によって買える金額、額面100円が、100.5円であったり、101.09円であったり、第73回 利付国債(5年)を見ても違うような気がします。
いっそのこと、次の既債まで待って、個人向け5年を買った方が有利なのでしょうか?
いまいちよくわかりません。
ご存知の方、ご教示頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

既発債を購入するとどうなのかということですね?
お書きになっているように、有利でも不利でもありません。比較の対象は直近の新発債の利回りになります。また、すでに受け取った利金分は調整した価格になります。償還までの利回りが等しくなるような価格になります。もちろん、暴落・暴騰は何かのことで起こります。

>次の既債まで待って、個人向け5年を買った方が有利なのでしょうか?
個人向け国債・固定5年は、5年利付き国債の利率から0.05%引いたところに設定されますので、有利とは思えないです。

Q「長期投資は有利」の大きな誤解を説明したい

金融理論上では、ちまたで言う「長期投資は有利」は大きな誤解と聞いています。

これをど素人さんにもわかりやすく説明したいと思っていますが、どなたか簡潔かつ明瞭に説明お願いできないでしょうか?

Aベストアンサー

ご存知の通り、「長期投資は有利」というのはよく言われますが、リスクの大きさに影響します。リスクが小ならば有利でしょうし、大ならば必ずしもそうはいえません。

素人さんにこの話をする前に、「リスク」という言葉の定義を確認しておきましょう。
一般的な会話の中では、「リスク」という言葉は、「損をする可能性」という意味合いで用いられていると思いますが、投資理論の世界では、「投資成果のブレ(ボラティリティ)」の大きさを指すということをご説明ください。

・Aさん・・・毎年5%づつ10年間運用
・Bさん・・・1年目20%、2年目▲10%、3年目20%、4年目▲10%…を交互に繰り返して10年運用
・Cさん・・・1年目40%、2年目▲30%、3年目40%、4年目▲30%を交互に繰り返して10年運用

以上3パターンの検証
・Aさん=(5+5+5+5+5+5+5+5+5+5)÷10年=5%
・Bさん=(20-10+20-10+20-10+20-10+20-10)÷10年=5%
・Cさん=(40-30+40-30+40-30+40-30+40-30)÷10年=5%

一見、全員動きはバラバラながら同じような結果が出ているような錯覚に陥ります。しかし結果は大きく差が出ます。
全員100のお金を運用したとして10年後の結果は、

・Aさん=162.89
・Bさん=146.93
・Cさん= 90.39

実際に電卓をたたいて見せてあげてはどうでしょう。
・Aさん=100*1.05*1.05*1.05*1.05*1.05*1.05*1.05*1.05*1.05*1.05
・Bさん=100*1.2*0.9*1.2*0.9*1.2*0.9*1.2*0.9*1.2*0.9
・Cさん=100*1.4*0.7*1.4*0.7*1.4*0.7*1.4*0.7*1.4*0.7

金融理論上の見地からのアプローチ、説明を行いたいのであれば、以上のようなパターンをいくつか作り、エクセルでグラフ化すれば、わかりやすい説明ができます。
ポイントは、冒頭にも書きましたとおり、「リスク」の言葉の意味を素人さんにどれだけ正確に理解させてあげられるかでしょう。

ご存知の通り、「長期投資は有利」というのはよく言われますが、リスクの大きさに影響します。リスクが小ならば有利でしょうし、大ならば必ずしもそうはいえません。

素人さんにこの話をする前に、「リスク」という言葉の定義を確認しておきましょう。
一般的な会話の中では、「リスク」という言葉は、「損をする可能性」という意味合いで用いられていると思いますが、投資理論の世界では、「投資成果のブレ(ボラティリティ)」の大きさを指すということをご説明ください。

・Aさん・・・毎年5%づつ10年...続きを読む

Q不動産投資ローンを組むのに有利な職業は?

銀行で不動産投資ローンを組むのに有利な職業を探している者です。
銀行と関わる専門職で不動産鑑定士と司法書士があると思いますが、
どちらの専門職が銀行の評価が高いのでしょうか?
難しい質問かもしれませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。

このサイトの書き方は、微妙に受け取り方が悩みますね。
私は、
(a)会社員の方で前年度年収500万円以上の安定した収入の見込まれる方はご利用いただけます。
(b)会社代表者、自営業者の方は原則ご利用いただげませんが、医師、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士として事業を営んでいる方で前年度年収500万円以上の安定した収入の見込まれる方はご利用いただけます。
と受け取りました。
会社代表者、自営業者の方の中の例外…という意味ではないかと。

給与所得者ならば職種は問わないけれど、経営者サイド・自営業者(おそらく個人事業主も含まれるでしょう)は、職種を問う…ということではないでしょうか。

これでみると確かに「不動産鑑定士」は入っていません。
ですが、このサイトにあげられている他の専門職、「医師」、「弁護士」、「公認会計士」、「税理士」、「司法書士」は、それのみで「職業」とされている(=オンリーで事業を営んでいらっしゃる)方も多いと思いますが、それと比較すると「不動産鑑定士」オンリーで事業を営んでいらっしゃる方は、圧倒的に数が少ないのでは?と思うのですが、いかがなのでしょう。
要するに「不動産鑑定士」を職業とされている方は、そんなに多くなく、実際には不動産業をされていたり、税理士や司法書士の方が資格として取得されていたり、金融機関や不動産会社に勤務されている方が資格として取得されていたりすることが多いのではないでしょうか。

それと、ご質問文に「銀行と関わる専門職」とありますが、どのように関わることを指していらっしゃるのでしょうか?
業務に関わる-という意味では、ほかに弁護士や税理士もですよ。
税理士は、職員でも持っている者がいます。
まあ、昔から「サムライ」=「士」の字が付く「職業」は、いろいろな面で有利だと言われますけれどね。

これは、個人に対する不動産投資ローンを扱っている金融機関に勤務している知人に聞いた話ですが…。
不動産投資ローンは、年収がちょっと高めで、他に借り入れがなければ「フツーの会社員」でも借りられることが多いそうです。
特に初回ならば。
でも、個人の場合、あまり「儲かる」ものではないようで、「複数」は申込み自体が減りますし、1本目の収益から2本目の融資は難しいことが多いようです。

#1です。

このサイトの書き方は、微妙に受け取り方が悩みますね。
私は、
(a)会社員の方で前年度年収500万円以上の安定した収入の見込まれる方はご利用いただけます。
(b)会社代表者、自営業者の方は原則ご利用いただげませんが、医師、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士として事業を営んでいる方で前年度年収500万円以上の安定した収入の見込まれる方はご利用いただけます。
と受け取りました。
会社代表者、自営業者の方の中の例外…という意味ではないかと。

給与所得者ならば職種は問わないけ...続きを読む

Q中国と戦争状態になった場合有利な投資先

色々ニュースが流れてきておりますが、不安になっていても解決しないので、次のような場合に有利な投資先はどういった物になるでしょうか?

・何らかの要因で中国と戦争状態、少なくとも実弾を撃ち合う状態になる
・日本がどうするかはともかくとして、アメリカ(軍)が日米安保などに基づき動く
・中国はアメリカへの攻撃をしないかできないという前提
・核兵器は使用されない
・長くて数ヶ月程度で最低限の安定を得る

といった適当な前提です。その前提は無いだろうというご意見はごもっともですが、政治に関する質問ではありませんのであくまで仮です。すいません。

この場合、日本に攻撃があった次点で円安、というのは間違いないでしょうか? 平均株価も下がるでしょうね。重工業とか燃料関係は上がるのでしょうか?
発行額が多い事で有名な日本国債はどのような動きになるでしょうか。

またアメリカが出てきますのでこの場合アメリカドルも下がるのでしょうか? あるいは逆に上がる?
日本円とアメリカドルが下がるなら、上がるのはどこでしょうか。(金相場は上がりそうですが)
衝突の規模によるでしょうが、各国、あるいは世界的な経済状況は戦争で良くなる、変わらない、悪くなる。どういった変化をするでしょう。
日本国内はどれくらい混乱するでしょうか。中国はもちろんとして台湾・韓国からの輸出入も不安定になりそうですから、物価は上がると思いますが。

その他様々な経済の動きの予想や、こういった事態にどういった投資商品が有利か、理由を添えて教えて頂けますと幸いです。

何事もないのが一番なんですけどね。

色々ニュースが流れてきておりますが、不安になっていても解決しないので、次のような場合に有利な投資先はどういった物になるでしょうか?

・何らかの要因で中国と戦争状態、少なくとも実弾を撃ち合う状態になる
・日本がどうするかはともかくとして、アメリカ(軍)が日米安保などに基づき動く
・中国はアメリカへの攻撃をしないかできないという前提
・核兵器は使用されない
・長くて数ヶ月程度で最低限の安定を得る

といった適当な前提です。その前提は無いだろうというご意見はごもっともですが、政治に関する...続きを読む

Aベストアンサー

期待でいる産業が、有ります。
日本にも、軍事にお係る産業が有ります、
そこを、買っておけば、日本とアメリカのコラボレーショうんと
中国とでは、話に成りません。
連合国の圧勝です。
ただ、問題は、日本は、中国の、隣国っす。
つまり、痛い目に合うのは、日本だけ、、、、、
アメリカは、ヒーローぶりが目に見えてます。

日本が、平和ボケしてる現実を、国民全員が、知る必要有と思います。

沖縄での、問題だけでないのです。
ひいては、日本の領土すら中国の領土と言いかねない国で有るのを、
皆さん

忘れずに、、、、、

Q中古ワンルーム(及び1K、1DK)投資の現状(東京23区)

下記の駅近辺に、一人で住む予定で、中古ワンルーム(及び1K、1DK)マンションを探そうとしています。

千代田線:湯島、町屋、西日暮里
山の手:日暮里、上野、御徒町
都営浅草線:押上

徒歩5分以内、築15年程度内、物件価格1千万円以内で探そうとしています。そこには、4年ほど住んで、その後に賃貸もしくは売却を考えているのですが、昨今のご時勢として、この投資計画はどうでしょうか。ご経験者の方、不動産関係の方から是非ご意見をいただければと思います。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

1です。わざわざお礼ありがとうございました。
解るところから
『管理形態:自主管理』
は、管理会社に任せずに住民達で管理してると言うことです。管理費なども業者の取り分が無いので月の負担額が小さくすみます。good
『権利:地上権1300得円』借地権のことですね。
建物が建っている土地は、480万の中に含まれ地無いと言うことです。ですから月々必ず1300得<-?円を支払わなくてはなりません。
33年前の物件なので、旧借地法です。
相対的に借りているほうが権利は強いですが、
老朽化による建て替え時に地主の了解を取らねばならないことなどもあります。

築33年でも、貴方がみて古さを感じなければ
良いいのではと思います。水周りがキレイであればお客さんはつきやすいです。広いというのも競争力があります
そのマンションの売主に聞いてみて、大きな修理がいつ行われたかをチェックすることも大事です。
大きな修理か補修が最近終わっているのなら
少し安心です。突発的な修理で修理資金が足りなくなり所有者からの臨時徴収もありますから

予想利回り15%は、実際今入居者がいるのでは無いでしょうから、賃貸の相場を再度よく調べてみてください。店頭で広告を見ればすぐわかります。
前オーナーが賃貸利用でしたら、何年ほど空きになっているのかも聞くとよいでしょう
後は、他の部屋がどれくらい埋まっているか?
空きの多い建物なら、賃貸の利用に向いていない何かがあるはずです。
家賃設定のミスマッチだけなら、下げればいい話ですが
ご一緒に現地を見れれば良いのですが、
距離があるので無理ですね。こんな回答でごめんなさい

私も最初の1戸は悩みまくりました。
でも収入を勤務する会社だけに頼らざるを得ない
人生はいやだったので

1です。わざわざお礼ありがとうございました。
解るところから
『管理形態:自主管理』
は、管理会社に任せずに住民達で管理してると言うことです。管理費なども業者の取り分が無いので月の負担額が小さくすみます。good
『権利:地上権1300得円』借地権のことですね。
建物が建っている土地は、480万の中に含まれ地無いと言うことです。ですから月々必ず1300得<-?円を支払わなくてはなりません。
33年前の物件なので、旧借地法です。
相対的に借りているほうが権利は強いですが、
老朽化による建て替え時...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報