5,6年前に買った日本IBMのAptiva J-35(ペンティアム133MHZ、Win95)にLINUX、Redhatを上書きインストールしたのですが、途中でエラーを起こしてしまったので、
仕方なく最初からやり直そうと再起動したら、CD-R0Mが読み取られなくなってしまいました。
起動用のフロッピーディスクを入れてリカバリー用のCD-ROMを入れても、
「5-区画テーブルに異常があります」なるメッセージが表示されるだけで、
その後は電源OFFになってしまいます。
ちなみにBIOSの設定ではCD-ROMからのブートは可能に設定されています。
ハードディスクのフォーマットは済んでいるので、このままではこのPCにOSを
インストールすることができません。
なんらかの解決策をぜひご教示ください。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

ディスクを何も入れないで起動した場合は真っ黒画面にカーソルの表示だけですよね?


DOSで起動して適当なCDを入れ dir d: (dがCDの場合)と入力してCDの内容は参照できますか?
ブートCDで起動した場合、スピンアップしてLEDが連続点灯してますか?
これらが出来ない場合はCDの汚れ(指紋)、レンズの埃、ドライブの故障も考えられますが。

異状無ければRedhatで再度CDブートしてみてください。変化無ければお手上げ(自信あり)です!
    • good
    • 0

DOSでfdisk /mbrと入力しましたよね?



購入時に戻す場合はその他の領域があると失敗するかもしれません。
DOSでfdisk /mbrと入力します。Linuxの領域(非MS-DOS領域)を削除します。

DOSのFDISKで削除出来ない場合はLinuxの起動ディスクにあるFDISKを使います。
MS-DOSでLinuxの起動ディスク作り方は

C:\> d:(dドライブにLinuxのCD-ROMとした場合)
D:\> cd \dosutils
D:\dosutils> rawrite
Enter disk image source file name: → d:\images\boot.img
Enter target diskette drive: → a:
Please insert a formatted diskette into drive A: and
press --ENTER-- : → Enter

このディスクで起動後 linux expertと入力し、インストールを選択して、ドライブのパーティショニングの場面になったら、[fdisk] を選択します。

Redhat Linuxに関してはCD-ROMよりindex.htmlを検索して御参照ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
非MS-DOS領域の削除を行って、FDISKとFORMATを行ったのですが、やはりCD-ROMドライブは認識されませんでした。
もはやお手上げ状態です。
もしまだ試すべきことがありましたら、何でもアドバイスいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/08 02:00

マザーボードのBIOSがLBAに対応していない場合、2GB以上のパーティションにLinux native を作成するとエラーにつながる事があるようです。


起動FDよりFDISKを起動して領域情報を表示した場合、その他の領域(Linux native , Linux swap)が残っていませんか?(MBRがLinuxのままでは?)

全ての領域を削除してMS DOS領域から作成し直した方が良いと思います。
もし別パーティションにLinuxを入れようとしていたなら、A:\>fdisk /mbr の後再起動すればWin95が起動する可能性もありますが・・

この回答への補足

アドバイスどうもありがとうございました。
ご指摘の通り、FDISKを実行して領域表示すると、その他の領域としてLinuxが残っていました。
先程、FDISKとFORMATを実行して、HDを初期化してMS-DOS領域を作成しましたが、やはりCD-ROMの読み取りはできませんでした。
何かよい方法があればぜひご教示ください。よろしくお願いします。

補足日時:2002/03/06 02:47
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ