世界貿易センタービル爆破の映像を見て明日の株式市場の事が心配で眠れませんでした。もしかしたら持っている株が紙切れ同然になってしまんではないかと思い翌翌日に物凄い損をして売りました。高級車が一台買えるくらいの金額でした。
証券会社の方も売り注文が殺到していますと言っていました。損をしたのは私だけじゃないと思います。あの頃はショックで一時株取引を止めていました。
やっとこの頃冷静に損をした計算などができるようになりました。あの事件で株で損をされた方いらしたらどの位の損でどうやって立ち直ったか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>業としてと言われるのは機関投資家の方なのですか?



会社勘定で自己売買の仕事を行っているものです。私の会社は、株式委託注文の仲介も行っていますので、機関投資家とは呼べず、業者と呼ぶことが正しいと思います。

>機関投資家の方が大きく損を出してしまった場合何か責任問題が発生するものなのですか。

仕事上で損=ミスすることはどの会社でも同じだと思います。
・給与や賞与が下がる
・下手すると首になる。首にならないまでも会社で居づらくなるように閑職に異動
このようなことが考えられますし、今までそのような例に事欠きません。3月までに損を取り戻せなければそのようなことがあったでしょう。今回は上司から「首」と言われる位で済みましたから、ラッキーだったかもしれません。

>実際私が大損して売った少しあとには買値まで戻りましたし。
>ショックもありましたが自分には投資能力はないんだと思いました。

ご質問者さまだけじゃないと思います。気休め程度にしかならないかもしれませんが、今度の経験が今後の投資活動の血となり肉となると思いませんか?20~30年に一度の経験をしたのですから、今後は多少のことでは動揺しなくなったと思いませんか?一旦、怖い思いをした後に再び同じ事をするのは困難です。しかし、怖さを知らないうちは本物にはなれないと思います。私も本物になっているかどうかは判りませんが、少なくとも自分が勝負所という判断をした場合は思い切って勝負に行くことにしていますし、自信のない時は全くやりません。これは損をして始めて体得できるものだと思います。(損しないうちはそれ行けドンドンですが、これは守勢に回ると弱いですから)

ちなみに過去の損は余り計算しない方が良いと思います。良くない言葉ですが、『死んだ子の歳を数える行為』とされるもので、何ら益をもたらすものではありません。それよりも小さくとも確実に儲けられそうなことを探すことが、早く立ち直る近道だと思います。(損をした後輩にも常々このように言うようにしていますので、ご参考になれば幸いです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても心が楽になり勇気が湧いてきました。ありがとうございます。yohsshiさまは大変神経を使うお仕事をしていらっしゃるのですね。的確な判断力、強靭な精神力が必要とされるのではないかと思います。過去の質問を少し読ませて頂きましたが金融のことは全て熟知してらっしゃる!スゴイと思いました。
株を始めて半年ぐらいの時にテロで損したと同じくらいの益を出しました。でも通帳に記帳された金額を見て今度はもっと!などと欲張った気持ちを持っただけで現金には一切手をつけませんでした。単なる数字の世界でしかなかったのです。テロで利益がすっからかんになってしまいそのあとちょっとの利益を手にしてどんなに嬉しかったか。その後少しずつまた取引を始め着実に勝っています。おっしゃる通り損の計算は空しく切ないだけでした。過去は振り返りらず前進あるのみですよね

お礼日時:2002/03/18 13:57

投資をする人間は、思わぬリスクを日々背負っているとあらためて考えさせられた事件でした。



#1でこの道の先輩であるyohsshiさんがテロおような予想外の出来事は、誰にとっても条件は同じとされている所が鍵でしょう。

私が以前パニックに陥ったのは山一の倒産で、あの場合は今考えると一部の人には予想できたのかも知れません。。。

そのときは私も浮き足立ったのですが、他の証券株を全部処分する勇気もなかったし立ちすくんでいたと言うのが実感でした。

結果として底値で手放した一部の銀行証券株の分が損失になった訳で、売買の判断は即決が重要な反面先読みできない場合は

【一呼吸】入れてから動く方がよい場合もあるというように感じました。

今回の場合はみんなで渡っていた訳ですから山一の時より気が楽でしたが、プロの皆さんは売ることで凌いだと思います。

今回の出来事では9月以来の事よりも、2月7日からの押しのない上げでは、また又立ちすくんでしまい手も足も出ませんでした。

何も判らずに分かったような顔をして自分の非力さにウンザリしている毎日です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。すみません、私は山一證券破綻の頃は株式投資をしておらず思い出すのは山一のポスターが竹之内豊だったと言うことだけでした。
私もいつも思うのですが「一呼吸」おいた方がよいのか即決がよいのか?
あとの結果次第で判断してしまうのですが冷静に考えると予想することは困難なことなのだから、たとえ失敗しても結果を受け入れる事ができるかどうかが大切かなと思います。回答を頂き気持ちが明るく前向きになりました。

お礼日時:2002/03/16 10:59

業として投資を行っているものです。

その経験に基づく、助言として記載いたします。

世の中で米国テロ事件を予想していた人は、事件を起こそうとしていた人だけです。このような一部の悪人は別として、善良なる人々は予想外のことで損失いたしました。
予想外のことで損失を発生させることは良くあることです。天災によるものや事故による場合など様々なことがあります。予想外のことを懸念するのであれば全ての投資活動はできなくなってしまいます。このことからこのように予想外の出来事で損失を発生することは5年に或いは10年に1度位あるものだと考えました。業として予想外の損失を何度も経験していることもありますが、『起こってしまったことは仕方ないので今後最善と思われる策を模索しよう』というように前向きに考えるようにいたしました。
マイナス(億単位)が大きすぎて開き直るしかなかったこともありますが、当日から気合を入れて売買していきました。その後、11月にエンロン問題で再びダメージを受けましたが、年初から現在までの所で損失を取り戻すことに成功しております。

相場も勝負事ですから、負けを認めた時点が負けです。その瞬間は負けたと思いましたが、少しずつでも取り返せば何れプラスになると信じつ続けることができれば負けたことにならないと思いました。

余談ですが、私にとっては少し懸念していたことでマイナスになった時の方がダメージが大きいです。二度目はないだろうと思い、年末からY乳業を手がけていたら、1月にY食品問題が発生し大幅なマイナス(投資金額の4分の1を失いました)となりました。この時はショックを受け、諦めて全部を手仕舞いました(最悪の所で外しました)。

損をすることに関しては専門家も一般人も平等ですので、参考になればと思い記載いたしました。損することに鈍感であることが私の才能ということなのかもしれません。(尚、プラスになるまでずっと役員さんは発狂していましたので、私の周りの皆が冷静であったという訳ではありません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私は株式投資を始めてまだ1年半しか経っておらずあの事件の当時も株式に関して何の知識もありませんでした。それでも面白いように利益が出ていたため投資について甘い考えしかなく自分が損をするなんて思ってもいませんでした。私がもう少し常識があったならば当時持っていた株が紙くずになるなんて思わなかっただろうし早合点をして売りに走ることはなかったろうと思いました。実際私が大損して売った少しあとには買値まで戻りましたし。
ショックもありましたが自分には投資能力はないんだと思いました。
業としてと言われるのは機関投資家の方なのですか?よく解からないので間違っていたらお許し下さい。私を含め個人の場合は損しても自己責任ですが機関投資家の方が大きく損を出してしまった場合何か責任問題が発生するものなのですか。

お礼日時:2002/03/16 10:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄鋼株と石油関連株で損しています。

東京製鐵の株をもっていいます。高値で買って含み損をかかえていたのですが、中間決算が発表されさらにドーンと下がりました。損切りも考えていますが、発表直後で今が底かも、、なにも高値で買って、一番底(かもしれない)で売るもなんだかな~、とおもいます。買い増しも考え中です。皆様の御意見をお聞かせください。あと石油関連株ももっていますが、こちらもそろそろ損切りラインです。皆様なら損切りを考えますか?御意見を聞かせてもらえれば幸いです。

Aベストアンサー

資金効率を考えた短期売買ならば容赦なく損切りだと思います。

長期保有で良いというのならば、資源、素材関連は中国関連でも長期で上昇する可能性は高いのではないでしょうか。

短期では原油価格は調整する可能性は高いです。それにつれて昨年から高パフォーマンスを見せた石油関連株・鉄鋼関連はむしろ鉄鉱石価格の上昇や製品価格の下落から世界的に大きく調整しています。

しかし、中国の経済成長は本物で、資源・素材は今後も高騰する局面が何度も起きると考えています。私は絶対に売りません。安値で買い増して行くつもりです。

Q単元未満株1株を所持していて、株式併合して例えば2株→1株になった場合、所持している株はどうなるのですか?

単元未満株1株を所持していて、株式併合して例えば2株→1株になった場合、所持している株はどうなるのですか?

配当金や株主優待などの特典もどういう扱いになるのか御指南ください

Aベストアンサー

持ち株×0.5になります=0.5株

っのは無いので・・・・
良くあるパターンは・・お金で交付されます ので株券が無くなります

Q米国株の売買損

最近のミニバブルのおかげで、今年の(日本)株の売却益が100万くらいになりそうです。(日本の証券会社、特定口座源泉徴収なし)一方、海外証券会社の口座があり、手持ちの米国株を損切りしようかと考えています。(50万)その場合、損失は確定申告で控除されるのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問への回答
 当然、確定申告で損益通算ができます。


補足への回答
 この問題は、租税特別措置法第37条の10-8
 『外貨で表示されている株式等に係る譲渡の対価の額等の邦貨換算』
 で規定されています。

  http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/syotoku/sanrin/1273/37_10/01.htm#08

  譲渡価額
    (1)取引証券会社の「外国証券取引口座約款」をベースに
    (2)約定日(米国株の場合は約定日の翌日)の
    (3)その証券会社の主要取引金融機関、または、その証券会社がTTBを公表
      している場合は、その証券会社のTTBにより円換算

  取得価額
    (1)上記に準じてTTSで円換算

 さて、おいどんは、海外証券会社に口座を設けた経験がありませんが、
 上記の法令に準拠して、その証券会社または口座開設時に届出た銀行の
 TTB、TTSを利用すれば、問題はないと考えます。
   〔日本の法令は、海外証券会社に口座開設して取引した場合を想定していない〕
 尚、日本の大手銀行は、過去の自行提示のTTB、TTSをホーム・ページで開示しています、
 海外の銀行については詳しく知りません。
 確定申告に際し、過去のTTB、TTSに関する資料は必要ありませんが、
 ご心配なら、ホーム・ページをコピーして添付すればよいと考えます。

 ご参考
  東京三菱
    http://www.btm.co.jp/list_j/kinri/main.htm
  みずほ
    http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/information/market/historical.html



  ∧,,∧    では、では、がんばって下さい。
 ( ´^ー^)つ

ご質問への回答
 当然、確定申告で損益通算ができます。


補足への回答
 この問題は、租税特別措置法第37条の10-8
 『外貨で表示されている株式等に係る譲渡の対価の額等の邦貨換算』
 で規定されています。

  http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/syotoku/sanrin/1273/37_10/01.htm#08

  譲渡価額
    (1)取引証券会社の「外国証券取引口座約款」をベースに
    (2)約定日(米国株の場合は約定日の翌日)の
    (3)その証券会社の主要取引金融機関、または、その...続きを読む

Q株の損の繰越 

株で損をしたので損失の繰越をしたいのですが
そのためには自分の会社の収入も記載しないといけないのでしょうか?源泉徴収票をなくしていしまったのでいまさら取り直すのも大変なので
それなしで損失の繰越ができるのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

質問から察するに、会社勤めをしていて、株投資で損を出されたと考えてよいのでしょうか?
もしそうでしたら、確定申告時に給与所得の源泉徴収表は必要です。
株の譲渡所得の確定申告のときは、
* 特定口座年間取引報告書 ← 証券会社から送ってきます。 ただし、一般口座の方はご自身で計算明細書を作る必要があります。 これは、この下の株式等にかかる譲渡所得等の金額の計算明細書です。
* 株式等にかかる譲渡所得等の金額の計算明細書 ← 税務署にあります。 これを書き込んで提出します。
* 源泉徴収票
* 配当金の支払い通知書(コピー) ← もちろんその配当を支払う株式会社から送ってきます。
* 取引報告書 ← 証券会社から送っていきます。
が基本として必要です。

Q株の空売りの損切り

株の勉強中です。

信用取引の空売りを損切りしようと思って調べてたら「現渡し」というのをしりました。

これは損切りするのとどう違うんですか?

たとえば...

株価が8万円の時に空売りしてて、今10万円になった時に

・10万円で株を買って現渡しする
・そのまま損切りだけするの(これは2万円+α損するだけですよね)

ではどう違うんですか?

Aベストアンサー

ANo.2です。
ちょっと補足です。

>手元の株が無くなって現金8万円を受け取る
 
のところで、実際には「新規売り」しても8万円受け取れませんよね?
それなのに、

>手元から10万円が無くなって株を受け取る
 
のところでは実際に現金10万円で株を買う必要があります。
しかし、同時に(すぐ後に)

>株を返す

つまり「現渡し」をすると売り値である8万円を受け取れます。
(もちろん実際の受け渡しは3日後ですが)

理屈を言うと、「新規売りの売値が8万円」というのは、「○○株を8万円で売り渡す契約をした」ということなので受け取れるのは買値の10万円ではなく「8万円」になるわけです。

かえって分かりにくいですかね?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報