人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

 こんばんは。早速ですが質問させてください。
かつてテレビでやっていたのですが、
タクシーに乗って日本からイギリスまでいくという番組です。
このようなことは個人でも可能なのでしょうか。
もちろん費用やその他トラブル現地でのトラブル
等々が容易に考えられ、テレビだからこそサポートが整っていたからこそできたのだと思うのです。

 このようなことを個人でやっている方とかはいらっしゃるのでしょうか。
お願いします。
列車の旅でもいいのですが、シベリア鉄道のれば着いてしまうような気もします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ロシアで自動車を運転される際の運転免許証についてロシア関係当局の回答。


(回答)
一時的滞在者であって外国の免許証を所持している者に対しては、国内免許証への書換え及び紛失に際しての国内免許証の発行は行っていませんので、
国外運転免許証(国際運転免許証)
日本の自動車運転免許証(翻訳証明を受けた露訳文を添付しているもの)
のいずれか、可能であれば両方を所持するようにして下さい。

との事です。
ロシア国内の通行に特別な問題はない。運転者は日本にいる時と同様に道路交通法規の遵守等、安全に留意し、交通事故発生時には
*負傷者がいる場合は救護し、救急車(03又は053)を手配する
*交通警察に通報する。
*相手に運転免許証や車両登録書の提示を求め、ナンバーや氏名、住所等の人定事項と電話番号等を確認するほか、事故時の状況を克明に記録しておく
*その他日本国と同様の手続き等の後、保険会社だけでなく日本領事館に連絡する事
との回答もいただきました、
「一時輸入のための通関手帳」(カルネ)発行してもらえば通関手続きも簡単にできるそうです。

ヨーロッパまでバイクで行く人が幾らかはあるそうです。

  
    • good
    • 3

基本的に不可能です。



通過できない地区もありますし、それ以外のところでも個人で手続きするのはほぼ不可能です。

タクシーでヨーロッパ大陸を行く、という番組は、
似た車を何台か使ってやっていると思いますよ。
    • good
    • 2

質問者さんが見た番組(自分も当時見ました)はまず中国から行ったわけですが、中国は国際免許に加盟してないので中国の運転免許証が無いと運転できません。


この時点でテレビ撮影のための「特別な許可」が出てるわけです。ナンバーも中国国内のみ中国のナンバープレートを装着してましたよね。個人でこれを頼んでも100%許可が出ることはありません

日本からアジア圏へ行くフェリーは中国行きしかありません。(韓国行きもありますが、38度線より北に行けないので意味ありません)
なのでアジア経由は難しいものがあります。ロシア経由なら行けなくも無いかもしれませんが、ロシアは詳しくないのでその点については割愛させていただきます。

>列車の旅でもいいのですが、シベリア鉄道のれば着いてしまうような気もします。

たしかにウラジオストクからシベリア鉄道に約1週間乗れば、勝手にモスクワに着いてしまいます。
ただアジア経由で行けばそれなりにひねられます。
北京もしくは上海(中国)→鳥魯木斉(中国)→アルマトイ(カザフスタン)と移動します。
ここからはウズベキスタン→トルクメニスタン→イラン→トルコと行く場合と、ロシア南部→ウクライナ→東欧と行く場合と、アルマトイやアスタナ(カザフの首都)からモスクワを目指す場合の3通りが考えられます。ウズベキスタンの治安を考えると2つ目3つ目あたりがお薦めです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

dayuanさん具体的にお答えいただきありがとうございました。
中国などに車を持ち込むのはむずかしいのですね。
もう何らかしらのことはほかの人がやってしまっているという昨今ですが、車のアジア横断ヨーロッパは高難易度のようです。
列車でいくのならばなんとか可能とのことですが、
世界を旅するのは考えただけでもすてきですね。

お礼日時:2006/07/11 20:38

現在何カ所か「治安最悪」で現実問題命と引き替えの賭(勝率は低い)をする所がありますので、車だけではおそらく無謀かと。


そういうところは生命保険も無理?(戦争特約で対応できるか?)ですしね。
何カ所か飛行機でスルーする必要があるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。
日本にいると実感できませんが世界は混沌としていますね。
日本に生まれてよかった。

お礼日時:2006/07/11 20:40

 お金の問題はないとして、陸路で行く際の最大の難関は


いかにミャンマーを越えるかです。チベットからネパール
経由でインドに抜ける道もあるにはありますが、現時点の
政情ではほぼ不可能と言っていいでしょう。

 また、タイからミャンマーに抜けるところまでは大丈夫
ですが、問題はミャンマーを横断してバングラディシュ or
インドに抜けるのがほとんど不可能だという点です。ミャン
マーは外国人が訪れてもいい都市を決めていますし、山岳
民族の多い地域では中央政府のコントロールも及ばないので
治安などの問題が大きすぎます。おそらくここで途絶えて
しまうでしょう。

 インドまで行けば、ヨーロッパまで行けないことはないの
ですが、現在はアフガニスタンを通過するのが事実上不可能
です。手段があるかないかより、ハッキリ言って命の保証が
まったくありません。結局ネパールにしろアフガンにしろ、
ひと昔前ならなんとか治安の持っていた地域が軒並みダメに
なってしまったので、現在は無理でしょうね。そのテレビ番
組が収録されたのもアフガン紛争以前のことだと思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

具体的なお答えありがとうございます。
ミャンマーアフガニスタンが不可能に近いわけですね。
猿岩石もミャンマーは避けていましたし。
日本人教師がアフガンに行って殺されてしまいましたし。
難しいですねぇ陸路車ででヨーロッパ。

お礼日時:2006/07/11 20:43

 私を含め 中近東を移動する人は 昔からバス、タクシー、列車、ヒッチハイクで移動しています。

 私の友人はドイツで車を買ってネパールまで走りました。 オートバイで走っている日本人も多いですし 自転車野郎も負けてはいません。 飛行機だけが海外旅行ではありません。 団塊の世代がまもなく大量に定年になります。 ヨットで海外に出かけるシニアも増えそうです。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
確かにアフリカを自転車で・・とかオートバイでヨーロッパをなんてききますね。
でも、アジア横断は治安面、世界情勢めんから難しいようです。
特定地域に限って海外で車で横断縦断というものに限られてしまうのは仕方ないのでしょうか。

お礼日時:2006/07/11 20:47

>>このようなことを個人でやっている方とかはいらっしゃるのでしょうか。



飛行機や現地にもインフラがあるわけある以上
なんで車で日本から行こうとするのか
その考えが分からない。

テレビでやっていたのは「できますよ」的な実験です
タクシーもあったですし、日本国内でタクシー移動もやっていました

コストが合わないので
誰もやろうとせんです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。
タクシーで料金かけてヨーロッパに連れて行ってもらおうとは思っていません。
あくまで個人的に自家用車で行くことは可能かということです。なんで飛行機があるのにっていわれても、車でいきたいからとしかいいようがありません。
何千万もかかるならあきらめもしますが、飛行機があるのに船旅する人もいるし、列車でいくひともいます。
旅行にお金を惜しみなく使う人はいくらでもいます。
仮に、やったとして費用コストはどれくらいかかるかある程度具体的にわかるといいのですが。

お礼日時:2006/07/11 20:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車で世界一周できますか?

自動車で観光をしながら世界一周をしたいのですが。
理論上はできるのでしょうか?
日本だったら車検とか通さないと車は走れませんよね?

どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

私自身は経験がありませんが、バイクでの世界一周なら知人が経験済みです。
ただ自動車でとなると、図書館で古い本を見たことはありますが
日本人で自動車で世界一周となると、相当前例は少ないと思います。
例えばこの方達。
http://kato1123.hp.infoseek.co.jp/index.htm


実行しようとなると、今は通関の問題だけではなくいろいろ障壁があります。
陸運局で「国際免許証」を取るのは簡単にすむとして、
(ただし有効1年で現地更新ができないという制約がある)
JAFで国際ナンバープレート、カルネ(通関手帳)を取得したり、
ヨーロッパ方面ならグリーンカード(国際自動車保険証)が必要です。

また、自動車は旅行用に改造したものを貨物船で運ぶことになると思いますが、
海運会社との料金、輸送日数等の交渉も自動車の場合はバイクと比べて
より大変になると思います。

詳しい情報は
http://home.att.ne.jp/orange/Toshi/pages/touring_info/index_touring_info.html
が参考になると思います。

おそらく、現時点では興味本位で考えておられるくらいだと思うのですが、
ほとんどの方が挫折しているのも手続きが煩雑だからです。

私自身は経験がありませんが、バイクでの世界一周なら知人が経験済みです。
ただ自動車でとなると、図書館で古い本を見たことはありますが
日本人で自動車で世界一周となると、相当前例は少ないと思います。
例えばこの方達。
http://kato1123.hp.infoseek.co.jp/index.htm


実行しようとなると、今は通関の問題だけではなくいろいろ障壁があります。
陸運局で「国際免許証」を取るのは簡単にすむとして、
(ただし有効1年で現地更新ができないという制約がある)
JAFで国際ナンバープレート、カルネ...続きを読む

Q世界一周をする際に使うべき車は?

こんにちは。

もし、以下の条件で世界一周を車で行う場合、
どのメーカーのどの車が最も適切と思われますでしょうか?

前提条件:
乗員数は2名。
距離は世界一周は南北アメリカ大陸、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、オーストラリアを横断する位をイメージ。
都市部や舗装路のみならず、悪路をも走破する。

なお参考までに言いますと、
アメリカの投資家のジム・ロジャーズは
メルセデスのGクラスの改造車(ディーゼル)で実行したようです。
http://www.jimrogers.com/

個人的な興味からなのですが、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

修繕が簡単で、かつ壊れない、が前提になりますので

トヨタ ランドクルーザー70 を推します。
というか
1、ディーゼルエンジン(燃えるものなら走る)
2、リーフリジッド(頑丈な上、修理・応急処置がしやすい)
3、パートタイム4WD(最悪FFまたはFRでも走れる)
が絶対条件でしょう

Q自家用車の海外持ち出し

韓国に引っ越すことになりました。
現在日本で乗っている車も、一緒に持って行こうと考えてます。
単純な運搬費は、日本からフェリーが出ているので、それに6万追加で車ごと乗れるようなので、それはいいのですが。
その他の諸費用などが全く読めず、ネットで検索してみても、短期旅行としての持出し持込みしか載っておらず、永久的に持っていく人は、まずいないのでしょうか?
韓国側のサイトを見ても、一概に追加税金30万と書いてあるだけで。
一個人での持ち出しは難しいのでしょうか?(輸入業者などに頼まざるおえないのか?)

持って行く際、日本の港での登録抹消手続きや、向こうに到着してからの税金、任意保険代(外車扱いなのでとても高そう)、メンテナンスなど、考えたら今乗ってる車の時価総額は余裕で超えそうです。
向こうで中古車買えば安く済むというのは承知ですが、長年乗って運転しなれている車なので、できたら一緒に持っていきたいので。

どなたか、海外持ち出しについてご存知な方、いらしゃいましたら、アドバイスおねがいします。

Aベストアンサー

韓国は海外企業法人の韓国駐在者が無課税や無改造で自家用車を持ち込める特例措置が有りません。 ある程度調査はされているようですが持ち込みたい場合は以下の2通りの方法になると思います。

(1)正規の輸出入手続きの後、韓国の車両法令基準を満たす為の改造と車
 両検査による審査を経て韓国での車両登録とナンバーを取得。
 以前興味があり調べた時点では、日本からは輸出手続と現地への搬送
 代行業者は有りましたが、現地法令基準への改造や登録手続きをする
 業者は現地で探す必要があり、韓国につてが無いとむづかしい状況で
 した。 対応改造費用や検査登録及び輸入関税を含めると70万円~
 100万円はかるくかかりそうです。

(2)短期の観光目的として持ち込む。
 条約により日本のナンバーのまま無関税で申請者が運転出来ますが、
 2007年の改正からは最長1年間の持ち込みが可能になりました。
 費用は関釜フェリー利用の例で日本から韓国へ渡る時に5m未満の車
 両は往復60000円(運転者搭乗分含む。)と通関手数料6000円、燃料代
 高沸の為燃油サチャージ料が 500円とターミナル施設使用料600円がかかりま
 す。 韓国入国時に無関税の為の団体保障料80000ウォンと強制保険料が
 滞在期間分(3カ月間だと195000ウォン)かかります。
 帰国時は、燃油サチャージ5000ウォンターミナル使用料6000ウォンのみです。
 3ヶ月滞在で往復概算10万円前後くらいでしょうか。
 無関税持込みですから、条件としてたとえ事故で車が破壊されても申
 請期間内に車を日本へ持ち帰らないといけませんし、申請期間内でも
 車を残したまま一時帰国する場合は該当税関への申告と最寄の税関施
 設内へ車両を貯ける処置が必要になります。
 
追伸
 韓国で車を購入する場合。
 現地法人の駐在員の方でしょぅから問題無いと思いますが、まず外国
 人登録が必要です。
 免許書は国際免許書+日本免許書を1年更新で使用するか、韓国の免
 許書を発行してもらう事も可能です。
 新車は日本メーカーが現地法人を立ち上げ参入して来ていますが、日
 本の価格を知っている人にとってはバカ高です。
 レクサス・インフィニティ・ホンダがここ2年の間に参入し、高い人
 気を得ていますしよく走っているを見かけます。
 韓国の中古車市場は日本のように整備されていませんが、例えばソウ
 ルだと中古車市場という集まった地区3箇所に集約されています。
 ネットサイトでの販売もさかんなようです。
 中古車市場に行くとビルの大型駐車場のような所やモータープールの
 ような広い所に車が並んでおり、販売側のおじさんが大勢たむろして
 いますが、それぞれ展示場所の縄張りがあるようです。 中古車には
 価格表示がありませんが、車を見ていると担当の人が近づいて来ます
 からそれから交渉スタートです。
 相場は日本と比べると旧年式ほど価格差が高いようです。
 新車価格100万円程度の軽自動車(800CC)5年~6年落ち程度で60万円
 以上はしていたと思います。
 
 しかし韓国の交通事情になれずにソウルやプサンなどの都市ですぐ運
 転するのでしたら危険と背中合わせですから勇気が要りますね。
 どうしても運転されるのでしたら、右側通行や信号・左折・右折・ユー
 ターンなど日本とは違う動作に鳴れるために都市部の信号や車の動きを
 観察して暫くは頭の中で運転のシュミレーションをする事と、30~50万ウォンほ
 どでカーナビが買えますから必需品として取り付ける事をお勧めしま
 す。 経験ですが、慣れない状況でカーナビが無いと大変ですよ。
 
 

韓国は海外企業法人の韓国駐在者が無課税や無改造で自家用車を持ち込める特例措置が有りません。 ある程度調査はされているようですが持ち込みたい場合は以下の2通りの方法になると思います。

(1)正規の輸出入手続きの後、韓国の車両法令基準を満たす為の改造と車
 両検査による審査を経て韓国での車両登録とナンバーを取得。
 以前興味があり調べた時点では、日本からは輸出手続と現地への搬送
 代行業者は有りましたが、現地法令基準への改造や登録手続きをする
 業者は現地で探す必要があり、韓国...続きを読む

Q外国のナンバープレートで日本を走行できるの?

私の職場は渋谷ですが、たまに、見かけます。
真っ赤な外国ナンバーで走っている車を。
場所柄、青い外交官ナンバーを付けている車は
よく見かけるのですが、真っ赤なナンバーを
付けて走っている車は、とても目立ちます。
よく海外映画に出てくるような横長の形をしているナンバーです。
アルファベットと、数字で構成されていました。
前後ともに日本のナンバーは付いていなくて、
フロントガラスの中も確認したんですが、
日本のナンバーは入っていませんでした。
こんなことってあるんでしょうか。

Aベストアンサー

No.4 です。

>『1年間であれば大丈夫なんですね。』 について。


私がカルネを使ったのは数年前のことになりますので、現在ご出発のかたの場合や現在日本に車を持ち込まれているかたの場合には当てはまらない場合があることを前提に、こちらに記載させて頂きます。

私は、カルネで車をNZに入国させることを前提で、新車を購入致しました(何を前提に新車を購入してもよいのですが、「新車を、そのまま登録完了と同時にカルネ申請出来た。」という意味です。出国のためのコンテナに入れるところまでは新車ディーラー様のお手伝いを頂きました。大変に感謝しております。)

私がその新車と初対面したのは、NZの港です。


新車購入前、カルネについて調べている過程で、カルネ期間は最長で1年間であることは当然分かってました。その時にJAFの担当のかたから言われましたことは、さらに1ヶ月間までは、特別な事情があったりすれば、場合によっては延長できる。と教わりました。
その時、私が、「もし1年後、一旦車を日本に帰国させ、再びカルネで同じ国に出国させることは可能でしょうか?」 とお聞きしましたところ、「それはその時点になって申請してみないと分からない。」 とのことでした。
カルネの車は、現地で売ったり、解体して部品で売ったりは、一切できないことになっております。しかし、タダ(無償)でその国の政府に車両を渡すことは可能なようです。

私は、新車購入時に、NZにまだあと2年間滞在予定でした。

よって、新車購入前に、1年後に次の何れかの選択肢から選ばなくてはならないことを承知の上で、新車購入し、カルネ申請で車をNZに送ることにしました。

[1] 1年後、一旦車を日本に帰国させ、再びカルネで出国させる。(可か不可かは分からない。)

[2] 再びカルネで出国不可の場合は、その車はあきらめて日本に1年間保管しておく。

[3] 1年後のその時、NZ政府に頼んでみて、関税を全て払ってから輸入車として登録しなおす。(不可な可能性が高い。)

[4] 1年後のその時、NZ政府に頼んでみて、あと1年間延長できないか頼んでみる。(ほとんど不可である。)



時は流れ、カルネの1年間の期間の終盤になり、NZ政府にお伺いしましたところ、なんと!もう1年間の延長が許可されました。

これの理由として、
私はそれまでに長い年数、NZ国内で多くの車に乗り継いで来ており、常に複数台所有してきていること。
それら全ての車たちには、すでに多額の税金が支払われていること。所有している車の中には、輸入車に対して多額の関税が掛けられていた時期に、高価な関税を支払って輸入された高価な車が2台含まれていたこと。
カルネの車の走行距離がほとんど伸びていないこと。
家族で私しか運転するものがいないが、私はその時現在でもカルネ車の他に高価な車を2台所有しており、その2台は1年後の帰国時まで いずれにせよ(カルネ車の延長が認められたにせよ)所有し続ける計画であること。(つまり、NZ政府がカルネ延長許可をしてもNZ政府は損を全くしない。 カルネ車が日本に帰ったところで、私はこれ以上NZでは車は買わないということ。)
そして、NZは丁度その時期に輸入車の関税をゼロにする法改正された時期でもあった。(現在は また違うようです。)
NZのカルネ延長を許可する責任者のかたが、丁度その日、機嫌が非常に良かった。

などの、複合的な要因が重なって、本当にラッキーだったとしか言いようがありませんが、カルネにて、私のカルネ車はまるまる2年間、NZに滞在することが出来ました。

他の2台ですが、ちゃんと約束通り帰国の最後の最後まで所有し続け、帰国時に1台は泣く泣くNZで売却しましたが、もう1台の方は 帰国時に日本に持ってきました。カルネ車と合わせて2台持って帰ってきまして、今でも2台とも持っています。カルネ車ではない方は、高い関税を支払って入国したものを、税金を一切返してもらわずに出国させたのですから、NZ政府はここでも丸儲けですね。私のカルネ車を1年延長許可してくれたので、それのほんのお礼ですね。




さて、その渋谷のボルボのクロスカントリーが、もしカルネでしたら。  のお話ですが、

(今現在はどうなのかは詳しく知りませんが、)日本は輸入車の関税はゼロではないでしょうか。関税ゼロですと、カルネ車が、何年日本に居ようと、日本政府としてはどっちでも良いことになります。
また、そのご家族の運転されるかた人数分以上に すでに車を所有している場合なども、日本政府としては、カルネ車のおかげで車が売れないわけでもないと考え、カルネ車を「まあいいか」と特別に許可する考え方に継がるかもしれません。

もし、そのボルボの所有者さんが、何らかの事情で、1年以上の期間のカルネ使用を日本政府に申請した場合、それが許可されることは不思議ではありませんし、許可するかどうかは日本政府が判断して決めることですので、われわれには詳しいことまでは分からないということになります。



これからカルネにて海外での生活をご計画の皆様へ。
私のケース(2年間)は非常にレアケースであり、私自身も、上記[2]の1年後には車だけ帰国させることを大前提(可能性としてはほぼ間違いなく[2])と理解したうえでの新車購入ですので、
どうか皆様も、ご計画上は、カルネ期間は最高でも1年間。もう1ヶ月の延長可かどうかは、その時JAFにお問い合わせ下さい。 (その時、このページをプリントして、「同じようにやってくれ」 とJAFや相手国政府に頼むことは、決してしないで下さい。)
(この欄では、「もしカルネで入国した車が1年以上カルネナンバーのままであったとしても、必ずしも違反車両とは限らない。」 という事のご説明です。)


 カルネ Carnet 

No.4 です。

>『1年間であれば大丈夫なんですね。』 について。


私がカルネを使ったのは数年前のことになりますので、現在ご出発のかたの場合や現在日本に車を持ち込まれているかたの場合には当てはまらない場合があることを前提に、こちらに記載させて頂きます。

私は、カルネで車をNZに入国させることを前提で、新車を購入致しました(何を前提に新車を購入してもよいのですが、「新車を、そのまま登録完了と同時にカルネ申請出来た。」という意味です。出国のためのコンテナに入れるところまで...続きを読む

Q海外からの自動車の国内持ち込み手続きについて

海外から旅行で日本に来る方から質問を受けています。彼らは、自身の車を日本に持って来て、その車で日本中を1ヶ月ほど旅しようとしていますが、日本に入国するために必要な手続きをご存知の方は教えて下さい。日本で走るためにナンバーとか取らないといけないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ANo.2です。
訂正
自家用自動車の一時輸入に関する通関条例
は間違いで、
正しくは、
自家用自動車の一時輸入に関する通関条約
です。

海外から旅行で日本に来るという彼らが、
凄いお金持ちならば、車を日本に持って来て旅行は可能とおもいます。

ANo.1さんの回答は、日本に輸入する形で、
費用等は下記が参考になるかと思います。

http://www.faminet.co.jp/d_guide/d_kkk/kkk2_10.html

ANo.2についてですが、
旅行から帰ってきた際に、
必ず自動車及び部品等を持ち帰らなくてはならない。
故障等で部品交換の行った場合でも、
壊れた部品を持ち帰る必要があるなどと、
制約があり、
また、
自動車カルネの発行する際に、多額の担保金が必要な場合があります。

費用面を考えるならば、
日本でレンタカーを借りたほうが安く上がると思います。
自動車保険等もついていますし。

Q長距離運転、普通車と軽自動車で運転疲れの違い

タイトル通りです。

今、ハイパワーのスポーツカーに乗ってます。
こいつも全国を駆け巡り、もう10万km・・・。
ちょっと攻めたり、ただのんびりと長距離を走ったり
全くストレスを感じさせない思い出深い愛車も
そろそろ替え時かと思い始めました。

今まで色々とお金をかけ過ぎたのもあって、
次は軽でもいいかなぁ。。。とも思っているのですが
結構、長距離を走ることが多いので悩んでます。

やはり、軽自動車だと長距離はキツイですか?
軽・コンパクトなら、
ビストロ、ミラジーノ、ミニクーパーを考えてます。

普通車と軽自動車両方を乗ったことがある方、
その違いの感想をよろしくお願いします。
また、同じような車の遍歴をお持ちの方、
軽はストレスになるかもしれないよ、とか
何でも結構です、ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

用事のため軽自動車で500kmほど、一気に乗ったことがあります。

正直に言って「疲れました」普通車の倍ぐらい・・・(汗)

機関には問題はありません、これしきではタレることもなく、
常に一発で始動しますし、快調に動き続けていました。
高速道路を一般車と同じペースで走行していたのですが、
4500rpm弱の連続走行は、神経的にこたえます。
車体の直進性は危惧するほども無く、充分に安定しています。
しかし、追い越しのための加速はさすがにツライですね。
完了までの所要時間も長く必要ですので、その間の
後方への注意も怠るわけにはいきません。

何より怖いと思ったのが「トレーラーの通過」でした。
予想以上に風圧で、車体が巻き込まれるのです。
自分は乗用車タイプの車体でしたが、1BOXタイプだったら
もっと影響を受けるだろうと思いました。

大型車で高速道路を走ると解りますが、やっぱり長距離は
車体の大きさと排気量だと思います。
大型でしたら600kmを一気に走り切っても平気ですから。
ほとんど疲れを感じることなく、快適なほどです。

やっぱり軽自動車は、市街地が一番だと思います。
高速道路を降りたとたん、ほっとしましたから(笑)
大型ですと高速道路を降りると、反対にこの先を考えて
いささか気がめいるんですけどね・・・・

用事のため軽自動車で500kmほど、一気に乗ったことがあります。

正直に言って「疲れました」普通車の倍ぐらい・・・(汗)

機関には問題はありません、これしきではタレることもなく、
常に一発で始動しますし、快調に動き続けていました。
高速道路を一般車と同じペースで走行していたのですが、
4500rpm弱の連続走行は、神経的にこたえます。
車体の直進性は危惧するほども無く、充分に安定しています。
しかし、追い越しのための加速はさすがにツライですね。
完了までの所要時間も長く必要ですの...続きを読む

Q沖縄までのカーフェリーってありますか?

質問します。
今度一度はマイカーで沖縄を一周しようか!ってことになり、カーフェリーを探しております。
沖縄までのカーフェリーってありますか?出発地は東京近辺がいいです。
料金とかはどのくらいするんでしょうか?

それに個人的に”船酔い”がひどいです。
以前、乗船時間たった4時間半の青函連絡船でひどい目にあいましたから。

このフェリーはやはり揺れますか?外洋ですからしょうがないんでしょうかね。
場合によっては車だけフェリーで沖縄へ送っておいて、
自分だけ飛行機で行こうかなとも考えてます。
そこらへんの情報もありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

沖縄航路は琉球海運と有村海運が営業しています。他もあるかもしれません。
フェリー旅行でしたら石垣まで足を伸ばすのがお勧めです。
石垣島は渋滞がありません。空気も景色もきれいです。
料金的には那覇も石垣も10万円以上します。車の長さが料金基準です。
いろいろな割引があります。最大2割くらいです。
半額になる極秘のルートもありますが申し訳ありませんがお教えできません。
有村海運はコムレイド・クラブというのに入会するのが割引率が良いと思います。

船酔いしないポイントは
まず体調を整える。
乗船前は消化の良いものを必ず食べる。空腹は良くない。
酔い止めを飲む。アンプルは飲む際に余計気持ち悪くなる場合が多いので注意。
乗船後は進行方向を確かめながらしっかり船内散策をする。
出航後は常に進行方向を良く確かめながら船内を動き回る。

船の旅はかなり楽しいです。
トビウオ、トビイカ、巨大(5m以上)クラゲ、サメ、ヒッピー(人間?)
他いろいろな生物も見られます。

Qオーストラリアからの並行輸入について。

将来(5~6年後)、オーストラリアから中古車を輸入したいと考えています。あ、ワタシは業者ではありません。個人です。個人的に1台輸入したい、と。

なにゆえオーストラリアかというと、とある外国車のディーゼルエンジンモデルが欲しいと思っているのですが、日本国内ではディーゼルエンジンの設定がなく、かといって販売している本国(北欧です)やヨーロッパから輸入するとなるといかにも高そう、と。ちなみにコスト的に安く上がりそうな北米ではディーゼルモデルが販売されていなく、対象国となりません。北米のほうが並行輸入業者も多そうでイイんですが・・・。

質問の要旨は、オーストラリアからの並行輸入はどれくらいの輸送コストがかかるのでしょうか?ということです。また関税やガス検に関しても御存じの方いらっしゃいましたらご教示いただきたいです。よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

はじめまして。
オートストらリアの車、今は為替の関係で安く感じますね。当方もディーゼル車が好きで購入しようと調べて下記の結果となりましたのでよければご参照ください。
北欧のディーゼル車とのことですのでサーブかボルボと仮定してお話します。
1、輸送コストは約30万円ほどだそうです。日本の会社が運行してますので日本語で段取りできます。メルボルン港⇒横浜港間の価格です。
オーストラリア国内の輸送が大変なのでメルボルン周辺でお探しすることをお勧めします。
2、オートトラリアの消費税は10%だそうです。輸出する際には免税できるようですが手続きが大変みたいです。
3、国内に入る際の通関の手続きは業者に代行して頂くと約5~10万円かかります。1日平日のお休みがあればご自身でもできると思います。その際の費用は約1万円ほどです。あと、通関の際に消費税(車両価格+輸送代の5%)を支払う必要があります。
4、ガス検、これが一番大変です。2007年8月末までの生産の車であれば新短期規制・それ以降は新長期規制・さらに先になるとポスト新長期規制という規制値になります。生産日もしくは登録日の法律で規制されますが日本の陸運支局はオーストラリアの車検証を上記の判断文書として
認めてないので通関した日の規制値になってしまいます。メーカーの製造証明書があればいいのですが中古車で残ってると思えません。どんな改良を施しても多分検査にはパスできないと思います。ちなみに新短期規制の検査費用は約20万円、新長期規制の検査費用は約40万円で検査に落ちても徴収されます。運良く同型のガス検の枠があれば約10万円程度だと思います。
5、登録 もし上記にパスすればあとは登録です。上記にも書きましたが日本の陸運支局はオーストラリアの車検証を認めてませんのでそのままでは登録できません。ただし、例外もあり日本に似たような車種(エンジンやミッションの違いのみ)があれば書類を出せば登録できます。
日本向けの改良等はほとんど必要ないと思います。
以上で完了ですがかなりむつかしいと思われます。運がよければ80万円くらい、へたをすれば200万円出しても登録できない羽目になります。

上記のことから私はEU諸国よりの輸入をお勧めします。
詳細は当方のブログをご参照ください。
ただ、日本にないディーゼル車を輸入したいと言う気持ちは良くわかりますのでおたがいにがんばり(?)ましょう。

参考URL:http://blogs.yahoo.co.jp/koba6464

はじめまして。
オートストらリアの車、今は為替の関係で安く感じますね。当方もディーゼル車が好きで購入しようと調べて下記の結果となりましたのでよければご参照ください。
北欧のディーゼル車とのことですのでサーブかボルボと仮定してお話します。
1、輸送コストは約30万円ほどだそうです。日本の会社が運行してますので日本語で段取りできます。メルボルン港⇒横浜港間の価格です。
オーストラリア国内の輸送が大変なのでメルボルン周辺でお探しすることをお勧めします。
2、オートトラリアの消費税は10...続きを読む

Qクルマの走行距離で30万キロ突破は難解ですか?

クルマに関する質問が有ります。
ぜひ、お教え下さい。

Q1.クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?
   また、とてつもない記録に入りますか?

Q2. クルマの走行距離が30万キロを超えると、スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載される  のは事実か?

Aベストアンサー

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行っているだけです。

>また、とてつもない記録に入りますか?

自家用車として利用していれば、記録になりますね。
国土交通省は「国産車は、世界最低水準の性能・品質だ。10年乗ったら廃車だ!」と、今でも運輸省時代の方針を堅持していますよね。
この命令に従わない者には、毎年車検という罰を科していました。
(アメリカ政府の命令で)毎年車検罰が廃止になりましたが、今では代わりに「自動車税UP」という罰を科しています。
国・自動車業界に反する行動をする訳ですから、記録になります。^^;

>スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載されるのは事実か?

事実です。
先に書いた通り、国内では10年落ちの車は「廃車が原則」です。
が、廃車になった車は「海外に輸出されて、現地で高性能車として高く売買」されます。
東南アジア各国等では、10万キロ・20万キロ・30万キロ走行は普通の事。
実際、マレーシア旅行の時にチャーターした車は「20万キロ超え」のツワモノでした。
えっ?何故、20万キロって分かるの?
この国産車は、オドメーターが6桁でした。^^;

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行...続きを読む

Qクリアがはげてきたので、クリア層だけ修復したいのですが…

プジョー205(赤:ソリッド)に乗っています。
最近ルーフのクリア層が急速にはげてきました。
最初は塗料とクリアの間に気泡が入り、点々としていたのですが、最近になって急激にめくれ始めてしまいました。
今のところルーフの1/5程度ですが、日に日に拡がっています。
(ボンネットや側面は問題無さそうなのですが・・・)

もう8年落ちの古い車ですし、板金塗装屋さんに持っていって修復する程の物ではないので、自分で処置しようと思っています。
とはいうものの、どのように直していいか分かりません。
単純にクリアスプレーみたいの買ってきて吹いても駄目なものでしょうか?
外車というのは影響しますでしょうか?
(ちなみに板金屋さんに持ってたら費用はどのくらいかかるんでしょう?)
これ以上剥離が拡がらないようにするのが目的なので、仕上がりの綺麗さなどは気にしないつもりです。
自分でやる時のコツや、道具など、またお奨めのサイト等ありましたら教えて下さい!
車好きの皆さん、よろしくー!

Aベストアンサー

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一応、技術を売っているわけですから。
修理にかかる材料を買ってきて自分でやってみてもいいでしょうが、その材料費ちょっとでプロにやってもらう値段と変わらなくなってくると思いますが。
缶スプレーではとても屋根の面積を吹き切れないでしょう。エアー圧も必要になりますし、上の面というのはとてもごみがつきやすいのでその処理も大変です。
今時期でもまだ虫もいますしね。(塗ってる最中に飛び込まれるのです)
下の方も答えてますが、費用としては、屋根のみなら処理と塗装で5万弱ってところでしょうか。

近所の鈑金屋さんにでも一度相談するとよいですよ。
近くにないならディーラーで聞くか、タウンページなど使ってもいいかと。
友達などで鈑金したことある人とかに上手いとかここは安いよとかいう情報も聞いてみては?

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一...続きを読む


人気Q&Aランキング