会社の目的って利潤の追求なんですか?
これは方法であって目的ではないと思うのですが、どうですか?
日本の経済学ではこうでも、海外の方ではどう解釈されているのですか?

そもそも、私も勘違いかなんかだったら指摘して下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

資本主義のもとにあって、会社の目的とはといわれれば「利潤の追求」です。


資本主義の国ならばどこでもそうです。
社会主義の国では、こういうはずではありませんでしたが。最近の中国は怪しいです。

ところで、ドラッガーという有名なアメリカの経営学者がいます。もう、1970年頃には今のような、情報化社会がやてくると主唱していた人です。
そのドラッガーが最近ゆうには、「会社の目的は利潤の追求だけれども、もっと根本的に大事なことは、会社は存続することが目的である。」というのです。なるほど、会社は存続しなければ、仕入先、取引先、消費者に迷惑がかかります。そして、会社が存続することは、会社自身にとっても、取引先、消費者にとっても、利益になることです。もしかすると、あと十数年後には、ドラッガーの予言したように、存続することが会社の目的になるかもしれません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ドラッガーの言葉、結構いいヒントです。ありがとうございます。
もしご存知でしたら、ドラッガーについてもう少しよく教えて下さい。
こちらもこちらでいろいろ当たってみますけど。

お礼日時:2002/03/21 00:51

みなさんのご意見を拝読しましたが、実に参考になる


内容ばかりで敬服しました。私も年数だけは長く会社勤めを
していますが、会社が存続しなくては大変困ります。
私は「利潤の追求」は第1次的な企業の目的だと思います。

企業は「継続して存続し、且つ発展すること」が大切であり、
社会的な制度はそれを前提に作られているように思います。
これをゴーイング・コンサーンといいます。
では企業が永年に渡り存続する為に何が一番大切かと言うと、
それは利潤(単年度利益、内部留保など)だと思います。
利潤(利益)を計上できない会社は赤字決算となり、
これが毎期続くと倒産します。

では、なぜ企業は倒産するより存続する方が良いのでしょうか。
私は以下のように考えます。
1.企業の雇用が安定し増大すれば、社員の所得も安定・増大して
  支出も安定・増加して国の経済も安定し、成長する
2.利益を計上した企業は、国、地方に納税するので、国、地方の
  歳入が安定して社会基盤などへの投資も可能となり国が豊かになる
3.その結果、安定した歳入を前提としている社会的制度が安定して
  国民に対して継続して行政サービスが継続される。
4.社会的な発明、発見が企業を通じて起こるのが日本の現状ですが、
  それらが現在の日本社会への貢献度は非常に大きいと思います。

一方、法人としての企業は社会的には個人と同様に法を守ることが
当然の義務ですが、この点では、過去の公害禍や薬害禍、詐欺商法や
マルチなど、法を逸脱する企業が数多くありました。
今後もこうした企業はなくならないと思います。これまでは
このような「悪い」企業は、国が主に監視していたのですが、
最近は株式市場や債券市場などの金融市場がその役目をするように
なってきました。また持ち合い株主のほかに純粋に投資を目的とした
株主からも厳しい目でチェックされるようにもなってきました。
このような社会的な変化は、資本主義の成長だと思います。

私たちの社会は「個人と法人」で成り立っており国を支える歳入の源泉は
その個人と法人の「納税」で成り立っています。
個人としては、お給料が上がり、いい暮しをしたいという欲求も
当然ですが、所得が上がれば税金も上がり、それが社会的貢献に
なっています。法人もこの点では同じだと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 体験談のようなところからのご意見ありがとうございます。私も似たような考えです。
 健全な企業の発展はその活動地域の成長と安定に貢献する。それが企業の持つ役割の側面だと思っています。社会的制度はそのことを前提として作られているようです。

お礼日時:2002/03/27 22:45

 大分遅くなってしまいましたが、まだ間に合うでしょうか?


 会社の目的が、【存続】というご意見に賛成します。

 青臭い議論と一蹴されてしまうかも知れませんが、企業は様々な社会の構成要素との関わりの上で成立しているという基本に則って考えれば、そうしたステークホルダーからの支持を得つづけることが必要となり、利潤の最大化のみが目的といってしまうと、こうした条件に矛盾するのではないでしょうか。
 無論、企業の所有者であるところの【株主】の利益の確保は重要な要素ではありますが、同様に、利益の源泉である【顧客】から必要とされ続けること、そこで働く【社員】が働きつづけたいと思う環境を確保すること、企業活動を行う【社会】からも顧客同様に必要とされることも、利潤の追求と同等に考慮されるべき事項であると思います。
 企業は単に利潤の集積機能だけを担っているのではなく、利益を社会に再分配する機能をも兼ね備えていると考えれば、むしろ利益の追求はその手段のひとつに過ぎず、その存続こそが目的と成り得るのではないかと思います。

長々と書き綴ってしまいすいません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 お礼が遅くなりました。
 ずいぶんと長く考えてみましたが、会社の機能のひとつに利益を社会に再配分することがあるのを軽く見ていたようです。
 会社の支持者たる「株主」「顧客」「従業員」に必要とされることが存続の理由であり、設立における高貴な目的とともに、重要視されなければならないことであるかと思います。会社の目的が存続にあるかどうかは別として、そのことが社会的に必要とされる企業の象徴であるようです。
 利潤の最大化が目的といわれるのはおそらく何らかの単一的な視点から見た場合に限られるものであり、考えるには、会社でも、また、株主・顧客・従業員のいずれでもない第三者から見た場合の統計的な尺度ではないかと感じられます。
 まだ、はっきりとしたものは見えていませんが、今はそんな風に考えています。

お礼日時:2002/03/27 22:18

「働く目的って、給料の追求なんですか?」と聞かれたらどう答えますか? まあ、たいてい給料も追求するでしょうが、「目的」は人それぞれだと思います。

仕事が好きな人、世の中の役に立ちたい人、お客さんの喜ぶ顔が見たい人、など。会社も同様、そもそも会社を設立するのは、必ずしも利潤の追求が目的ではないはずです。すなわちご質問への回答は、「場合によりけり」となります。

しかしそれはそうとして、形式的・法律的には、利潤の追求が目的といっても良いと思います。経営者(ここでは株式会社に限ります)は株主に対し責任がありますが、通常の場合株主は株価の向上を願うので、経営者は株価の向上を目的として経営を行わなければなりません。さもなければ経営者の地位を追われてしまいます。もしあなたが利益の全額をユニセフに寄付したら、あなたにとっての目的は達成できても、株主から見れば背任行為であるので、あなたは、株主に訴えられたら裁判で負けてしまいます。
これは基本的には、日本・世界、どこでも共通です。

結局、株主が満足するのであれば利益ばっかり追求する必要もないのですが、普通はどんな高尚な目的があっても、利益が出なければ持続できないですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高尚な目的があったときは、利益を出すことが持続の条件になるわけですか。なんとなくよくわかります。この辺に答えがありそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 11:35

おそらく学生さんの質問かと思いますが、少々議論が青臭いです。


ビジネスの現場はもっとシビアですよ。

>では、株式制度以前にも利潤の追求が目的であったなら、会社は利潤追求に
>よって何らかの利点があるはずです。

利潤追求が目的であるとしたら、それがそのまま利点です。
その原点は「物欲」と「金儲け」
人間の物欲が組織化されたのが、会社の原点かと思います。


>しかも、株式化してもその利点は消滅しない。その辺に矛盾を感じるのです。

株式というのはですね、ビジネスをする元手を集めるための手段なんです。
そして株を買う方も、株で元手を集めて仕事をする方も利潤追求が目的で
あった場合、会社の経営者は株で元手を集めて金儲けします。そして利益の
一部を配当という形で株主に還元します。
株主も会社の経営者もどちらも金儲けできて喜びます。何も矛盾がないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

物欲が原点ですか。では、物欲が続くことが会社の存続に影響を与えるわけですね。少し、ヒントになりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/21 11:30

 会社とは、営利を目的とする社団で、福祉を目的とするものは福祉法人、学校を目的とするものは学校法人、医療を目的とするものは医療法人と、そもそもの目的に従い形成されているものといえます。

会社の目的には、狭義には、不動産業の経営、自動車の販売、などと細分化されていきますが、いずれにしても、直接的な目的は、資本を投下しそこから利潤を得て、配当金を出したり資本を増加させていくなりでなければならないと思います。
 もともと、会社の発生は、19世紀だったか、イギリスだかどこだかで、商人が登場し、これが発展して出資する人と経営する人とが、それぞれの境遇に応じて別々な社会的役割を果たすことにより、資本が集まり、経営が成立するようなシステムとして展開してきたものと勉強しました。いわゆる資本と経営の分離というヤツです。
 ところが、日本では高度成長期以降昭和40年代まで、その波にのった個人事業者らが節税のために「法人成り」というのに走り、会社という法人格が違った角度で表れるようになり、当時は税務署との間で随分紛争があったようです。
 話がややそれてきましたのでこの辺でやめときます^^。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか違った視点からありがとうございます。

お礼日時:2002/03/21 00:46

 一般的には会社の目的は利潤の追求だとおもいます。


そもそも会社は誰のものかというと、株主のものです。で、株主はなぜ会社の株を買うかというと、配当金や株の値上がりによる利益を得たいから株を買うのです。会社の持ち主が利潤を目的にしている以上、会社の目的は利潤と考えるのが妥当でしょう。
 ただし、中には例外もあると思います。創業者がたくさんの株を持っていた場合、会社の目的は「創業者の夢の実現」となります。もちろん創業者の夢がお金持ちになることでしたら、会社の目的は利潤の追求ということになります。ソニーが創業した当時の目的は国の復興の役に立つことだったそうです。また、松下電器創業者の松下幸之助さんは、水道の蛇口から水が出るのと同じくらい当たり前に庶民が電化製品を使うことが出来るようにすることを夢見ていたそうです。

 総合すると、会社の目的は会社の持ち主の意志を達成することと言えるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

創業者の夢の実現が目的というのは分かり易いです。
ただ、会社と株式の関係が疑問になります。会社の概念よりも株式の概念が後に出てきたはずなのに、株式が会社を支配している。もしこの関係が自然の成り行きでできたのなら会社にはそもそも利潤の追求という概念が占めていたことになります。
では、株式制度以前にも利潤の追求が目的であったなら、会社は利潤追求によって何らかの利点があるはずです。しかも、株式化してもその利点は消滅しない。その辺に矛盾を感じるのです。

お礼日時:2002/03/21 00:44

方法は利潤の追求でなくて


各会社それぞれの「営業行動、生産活動、経営方針」だと思うんですが。

もし利潤の追求が方法なら、それを行うことによって
どういう目的が達成されるのか?と考えるとどうも不自然さを感じます。
まさか社員のよりよい暮らしを得るため、なんて偽善者のような答えが
企業から出てくるとは到底思えませんし。

経済学というより自分内の常識に基づいた答えですみません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

少しヒントになりました。
ありがとうございます。
ただ、会社が存在することの意義がいまひとつよくわからないのです。

お礼日時:2002/03/21 00:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q企業の目的は利潤の追求?

企業の目的は利潤の追求と言いますよね。
そして、それを大上段に掲げて堂々と発言する経営者もいます。
違法でなければ「利潤の追求のため」で許される現状。

本当に利潤の追求が目的でいいんでしょうか。
一昔前の日本の資本主義は「利潤の追求」よりも
社会貢献、労働者の生活、他の会社との共存共栄
などの価値観で成り立っていたような気もします。

みなさんどう思いますか?
ちなみに企業の目的は利潤の追求とは
暗黙のうちに「正しいこと」と思われていますが
本当に正しいのでしょうか。
お互いに利潤を追求し、切磋琢磨することで
社会が発展すると言う視点は
社会がより良くなるとは必ずしも一致しないような気がします。

Aベストアンサー

> 企業の目的は利潤の追求と言いますよね。

これは明らかに間違いです。そういう企業があるというのと、企業全体が必ずそういう目的だというのは、まったく違う命題です。人の生きる目的は食べることだ、と言っているのに近い。

企業が約束を守る相手はいくつかあります。経営陣、従業員、株主、購買相手、債務相手、顧客 です。それに加えて地域社会を挙げる企業も増えています。
企業の一部、株式市場に上場している企業の多くで、株主をクローズアップする経営者が一時、増えました。日本ではこの企業文化はもともと存在せず、資金を得る手段としての銀行が機能しなくなったバブル崩壊後以降、資金調達を社債、増資にシフトした結果、株主利益を最大化する経営がもてはやされた結果です。そういう経営者や経営陣は、出身や信仰している経営理論がほぼ同じなので、ご質問者さんが調べられた方が面白いと思いますよ。ここ数年、その出身者、経営理論の破綻に関する記事がビジネス書の流行りですし。
でも、もともと日本の企業の多くは、企業の存在意義自身に別のものを挙げている企業がとても多いです。こういうのを収集したサイトや本もあるので見ると面白いですよ。

俗にいう松下イズムは、先に挙げた中で、顧客最優先、従業員、購買相手(ナショナルショップなどの小売店)を大切にした経営をしています。その松下の経営目的は、
http://panasonic.co.jp/rekishikan/tokubetsuten/2008/cnr03/cnr03_01.html
としています。

企業の目的のひとつは、永続性 とする人もいますが、これも間違い。一定の社会的役割を終えて解散する企業も存在します。
企業はそれぞれ目的を各々が持っていて、その手段として拡大が必要な場合に、利益の追求が大切な手段になります。拡大再生産による自社の市場の拡大が必要だからですね。Appleというかジョブズがこの商品で世界中の人の生活を革新したい、というのを目的にした場合、その企業は世界市場を制覇する規模が必要になりますからね。
逆に、この商品を末永く地元の人に提供し、生活に役立ててほしい、と考える企業もあります。そういう企業は「老舗」と呼ばれます。末永く、が目的に含まれる場合、生き残ることが最優先になります。利益の最大化にはリスクを伴うことも多いので、多くの場合、利益の追求ではなく、無借金経営や利益の社内留保などの安全志向になります。老舗を目指すのは街中の小さな企業だけでなく、意外かもしれませんがバブル期のトヨタはこの志向を持っています。

私の勤めている会社は、世界で一番、ファンの多い会社になる というのを目的にしています。これが手段ではなく目的の会社って面白くありません? 企業じゃなく、中高生なら似たことを人生の目的にするような人が日本中にいる気がしませんか?

> 企業の目的は利潤の追求と言いますよね。

これは明らかに間違いです。そういう企業があるというのと、企業全体が必ずそういう目的だというのは、まったく違う命題です。人の生きる目的は食べることだ、と言っているのに近い。

企業が約束を守る相手はいくつかあります。経営陣、従業員、株主、購買相手、債務相手、顧客 です。それに加えて地域社会を挙げる企業も増えています。
企業の一部、株式市場に上場している企業の多くで、株主をクローズアップする経営者が一時、増えました。日本ではこの企業文化...続きを読む

Q利潤追求が及ぼす影響

利潤を追求するという行為が、環境に与える影響(環境破壊など)についてどのように思いますか?
また、どういう点で関係していると思いますか??
ご意見を聞かせてください

因みに私が考えていることは大体以下の通りです

企業・政府が自分たちの利潤を追求するために、生産を上げていく
そして消費者に消費を促すためにコマーシャルを行い、需要を増やしていく
(大量生産大量消費が行われる)
これにより資源が使われると共に、環境の破壊が行われていく

Aベストアンサー

利潤追求というのは、資本主義経済において絶対条件だと思います。
そのためには先ず、コストを下げなければなりません。そこで先ず目に付くのが人件費という訳です。
利潤追求という事は、いかに長時間働かせる事が出来て、しかも賃金は安ければ安い程良いという事になります。
つまり、資本主義(≒市場原理主義)においての、理想的な労働力はロボットという事になります。
その為、自分達の生活を犠牲にしてまで働かされ、その結果、社会に様々な歪みが生じています。
うつ病や犯罪の増加はその典型でしょう。
また、企業間の自由競争により、強い所が市場を独占してしまい、その結果格差が拡大するのも当然でしょう。
この事も社会の歪みに大きく関わっていると思います。

当然、環境にも影響を与えますよね。
本来、生活を豊かにするためのシステムだったのですが、いつの間にかお金を増やすことが目的に変わってしまい、その為には物をどんどん作って、売りさばけば売りさばく程良いという事になりますよね。
しかも、市場主義において全ての価値基準は、あくまで人気があるかどうかという事ですから、環境に良いハイブリッドカーや太陽光発電なども、コストがかかるという事で人気がなければ、市場では価値がないものと見なされます。

また、健康問題にも影響を与えていると思います。
大量生産によって飽食の世の中になり、様々な難病や奇病が急増しています。
昔では考えられなかった病気がたくさんありますよね。
いくら健康には悪くても、人々がおいしい物を求めている訳だから、それが市場主義においては良い事になります。
おっしゃる通り、宣伝の効果がものすごく大きいと思います。
そういう意味では、ゲーム機等にも一抹の不安(一抹どころではない?)があります。

そういった意味で、資本主義には限界があると思います。
経済は、あくまで机上の空論などではなく、環境や人に働きかけているという事です。
つまり、地球環境は決して無限ではないという事です。
かと言って、今さら共産主義に戻れる訳はないし、個人的にもちょっと極端だと思うのですが、少なくとも、何でもかんでも自由というのは絶対に良くないと思います。

利潤追求というのは、資本主義経済において絶対条件だと思います。
そのためには先ず、コストを下げなければなりません。そこで先ず目に付くのが人件費という訳です。
利潤追求という事は、いかに長時間働かせる事が出来て、しかも賃金は安ければ安い程良いという事になります。
つまり、資本主義(≒市場原理主義)においての、理想的な労働力はロボットという事になります。
その為、自分達の生活を犠牲にしてまで働かされ、その結果、社会に様々な歪みが生じています。
うつ病や犯罪の増加はその典型でしょ...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q営利企業と非営利企業の差を教えてください

ただ気になっただけですが・・

ろうきん、生協、農協、などの非営利企業(団体)が、営利団体と対等に、従業員にお給料やボーナスを支払い、設備投資をして、サービス競争をして、事業分野を拡大して・・つまり、営利企業と同じ事業を続けていられる、というか、むしろ営利企業よりもサービスが良くて安くて良心的なのは、なぜでしょうか?
従業員のお給料が安いのでしょうか?
最初に利用するときに出す「出資金」なんて数百円から数千円のビビたるものだし戻ってくるし、なので、どこにそのような資金的余裕があるのか、不思議です。

逆にいうと、営利企業の営利って、なんですか?非営利企業とは、社長や役員の給料だけが違うってことでしょうか?

起業する人が、営利企業はいやだから非営利企業を立ち上げるってことはありうるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も気になったので調べてみました。
ここに割りとわかりやすく書いてます。

ただ、給与の点については質問者さんのおっしゃるように、いまだいろんな説があるようですね。

いや、私にも勉強になりました。

参考URL:http://www.campus.ne.jp/~lap/lap1/lap2/nlback/nl25/nl25-4.html

Q限界費用曲線が、供給曲線となる理由について

なぜ、限界費用曲線が、供給曲線となるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 限界費用曲線(の一部)と供給曲線とが同じになるのは、完全競争市場では価格 p と限界費用 MC(x) とが一致するからです。
 限界費用 MC は生産量 x の関数で(それを MC(x) と表している訳ですが)、限界費用曲線は限界費用 MC を縦軸に、生産量 x を横軸にとってその関係を図示したものですね。他方で、価格 p を縦軸、生産量 x を横軸にとって両者の関係を図示したのが供給曲線ですが、完全競争市場では、生産者は価格を天の声として生産量を p=MC の関係が満たされるように決めるので、両曲線の縦軸は同じものになります。形は同一の曲線が、縦軸を MC と読むか p と読むかで、一方は限界費用曲線となり、他方は供給曲線となるのです。
 なお、供給曲線は生産停止点(限界費用曲線と平均可変費用曲線との交点)から右( x の増加する向き)にのみ存在します。限界費用曲線と供給曲線とが重なるのはこの部分においてで、 x の全域で一致する訳ではありません。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q○○ゼミ記入→担当教授の名前を記入?

エントリーシートなどでよくゼミ名記入の欄があるのですが、私は今までそのゼミの内容、専攻(例えば『近世文学ゼミ』)の名前を書いていましたが(その方が他の人にも分かりやすいと思って…)、どうやら説明会などで周りを見ていると皆、そのゼミの担当教授の名前(例えば『山田太郎ゼミ』など)を書いているようです。

やはり、この欄には担当教授の名前を書くべきなのでしょうか?
今まで専攻のゼミ名を書いてエントリーシートを提出していたので、心配になって来てしまいました。。

どなたか教えて下さい!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論から言えばどちらでも良いと思います。

担当教授が、その研究分野で知名度が高い場合は
教授名を書いておくと良いような気がします。
また、履歴書の中の自己アピールのような欄に、
これまでの研究について書いていく場合は、
同じく担当教授名を書いておけばよいと思います。

そうでない場合は、あなたがなさってきたように
ゼミの内容を書かれているほうが、面接をする側にとって親切だし、これまで勉強してきた内容をアピールしやすいので良いと思います。

納得のいく就活をしてくださいね☆

Q需要曲線の均衡価格の求め方を教えてください

ある問題でこのように出されました。

D=100-p
S=3p
と書かれていました。また、縦軸は価格で横軸を数量とするとなっています。
問題はグラフを描いて、均衡価格と均衡取引量を求めないさいというものです。

私は数学を2~3年やっていなくて、まったく分かりませんでした。友人は「たぶん、中学2年生レベルの数学でできるよ」と言われたのですが、それでもわからなかったです。

どのように求めればよいのか教えてもらいたいです。答えは自分で頑張って求めてみます。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

均衡価格は需要量と供給量が一致する価格ですから
D=Sとなればよいわけですよね。
なら
Dつまり100-pとSつまり3pが等しいという方程式を解けばpが求められるはずです。
次に求めたpを元の式に代入すればD=Sの値つまり均衡取引量が求められるでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング