最新閲覧日:

しばらくPCのことから離れていたら今は2G程度のCPUまで
出ているのですね! 昔、自作をしていたころセレロンのCPU
(500Mhz程度)でしたが、あれはソケット7?というタイプだった
気がするのですが、そのソケットに合うCPUは今どんな種類で、その速さは
どのくらいまででているのでしょうか? また、ペンティアム3の
500Mhzの搭載のPCは、今の1G以上のCPUをそのまま交換できますか?
ペンティアムにもスロットではないタイプがあるのでしょうか?
いろいろ簡単に教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (7件)

>すみません、書き方がわるかったのですが、


>1台目はペンティアム2のSLOT1で
>450Mhzです。

ペンティアム2のスロット1ですと、現在出回っているモノで電圧の方は大丈夫でしたっけ?
出回っているスロット1のペンティアム3はカッパーマインコアで、1.65Vのようです。

ご使用のマザーボードで対応されていますか?
とは言っても、冷却をしっかりやれば1.70Vとかでも使えまけどね。。。
    • good
    • 0

>1台目はセレロン500Mhzです。

2代目はペンティアム450Mhzのマシンです。
>両方希望としては800Mhz程度まで早くしたいです。
そ、それは…
1台目はともかく2台目はあきらめたほうがいいですよ。

Pentium(初代)/MMX/IIが刺さるマザーボードで現在のCPUに対応しているものはなかったはずです。

また、私は前に
>CPU・マザーボード・電源の交換が必要
と書きましたが、それ以外のパーツもデータのサルベージを行った後は交換したほうがいいです。古いパーツを使っても新しいパーツの足を引っ張るだけだからです。

この回答への補足

すみません、書き方がわるかったのですが、
1台目はペンティアム2のSLOT1で
450Mhzです。

補足日時:2002/03/11 06:59
    • good
    • 0

現在ご使用のマザーボードの型番はわかりますか?


自作機でしたら購入当時の仕様書(?)があるでしょう。
もしくはマザーボードの基盤にもあるはずです。
それをもとにメーカーのHPに問い合わせてみれば、詳しく分かります。

皆さんが書いていたように、一言でセレロンといっても、スロットタイプ(SEPP)とソケットタイプ(正確にはPPGA、FC-PGA、FC-PGA2で形状は一緒)が存在します。
kevinsanの場合、セレロンの500MHz位のソケットであること、ペンティアム(3)のスロットの話しが先行している点から、PPGAかFC-PGAのセレロンを使用していると勝手に判断させていただきました。

PPGAのCPUは、ほとんど無いと思っていただいて結構です。
速さも500MHz過ぎまでです。
ロンテックという会社から、ゲタなどのアップグレードツールが発売されていますが、個人的にはオススメしません。
アドレスは→ http://www.lontec.co.jp/
もしも使用しているCPUがこちらのタイプなら、最低でもマザーボードとCPUを交換することをオススメします。

FC-PGAの場合、ペンティアム(3)が1GHzで、セレロン1.1GHzが最高です。
そのため、kevinsanのPC用途にもよりますが、Premireや最新ゲームなどをされないのでしたら、CPUの交換だけでも十分な処理ができると思います。
しかし、うる覚えで申し訳ありませんが、kevinsanが自作されたころのマザーボードは、最大でもFSB×8が限界のものが多かった気がします。
FSBが133MHzまで対応しているならまだしも、100MHzでしたら…ということもあります。
この辺はBIOSの更新で、ある程度は何とかなるでしょう。
結局のところ、どちらのソケット形式であったとしても、CPUよりも先にマザーボードの確認の方を先にされたほうが宜しいかと思いますよ。

各CPUの最高周波数については、hitomuraさんが詳細に書いておられるので、省きますね。
最後に、CPU交換時には非常に気になる価格ですが、このHPをオススメします。
秋葉原付近に住んでいなくても、相場の把握くらいはできますよ。

参考URL:http://www.watch.impress.co.jp/akiba/

この回答への補足

ありがとうございます。近日中に、中をあけてみてみますね。
ところで今回CPUを交換したいマシンは自作2台あります。
1台目はセレロン500Mhzです。2代目はペンティアム450Mhzの
マシンです。両方希望としては800Mhz程度まで早くしたいです。
メモリは1台目は128Mで2台目は500M近くいれてます。

補足日時:2002/03/10 21:13
    • good
    • 0

セレロンの500に交換できるものなら、CステップのPentium3があげられます。


最高で、1GHzか、1.1GHzだったと思いますが、もはや新品は店頭にありません。

関係のない話かもしれませんが、セレロンも、今まではPenitum3の廉価版でしたが、来月くらいに、Pentium4の廉価版のセレロンが発売されます。これがお買い得かなあと思ってます。
    • good
    • 0

>ペンティアムにもスロットではないタイプがあるのでしょうか?


 現状で新品扱いではありません、中古市場ではSlot1仕様のマザーボードがあります。但し、Socket370仕様(PPGA/FC-PGA)のCPUを載せる場合は、下駄と呼ばれている変換アダプターが必要になります。ASUS製S370-DLでしたらまだ市場に出回っていますので、必要でしたら早めに購入されて下さい。

 FC-PGA2(Tualatin)仕様の下駄とCPUも出ていますが、認識が出来ないマザーボードもあります。ロンテック(株) 型番:PL-iP3/T
http://www.lontec.co.jp/PL-pro/PL-iP3T.html
    • good
    • 0

とりあえず、簡単に手に入るCPUについて書かせていただきます。



>あれはソケット7?というタイプだった気がするのですが、
>そのソケットに合うCPUは今どんな種類で、その速さはどのくらいまででているのでしょうか?
もうありません(>_<)
#とか言いつつ、私は2月にK6-2 400MHz(Socket7)の新品PCを買ったんですが…
#まあ、K6-2の新品は簡単に手に入るものではないので、省略いたします。
#…そもそもあるんだろうか?

>ペンティアム3の500Mhzの搭載のPCは、
>今の1G以上のCPUをそのまま交換できますか?
無理です。なぜなら…

>ペンティアムにもスロットではないタイプがあるのでしょうか?
ソケットタイプしかありません。

現在のCPUをソケットという面で見ると以下のようになります。
・Socket423
 Pentium4用。現在下記のSocket478に移行中。最高2GHz。
・Socket478
 Pentium4用。最高2.2GHz。
・Socket370
 PentiumIII/Celeron用。最高1.4GHz(PentiumIII)/1.3GHz(Celeron)。
・SocketA
 Athlon/Duron用。最高1.67GHz(注)(Athlon用)/1.3GHz(Celeron)。
(注):Athlonの発売元AMDは1.67GHzのAthlonでPentium4 2.0GHzと同等の能力を発揮するとアナウンスし、ベンチマークテストでもそのことが実証されている。

2年前のパーツを流用なさるなら、CPU・マザーボード・電源の交換が必要かと思います(マザーボードによってはメモリも)。
本当に時代の移り変わりは恐ろしいものです。
    • good
    • 0

CeleronはSocket370(PGA370)というタイプのソケットを使っています。



S370のにささるCPUの中でもFC-PGAとPPGAというタイプもあり、FC-PGAはPentium3やCeleron(コアが緑)の新しいコアで採用されているソケットです。さらに、1Ghz以上のPentium3はD-Stepと呼ばれる物で、D-Stepを搭載したい場合はD-Stepに対応したマザーである必要があります。

1GhzはD-StepのCPUでしょうから、マザーのタイプによっては使用できません。おそらく500Mhzを搭載している世代では使用できないでしょう。型番を教えていただけませんか?

この回答への補足

ペンタ3のボードはAX63 proです。
最高でどのくらいまでのCPUつめますか?

補足日時:2002/03/14 23:08
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ