プロが教えるわが家の防犯対策術!

(いきさつ)液晶テレビとデジタルレコーダーを購入しました。購入製品の取扱い説明書には;

<UVアンテナ信号系の接続には「RFケーブル(付属品)」を使用し,BSCSアンテナ信号系には「同軸ケーブル(市販品)」を使用するように!>

;という趣旨の指示になっています。

(質問)
(1)RFケーブル(付属品)と同軸ケーブル(市販品)では,信号減衰率に差があるのでしょうか? あるとすればどの程度の差なのでしょうか?
(2)BSCSアンテナ信号系の接続に,RFケーブル(付属品)を使用した場合にどの程度の悪影響がでるのでしょうか?
(3)Googleで「RFケーブル」を検索しても,明快な説明が発見できませんでした。そもそも「RFケーブル」とはどんなケーブルを言うのでしょうか?

よろしくご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 RFは、元々、radio frequency (無線周波数) のことを呼んでいて、ラジオ電波のような「高周波」を意味していました。


 しかし現在は、それらより1000倍も高周波したがって、極端には、ラジオの電波(1MHz)を呼ぶこともあります。
 「RFケーブル」とはそのような周波数の信号を伝送するケーブルということで、それらの1000倍も高い周波を使う現在では、実質的には単なる信号用のケーブル程度の意味しかありません。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%91%A8% …

 取扱い説明書で、同軸ケーブルを使うように言っているの、そのような高周波配慮の少ないケーブルですといっているのだと思いますが、通常の使用では、BSCSでも問題はありません。

 BSやCSで数10mもの長い配線をするのでしたら、7Cとか10Cとかの太目のものが良いのですが、これらはむしろプロ用です。
 室内間の通常の配線では、コネクタ接続部の処理の良し悪しで特性が決まりますから、室内配線用でしたら、細めの3Cとかのケーブルを使うほうが、扱いやすく、良い結果が得られると思います。↓
http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/design-ca …

参考URL:http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/design-ca …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございました。
URL参考になりました。
メーカ各社(三菱,日立,シャープ)が製品に付属させているRFケーブル(黒色,ネジなしの同軸端子付き,外径5ミリ,長さ1メートル前後)は5C-2V相当品だということが分かりました。

お礼日時:2006/07/30 12:32

現在市販されているテレビのアンテナ系ケーブルは数種類しかありません。


いずれも高周波同軸ケーブルで、インピーダンスは75Ωのものです。
又、RFケーブルのRFとは高周波という意味にとれます。
と云う事であれば、高周波に使われているケーブル全般を指すので、この取扱説明書の説明はちょっと不適切ですねぇ。
現在一般的に、家庭用として使用されているものは
S-4C-FB、あるいはS-5C-FBというケーブルです。
このケーブルであれば、UVとかBSとかは関係ありません。
5C-2Vとか3C-2Vは使用を控えた方が良いでしょう。(1mくらいなら大丈夫かも。
ケーブルの断面で、芯線と周りの網線の間の絶縁物がポリエチレン系(透明)のものは?C-2V系です。
発砲スチロール状の白いものが?C-FB系でテレビに使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございました。
接続長さは1メートル前後ですから,メーカーが付属したRFケーブルをBSCSアンテナ信号系にも,使用することにします。

お礼日時:2006/07/30 12:36

以下のページにデータがあります。


参考まで。

RFケーブルという言葉はいわゆる放送で用いられる大域の電波を通すケーブルという意味です。
今はほとんど同軸ケーブルしか用いられませんが,
平行フィーダーだとか同軸型でないものも含まれます。
衛星放送のケーブルには中間周波数のGHz帯の高周波がとおりますので,普通のVHF,UHFよりは減衰を考慮する必要があります。

参考URL:http://www17.cds.ne.jp/~stray/cable.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ご教示URL参考になりました。
メーカ各社(三菱,日立,シャープ)が製品に付属させているRFケーブル(黒色,ネジなしの同軸端子付き,外径5ミリ,長さ1メートル前後)は5C-2V相当品だということが分かりました。
「長さ1メートル前後のケーブル長では信号減衰量は微々たるもので問題にならない」ということが理解できました。
メーカ付属のRFケーブルをBSCS系の接続にも使用します。

お礼日時:2006/07/30 12:38

BSCSアンテナケーブルは、


屋外設置のパラボラへ給電とギガヘルツ帯の信号が重畳していて、
長さや品質(減衰率)が重要な要素になります、高価です。

(1)(2)
同じ同軸ケーブルなので、5m以内なら差はありません。
それ以上なら、インピーダンスマッチングや減衰率を気にしましょう。

(3)
ラジオ周波数ケーブルのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございました。
接続長さは1メートル前後ですから,RFケーブル・同軸ケーブルの差はないと考えることにします。
メーカ付属のRFケーブルをBSCSアンテナ信号系の接続にも使用します。

お礼日時:2006/07/30 12:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンテナケーブルと同軸ケーブルの違いについて

アンテナケーブルと同軸ケーブルは同じなのでしょうか。それとも質がちがうのでしょうヵ。教えてください。

Aベストアンサー

アンテナケーブルと同軸ケーブルの違いについて

先ずはアンテナとは

電気信号を電波(電磁波)に変換して空間に放射したり、また空間にある電磁波をとらえて電気に変換する役割を持つ装置のことを示します。そこでその電磁波(電気信号)を必要な機器(例 TV、ラジオ、携帯・トランシーバー等)に機器でアンテナ(金属体)から受けた電気信号を機器内で変換して必要に応じて音声や映像などにするものです。
そこで必要になるのが、電磁波の送受信機能を、持った機器がアンテナという物です。

そのアンテナから電気信号を各機器へ送(受け)る線が『アンテナケーブル』と云うものです。

同軸ケーブルとは

例えば、TV用アンテナで受けた電気信号(電磁波)をTVやラジオなどへ送る役目をしている線の事を総称して、アンテナケーブルと言っているのです。そのアンテナケーブルには幾つか種類がありそのうちのひとつが、同軸ケーブルと云う訳です。

現在では、同軸ケーブルの中にはデーター通信など様々な用途に使われております。
ノイズが少なく伝送効率に優れており、無線機・パソコン用通信ケーブルなどにも過去には使用されておりましたが、現在では無線通信が全盛のようです。しかしTV機器とアンテナをつなぐ線は、同軸ケーブルで接続されており、同軸ケーブルの中心に導体(銅線)があり絶縁体を挟んでその周りには円筒形の外部胴体がある。平衝対ケーブル(別名:平ケーブル)と比べると外部からのノイズに強く、高周波域での減衰が少ない利点がある。

大雑把に言うとアンテナケーブルと云う線のなかの一種類が、同軸ケーブルなのです。

さらに乱暴に例えるなら川から水を引く時、ただ土を掘って引き入れるか、塩ビ管を通して引き入れるかの違いがあります。塩ビ管であれば、外部からのもれこみ(ノイズ)がありません。その意味で同軸ケーブルが使われております。

BS放送などは、電波の周波数がGHz(ギガヘルツ)帯を使用の為外部のノイズに非常に弱いのです。

アンテナケーブルと同軸ケーブルの違いについて

先ずはアンテナとは

電気信号を電波(電磁波)に変換して空間に放射したり、また空間にある電磁波をとらえて電気に変換する役割を持つ装置のことを示します。そこでその電磁波(電気信号)を必要な機器(例 TV、ラジオ、携帯・トランシーバー等)に機器でアンテナ(金属体)から受けた電気信号を機器内で変換して必要に応じて音声や映像などにするものです。
そこで必要になるのが、電磁波の送受信機能を、持った機器がアンテナという物です。

そのアンテナ...続きを読む

Q同軸ケーブルの減衰量の計測方法 について詳しく教えて欲しいです。

先日、50Ω同軸ケーブル(10m)とBNCconnector(両端)との取り付けを致しました。
半田接合とナット締めの、ごく一般的な物だと聞きました。
組み立て後、信頼度チェック(減衰量測定)を行いたいのですが 教室には使用出切る
器材にはネッワークアナライザという物はなく カウンター、マルチテスター 等っと
いった機器しかありません。
それらを使用し減衰量を計測できるのでしょうか?
出来るのでしたら、機器の使用が不慣れなので詳しく教えていただきたいです。

ちなみに、同軸ケーブルのデーターシートは下記のpdfで良いみたいです。
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/13/13221/13221_134.pdf


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながらそれだけの機器では減衰量を測定する事はできません。
周波数にもよりますが、正確にコネクタが接続されていれば、減衰量は
ケーブルの長さから計算したものと考えてもさしつかえ無いと
思います。

とりあえず、
 (1)両端コネクタの中心導体同士が繋がっている事。
   *テスターで抵抗値を測定する。
 (2)両端コネクタの外部導体同士が繋がっている事。
 (3)中心導体と外部導体がショートしていない事。
を確認されたらどうでしょうか。

参考までに、減衰量は、
 (1)ケーブルの中心導体、外部導体の導体損
 (2)ケーブルに使用される絶縁体(誘電体)の誘電体損
 (3)コネクタとケーブル接続部の反射損
で決まります。周波数がMHzレベルの場合、また、ケーブル長が長い
場合、(3)の損失は無視できます。

以上、参考まで。


人気Q&Aランキング