[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

株を始めて半年です。気が付けば、財産全額近くを投資してます。
含み損が22%(車が一台買えた位です)。一応中長期と思って10社保有ですが毎日が気になって株価のチェックをしてしまいます。出るのはため息ばかりで、それも業績で買ったのでなかった企業(6月に購入、チャートを見て買った高値掴みだったようです。)でしたので。でもこの停滞している期間があるのは逆に今後22%利益も有り得るってことなのかなと自分を慰めます。私の22%はまだまだ、軽症なほうなのでしょうか。自己責任と解って少し後悔してますが何か安心できる方法はないものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

まずはじめに、22%の損は含み損でも損は損で、それだけお金が無くなったと認識しましょう。


つぎに、元に戻る可能性と同時に更に22%下がる可能性もあるということを考えた方がいいです。

相場で必ず考えなければいけないことには、対象銘柄つまり客体のことばかりではなく、主体である自分自身のこともあります。
単に予想していただけで株を買っていなかったら、そんなに気にはならないはずです。すると何が気になるのかというとお金の増減が気になるわけですよね。
しかし増減する金額がたとえば100円ぐらいだったらそれほど気にはならないはずです。
どれぐらいの額だと気になるのか、仕事が手につかなかったりするのか、というのは個々人によって違います。10億円持ってる人でも1万円の差損益で仕事が手につかなくなる人もいるかもしれませんし、100万円しか運用資金が無くても50万円の差損益がそれほど気にならない人もいます。
この金額感みたいなものが、自分自身にとっての資金的な許容範囲です。
その範囲で資金が増減するように取引額を調整したり、損切りを入れたりするんです。
このことをマネーマネジメントといいます。

まずは、無くなってもいい最大損失許容額というものを決めた方がいいです。
最大損失許容額というのは、いつかは戻ってくるお金じゃなくて、永遠に戻ってこない金額と考えてください。その損失が発生することに対する覚悟というものが、はじめに必要なんです。

もし最大許容損失額を超えた損失が発生してるのなら、すぐに損切りですね。将来の展望なんていうのは関係ありません。
主体に関する条件と客体に関する条件は、どちらもが絶対条件なんです。上がると思わない株なんて買うもんじゃない、ということと同じように、許容損失額を超えるストップロスというのはあってはいけません。

損失の覚悟を決めさえすれば、その範囲で損が出ててもそれほど不安では無いでしょう。悲観を極めれば楽観に至るのです。

許容損失額の範囲だったら、いつかは戻るさと自分を慰めても、まあ、絶対ダメというわけではありません。
でも本当は、客体の検証は主観が入ってないときにやるべきです。ポジションを持ってるときにはどうしたって情報を見るのに欲目が入ります。
ぼくにいわせれば、全ての銘柄についてあらゆる瞬間に買う材料も売る材料もありますから、その中で買ってるんだったら買う材料に目が行ってしまう。けっきょく検証してるんじゃなくて慰めを求めてるってことになり勝ちです。ぼく自身がそうです。

本当は、相場を始めようとする時点で全体計画みたいなものが必要なんです。
何か買うときは、どこまで下がらないと思うか、ということを考えないといけません。

たとえばOKウェイブ3808が、いま12万5千円ぐらいですけど、7万6千円までは下がらないというのでもいいし、9万7千9百円まで下がらないというのでもかまいません。
もし7万6千円まで下がらないと思うんだったら、7万6千円で損切りです。
それで5万円ぐらいの損が出るわけですけど、自分自身の最大損失許容額が例えば100万円だとしたら、その1/10ぐらいが1銘柄で許容できる損失額としていいところですから、2株ぐらい買ってもいいってことになります。

そういう計画をちゃんとしていても、買った株が下がると気分は悪いですけど、少なくとも、どうしましょう・・みたいな取り止めも無いご質問をなさるようなことにはなりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おっしゃるとおり、ごもっともです。とりあえず今はじっと辛抱します。ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/22 22:50

はじめてここ半年で「含み損22%」は、立派です。


ここ最近の大きな下げ相場でその実績はたいした物だと思います。
株取引に向いているのかも知れませんね。
私などは初めて十数年ですが含み損の範囲は、実にプラマイ50%を往復していますよ。(^_^)

特にNo4様の回答は、私にとって、とても参考になります。
ここを読ませて頂くようになってから少しづつ勝率が上がってます。
皆さんに感謝してます。
回答でなくて済みません。ペコリ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん励ましになりました。有難うございます。

お礼日時:2006/10/22 22:42

自分は今年の6月に株、始めました。


仕事が忙しいのであまり勉強はしていませんし、とても難しい相場の時期に始めたので自分もそれなりに負けています。
一応、余裕資金内で今は約300万の投資で7銘柄保有しています。 たまに気が重くなるときもありますが、長期保有覚悟でほっておけばそのうち上がるだろうと結構、楽観視していますね。
とにかく自分が買う銘柄は東証1部の比較的、業績の良いのを買っています。(それでも上値を追って負けていますが) まだ、株取引を辞めないつもりならこれも良い相場の勉強だと思えば良いのでは?まぁ、気を楽にしてお互いがんばりましょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

がんばります。お返事有難うございます。

お礼日時:2006/10/22 22:43

2割ぐらい、2日寝てたら元に戻るって。

^○^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。しっかりがんばります。

お礼日時:2006/10/22 22:44

22%で車が買えるということは、財産はまずまず。

HNからいってもまだ若そうですし、根本的な金づくりの才覚は十分。ここの実績が一番大切で、あなたは基本的に金を扱える人です。ここに自信を持ちましょう!
半年前からで、値下がりが22%なら保有銘柄の選定もまずまず。企業に自信がもてなくなった銘柄は再考し、相場に自信が持てなくなっているだけで企業への信頼感はまだある銘柄はとりあえずホールドというのも一つの手です。
全財産を突っ込んだということは、たぶん長期保有銘柄のナンピン連発が原因と思います。(違ったらすみません)
この経過を冷静に分析しならたどっていくといい勉強になります。
あなたの財産の増加具合から行くと、これからは株との付き合いは必須の時代になると思います。けっして高い授業料にはならないと思いますよ。
(追記)
これと同じアドバイスは自分にも適用可能です(^^;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんか、褒めていただいていい気になりました。たいへん有難うございました。

お礼日時:2006/10/22 22:45

>軽症なほうなのでしょうか。

自己責任と解って少し後悔してますが何か安心できる方法はないものでしょうか。

長年株取引をやってきました。
ある銘柄を286円で入りましてね、それからの下げにひたすら買ったことがあります。歳も若かったですから。

88円まできたとき何にもなくなって残ったのは百万株以上の株券だけ
です。
しかたがないので証券会社に株券を持ってこさせて、水を飲んで寝てましたよ、株券にタオルを巻いてまくらにして。

それから一ヶ月ほどは、まだ下げ続けて「また一からやるか、人生止めるか」一度だけありますねエ。

その夜を境に上がり始めましたよ。
それからは賢くなったのか臆病になったのか無茶はしなくなりました。

22%の評価損ですか。「まあまあ」ですね。
私よりははるかに腕が良いですから安心してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はそうです、無茶でしたね。アドバイス有難うございました。

お礼日時:2006/10/22 22:46

安心できる投資手法かどうかは、客観的に判断してもらって構いませんが、私の場合、市場の暴落時に、集中的に短期投資を行っています。


今月の場合、新興市場が年初来安値を一時更新しましたが、それまではずっと現金を寝かせていました。
暴落時というのは、下げのスピードが加速しているので、買った後、すぐに含み損を抱えるケースがほとんどなので、数回にわけて、投資をしています。
銘柄選びも、新興市場ならオーソドックスな銘柄(楽天、イー・トレード等)に限定して投資をします。
この手法は、ハゲタカなどと呼ばれますが、短期的に株価の最も安いところを狙って買う手法なので、利幅も大きく取れます。
しかも、全体相場の下落時でも通用するので、年間を通して、安定した利益が稼げると思います。
ただ、相場観を養っていかないと、中途半端なところで買ってしまう事もあるので、何度かトライしてみるといいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的なご回答たいへんありがたく思いました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/10/22 22:48

こういうときは、ドラスティックな意見がでがちだと思いますので、私からは、できそうで具体的な方法を。


まず、三社だけ残して、後は切ります。その三社は、ファンダメンタルズがいいこと、25日線が上を向いていること、新興市場はいれないか、1社ぐらいにしておきます。
この三社の動きを注意深く見守ります。七社を処分した資金は、ここぞというときに投入します。ここぞというのは、めったにあるものではありません。3ヶ月に1回ぐらいのものです。資金を投入しても、キャッシュポジションは、資金の三分の一は確保するように利確してください。判断が正しければ、マイナスが減っていくでしょう。

よくいわれることは、
損切りは、すばやく。
株式投資は、当面必要としない資金を運用すること。
目はふたつ、ウォッチできるのは、2社か3社。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強不足を反省してます。あなたのようにしっかりした手法を今後参考します。

お礼日時:2006/10/22 22:55

私の 投資の 基本姿勢は 買値の 3%で 損切りを 設定します。

もっとも この手前でも 切ります。
計算すると 3%の 損切りが 一番 良いし 後の 資金も 減り具合も 少なくて済みます。
投資に当たっては 利益確定や 損切りの 設定ポイントを 設けておきます。
設定ポイントまで 来たら 問答無用で 決済をします。 頭と尻尾をくれてやれ ・・です。
それと 大きな 資金の 流れを 知る事が 重要です。 コレで 相場が 大きく 振られる 場合が 多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたね。『3%はまだ早いかな?』が私のいけなかったところです。有難うございました。

お礼日時:2006/10/22 22:57

初心者の典型的なパターンですね。


>軽症なほうなのでしょうか
微妙ですね・・・
トレーディングの場合は損きりは
総投資額の6%までにすれば破産する確率が押さえられると聞いています。
3銘柄持てば、1トレードにつき2%までです。
中長期の場合でも5%下がれば要注意、切ってもよし
10%下がったら有無をいわせず切る!だそうです。
でも退場してないんで
ツイてるなあ!!ってことでしょうね!

>何か安心できる方法はないものでしょうか
損きりして休むことですね。
1年半ほど・・・
そしたら2年で20%のマイナスなので
まあちょっと下手かなぐらいのレベルになりましょうか。
その間に兼業なら資金も蓄えて
勉強や訓練も積んで改めて出なおすのがいいと思います。
ご縁があればどうぞ・・・
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4496016540/sr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご本の紹介まで有難うございました。がんばります。

お礼日時:2006/10/22 22:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式投資の利益率 何%稼げれば好成績でしょうか

人それぞれのお考えだと思いますが、お伺いいたします。
個人で株式投資を行っていて、年間の利益率がどれくらい行けば好成績と言えるんでしょうか?

2.000万円程の余剰資金が手元に有ります。
当初、投資信託で運用を検討致しましたが、リスクのわりに見返りが無いようで、株式投資を検討してみようと思います。

冒険せずに、有る程度どんな商売をしているのが分かる国内の一流企業の株のみで、分散させて運用してみようと思います。
ご意見いただければ有難いです。

Aベストアンサー

株式投資はリスクがあるので、年間の利益率が15~20%ぐらい
あれば好成績かと思います。
10%以下の目標ではリスクに見合うリターンとは
言えないと思っています。

投資信託をやめたのは良い選択ですが、2000万円の資金を
全て使って株投資するのは危険性が高いです。
しばらくは少ない資金で投資し、自分の投資スタイルを確立してから
本格的に始めた方が良い気がします。

国内の一流株の分散投資は良い考えですが、それでもタイミングを
間違うと利益が出ません。
そのタイミングをつかむ為にも、小額がら投資を始める事をお勧めします。

Q株で儲かっている人が1割で9割は損をする理由(どうして50%ではないのですか?)

ネットで株をはじめて7年くらいになります。
株は上がるか下がるか、1/2の確立ですよね?
デイトレーダーやネットで株取引する人がどうして9割が負け、勝てるのは1割の人になるのか、どうしてもわかりません。
私の周りにいる人も実際9割くらいの人が負けています。
証券会社に勤めていた友人も「前にディーラーやっていて、手数料なしで売買してたけど、10人いたら9人まマイナス出すよ」と言っていました。
インサイダー情報とかで儲かる人がいるのはわかりますが、自分が買った株が上がるか下がるかは50%ですのでそれとは別だと思います。
本に書いてあるとおり「10パーセント下落で損きり」などの決まりを守ってもどうもプラスになりません。
数学的にでも、精神的にでもかまいません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>目を閉じて銘柄を選びます。
>コインを投げて表が出れば上がる、裏が出れば下がる。
>30日後に必ず売る

数学的確率論ですか?今の下落相場でも45%はプラスですね。
でも個人投資家はそんな風に銘柄を選択しません。
3ヶ月前、この一年の平均の半額に下がった銘柄・小型株が人気です。
そういうものの7割がたが、さらに3割以上も下げています。

7割でも普通は数社に分散投資するので、合計で9割がマイナスに
なるというわけです。

個人投資家はなぜ9割が損をするかというのは、機関投資家が
儲けてしまうからと説明したつもりでしたが。

Qスイングトレードの利食いと損切りライン

自分は夜だけ売り買いの注文をするスイングトレードをしてます。

コツコツ買っても損切る時は、1回勝つときの倍以上は負けてます。

勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

Aベストアンサー

# 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。
利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。


# みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

何%という設定のしかたは間違いだと思います。
「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。

「主体事由」は自分自身の運用資金についての事由です。
簡単に言うと、最大損失許容額と1回の取引での損失許容額です。最大損失許容額が100万円なら1回の取引での損失許容額は大きくても10万円程度。
値幅でいうと、1000円の株を1000株買うなら、100円幅が最大損失許容値幅になります。

「客体事由」は相場それ自体の事由です。相場観だとかテクニカルポイントとかいろんなものがあります。
たとえばトレンド形成している銘柄を買う場合に、前回の安値をロスカットポイントにするといった場合に、それが20%下ということもあれば5%下ということもあると思います。
簡単に考えたいなら、買う場合なら「ここまでは下がらないと思う」というレベルを損切りレベルにすればいいです。「ここまでは下がって欲しくない」というレベルを考えては絶対にいけません。
画一的に何%という決め方が絶対にダメとは言いませんが、少なくとも画一的に何%という決め方が有効なストラテジーが無いなら、意味はありません。
つまり意味がある損切りポイントを探さないといけないんです。
意味のあるエントリーのポイント、意味のある損切りのポイント、意味のある利食いのポイント、そのトータルで傾向的に利益になるストラテジーを考えないといけません。
客体事由は主体事由と無関係に考えなければいけません。
主体事由として10万円が損切り額だから5%にするとか10%にする、といった考え方は基本的に間違いです。
客体の特徴として確率的に5%下がることが少ないという傾向があるなら、それは正しい設定です。しかし一概に全ての銘柄、あらゆるトレード条件で、何%がいいといった傾向なんてのは絶対にありません。

まず客体事由からロスカットのレベルを考える。
そして主体事由を組み合わせます。たとえば30円下が損切りポイントで1回あたりの損失許容額が10万円なら、3300株買っていい。200円下が損切りポイントであれば500株しか買えない。
ところでもしこれが取引単位が1000株の銘柄だったら、最低単位の取引でも20万円の損切りになってしまいます。こういうときはどうするか。主体事由を曲げて20万円にする、というのは間違いです。500円で損切りするというのも間違い。
こういうときはいくら上がりそうでも買ってはいけません。100円下がったところで差値するしか無い。もし下がらずに上がるようなら諦めるしかありません。主体事由も客体事由も独立して絶対条件であり、双方の条件を満たすときしか取引をしてはいけません。

主体事由が絶対条件である理由は、破綻リスクの回避です。
たとえば最大損失許容額が100万円であるときに、1回の取引での損失許容額を30万円に設定したとすると、勝率70%の非常に優秀なストラテジーがあったとしても、運悪く2連敗する確率が9%もある。運悪く初回に60万円も負けてしまうと、運用規模が維持できなくなります。40万円の株を買って60万円儲けるのは120%の収益ですからとてもタイヘン。
10万円づつなら運悪く3連敗しても70万円ありますから、なんとか運用規模は維持できます。
主体事由としての1回のあたりの損失許容額は、できれば運用資金額の1/20ぐらいがいいです。期待収益額とのトレードオフになりますが、かなり安定すると思います。

# 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。
利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。


# みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

何%という設定のしかたは間違いだと思います。
「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。

「主体事由...続きを読む

Q朝一の気配値の変化について(初心者です)

すみません、素人に分かるように教えていただけますでしょうか。
保有株の気配値をスタート前に見てみると、昨日の終値より大幅に上昇していました。興奮して現在値よりやや高めでソッコー売り注文を出したのですが、9:00になって時点で一気に値が下がりだしました。その後気配値を見ていても全然売買が始まらず、数分後にやっと出来高が表示されたと時には、昨日の終値と殆ど変わらない株価になっていました。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
・スタート前の株価の大幅な上昇とスタート直後(前?)の大幅な下落
・売買が9:00すぐに始まらない

Aベストアンサー

毎朝恒例のお約束みたいなものです~。

たいてい毎朝、どの株もそうなりますよ(低位株人気のないところはあまり感じなかも)
慣れてくるとまぁいつものことねぇ~と思えるようになりますが、個人でもそうですが、注文を出すには裏づけのかえるお金が口座にないとダメなのはどこも同じなはずですから、私は機関投資家なり大口なりが遊んで特に個人投資家、それも初心者をあわてふためさせて撹乱という惑わしているんだと思います。

場が始まる前に出す注文は大量に出そうが高値で出そうが自由。出したのを引っ込めるのも自由。
場が始まればウキウキ気分のお人よし高値注文を置いてきぼりにして前日比と変わらないところを落としどころにする・・などイロイロしてくれます。

ただ、材料が出て本当に注文が殺到していることもあれば前日NYなどがぶっ飛んだ影響で多くが特買い注文で始まったりする日もあるので経験で見極めます。

また初心者ということでSQについて知識を得ましょう、相場の見方がまた変わってきますし、そのSQが絡んでくると思惑の掛け合いでもっとすごい日もありますよ。

どうぞ惑わされないよう・・へぇー毎朝、毎朝相変わらず醜いことやってるんだぁ・・くらいに。

>・売買が9:00すぐに始まらない
これに関しては売りか買いのどちらかに特別気配でもつかない限り板寄せが終了したら値動きがあるはずですが・・?

毎朝恒例のお約束みたいなものです~。

たいてい毎朝、どの株もそうなりますよ(低位株人気のないところはあまり感じなかも)
慣れてくるとまぁいつものことねぇ~と思えるようになりますが、個人でもそうですが、注文を出すには裏づけのかえるお金が口座にないとダメなのはどこも同じなはずですから、私は機関投資家なり大口なりが遊んで特に個人投資家、それも初心者をあわてふためさせて撹乱という惑わしているんだと思います。

場が始まる前に出す注文は大量に出そうが高値で出そうが自由。出したのを引...続きを読む

Q株を買うと何故下がるのでしょうか?

株式取引初心者の者です。最近取引していて疑問に感じるのですが、株を購入直後にいつも、誰かに見られているような感じで必ず、下がるのですがこれは何故でしょうか?本当に誰かに見られているような感じで、買った後に下がります。板?とかを誰かがチェックしているのでしょうか?すみませんどなかかおわかりになる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ。

もしかして、移動平均線を使いゴールデンクロス買い・デッドクロス売り、またはボリンジャーバンドで平均マイナス2シグマ買い・平均プラス2シグマ売り、または遅行線が雲に突入したらウンヌン、等々をしていますか?もしそうなら、貴方の「誰かに見られている」と感じるのは自然です。貴方が感じている謎は、大抵の人が初期に感じるモノです。でも見方を変えれば直ぐに解決しますよ。

米国株式市場では、動いているお金の9割が期間投資家の金です。素人の金は1割くらいです。また日本市場では、7割くらいが海外からのお金です。海外からの素人ではなく、海外の機関投資家です。ようするに、100人のトレーダーのうち、90人はプロという事になります。

貴方は当然に上がる株を買おうとします。「この株、上がるんじゃないかな?」と思い、オンラインで買い注文を出します。すると買いボタンを押して1秒後には買いが完了します。何処かの誰かから貴方が買うということは、何処かの誰かは貴方に売っているわけです。貴方の取引相手は、常に貴方とは反対の行動をしています。貴方が買うとき、相手は売っています。つまり、貴方が上がると思って買う株を、相手は下がると思って売っているのです。

その相手が誰かは知り得ませんが、トレーダーの9割はプロなのですから、貴方の取引相手も9割の確率でプロでしょう。プロが貴方とは反対の事を考えているということになります。素人がゴールデンクロスで買いに入る事をプロは知っていますので、彼らは売りを仕掛ける。ニーチェは「底知れぬ無知の深遠を覗き込むとき、その深遠もまた貴方を見つめている」と言いますが、将に「貴方がチャートを覗き込むときに、プロは貴方の行為を見つめている」のです。ウォーレンバフェット氏は「ゲームが始まって15分が経つのにカモが見つからない時は、おそらく貴方がカモなのだ」と言っていますが、チャートを使う限り貴方はカモかも。

テクニカル指標は使えない。これが結論です。

こんにちわ。

もしかして、移動平均線を使いゴールデンクロス買い・デッドクロス売り、またはボリンジャーバンドで平均マイナス2シグマ買い・平均プラス2シグマ売り、または遅行線が雲に突入したらウンヌン、等々をしていますか?もしそうなら、貴方の「誰かに見られている」と感じるのは自然です。貴方が感じている謎は、大抵の人が初期に感じるモノです。でも見方を変えれば直ぐに解決しますよ。

米国株式市場では、動いているお金の9割が期間投資家の金です。素人の金は1割くらいです。また日本市場では、7割...続きを読む

Q「権利落ち日=売り」で大丈夫ですか?

株の初心者です。
どの銘柄でも、概して、権利落ち日の後、数日の間(翌日だけの場合もあるかもですが)は必ず結構な値下がりをすると捉えて、権利落ち日に一旦売りに出すというパターンで行動して大丈夫でしょうか?
2月末権利確定の株(10万円未満)を保有しています。権利確定日が25日、権利落ち日が26日だと思います。中長期的には上がり続けている銘柄なので、売りに出すべきか検討しています。過去3年くらいのデータを見ると、やはり権利落ち日以降数日間下がっています。

Aベストアンサー

その銘柄を保有されている理由は何でしょうか。配当や優待を得たいと言うのであれば、権利落ち日に売却と言う事になりますが、得た配当以上に値下がりする可能性もあります。
すでに利益が出ているなら権利日を待たずに売却し、権利落ちで安くなったときに買い戻すのが賢明かと思います。
もしこの銘柄を長期保有したいのであれば、権利落ちしても手放さずに持ち続けてもいいのでは。
10万円未満と言うことですから、権利落ちしても値下がり幅はわずかだと思いますので。昨日権利落ちした「しまむら」や「セブン&アイ」などは、大きく値を上げています。日経平均があれだけ上昇すると、権利落ちも何も関係無く上がります。
手放したいなら権利落ち前に、長期保有なら権利は取らずに売却し、権利落ちで買い戻すか、売らずに持ち続けてはどうでしょうか。

Q聞かせて下さい!株で大損した(>_<)大失敗話(~_~;)

私は最近、ネットで株をはじめたばかりの初心者です!

色々なところで自分なりに株の勉強をしていますが、本やネットでも失敗しない方法や儲かる方法など当たり前ですがプラスの話が多いので今回は是非、大損体験した方にお聞きしたいです!

「もう2度と株には手を出さない!」「こんなに大損した~」「家族がこんな大失敗をして大変な事になった…」などなど実際に株で大損した体験談をお話して頂けませんか?
リアルである事、ある事、ありのままに出来れば詳しく教えて下さい。

今回はとにかく大失敗を体験した方のお話が聞きたいです。思い出したくないとは思いますがどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんんちは。
株歴は長くて15年です。
それほど頻繁に売買してないのですが、利益が出るときもあれば、損する事もあるので、全体で損益がわからなくなってしまいがちでした。
損の合計、利益の合計を出したところ、結局損でした。
利益の出た取引が36件160万の対し、損を出した取引は、10件230万。
つまり、損きりが下手なのですね。
件数は少なくても金額が大きい。
その上、少し上がると売ってしまう。
件数多くても金額が少ない。
株向きの性格じゃなかったのかな~。
今は株をお休みして、国債を買ってしまいました。

Q株で儲かっている人ってどのくらいいるの?

最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう?

ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。


ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。


だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。

また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。

Aベストアンサー

デイトレを煽るような本がたくさん出ていますが、それは確かに証券会社の宣伝活動と結びついていると思います。デイトレで儲かるのはよほどの才能がある人だけかなーって思います。

でも、優良会社が何らかの理由で安くなっている時に買ってしばらく辛抱して持っていれば儲かります。スズキショックの時のスズキを拾って1年半くらい持ってましたが、中級の新車1台分くらい儲かりました。
反日デモの時、拾った銘柄もいい儲けになりました。

株投資歴3年目のど素人です。一応、ファンダメンタルとテクニカルは
見ています。

QPTS株価って翌日の始値に影響があるの??

株初心者で分からないんですが、「PTS株価」って翌日9:00の始値に影響あるんですか?
現在PTS株価見たら、ある銘柄が値上がりしています。(東芝ですが・・・)

前日終値と始値が違うのはPTS株価が理由なんですか? それとも???

Aベストアンサー

PTSと日中売買は切り離されています。
PTSでも日中でも同じように売買できますが、PTS価格が日中価格に反映されるということはありません。
したがってPTS価格は参考程度にしかなりません。
まあ、動向を見る程度ですね。
前日価格と始値が違うのはPTSは何も関係ありません。
前日の何らかの材料やNYの動向を見て上がると思って買い注文が多いとギャップアップして始まるし、逆に下がると思って売り注文が多いとギャップダウンします。

Q株超超初心者です。ストップ高の株の買い方?

買いたい株がストップ高の場合はあまり買わないほうがいいのでしょうか?
買うとすれば下がるのを待ったほうがいいですか?

希望の買値で買い注文をしていればその値に下がったとき買えるのですか?

やさしいアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ストップ高を買って、翌日売ろうという投資法があるそうです。勢いに乗るということでしょう。選択眼は必要です。

色々な面(これくらいで買いたい、予算など)希望価格があるなら、その価格で指値しておくことです。ただし、その指値は、前日終値からストップ高・ストップ安の範囲にしなければなりません。
下がってくれば、買える可能性はあります。指値注文の一般論としては、約定しないこともあります。


人気Q&Aランキング