プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

ホルマリン固定では脱水などによって固定臓器が縮むと
思うのですが、その縮小率、どれくらい縮むのかという
資料をお持ちの方はいらっしゃいますか?
ラット脳の縮小率を最も知りたいと思っています。

A 回答 (1件)

ホルマリン固定単独では、それほど大きな組織収縮は起こらないと思います。

ホルマリンはアルデヒドによってたんぱく質を架橋固定(メチレンブリッジの形成)しますので、収縮率はおそらく数%ではないでしょうか。
質問内容から察すると、その後にパラフィン包埋などの行程で、エタノールやキシレンで処理しているのではないかと思いましたので、その点でも回答したいと思います。
ご質問のとおり、脳などのりん脂質の豊富な組織をアルコールなどで溶媒処理すると、脱水、脂質の溶解が強く起こって、普通の組織よりも収縮度合いは大きくなります。
ラットの脳では容積として約50-60%収縮することが下記URLの研究会で報告されています。(残念ながら論文としては一般には公開されてません)

参考URL:http://jah.web.infoseek.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問内容の裏まで読んでいただいて申し訳ないです。
ありがとうございます。
これから紹介していただいた報告、読ませていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/25 14:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング