しょうもないことですけど蒸気機関車はいつまで走ってました?今は電車ですよね。観光目的でもない限りは蒸気機関車は走ってないですよね。私の母が言うには東京に出て来た時には汽車といってました。蒸気機関車はいつ頃まで今の電車みたいに走ってたんでしょう?どなたか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

補足します。


蒸気機関車による旅客列車の最終運転は,1975年12月14日です。区間は北海道の室蘭・岩見沢間でした。
ただ,既出回答ではこの年の夏が最後だったようですが,とするとこの日だけ特別にイベント列車仕立てで走っていたのでしょうか。
なにせ自分も小学生だったのでちょっと記憶が曖昧です。
(日付は手元の年表で確認しましたので間違いありません。)
>いつ頃まで今の電車みたいに走ってたんでしょう?
「今の電車みたいに」の意味の取り方にもよりますが,首都圏の国鉄線でごく普通に走っていたのは昭和20年代ぐらいまで,郊外では昭和30年代ぐらいまででしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。首都圏で普通に走っていたのは昭和20年代なんですね。けっこう昔になくなったんですね。郊外では昭和30年代ぐらいまでということは常磐線もその頃まで蒸気機関車を走らせていたんでしょうかね?

お礼日時:2002/03/13 15:07

四国は電化されていませんでしたから、「電車」といえば「琴電」、国鉄は「汽車」でした。

70年ぐらいまで高知や島根みたいな田舎では走っていました。
京阪神はローカル線もDDだったような・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は千葉に住んでいるので四国のことはわかりませんが今の電車になったのを電化というんですね。知りませんでした。蒸気機関車の走っている姿を実物で見たことないので見てみたいなと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/14 10:45

はっきり覚えていないのですが、昭和40年くらいには大宮操車場で入れ替え機として働いていたと思います。

まだ小さい子供だったころの記憶なので、信頼度は低いのですが・・・。
    • good
    • 0

他は知りませんが、房総方面は1960年までです。


その後も、1963年正月まで、臨時列車などには充当されていました。
    • good
    • 2

 定期列車を引いていたのは,昭和50年の北海道,室蘭本線岩見沢~室蘭間です。

確か7月にダイヤ改正(北海道内のみと記憶)があったときに姿を消したと思います。
 また,貨物列車のスジでは,もう少し走っていたような気がします。
 北海道の人,特に電化されていない地方の人では,今でも「汽車」と呼んでいます。
    • good
    • 0

蒸気機関車は、sesameさんがおっしゃると通り1975年(昭和50年)まで走っていました。

(までに姿を消しました)

>私の母が言うには東京に出て来た時には汽車といってました。
僕は広島県に住んでいる16歳なのですが、今でもJRの事を「汽車」といいます。路面電車も走っているからかなと思うのですが、友達と話す時もやっぱり「電車やJR」でなく、「汽車」といいますよ。

今でもSLは、いろいろなところで活躍してます。(^-^)これからも、沢山の人に愛され続けてほしいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。広島の方では汽車という言葉を使っているのですか。知りませんでした。でも私の母が東京出て来た時は30年以上昔ですからね。本当に蒸気機関車だったと思いますよ。でも昭和50年頃まで走ってたんですね。けっこう最近なんですね。1回ぐらいは乗ってみたいものです。

お礼日時:2002/03/12 23:14

1975年まで使用されていたC57が最後だそうです。


最後に使用されていた線がどこか、までは特定できませんでしたが、北海道の室蘭本線で最後の年の夏まで走っていたことは確認できました。
あと山陰本線と山口線でも走ってたかも…?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリスの初期の蒸気機関車の模型

スティーブンソンのLocomotion号やrocket号の模型を探しています。動かなくてもよくって、飾っておきたいんですが、どこかに無いでしょうか。
海外の通販サイトも見たりしていますが、なかなかみつから無くって困っています。
例えばこんなやつです
(http://www.etoys.com/prod/toy/52573581/ ここは残念ながら日本への発送はしていないようです。)
どうしても欲しい!んですが・・・どなたかご存知ないでしょうか?。

Aベストアンサー

ありました。東京にある、のりもの倶楽部という店で
扱っています。ネット上の通販も可能です。
取り扱いは、ミニクラフト社製のトレビシック号とロケット号(サンプルで示したもの)のみですが、これで良ければ下記アドレスからどうぞ。検索ページから、ミニクラフト(メーカー)で、出てきます。

参考URL:http://www.ikaros.co.jp/shop/

Q蒸気機関車が活躍していた頃の機関区について

1/80スケールでレイアウトを製作中ですが、スポート、石炭台、石炭置き場、給水塔、砂置き場など、いろいろありますが模型化するための寸法が良くわかりません。昔、撮った写真から割り出そうとするのですが旨くいきません。鉄道関係の書籍など参考資料がありましたらご教示ください。

Aベストアンサー

車両の図面をまとめた書籍はありますが、
ストラクチャーの図面をまとめた書籍というものはなさそうな気がします。
(ちゃんと調べた訳ではありませんが・・・。御存知の方がおりましたら補足を期待します。)

過去の TMS や 月刊とれいん のバックナンバーを調べれば、ひょっとしてストラクチャーの資料があるかも知れません。
(ただ、調べる以前にバックナンバーを探すこと自体大変ですが・・・)

欧米ではストラクチャーのプラキットが充実していますので、これを利用する手もあります。
日本の風景に馴染まないという事であれば、キットの寸法を実測して、これをもとに日本型ストラクチャーを設計する方法があると思います。
1/80 と 1/87 の差はほとんど問題にならないでしょう。
(ただし、輸入ストラクチャーの取扱店が少ない事が問題。)

別な方法としては、KATO製 Nゲージで給水塔や給炭台が発売されていますので、この寸法を実測し、150/80倍に拡大する方法も考えられます。

かなり姑息な方法ですが・・・

Qどうして蒸気機関車は消滅したのか

私はこれまで蒸気機関車が牽引する客車にはイベントでの運転時しか乗車したことがありません。当然ながら生まれた時にはすでに蒸気機関車は日本全国で引退して久しい時代でした。
蒸気機関車現役時代を知る方々に聞きます。そもそもどうして蒸気機関車(今でも走る大井川鉄道や山口線や真岡鉄道等は除く)は、1975年に日本全国からいなくなったのでしょうか?
また当時SL現役時代に乗車経験のある方々も、蒸気機関車は嫌われていたのでしょうか?

Aベストアンサー

キーワードは「無煙化」です。当時、国鉄は全線に渡って無煙化を達成することが至上命令の一つでした。

現在復活している蒸気機関車は高質炭を使い重油併燃なども行って黒煙の発生を極力抑えられているのでわからないでしょうが、当時の使用炭は質が悪く黒煙や煤を盛大に噴き上げていましたから、線沿いの民家では屋外に洗濯物を干せない状態だったのです(黄害もありますが)。
当時、トンネルに入るときはすぐに窓を閉めない(冷房など無い時代だったので、窓は開けるのが普通)と鼻の穴が真っ黒になった物です。

こういうことがあり、国民的に無煙化は至上課題だったのです。
なお、国鉄が蒸気機関車を全廃した後も一部の専用線(室蘭の鉄原、現テツゲンなど)では蒸気機関車が残っていましたし、糸魚川の東洋活性白土の専用線では保存団体(羅須地人鉄道協会)がナローの蒸機を走らせていましたから、国内から完全に蒸機の煙が消えた時期は無いはずです。

また、蒸気機関車はディーゼル機関車やディーゼルカーに比べて熱効率が悪く運用コストが大きい、最高速度が抑えられているため高速化の足枷になるという問題もありました。
特に日本は狭軌ですから、火格子面積の大きい大型ボイラーを搭載して出力を挙げることが出来ないため、幹線や勾配区間では牽引定数を稼ぐために重連、三重連仕業が必要でした。この場合、機関車毎に機関士と助手が必要で、総括制御で一人で何両でもコントロールできるディーゼル機関車や電気機関車と勝負に鳴りません。

現在、蒸気機関車を日常的に運行している鉄道は世界的にも相当減っています。機械としてみたときに電機やディーゼルと経済的に勝負になりませんから、仕方のない成り行きでしょうね。鉄道輸送はノスタルジーのために存在しているのではありませんから。

キーワードは「無煙化」です。当時、国鉄は全線に渡って無煙化を達成することが至上命令の一つでした。

現在復活している蒸気機関車は高質炭を使い重油併燃なども行って黒煙の発生を極力抑えられているのでわからないでしょうが、当時の使用炭は質が悪く黒煙や煤を盛大に噴き上げていましたから、線沿いの民家では屋外に洗濯物を干せない状態だったのです(黄害もありますが)。
当時、トンネルに入るときはすぐに窓を閉めない(冷房など無い時代だったので、窓は開けるのが普通)と鼻の穴が真っ黒になった物です。

...続きを読む

Q蒸気機関車「D51-498」のATSについて

JR高崎運転所に在籍していますデゴイチに取り付けられています「ATS-P」と「ATS-SN」が記されているようですが、その「ATS-P」は運転席のどこ辺りに設置されているでしょうか?
また将来、専用電源を取り付ければATC化することができるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>「ATS-P」は運転席のどこ辺りに設置されているでしょうか?

SLのATS車上子が、テンダにつるされているのはご存知と思います。

スイッチは運転席の左に、
本体はテンダ部に吊るされています。

>専用電源を取り付ければATC化することができるでしょうか?

「電源」と「ATC」とは別ファクターで
電気機関車ではないので無理では?と思います。
運転手の目の前の逆転機、頭上の操作弁、ブレーキ弁
ほとんどが機械式です。
電気的に加速・ブレーキ弁操作をしない
ので、もしATC化したら、運転席ががらっと変わります。もうその時点で「古き良きSL」「生き物たるSL」ではなくなってしまうような気がします。

QC62型蒸気機関車の仕様について。

C62型蒸気機関車の仕様について。

よろしくおねがいします。
大型蒸気機関車の王道とも言える、C62型についての質問です。

C62型蒸気機関車は全国で活躍していたそうですが、そうなると当然多彩な仕様が存在したと思われます。
東海道を走るC62、東北路のC62、北国の豪雪を駆けるC62・・・・。

ところで、鉄道模型のKATOから「C62東海型」が発売されています。
デフレクターにつばめのデザインはありません。

そこで質問です。
C62の東海型と、他の型との違いを教えてください。

近々「はつかり」の模型を組むつもりで、恐らくC62も購入します。
客車はつかりの牽引機、C62は尾久区所属だったそうです。

尾久区のC62と、C62東海型(所属区までは分かりません、すみません。)の違いを中心に説明いただければあり難い限りでございますが、分かる限りでかまいません。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

C62型蒸気機関車牽引の常磐線列車に乗車経験があります。(遙か昔ですが・・・・!)
力強いドラフト音が微かに記憶されています。(あの頃は良かったなぁ~!)
東海道線は「特甲」線区、常磐線は(確か・・?)「乙」線区だったので、当然の事ながら軸重軽減しなければなりません。
東海道型は動輪上重量:48.2t,軸重:16.1t
常磐型は動輪上重量:44.6t,軸重:15t
尾久機関区と静岡機関区以西の「カマ」の形は、質問者様も言われる通り、細部については色々と細かな差違はあると思われ、当方もそこまでは詳しくはないのですが、製造会社による違いは見られることがあります。
日立製作所及び川崎車輌のカマと汽車製造のカマとではドームの形状に違いがあります。
日立製作所及び川崎車輌のカマではドームの形状が前後非対称ですが、汽車製造のカマは前後対称になっています。
当方もC62は2両所持しています。特急「はつかり」牽引の再現でC61と共に頑張って動いてくれています。

以下にC62鉄道模型に関するURLを貼っておきます。
ご参考になれば・・・!

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~toyoyasu/c62n.htm

C62型蒸気機関車牽引の常磐線列車に乗車経験があります。(遙か昔ですが・・・・!)
力強いドラフト音が微かに記憶されています。(あの頃は良かったなぁ~!)
東海道線は「特甲」線区、常磐線は(確か・・?)「乙」線区だったので、当然の事ながら軸重軽減しなければなりません。
東海道型は動輪上重量:48.2t,軸重:16.1t
常磐型は動輪上重量:44.6t,軸重:15t
尾久機関区と静岡機関区以西の「カマ」の形は、質問者様も言われる通り、細部については色々と細かな差違はあると思われ、当方もそこまでは詳しくは...続きを読む

Q蒸気機関車の回送方法は?

イベント列車として蒸気機関車が地方の路線を走ることがありますね.
近々富山県の氷見線にC56が走ります(シーサイド号).
どこかの博物館から富山までやって来るとのことですが,回送はどのようにされるのでしょうか?
自走するのでしょうか?それとも電気機関車で牽引されてくるのでしょうか?
JRの駅員さんに回送方法やその時期(回送シーンを見たい!)を聞いてはみましたがよく分からないそうです.何かご存じの事がありましたら何でも良いのでお教え下さい.宜しくお願いします.

Aベストアンサー

「SL北びわこ号」は、京都の梅小路機関庫から、出勤していますが、自走するとトンネルの中が煙だらけになるので、電気機関車に牽引されているのだと思います。
実際を見たことがないのだけど。

(北びわこ号も、C56だったから、同じ車両かな。)
富山でしたら、北陸線のトンネルもあるから、きっとELかDLの牽引でしょう。

燃料の石炭の補給装置もそうたくさんないから、節約しなくちゃならんし。

Q蒸気機関車

蒸気機関車には、蒸気機関車自体にブレーキをかける「単弁」と、牽引している客車・貨車の編成全てにブレーキをかける「何とか弁」があるのは知っているのですが、蒸気機関車が重連で走行していてブレーキをかける時は、先頭に立っている蒸気機関車が、後ろの蒸気機関車のブレーキもかけることはできるのできるのでしょうか?(蒸気機関車1両の後ろに、客車などが連結されている時のように「何とか弁」で)
それとも、1両1両が「単弁」でブレーキをかけているのでしょうか?もしそうであったら、機関車の後ろに連結されている客車などには前の機関車・後ろの機関車のどちらがブレーキをかけているのですか?
あと、できれば「何とか弁」の「何とか」も教えてほしいのですが・・・。

説明が下手でごめんなさい。でも、気になっているので教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

> 蒸気機関車が重連で走行していてブレーキをかける時は、先頭に立っている蒸気機関車が、
> 後ろの蒸気機関車のブレーキもかけることはできるのできるのでしょうか?

ちょっと、気になって調べてみたら参考URLのページが見つかりました。

ひとつめのページの「重連運転」の項によると、次位機(後ろの機関車)は、単弁しかブレーキをかけられないようですね。
ふたつめのページの「重連コック」を締めることで、そうなるのでしょうね。

というわけで、先頭の機関車がブレーキをかけている、ということでしょう。

# 実際に、試したり、見たわけではないので、自信無しとしておきます

参考URL:http://www1.plala.or.jp/obata/newpage2.htm,http://www1.sphere.ne.jp/mia/raildic/dic_si.html

Q小さい蒸気機関車

蒸気機関車には、D51のような大きいものと、「義経号」「しづか号」のような小さなものがあります。
http://www.saboten.sakura.ne.jp/~suzu/ota_s_temiya.htm

これはどのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
機関車は、本来の用途や、使用される路線の状況に合わせて造られます。

「義経号」「しづか号」は明治時代(鉄道発祥時)の機関車ですから、牽引力(客車・貨車を引っ張る力)・最高速度は低いものでした。
その内鉄道への需要が高まると、より多くの旅客・貨物を早く目的地まで運べるように機関車の改良が進みます。
他の乗り物でもそうですが、一般的に大きければ大きいほど力があります。(一概には言い切れませんが)
蒸気を動力に変える仕組みの改良・動輪の大型化・炭水車(石炭・水を積んでいる貨車)の大型化により、機関車は大きくなっていきます。
しかし、支線や引込み線で働く機関車は大きな炭水車もスピードも必要ありませんから、小型のものも造られています。
大型の機関車は支線・引込み線に入れないケースもままあります。路盤が軟弱だと、重たい機関車・長大な貨車は入れません。(それは今も変わりません)
そこで、小単位の列車を引かせるために、小型の機関車が必要なのです。
本線上で走らせにくくなった小型の機関車は、そうやって支線・引込み線で働くようになります。「義経号」「しづか号」も始めは本線上を颯爽と走っていたでしょうが、そういう使われ方をされたと思われます。

D51は貨物専用として、C62は旅客専用として、国鉄蒸気の決定版として大量生産されました。
ちなみに、Dとは動輪が4つある印、Cは3つの印です。
ですから、D51の方が力があるということです。
貨物列車は旅客列車の2倍ぐらい重さがありますから、貨物機の方が力持ちなのが一般的です。

「義経号」「しづか号」の頃は旅客・貨物もへったくれもなく、アノ小さな体で多くの旅客や石炭を運んだのですから、ホント頭が下がります。

こんにちは。
機関車は、本来の用途や、使用される路線の状況に合わせて造られます。

「義経号」「しづか号」は明治時代(鉄道発祥時)の機関車ですから、牽引力(客車・貨車を引っ張る力)・最高速度は低いものでした。
その内鉄道への需要が高まると、より多くの旅客・貨物を早く目的地まで運べるように機関車の改良が進みます。
他の乗り物でもそうですが、一般的に大きければ大きいほど力があります。(一概には言い切れませんが)
蒸気を動力に変える仕組みの改良・動輪の大型化・炭水車(石炭・水を...続きを読む

Qロシアの7軸の蒸気機関車の名前

ロシアの7軸の蒸気機関車の名前
ロシアの蒸気機関車には単式で7軸の蒸気機関車があるらしいのですが、名前をご存知の方はいらっしゃいますか?これ以外にも単式で大きな機関車があったら教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

以下のページで各軸配置について実在の機関車の資料があれば、リンクに掲載してありますから、ご確認ください。シングルフレームだと6軸は結構あるようですね。
http://www.skyrocket.de/locomotive/data/achsfolge.htm

ソヴィエトの機関車は軸配置4-14-4(2G2)のAA20クラスですね。軸配置名称も"Soviet"だそうです。機関車の愛称として"Adriev"という記載のあるサイトもありました。
http://www.skyrocket.de/locomotive/data/szd_aa20.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/4-14-4

なお、蒸気機関車で単式という場合、通常は蒸気の利用方法(単式/複式)で使うことが多いです。

Q蒸気機関車『9600』

蒸気機関車「9600」の鉄道模型のことでお聞きします。(ゲージは16.5ミリです)

「9600』完成品・トータルキットで、5~60000円前後で販売している模型店ってご存じないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
在庫ページの更新が古いようですが、「岡山模型店」で9600の在庫があるようです。
ご希望の価格帯で2種類あるそうです。
(トップページの更新は4月ですけれど)
問い合わせしてみてはいかがでしょう?

それから、鉄道カテゴリで時々質問されているようですが、
お礼のポイントだけでなく、メッセージも一言付け加えるのがネチケットというものです。
皆さん調べて投稿されているのですから。

参考URL:http://www.okayamamokei.com/index.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報