【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

UPSの電源入力のプラグ形状が「NEMA 5-15P」になっているものがあります(まだ購入してはいないのですが)。
コンセント側は「NEMA 5-20P」の形状なのですが、このまま差し込む事ができるのでしょうか。形状は?容量的な事は?。教えてください。

A 回答 (2件)

APCの仕様表ですが、形状等参考になるかと思います。

15Pと20Pでは形状もアンペアも異なりますので、入力プラグを変換させないと、使えないようです。プラグ交換は、電気工事屋さんにお願いします。
バッテリーの容量によっては、プラグ変換でも対応していないことがあります。購入予定機種の下記同様の仕様表を入手して、調べたほうがいいですよ。

参考URL:http://www.apc.co.jp/products/ups/plug.html
    • good
    • 2

「NEMA 5-15P」のプラグを「NEMA 5-20P」のコンセントに差す事は出来ま


せんので、変換ケーブルで形状を変換するか、コンセントを交換する工事を
行う必要があります。容量についてはコンセント側が20Aなので、変換ま
たは工事後に15AのUPSを接続する事は問題ありません。

形状は http://www.apc.co.jp/products/ups/plug.html にあります。

他に15P/20P両対応のコンセントもあり、このタイプの場合はどちらの形状
のプラグも接続が出来るようになっています。
http://www.americandenki.co.jp/I-M/M1/M1-1/M1-1- …
(形状は、上から3個目 平刃形5-20 7210GD の図面をご覧下さい)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAPC製のUPSが使用できません

APCのSmart-UPS2200を購入したのですが、入力がL5-30(30A-125V)でコンセントに挿すことができません。
基本的なことを確認せずに購入してしまったのですが、これを普通のコンセントに挿して使用するための変換ケーブルなどご存じの方がいらっしゃいましたらご教示下さい。

Aベストアンサー

NEMA L5-30P
ttp://www.ysol.co.jp/power/in_outlet.html
インレット/アウトレット 形状一覧
ttp://www.apc.co.jp/products/ups/plug.html
Smart-UPS各モデル入力プラグ及び出力の仕様
ttp://sturgeon.apcc.com/Kbase.nsf/ForExternal/9ACB2B1915FD281749256D4100318160?OpenDocument
Smart-UPSの入力プラグと最大出力の関係

ふつうのコンセントは15Aです、20Aのブレーカーを着けていたりしますが。
20A以上はコンセント個数1個の専用回路になります。
出力容量を計算して購入しているのであれば分電盤よりの電線による配線で容量通りの使用が可能と思います。

「変換用入力プラグのAPC Japanでの取り扱いはございません」

ttp://www.americandenki.co.jp/
アメリカン電機株式会社
ttp://www.aisan.co.jp/
愛三電機株式会社

基本的に30Aを20Aに使えるようにするものは無いかもしれないので、プラグの交換か、自作になると思います。

NEMA L5-30P
ttp://www.ysol.co.jp/power/in_outlet.html
インレット/アウトレット 形状一覧
ttp://www.apc.co.jp/products/ups/plug.html
Smart-UPS各モデル入力プラグ及び出力の仕様
ttp://sturgeon.apcc.com/Kbase.nsf/ForExternal/9ACB2B1915FD281749256D4100318160?OpenDocument
Smart-UPSの入力プラグと最大出力の関係

ふつうのコンセントは15Aです、20Aのブレーカーを着けていたりしますが。
20A以上はコンセント個数1個の専用回路になります。
出力容量を計算して購入しているので...続きを読む

Qコンセントプラグ「NEMA 5-15P」は家庭用コンセントに差込める?

皆さんよろしくお願いします。

APCのUPSを購入予定ですが、1次側コンセントプラグがNEMA 5-15Pとなっています。
一般家庭用のコンセントと形が似ていますが、差込めるのでしょうか?

UPSは定格電流15A以下なので容量は問題ないようですが、アースピンが太いような気がします。

Aベストアンサー

使えます

QNEMA5-15Rの出力コンセントは家電製品にある2極コンセントに接続できますか?

最近、停電が頻繁に発生するのでオムロン製のBZ50LTの無停電電源装置を購入したんですが、出力のコンセントの形状がNEMA5-15Rという形状で2極コンセントの下に一つ穴が付いている(アース端子付き?)タイプなんですが、これは一般の家電製品にあるJIS C 8303 2極コンセント 15A125V(ドライヤーとかDVDレコーダーとかの家電製品のコンセントでみられるアース端子が付いていないタイプの2極コンセント?)に接続することはできますか?
又、接続しても問題とかはありませんか?

ご教授願います

オムロン製のBZ50LT
http://www.omron.co.jp/ped-j/product/ups/bz35-50t-lt/bz35-50t-lt_2.htm

一般的な家庭用100Vコンセント(JIS C 8303 2極コンセント 15A125V)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:JPAC100V15A.svg

Aベストアンサー

問題ないと思いますよ。

ただ、HP見たら出力が300Wなのでドライヤー等は、
無理かと思います。

QUPSの消費電力が分からない。

わけあって、UPSの消費電力を調べないといけなくなりました!!

理由は、「サーバールームが暑い!!エアコンを増設してくれ!!」とビルに伝えたところ、

ビルの設備担当から「サーバールームに現在設置してある機器、全ての消費電力の合計を教えて下さい。」
と言われました。

ほとんど終わったのですが、分からないのが、UPSです。
型番はR1500 (hp)とR3000(hp)の2台。

裏にR1500の裏にシールが貼ってあって、そこに「1500VA」って書いていますが、1500Wの事ですよね??
1500Wって相当です(驚)!!
うちの家電で比較すると、「ドライヤー2個分」 「電気ストーブの『強』以上」です。

とりあえず。1500Wで計算しておけばいいでしょうか??
教えて下さいませ。。

Aベストアンサー

1500VAというのはそのUPSが供給可能な電力です。消費電力ではありません。

買ったときについてきた説明書に、UPS自身の消費電力を書いてありませんか?もし書いてなければ、HPに問い合わせるか実測するしかないと思います。

なお、三菱の1500VAのUPSでは76Wでした。HPのUPSも似たようななレベルだと思います。

ただし、UPSの電源プラグが吸い込む電力は、
・UPS自身の消費電力
・UPSに繋がった機器の消費電力
・バッテリ充電のための電力(停電後などは多くなります)
の合計になります。

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Q「消費電力」と「消費電流」について

電気機器で「消費電力(W)」もしくは「消費電流(A)」といった
表記がありますが、
(消費電力W)=(電圧V)×(消費電流A)
の式にあてはまるのでしょうか?

例えば100V電源で使用する機器の「消費電力(W)」が300Wなら、
「消費電流(A)」は3Aということになるのでしょうか?

また上記の場合、-48V電源なら「消費電流(A)」は
どの様に計算するのでしょうか?

お分かりになられる方がいらっしゃいましたら、
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交流の消費電力は
P=VIcosθ
です。

θはVを基準としたIの遅れです。このcosθは力率と言われるものです。
VIは皮相電力で単位はVA(ボルトアンペア)です。VIcosθは有効電力、VIsinθは無効電力です。単位はともに、W(ワット)です。

コンデンサーに交流を流すと、電流の位相は電圧Vよりπ/2遅れるので、θ=π/2ですからcosθ=cos(π/2)=0となり、電力は消費されません。

インダクタンス(コイル)に交流を流すと、電流はπ/2進むので、θ=ーπ/2ですから、矢張り、電力は消費されません。

抵抗だけの時はθ=0ですので、cosθ=1となり、消費電力はP=VIとなりません。

一般に、電器機器には抵抗、コンデンサー、コイルが複雑に絡んでいますので、cosθ=1ではありません。
したがって、交流の場合、消費電力は
P=VI
とはなりません。
以上。

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

QBTUからkWの換算はできますか?

空調能力の計算で皆さんのお知恵をお貸しください。
新しくイギリスから機械を輸入することになったのですが熱量がBTU単位でしか定義されていません。
空調能力の計算をkWでしかやったことがないのでBTUからkWへ換算する式がありましたら教えてください。
そもそもこんな換算ができるものなのかもわかっておりませんので、勘違いがありましたら指摘いただけると幸いです。
今週中に工事の手配を掛けないといけないので大変困っています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

BTU/hに0.293をかければWになります

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む


人気Q&Aランキング