『ミュージッククリエータ』と言う雑誌を探しています。
自分なりに色々さがしたのですが、なかなか見つからなくて…
出来れば出版会社なども知りたいです。
ご存じの方、教えて下さい。

A 回答 (1件)

ミュージック・クリエイターですね?


2ヶ月に1回発行されているようです。
前号が2-3月号(NO.11)だったので、
次は3月13日発売だと思います。
発行所は株式会社DOREMI音譜出版社、
販売はTEL03-3985-5031です。
定価は前号が780円、雑誌04095-02という記号で処理されてるみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。おかげで注文できました。

お礼日時:2002/03/18 22:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在、雑誌等書くモニター募集ご存じないですか?

書くことが好きです。女性雑誌とか、どんな雑誌とかでもいいんですが、書く読者モニターがあれば、どんな雑誌で、何月号に載っていて、締め切り日とかわかれば教えてください。今は、1月号が書店では並んでいるようです。?雑誌でなくても、こんな感想とか意見とか書くモニターとかあれば教えてください。FAX持ってないのですが、FAX貸与とかがあればぜひ教えてください。公募でも、誌とかエッセイとかネーミングとか現在、応募できるのがあれば教えてください。自分でもネットで探しているのですが、なかなか見つかりません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

https://www.dims.ne.jp/shufutomo/index1.asp

雑誌はこういうサイトに登録することです。
また、エッセイなど公募は下記サイトに沢山あります。
ネーミングは公募ガイドという本を買うことを
お勧めします。

http://kobo-joho.jpn.org/kobo/

Q出版が夢で、出版社に企画書を出したいと思っています。

出版が夢で、出版社に企画書を出したいと思っています。

企画書は完成したのですが、どのような方法で、提出すればいいのでしょうか?


やはり、郵送がいいのでしょうか?

それとも、今はメールかファックスの方がいいのでしょうか?


また、出版社の、どの部署に、どなた宛に、出せばいいのでしょうか?


どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どのような内容の出版物を作りたいのでしょうか?
以前出版社に勤めていましたが、突然出版をしたいので企画書を書きました! と言われてもお話を聞く事は100%ありませんでした。
例えば自費出版で小説を出したいというのであればそのような物が得意な出版社に連絡すればすぐに話をきいてくれますよ。

質問の内容だけではどのような種類のものをお作りになりたいのかが分かりませんが、
もしトライするのなら自分の作りたい内容と似ている本を多く手がける出版社に連絡してみる事です。
とりあえず大代表でもいいので話を聞いてもらえる部署を紹介してもらい、
そこの方が会って下さるというのであれば企画書を持って行って下さい。
郵送やメール、FAXではほぼ目を通してもらえません。
まずはどこかの出版社に電話してアポイントを取る事です。

Q激務なりにも生活を充実させたいと思うのは悪いこと?

お世話になります。
いまマスコミ業界で制作職として携わっている25歳の♀です。
業界の特性だと思いますが仕事はとてつもない激務で、時期によっては1日の睡眠時間は
3、4時間とれれば良いほうで休日祝日出勤はあたりまえ、残業手当もつきません。
給料はいま手取りで16万です。
先月は月に1日だけ休みをいただきましたが、残業は150時間を超えました。

私は激務でもなんとか仕事以外の時間をもちたいという執着があり、数時間でも空けば
状況的にOKならば脱走して買い物や映画を観に行ったり自宅に帰ったりします。
(←もちろん規定の就業時間外です)休みの許可が上から出れば同チーム内の人間が
サービス出勤していようが引継ぎを滞りなく行って遠慮なくとります。
これはいけないことでしょうか?

というのも、同期の中には頭の中が仕事のことでいっぱいで少し時間ができても
進行中の作品が終わるまではほかのことをしたいと思えない。お前は仕事に対して
真剣ではないのでは?と言うのです。
チーム内の人間の多くがサービス出勤とはいえ出勤しているのに気にもとめず休むのは
チームワークを崩しているのではないか?とも言われました。
もちろんとても好きで選んだ仕事ですし、仕事に向かっているときは全力です。
やりがいも感じています。でも私は生活のすべてを仕事で染めたくはないんです。
仕事が生活のすべてになると心も豊かでいられなくなるし、なんだかつまらない人間に
なってしまうような気がしてしまいます。。。
ならば、変な表現ですが≪普通の仕事≫に就けば良いのではという考えが頭をよぎる
ことが何度もありますが、いまの仕事は好きなので辞めたくはありません。
給料面や拘束時間などに不満はありますが、自分で隙を見つけて仕事の中に自分の時間を
織り込むことでその不満を解消させることができています。
不満を取り除くことで、目の前の仕事にまっすぐな気持ちで向かえます。

このような業界に入っておいてこんなことを考える私はこの業界に向いていないのでしょうか?
もっとがむしゃらに自分のすべてを注げなければだめですか?
自分の身のふりについて近頃真剣に悩んでいます。

どんなご意見でも受け止めたいと思っています。
よろしくお願いします。

お世話になります。
いまマスコミ業界で制作職として携わっている25歳の♀です。
業界の特性だと思いますが仕事はとてつもない激務で、時期によっては1日の睡眠時間は
3、4時間とれれば良いほうで休日祝日出勤はあたりまえ、残業手当もつきません。
給料はいま手取りで16万です。
先月は月に1日だけ休みをいただきましたが、残業は150時間を超えました。

私は激務でもなんとか仕事以外の時間をもちたいという執着があり、数時間でも空けば
状況的にOKならば脱走して買い物や映画を観に行った...続きを読む

Aベストアンサー

クリエイティブ業界で15年働いています。
部下も数名持っています。
やや辛口です。ご容赦ください。

25歳というお年から、まだ経験の若い方とお見受けいたします。
上司からそのような意見が出るのは、
質問者様の仕事の結果に問題があるからかも知れません。
また、質問文ではやる気はあると仰っていますが、
そのことを他のスタッフに正しく理解してもらえているでしょうか。
詳しい仕事内容は存じませんが、休みが取れず、疲れてくると、
どうしても動きがだらだらとしてしまうことはあると思います。
先輩や上司は、そういう態度をちゃんと見ています。

自分もかつて、3ヶ月で1日しか休みがないという状況を経験していますので、
休みがほしい気持ちは本当によく理解できます。
しかし、上司の立場から言わせてもらうと、
休み返上で自主的に頑張る子と
休みに仕事を入れると明らかに「ざけんじゃねぇ」オーラを出す子とでは、
当然前者のほうを大切にしたいです。
最終的には「仕事が好き」という気持ちを、きちんと態度と行動に出している子が
やはり信頼できますし、成長を期待してしまいます。

結局はこの仕事を続ける以上、激務とどう上手く折り合っていくかという問題は
ずっと考えていかなければならないことですので、
それをどう考え理解するかは他人に聞いたりすることではなく、
質問者様ご自身が考え、判断しなければならないことだと思います。
普通の一般的な仕事に就いている人や、激務に耐えられずドロップアウトした人に言わせれば、
質問者様の状況は「おかしい」に決まっていますが、
実際にこの仕事は、その「おかしい」を克服しなければ成り立たないという、
世知辛い商売でもある訳です。

その辺りの覚悟ができなければ、この仕事からは足を洗うべきでしょう。

クリエイティブ業界で15年働いています。
部下も数名持っています。
やや辛口です。ご容赦ください。

25歳というお年から、まだ経験の若い方とお見受けいたします。
上司からそのような意見が出るのは、
質問者様の仕事の結果に問題があるからかも知れません。
また、質問文ではやる気はあると仰っていますが、
そのことを他のスタッフに正しく理解してもらえているでしょうか。
詳しい仕事内容は存じませんが、休みが取れず、疲れてくると、
どうしても動きがだらだらとしてしまうことはあると思いま...続きを読む

Q出版記念に贈る花

出版される方に贈る花で、タブーなものとかあるのでしょうか?

ビジネスというより、プライベートのほうが仲の良い方が出版されるのですが、記念パーティーに出席できないため、お花を贈ろうと思っております。
よろしければ詳しい方に教えていただきたく。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは

お見舞いではないので
鉢植えとかでもOKでしょう
胡蝶蘭とかだと送られる人が多いと思います

ただ好き嫌いありそうですよね、蘭は

イメージとしてこんな感じでしょうか?
http://ventvert.ocnk.net/product/144

Q出版業界で働いている方にご相談です。

はじめまして、

私は、刑務所関係の本を書いた者です。

私事ですが、刑務所生活を送っていて、その実情、とくに先に入ってきた受刑者のあとから入ってくる新参者に対しての執拗な理不尽や嫌がらせがはびこっていました。

自分は、刑務所に来てまでそんなことをするのはおかしいと思い、受刑者たる者の行っていくべき道とは何かを受刑生活において、常に考え、それらを言葉にして行きました。

この本を是非世の中に送り出し、すこしでも、檻の中にいる人たちの光となることができれば、幸いですが、

この本は一般向けの本ではありません。

読んで頂ける出版社を探しています。

このページを見て頂いている出版業界で働いている方に是非ともお願いしたい気持ちです。

何卒、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すでに出所しているなら、出版社へ持ち込みでしょう。
読んでほしいのに相手に来させるというのはよほどの有名人でなければ無理です。

太陽グループのミリオン出版はそういう刑務所内部の話しなどの刊行物があるので持ち込めば読んでくれると思います。

それか自費出版ですね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報